さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび会ニュース - 2015年04月

さわらび荘家族会総会@さわらび荘

日時:平成27429日(水) 14001530

場所:さわらび荘

 本日さわらび荘家族会総会を行いました。平成26年度活動報告及び平成27年度活動計画を説明させていただき、ご承認をいただきました。その中で、平成27年度も家族会より車椅子用テーブル3台のご寄付や、さわらび荘で行なわれる行事等の支援をしていただけることとなりました。ご家族の皆様、ありがとうございました。 (さわらび荘 渡邊)

アミーカ一座コンサート@第二さわらび荘

日時:平成27年4月29日(水)14時半~15時半

場所:第二さわらび荘 ふれあいホール

4月29日にアミーカ一座の皆様が来荘して下さり、コンサートを開催して下さいました。

さわらび会の各施設より120名程度の参加者が来荘して下さいました。また当日第二さわらび荘で行われました家族会に参加して下さいましたご家族様が利用者の皆さんと一緒に参加して下さいました。

皆さんもよく知っておられる洋楽の曲や日本の懐かしい歌などを歌って下さり、また体を動かす体操なども交えて頂き、大変楽しく1時間を過ごすことができました。

またの機会をたのしみにしています。アミーカ一座の皆様、ありがとうございました。(相談員 東郡)

 

家族会総会@第二さわらび荘

日時:平成27年4月29日(水)13時~14時半

場所:第二さわらび荘 2階会議室

4月29日に第二さわらび荘の家族会総会を実施いたしました。当日は40名程のご家族様が来荘して下さり、平成26年度の事業報告並びに平成27年度の事業計画についてご説明をさせていただき、ご了承いただくことができました。

家族会の「施設全体・利用者全体の為に施設の運営を側面的にサポートする」というご主旨の元、今年度も重度化の進む利用者の方への対策としての福祉用具のリースや車椅子等の購入等に昨年度同様ご支援いただけることとなり、大変ありがたく思っています。今後も家族会の皆様と協力しながら、利用者の皆様をしっかりと支援してまいりたいと考えています。

尚、当日は、現在第二さわらび荘へ来られているEPA外国人介護福祉士候補生(ヴェトナム人2名、フィリピン人5名、インドネシア人6名)の皆さんのご紹介をさせていただきました。来荘時などにお声掛けなどして頂き、外国人の方が日本での生活を頑張って頂けるように、また介護福祉士合格に向けての勉強に頑張って頂けるようにご支援頂ける様、お願いをさせていただきました。

また、平成27年4月より大きく変わりました介護保険法改正についてもご説明をさせて頂き、無事に家族会総会を終えることができました。ご家族の皆様、本年度もよろしくお願い致します。(相談員東郡)

 

天伯家族会役員会・総会@天伯

日時:平成27年4月29日 12:45~

場所:第二さわらび荘5階 カサ・デ・ローザ 談話室

天伯家族会では本日、家族会役員会と総会を併せて実施致しました。

平成26年度の監査報告と事業報告、平成27年度事業計画案の説明を行い、承認を頂きました。
また、事業計画案に対して、何点かの修正案をご家族様より頂くことができました。

ご家族の皆様の意見を反映することで家族会をより良いものとし、入所者様の幸せへつなげていきたいと思っています。

天伯 生活相談員 塩見

常盤家族会@常盤

日時:平成27429日(水)10:3011:45

場所:常盤4階 ときわホール

 

常盤家族会総会では平成26年度の事業報告と平成27年度の事業計画の報告をさせていただきまして、承認いただきました。

家族会様よりリクライニング車椅子2台、センサーマット1台をご寄附いただきました。有効に活用させていただきます。ご家族の皆様ありがとうございました。

家族会総会に引き続きまして、中消防署職員より地域の防災対策についてお話をいただきました。

大規模災害時は消防や自衛隊などの公助が対処できるまでに時間がかかります。各家庭

で7日間の備蓄品を準備しておいてください。そしてなによりも常日頃からの「防災に対する意識」と「地域でのきずな」が大切です。

常盤でも災害に備え、防災訓練の実施、設備や備蓄品の整備・点検と地域の連携をしっかりと実施していきます。(常盤 藤原)

今月の作品@ジュゲム

場所:ジュゲム4F廊下
テーマ:端午の節句

ジュゲム4階の新しい作品をご紹介します。

もうすぐ5月5日と言うことで、【端午の節句】をテーマに作品をつくりました。

【金太郎】、【兜飾り】、【菖蒲の花】を切り絵で仕上げました。

こちらの【坂田怪童丸】は、金太郎の通称で、江戸時代多くの浮世絵に描かれています。怪童丸と巨大な鯉の組み合わせは、共に端午の節句飾りのモチーフとなっています。こちらの切り絵は特に好評で、入所者の皆様に喜んでいただいています。
本日ご紹介の作品は、ジュゲム東側・フロア入口からご覧いただけます。
今後も新しい作品を随時更新していきたいと思います。(ジュゲム平松)

