さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび会ニュース - 2013年10月

初級救命講習@カサブランカ

日時:平成25年10月30日(水)14時~15時

場所:特別養護老人ホーム カサブランカ 1階 カトレアホール

カサブランカの職員2名が、応急手当普及員研修を修了し、救命講習を行うことが出来るようになりました。

早速、カサブランカで初級救命講習を行いました。今回はさわらび会の各施設の職員だけではなく、施設の所在地である三ノ輪町の回覧板にもご案内を入れさせていただき、地域の皆様にもご参加いただきました。

心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)についての座学に引き続き、人形を用いての実践的な訓練を行い、「AEDの使い方が分かってよかった」と参加された皆さんから言って頂きました。

今後も、施設の持っているサービスや機能を地域の皆様へ積極的に提供することで、地域の皆様に信頼し、愛して頂ける施設運営を目指していきたいと考えています。(第二さわらび荘 東郡)

認知症リハ『音楽会』@福祉村病院

日時:平成25年10月25日(金) 15:30~

場所:福祉村病院 1階 大会議室

福祉村病院では、毎週金曜日の午後に認知症リハビリプロジェクトとして音楽をテーマに活動しています。今回は月に一回の音楽会です。〝もみじ〟や〝赤とんぼ〟といった季節の歌を皆さんと歌ったり、早口言葉や手軽にできる体操などを取り入れています。患者様になじみ深い歌により、とても盛り上がり美しい歌声であふれました。 (石井)

「10月の小音楽会」@福祉村保育園

日時:平成25年10月25日(金)

場所:福祉村保育園 ホール

10月の小音楽会がありました。

青組は「あら どこだ」の歌で、いろいろな動物の振りが

とても上手にできました。元気いっぱいに大きな声で楽しんで

歌うことができました。

桃組は「ころころどんぐりさん」の手をくるくると回す姿が

とてもかわいらしかったです。

お楽しみは、「やおやのおみせ」のパネルシアターでした。

野菜の名前がたくさん言えるようになって、成長を感じました。(山本)

ゴロバレーボール大会@珠藻荘

10月24日(木)名古屋名東スポーツセンターにて第14回愛知県ゴロバレー大会inNAGOYAがあり、わが珠藻荘はアタッカーズというチーム名で出場しました。

大会には17施設、18チームが参加。アタッカーズは1敗1分の成績でした。

しかし、チーム一丸、全力で戦い一球一球に一喜一憂しました。大会後は、みな気分爽快にて帰途につきました。(井上)

誤嚥性肺炎についての勉強会@福祉村病院

日時:平成25年10月23日(水) 15:00~

場所:福祉村病院 1階 大会議室

看護部・介護部を対象とした、言語聴覚士による誤嚥性肺炎についての研修を実施しました。物を飲み込む際に喉の中ではどんな動きをしているのかそのメカニズムについて、また加齢によってその機能が落ちてくると誤嚥しやすくなるため、どんなケアが有効なのかを学びました。職員同士でお互いの喉元を触れて、定時間に何回飲み込んだかカウントし合うテストや、嚥下体操を実際に行いました。ご高齢の方の特徴を学び、今後のケアの向上に努めてまいります。 (石井)

運動会@常盤

日時:平成25年10月10日(木)、10月23日(水)

場所:常盤

 

常盤のグループホームで10月10日(木)、小規模特別養護老人ホームでは10月23日(水)に運動会を開催しました。パン食い競争や風船バレー、バトンリレーなどを楽しんでいただきました。入居者の皆様の素晴らしい笑顔を見ることができました。(常盤 藤原)

牛川保育園訪問@さわらび荘

平成25年10月23日(水) 10:00~10:30

さわらび荘の近くにある牛川保育園の園児さんが、入居者の皆さんとの交流を目的にさわらび荘に来てくださいました。園児さんのかわいらしい歌や踊りの披露や、園児さんからプレゼントしていただけた手作りのマラカスでリズムを取りながら一緒に歌を歌うなど、楽しい時間を過ごしていただけました。 (さわらび荘 渡邊)

                                         

