さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび会ニュース - 2015年02月

第13回愛知県老人福祉施設大会・事例研究発表

内容:第13回愛知県老人福祉施設大会

日時:平成27年2月26日(木)

場所:名古屋市中村区名駅四丁目4-38 ウインクあいち

昨日、名古屋にて愛知県老人福祉施設協議会主催の、老人福祉施設大会が実施されました。

この大会は、県内の各施設で行われた、福祉QC実践発表と事例研究発表を行い、福祉サービスの質の向上を図ることを目的としております。

社会福祉法人さわらび会からは、第二さわらび荘の管理栄養士、黒柳啓子さんが事例研究発表に参加されました。

「腸内環境を整える一つの試み」として、利用者様の事例を基に、ビフィズス菌末を使用することで腸内環境を整えることが出来、おむつ0のひとつの方法として効果があることを研究された内容です。

おむつ0を目標とした内容を評価して頂き、奨励賞を授与されました。

各施設の発表は、サービスの質の向上を図るのにとても勉強になる内容ばかりでした。

この内容を業務に生かし、より良い福祉サービスの提供を心掛けたいと思います。

(第二さわらび荘 新井)

 

「カサデローザ2月のお誕生日会」 @ 福祉村保育園

日時 : 平成27年2月23日(月)

場所 : 第二さわらび荘 ホール

カサデローザへ2月のお誕生日の方のプレゼントを届けに伺いました。

恒例となった、たくさんの子どもたちの笑顔の写真を貼ったバースディボードを

代表の子どもたちが元気よく  「お誕生日おめでとうございます 」 とご挨拶をし、

一人一人にお渡しすると、みなさんとても喜んでくださいました。

また1年お元気にお過ごしください。 (福祉村保育園 杉浦)

冬のレシピ紹介@栄養士会

体温の低下は免疫機能を低下させて、風邪やインフルエンザに罹患しやすくなります。温かい料理を食べて、体を温めることで、さまざまな疾患の予防に繋がります。さわらび会で冬の時期に提供している、体が温まる献立を紹介します。さわらび荘 管理栄養士 坂神

 

・白菜のミルク味噌スープ

 

材料(2人分)

白菜3枚、白葱1/2本、ベーコン20g、牛乳250cc、白味噌大さじ1、醤油大さじ1/2                            にんにく1/2かけ、サラダ油適量

 作り方

①白菜とベーコンは1cm幅、白葱は斜め薄切り、にんにくはみじん切りにする。

②鍋にサラダ油とにんにくを入れ、弱火で炒める。

③にんにくの香りがしたら、ベーコンを加え炒め、野菜も加える。

④③に少量の水を入れて蓋をし、野菜がしんなりするまで蒸す。

⑤牛乳を入れて、煮立たせて、味噌を溶かし、醤油を加える。お好みで黒コショウを加えて出来上がり。

 

・肉うどん

 

材料(1人分)

冷凍うどん1/2玉、牛肩ロース薄切り30g、玉葱40g、椎茸20g、人参10g、葱10g            だし汁120g 、醤油12g、中双糖5g、みりん5g

 作り方

①牛肉は一口大に切る。玉葱は細切り、椎茸は薄めに切り分け、人参は千切り、葱は斜めの薄切りにする。

②葱以外の野菜、肉をだし汁、醤油、中双糖、みりんで煮て、その煮汁でうどんを煮込む。

③器に盛り、葱を飾る。

*おかずとしての量なので、主食の1/2人分です。

「2月の小音楽会を行いました」 @ 福祉村保育園

日時 : 平成27年2月20日(金)

場所 : 福祉村保育園 ホール

2月の小音楽会がありました。

青組は、「 北風小僧の寒太郎 」 や 「 大きな歌 」 を歌いました。

「 大きな歌 」 では、男の子と女の子に分かれ、輪唱で歌い、大きく口をあけ

頑張っている姿が見られました。

桃組は、今月も0歳児と1歳児に分かれて発表しました。

1歳児はしっかり線に並び 「 うぐいす 」 や 「 ホ!ホ!ホ! 」 を歌いました。

「 ホ!ホ!ホ! 」では、リズムに合わせて体を揺らし楽しそうにしていました。

0歳児も線に並ぶことができる子が多くなり、落ち着いて歌やタンバリンの演奏ができました。

「 ペンギンちゃん 」 では、ペンギンのようにヨチヨチ歩く姿がとてもかわいかったです。

お楽しみは、ペープサート 「 手洗い ・ ブクブクうがいとガラガラうがい 」 でした。

手洗い、うがいをしっかりして、風邪をひかない強い体を作りましょうと伝えました。

(福祉村保育園 福嶋)

陶芸教室の先生の個展に行ってきました@しろがね

日時:平成27年2月19日(木)PM

場所:GALLERY 入船

毎週水曜日に行っている陶芸教室の講師の荒川泰宏先生の個展に

利用者様と一緒に行ってきました。

素晴らしい作品の数々に利用者の皆様驚かれていました。

個展は、2月24日(火)まで開催されています。購入もできるとの事で、

興味のある方はぜひ行ってみて下さい。(本間)

 

  

院内研修「インシデントとアクシデントの分類基準」@福祉村病院

日時:平成27年2月17日(火) 15:00~15:30

場所:福祉村病院 大会議室

講師:リハビリテーション部 部長 榊原 利夫 様

全職員を対象に「インシデントとアクシデントの分類基準」についての院内研修を行いました。

ミスや事故による患者様への影響度をレベル別に分けて、どこまでがインシデントでどこからがアクシデントかをわかりやすく説明していただきました。またいくつか事例を設定していただき、受講した職員でどの分類に入るか考えてみました。