春のレシピ紹介@栄養士会

暖かい季節になり、冬を越えた植物は新しい芽を出します。そんな春の食材を使った、さわらび会の施設で提供しているレシピを紹介します。 さわらび荘 管理栄養士 坂神

 

菜の花の菜種和え

 

材料(1人分)

菜の花40g、しめじ10g、かまぼこ10g、卵10g、塩0.1g、砂糖1g、油適量、白醤油適量

 

作り方

①菜の花は34cmに切り、しめじは小房に分け、茹でる。

②かまぼこは千切りにする。

③卵に塩、砂糖で下味を付け、油で炒り卵を作る。

④①~③を和え、白醤油で味を調えたら出来上がり。

 

桜えびと筍のご飯

 

材料(1人分)

65g、出し昆布0.5g、桜えび1g、筍20g、舞茸15g、油揚1/5枚、だし汁15g、白醤油5g        醤油2g、みりん2g、菜の花10

 

作り方

①米は昆布を入れて浸しておく。

②筍はいちょう切り、舞茸はうすく切り分けて、油揚は短冊に切っておく。

③だし、白醤油、醤油、みりんで具を煮ておき、桜えびは煮上がりにさっと煮る。

④煮汁をご飯に炊きこむ。

⑤菜の花は23cmに切り茹でて、下煮した具と炊きあがったご飯に混ぜる。

 

イチゴミルクプリン

 

材料(4人分)

いちご300g、砂糖36g、レモン汁小さじ1、牛乳200ml、ゼラチンパウダー7g、お湯50ml

 

作り方

①イチゴ、砂糖、レモン汁をフードプロセッサーにかけて液状にします。

②ボールにゼラチンを入れ、お湯でしっかり溶かします。

③ゼラチンが溶けたら、牛乳を入れてよく混ぜます。

④ ③を型に流し入れ、冷蔵庫で冷やして固めます。

⑤ ④に①のソースをかけて出来上がり。

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成27年4月25日(土)13:30〜15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

18名の方がお越しくださいました。

福祉村病院の認知症リハビリプロジェクトチームの皆さんに棒体操と値段当てクイズを行っていただきました。

棒体操やレクリエーションに参加しながら、コーヒーや紅茶やお菓子などを召し上がっていただき、楽しい時間を過ごしていただけたかと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、5月の第4土曜日 23日(土)13:30〜15:30です。

(さわらび荘 白井)

「こいのぼり会を行いました」 @ 福祉村保育園

日時 : 平成27年4月24日(金)

場所 : 福祉村保育園

こいのぼり会を行いました。各クラスともお手製の兜をかぶり、とても嬉しそうでした。

はじめに子どもの日の由来のお話を聞きましたが、写真を交えながら

わかりやすくお話をしてくれたので子どもたちは真剣に聞いていました。

青組は、お花紙とキラキラの折り紙で飾りつけ、桃組は色々な色の絵の具で、

デカルコマニーをしてうろこを作りました。

大きなこいのぼりに子どもたちが作ったうろこを自分たちで貼りました。

カラフルになったこいのぼりを飾り、「こいのぼり」のお歌をうたいました。

とてもきれいで、子どもたちも嬉しそうに見ていました。

子どもたちが元気で、すくすく育ってくれることを願っています。

(福祉村保育園 小林那)

七股池公園にお散歩にいきました@カサデヴェルデ特養

日時:平成27年4月21日(火)

場所:杉山町 七股池公園

外出制限が解除になったものの、4月の前半は雨振りばかりの天気が続きましたね。久しぶりに朝から4月らしい陽気となった4月21日に、特養の利用者様と施設近くの七股池公園へお散歩にでかけました。池の周りに遊歩道が整備され四季折々の樹木やお花が植えられている公園です。

ある利用者様はウォーキングをしている地域の方に挨拶をされたり、学校帰りの小学生の男の子に「お帰り、かわいいね、何年生だん?」と声をかけておられました。また、歩道に小さなカメが歩いていて、「わあ~カメだ、池からあがってきちゃった」とお話されておられました。池にいた、鷺のような大きな鳥をみつけると、「鳥だ!すごい!」と声をだして驚いておられました。