インド福祉村病院(アーナンダ病院)開院15周年・インド福祉村協会設立25周年祝賀会@第二さわらび荘ふれあいホール

日時:平成25年10月20日(日) 18時~

場所:第二さわらび荘ふれあいホール

インド福祉村病院(現地名 アーナンダ病院)は、25年前の1988年にインド福祉村病院建設委員会(現NPO法人 インド福祉村協会)が設立されてから、多くの有縁の方々のご支援のおかげにより、10年の歳月を経て、インド北部のクシナガラ地区に1998年の3月に完成し、同年の11月開院しました。そして開院以来、今年10月で15年目の節目を迎えることが出来ました。

この度は、このことを記念して、インド福祉村病院のグプタ先生を始め、設立から今日までご尽力いただいた関係者の方々をお迎えし、特別養護老人ホーム第二さわらび荘ふれあいホールにて祝賀会を催しました。

祝賀会では、グプタ先生、ミシュラ教授、山本孝之先生(インド福祉村協会前理事長、代理山本ゆかりさわらび会専務理事)、柴田昌雄先生(インド福祉村協会顧問)の4名の方へ感謝状が贈呈されました。

また、参加者皆様よりお祝いのスピーチを賜り、さわらび会からは山本ゆかり(さわらび会専務理事)と山本左近インド福祉村協会特別参与(さわらび会統括本部長)がお祝いの言葉を述べさせていただきました。

インド福祉村病院並びにインド福祉村協会の益々の発展を皆さんで祈念して、祝賀会は無事に終了しました。(明日香施設長村田智(インド福祉村協会元事務局長))

 

介護部勉強会「拘縮ケアについて」@福祉村病院

日時:平成25年10月18日(金) 16:00~

場所:福祉村病院 第2病棟1階 食堂

リハビリ部の職員を講師とした「拘縮ケアについて」の勉強会を介護職員を対象に実施しました。長い間体を動かさないでいると、関節の周りの組織の伸縮性が失われ間接の動きが悪くなってしまうことを拘縮と言います。この拘縮を起こしてしまうと、関節を動かす時に痛みが出るため患者様にとって予防がとても大切となります。関節の可動域について自らの関節を動かしながら学び、拘縮の予防方法、また拘縮してしまってみえる患者様へのケアのコツを教わりました。これを活かし、よりきめ細やかなケアが提供できるよう努めてまいります。  (石井)

 

第59回豊橋まつり・総おどり@さわらび会

日時:平成25年10月19日(土) 18:30~20:00

場所:駅前大通りおよび広小路通り

 

 

「第59回豊橋まつり・総おどり」にさわらび会から利用者の皆さん・職員ともに多数参加しました。

当日は豊橋市内外の様々な団体が参加し、総勢約1万人が集まり、豊橋駅前大通りや広小路通りで大勢の方が踊り歩きました。

終始大変な盛り上がりを見せ、参加した皆さん、心から楽しんでおられた様子でした。

(あかね荘:白井)

 

   

   

  

   

赤い羽根街頭募金@さわらび会

平成25年10月19日(土) 15:30~16:30

さわらび会では、毎年豊橋祭りの日に赤い羽根街頭募金活動を行っております。今年も医療法人、社会福祉法人の100名を超える職員が豊橋駅前で街頭募金活動を行いました。あいにくの天候でしたが、大勢の皆様に募金のご協力をいただきました。ありがとうございました。

(さわらび荘 太田)

若菜荘と交流会「お祭りわっしょい」@福祉村保育園

日時:平成25年10月10日(木)

場所:若菜荘 食堂

若菜荘と「お祭りわっしょい」の交流会をしました。

子どもたちがおみこしをかついで元気よく練り歩きました。

おじいさん、おばあさんも子どもたちと一緒に「ワッショイ、ワッショイ」と

大きな声をかけてくださり、お祭りの気分を味わっていただきました。

沖縄民謡の「遊び庭」の踊りでは、おじいさん、おばあさんも一緒に踊っていただき

とても盛り上がった楽しい会となりました。

歌の歌詞に、『みんなで集まって三線にあわせて歌ったり踊ったりしましょう

「遊び庭」は幸福を得る場所』とあります。子どもたちとの交流を通して、

ますますお幸せになっていただけたらと思います。 (竹内、山本)

 