分類を細かくすることでより詳細な報告が可能になり、またその報告からより詳しく分析や検討も出来ます。万が一事故やミスが起きてしまったとき、同じことを繰り返さないように何を学んでいくかが最も大事な事だと思います。患者様の安全のために何が出来るか、今後も学んでいきたいと思います。(福祉村病院 宮嶋)

「2月の避難訓練を行いました」 @ 福祉村保育園

日時 : 平成27年2月18日(水)

場所 : 福祉村保育園

午睡後の時間に避難訓練をしました。

子どもたちの中には起きたばかりの子もいましたが、

笛の音を聞くとすぐに避難することができました。

泣けてしまう子もおらず、先生の話を聞いて素早く行動することができました。

(福祉村保育園 紙谷)

 

節分@天伯

日時:平成27年2月17日(火)14:45~

場所:1階2丁目ユニット

本日、厄払いの豆まきを行いました。

職員が扮する鬼へ、豆に見立てた新聞紙のボールを投げていただき、厄を払いました。
皆様の楽しそうにボールを投げられている表情がとても素敵でした。皆様の笑顔で、厄も逃げて行ったのではないでしょうか。

天伯 生活相談員 塩見

 

「シイタカ山に行きました」青組 @ 福祉村保育園

日時 : 平成27年2月6日(金)

場所 : シイタカ山

まだまだ寒い日が続きますが子どもたちは天気が良い日は、元気に

散歩に出かけます。福祉村には自然がいっぱいあります。

この日はお気に入りのシイタカ山へ行ってきました。

先生からの注意のお話が終わるとみんな我先にと山へ登り始め探検が始まります。

最近ではいつも同じルートを進んでいくのでみんなで歩いた跡に道ができており、

お決まりの探検コースになっています。

少し急な登り坂もスルスルと登っていき、下り坂は

汚れることも気にせず、すべり台のようにお尻ですべって降りてきます。

子どもたちはシイタカ山へのお散歩が大好きです。

毎日の散歩の中でも、子どもたちの成長に日々驚かされています。

(福祉村保育園 杉浦)

 

 

「豆まき会をしました」 @ 福祉村保育園

日時 : 平成27年2月3日(火)

場所 : 福祉村保育園 ホール

豆まき会をしました。

自分たちで作った鬼のお面と衣装をつけて参加しました。

はじめに節分の由来のお話を聞き、豆まき、恵方巻、柊鰯についてもカードや

実物を見ながら真剣に聞くことができました。

「 お豆大好き鬼さん 」 「 色分けボールで鬼退治!! 」 のゲームを楽しんだ後、

鬼や福の神が登場し、 「 鬼は~外! 」 「 福は~内! 」 と豆をまきました。

子どもたちは、手作りのバックに豆やお菓子をたくさんひろい笑顔もいっぱいでした。

みんなで鬼を退治し、健康で元気に過ごせるよう願いました。

(福祉村保育園 井本)

冬のレシピ紹介@栄養士会

寒さにより外出機会が減少してしまう冬の季節。私達、栄養士はご利用者様が施設内でも季節を感じて頂けるように、旬の食材や行事食を考え、料理を提供できるように努めています。その中でこの季節に提供しているレシピを紹介します。  さわらび荘 管理栄養士 坂神

 

・カニ蒸らし寿司

 

材料(1人分)

65g、糸昆布0.5g、甘酢(酢12g、砂糖9g、塩0.8g)、干ぴょう3g、人参5g、干し椎茸1g、だし汁10g、醤油3g、中双糖2g、カニ身30g、乾燥錦糸卵3g、三つ葉3g

 

作り方

①米を洗い、糸昆布を戻して2cmに切り一緒に炊き込む。甘酢を合わせておく。

②干ぴょうは戻して細切りにして茹でる。人参は千切り、椎茸は戻して薄切り。具を煮含める。

③三つ葉を2cmに切り、茹でておく。

④炊き上がったご飯に甘酢と②を熱い内に混ぜ込み保温しておく。

⑤器にご飯を盛り、かに身と錦糸卵と三つ葉を散らす。

 

・ブリ大根

 

材料(1人分)

ブリ60g 1切、水20g、たまり醤油6g、中双糖2g、酒4g、みりん2g、大根80g、人参20g、絹サヤ3g

 

作り方

①ブリは湯洗いしておく。大根、人参は厚めのいちょう切りにし下茹で(あれば米ぬかで)。絹サヤは茹でて斜めに1/2に切る。

②調味料を合わせ煮立たせ、先にぶりを煮る。

③その煮汁で大根、人参を煮込む。

④器に盛り、絹サヤを飾る。

院内研修「正しい消毒薬と防護服の取り扱い」@福祉村病院

日時:平成27年1月28日(水)14:00~14:30、14:45~15:15

場所:福祉村病院 大会議室

講師:日医工株式会社 東海北陸支店 名古屋営業所 加藤一郎 様

全職員を対象に「正しい消毒薬と防護服の取り扱い」について院内研修を行いました。

消毒薬や手袋・エプロン・マスク等を正しく活用することは、食中毒や感染症の防止策の基本です。この基本を日頃からしっかりおさえてことが重要になります。

見た目が汚れていないからと消毒を怠ったり使い回したりすることは、集団感染につながる恐れがあり、大変危険なことです。細菌やウィルスは汚れとは違い、目に見えるものではありません。だからこそ患者様と接する私たちは常に細心の注意を払って行動していく必要があります。

消毒薬や手袋・エプロン・マスク等の正しい活用は決して難しいことではありません。適切な取り扱いを日頃から心がけ、集団感染が起こらないように注意を払いたいと思います。(福祉村病院 宮嶋)

 

さわらび会ニュース
カテゴリー
最新記事
バックナンバー