外に出て自然とふれあい、いつもとは違う利用者様の様子を垣間見る事ができました。今後も、機会を見つけ積極的に外に出掛けたいと思います。(カサデヴェルデ 北風)

  

 

「4月の小音楽会を行いました」 @ 福祉村保育園

日時 : 平成27年4月21日(火)

場所 : 福祉村保育園

4月の小音楽会がありました。桃組は、新学期が始まって初めての小音楽会は、

入園したての子が多くまだ上手に歌ったり踊ったりはできませんが、

泣く子もいなく線に並んで頑張っていました。 (福祉村保育園 小林千)

青組は「おかあさん」「せんせいとおともだち」「めだかのがっこう」を歌いました。

桃組の小さいお友だちが見ている中、お兄さん、お姉さんらしくビシッと線に

並び歌うことができました。

お楽しみは、パネルシアター「まちのおふろやさん」でした。

子どもたちも一緒にシャワーで泡を流す真似をして参加しました。

動物の体や顔が見えてくると「ヒツジさん!」「フラミンゴ!」と

大きな声で言っていました。いろいろな動物の名前を言えるようになっていて、

成長を感じました。 (福祉村保育園 福嶋)

「若菜荘に春の作品をお届けしました」 @ 福祉村保育園

日時 : 平成27年4月17日(金)

場所 : 若菜荘 玄関ホール

春の風に吹かれながら子どもたちが桃太郎の仲間になりきっています。

先頭を行く桃太郎の後を歩き始め、サルや犬、キジと共に鬼退治に

出かける様子を作品にしました。

桃太郎の仲間たちが楽しく歩く姿をお楽しみください。(福祉村保育園 岩間)

「フィンガーペインティング」青組 @ 福祉村保育園

日時 : 平成27年4月13日(月)

場所 : 福祉村保育園

若菜荘にお届けする季節の作品を製作するためにフィンガーペインティングをしました。

新しい青組になって初めてのフィンガーペインティングでしたが

桃組の時から何度もやっているのでみんな楽しく絵の具に触っていました。

絵の具で緑色になった手をお友だちと見せ合って笑い合う新しい青組さんたち。

1年間様々な経験を通して成長していってほしいと思います。

若菜荘の方々に新しい作品も喜んでいただけると嬉しいです。 (福祉村保育園 杉浦)

EPA看護師及び介護福祉士候補生が豊橋市長表敬訪問を行いました@さわらび会

日時:平成27年4月13日(月)

場所 : 豊橋市役所

さわらび会が受け入れを行っているEPA看護師及び介護福祉士候補生15名が豊橋市長に表敬訪問しました。

山本ゆかり専務からEPAについての説明の後、「このような機会を頂けて嬉しいです。」「誠心誠意頑張ります。」など候補者全員が日本語で自己紹介を行いました。

   

候補生代表で挨拶をしたインドネシア人介護福祉士候補生のネニ ドゥイセプティアニさんは

「豊橋はとても素敵な町です。豊橋で学ぶことができて、私は本当に嬉しいです。」と話しました。

「あと10年後、20年後には色々な国が少子高齢化の日本と同じ状況になると思う。しっかり勉強をして、皆さんの国のためにも頑張ってください。」

最後に市長から激励の言葉を頂き、候補生も資格取得に向けて決意を改たに強めた日になったのではないかと思います。

  

少子高齢化が深刻化し、医療と介護が益々必要とされる時代になります。

自分の目標の為に、自分の国の為に頑張る候補生をこれからもさわらび会一丸となってサポートしていきます。

 

今回の表敬訪問が4月14日発行の東日新聞と東愛知新聞に掲載されています。

各社ホームページにも掲載されていますので、ぜひ閲覧ください。

(左 東日新聞 右 東愛知新聞)

  

 

(福祉村病院 近藤)

 

 

 

 

「メロディベル」桃組 @ 福祉村保育園

日時 : 平成27年4月14日(火)

場所 : 福祉村保育園

新学期が始まり2回目のメロディベルの練習をしました。

みんな線に並び、先生の 「 1、2の3 」 の合図で 〝リン″ と先生と一緒に

鳴らすことができました。「 キラキラ星 」 を演奏する姿はとてもかわいらしかったです。

(福祉村保育園 井本)

「4月の避難訓練を行いました」 @ 福祉村保育園

日時 : 平成27年4月14日(火)

場所 : 福祉村保育園

クラス替えをして初めての避難訓練を行いました。

各クラスとも落ち着いて避難することができました。

泣く子もおらず、保育者のお話もしっかりと聞くことができました。

毎月の災害訓練でより一層、子どもたちの安全が守れるように、反省点は改善し、

素早く避難できるよう訓練していきます。  (福祉村保育園 小林)