金田住宅ふれあいサロンにて脳の若返り教室開催@さわらび荘

日時 25年10月20日(日) 13時30分~15時

場所 県営金田住宅集会室

 金田住宅ふれあいサロンにて脳で若返り教室を開催させていただきました。当日は雨が強く降っていましたが、多くの方が参加して下さいました。

 認知症についてのお話や脳トレゲーム、歌に合わせて体操を行い、皆さん笑顔で参加して下さいました。教室のあとは恒例のビンゴゲームで楽しまれました。(勝山)

豊橋まつり観光物産博覧会での販売@明日香

日時:平成25年10月19日(土)~20日(日)9:30~17:30

場所:豊橋球場内(豊橋公園)

 

第59回 豊橋まつり観光物産博覧会にて東三河にある福祉施設を中心とした福祉の店の販売会が開催され、明日香の自主製品も販売されます。

クッキー、カップケーキ、マドレーヌなどの焼き菓子や、アクリルたわし、花お手玉などの自主製品が出品されます。

まごころこもった手作りのあすかくんクッキーをこの機会にぜひお買い求め下さい。(末松)

防災訓練@常盤

日時:平成25年10月16日(水)14:00~14:30

場所:常盤

 

常盤で昼間に地震及び火災発生を想定した避難訓練を実施しました。訓練は無事に終えることができました。火元確認後に「火事だ!」ではなく、訓練ですので「訓練火災発生!」と連呼するなど、これまでの訓練からの改善点もありました。常盤では今後も万が一に備えて様々な状況を想定した防災訓練を行っていきたいと思います。(常盤 藤原)

生活・介護支援サポーター養成講座@さわらび荘

日時:平成251015日(火)

場所:正圓寺(豊橋市牛川町)

 生活・介護支援養成サポーターの4日目が開講されました。当日は、会場となった正圓寺の金仙宗哲住職による「人の一生について考える」、実結の木音楽教室の下山恵子先生による「音楽と共に生きる」をテーマとして講義を行って頂きました。(白井)

 

 

 

 

デイケア便り「新送迎車始動」@老人保健施設ジュゲム

日時 : 10月11日(金)午前

場所 : ジュゲムデイケア

デイケアでは、今年に入りご利用者数が徐々に増え、この夏の猛暑に関わらず増加傾向が続いていることから、ご利用者様の送迎車を新規購入していただくことになりました。

充分に活用し、さらなるサービス向上に努め、誰もが利用したくなる施設を目指していきます。  (金原)

秋祭り@常盤

日時:平成25年10月13日(日)

場所:常盤玄関前

 

地域の秋祭りがありまして、常盤にも子供神輿と獅子舞、大人のお神輿が来てくれました。地域の皆様の威勢のよいかけ声に、入居者の皆様も「わっしょい!」と声を合わせ、地域のお祭りに参加することができました。(常盤 藤原)

 

防災訓練@さわらび荘

日時:平成25年10月11日(金) 10:20~

場所:さわらび荘

 

昼間に地震及び火災が発生した想定での避難訓練、その後職員を対象として非常食の炊き出し訓練、午後から発電機の取扱い訓練を行いました。地震予知情報が発令されてから、どれだけ早く入居者様の安全を確保しながら職員自身の安全も確保できるか、その後の火災発生もどれだけ早く入居者様を避難できるかが大切です。今後も防災訓練を繰り返し行うことで、災害発生時素早く、的確に行動ができるようにしていきます。  (さわらび荘 渡邊)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あかね荘自治会の皆様より敬老花束贈呈@第二さわらび荘・カサデローザ

日時:平成25年10月10日(木)10時~

場所:第二さわらび荘・カサデローザ

あかね荘自治会の皆様が来荘して下さり、第二さわらび荘並びにカサデローザの利用者の方へ敬老の花束を贈呈してくださいました。

同じ福祉村敷地内で生活をされている方同士で、常日頃の福祉村の散歩時や各行事などの際に交流を図っています。

今回あかね荘の方より「これからもますますお元気でお過ごし下さい」との事で花束を頂き、利用者の方はみなさん大変感激されておられました。

福祉村で生活をされる皆様同志、これからも交流を深めて、毎日楽しく生活を送って頂きたいと思っています。(第二さわらび荘 東郡)

第32回さわらび文化祭@若菜荘

平成25年10月5日(土) さわらび文化祭が催されました。

若菜荘では、毎年恒例の「入居者作品の展示即売」コーナーが一日を通して賑わっておりました。

この他にも「菓子つり」も好評でした。また模擬店は「うどん」「カレーライス」「チュロス」を提供させていただきました。

天気にも恵まれ、大変有意義な一日となりました。ご来荘の皆様どうも有難うございました。 (山田)

第32回さわらび文化祭@しろがね

日時:平成25年10月5日(土)

第32回さわらび文化祭が開催されました。

今回来ていただいた皆様には、車椅子バスケットや手作りフリスビーなどを

体験して頂きました。また、日頃教室活動で作成している絵画や陶芸、さわらび織りなど

の作品を見て頂いています。(本間)

 

第32回さわらび文化祭@あかね荘

平成25年10月5日(土)に第32回さわらび文化祭が開催されました。

あかね荘では催し物として「砂絵アートに挑戦しよう」と「風船バレー」を行いました。

来荘された方々は砂で好きな絵を描かれたり、大きな風船を一生懸命追いかけたりと、楽しんでいただけたようです。

また模擬店では、「うどん」「じゃがドッグ」「アイスクリーム」「焼芋」を販売しました。

皆様ありがとうございました。(白井)

第32回さわらび文化祭@老人保健施設ジュゲム

H25年10月5日(土)に開催された第32回さわらび文化祭において、ジュゲムでは1Fロビーでのソフトクリームの販売、(株)カレント様によるコーヒー・ケーキの無料サービス及び2Fでの小林様(ポーラ化粧品取扱店)によるハンドマッサージの無料サービスを行いました。

その他、和太鼓の実演、フォークダンスやキッズダンスなど屋外ステージで参加型の催し物を提供させていただきました。

当日は曇り空ではありましたが、多くの方々にご参加していただき、楽しいひと時を提供できたのではないかと思います。

御参加・御協力いただいた方々にこの場をお借りして御礼申し上げます。 (細井)

第32回さわらび文化祭@珠藻荘

平成25年10月5日(土)に第32回さわらび文化祭が行われました。

珠藻荘では催し物として「挑戦、車いすの知識を吸収しよう!」と「プロに挑戦、ビーズコーナー!」を行い。展示コーナーとして「リハビリ機器展示」と珠藻荘から秋陽展に出展した作品の展示をしました。

そして模擬店では、肉まん・あんまんとからあげ、みたらし団子を販売致しました。

来荘された方々は車いすの操作に一生懸命挑戦していたり、ビーズコーナーではみなさんで楽しく作品を作成している姿が見られました。

お越しいただいた皆様、心よりお礼申し上げます。(鳥居)

第32回さわらび文化祭@第二さわらび荘

日時:平成25年10月5日(土)10時~

場所:福祉村

10月5日に第32回さわらび文化祭が行われました。

第二さわらび荘では、文化祭開会式を行い、多くの御来賓の方々や地域の方々が来荘して下さいました。

また開会式終了後は第二さわらび荘の1階ふれあいホールで各施設の利用者の方による出し物や、「みんなでのど自慢」が行われました。

第二さわらび荘も、職員がギターやベースの演奏をし、利用者の方に「ふるさと」と「上を向いて歩こう」を熱唱して頂きました。利用者の方もとても気持ちよさそうに歌って下さいました。

また利用者の方の家族も多く来荘して下さり、利用者の方と外出して各施設での催し物や模擬店での食事を楽しんで下さいました。大変いい秋晴れでしたので、皆さん良い一日を過ごしていただけたのではないかと思います。(第二さわらび荘 東郡)

 

 

「第32回さわらび文化祭」が開催されました。

10月5日(土)、「第32回さわらび文化祭」が福祉村にて開催されました。

「挑戦サワラビズム」のテーマのもと

さわらび会の挑戦と歴史を紹介したパネル展示、

さわらび会が取り組む防災対策の紹介、ふれあいホールでのステージでは、

各施設の利用者らが歌声を披露された「のど自慢大会」が開催され盛り上がりをみせました。

当日は多数の来賓の方々や地域の皆様が多数参加され、「みんなの笑顔」があふれる、たのしい文化祭となりました。

皆様ありがとうございました。(あかね荘 さわらび文化祭実行委員会)

さわらび会ニュース
カテゴリー
最新記事
バックナンバー