 

「新学期が始まりました」 @ 福祉村保育園

日時 : 平成27年4月8日(水)

場所 : 福祉村保育園

いよいよ新学期がスタートしました。ひとりひとりの子どもたちの思いを受けとめ、健康で楽しく安心して過ごせますよう、ご家庭と保育園で力を合わせて見守りたいと思います。

桃組 ( 0歳児 )―人との信頼関係を育む大切な時期です。一人一人の発達や育ちに寄り添った保育をいたします。

桃組 ( 1歳児 )―発達の大きな特徴は歩行です。行動範囲を広げ、自分でしようとする意欲が高まると、やがて自分の意思や要求を言葉で表現し「自分で」と   自己主張したり、思うようにならないと、かんしゃくを起こします。自我の育ちを温かく受け止め、見守り、子どもたちが自信を持てるような保育 をいたします。

青組 ( 2歳児 )―乳児から幼児へと大きく成長を遂げ、言葉や動きも巧みになります。 「 これなんだろう 」 「 やってみたい 」 と目を輝かせ好奇心がいっぱいです。自己主張をしながら、心の葛藤を乗り越えて生活習慣を身につけたり自分の思いを言葉で表現するようになります。子ども一人一人の思いを優しく丁寧に受け止め、発見や喜びを共有しながら、豊かな経験ができるよう保育いたします。

今年も夢と希望がいっぱいの一年になるように職員一同、頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。   (福祉村保育園 竹内)

オレンジカフェときわ@常盤

日時:平成2748日(水)14:0015:30

場所:常盤4階 ときわホール

 

さわらび会では常に地域の皆様のために活動しております。また、様々な地域貢献活動を行っております。その一環として、平成265月より毎月第4土曜日にシャトーローズ八町にて「オレンジカフェ八町」を開催しています。これは認知症になっても、住みなれた地域で安心して尊厳あるその人らしい生活を継続できるよう、また、認知症の人のご家族の介護負担の軽減を図るため、認知症の人とそのご家族、地域住民、専門職の誰もが参加でき集うことができる場所として運営しているところです。

このオレンジカフェの第2弾としまして「オレンジカフェときわ」を開所しました。当日は15名の地域の皆様、14名のご利用者様に参加していただきまして、コーヒーや紅茶、お菓子を召し上がっていただきながら、お喋りや音楽、レクリエーションなど楽しい時間を過ごしていただきました。「オレンジカフェときわ」にはご参加いただくことにあたって特に決まりがある訳ではありません。認知症の方やそのご家族、地域の方が気軽に集まることができる場所を地域の皆様と一緒に作っていけたらと思います。

 

次回は5月13日(水)14:00~15:30を予定しています。(常盤 柴田)

 

開催日時:毎月第2水曜日 14:0015:30

(インフルエンザが流行する12月、1月、2月、3月は中止とさせていただきます)

場   所 :常盤4階 ときわホール

メ  ニ  ュ  ー :コーヒー・紅茶・お菓子(全て無料です!)

対 象 者 :認知症の人とそのご家族、地域の皆様、専門職など、どなたでも参加できます。

 <お問い合わせ>

地域密着型サービス事業所 常盤

豊橋市宮下町1番地の1 TEL 0532623370

交通案内:豊橋鉄道東田本線(市電)競輪場前下車徒歩7

 

 

 

平成27年度さわらび会新規採用職員研修3日目レポート

日時:平成27年3月25日(水)9:00~18:00

場所:福祉村各施設他

平成27年度に入社された、新規採用職員の研修を実施しました。

研修は全4日間となっており、3日目は福祉村内の各施設の見学や、グループワーク、認知症サポーター講座を行いました。

 

各施設の見学時間及びグループワークと講座の概要は以下の通りです。

9:00~ 福祉村病院、ジュゲム、第二さわらび荘、珠藻荘、あかね荘、若菜荘

明日香、しろがね、フェリス福祉村(福祉村内 9施設 各15分)

13:00~ カサデヴェルデ見学(豊橋市杉山町)

14:45~ グループワーク

16:15~ 認知症サポーター講座

17:30~ 研修の振り返り及びオリエンテーション

3日目はまず、福祉村内各施設及びカサデヴェルデを順に見学していただきました。

さわらび会が様々な施設を運営していることからも、高齢・障害福祉には様々なサービスが必要だということを感じていただけたと思います。

 

各施設の見学の後は「色々な考え方があることを知ろう!」をテーマとしたグループワークを行いました。研修参加者間で親睦を図る意味も含めて、自己紹介やそれぞれの趣味などについて話し合いました。その後架空の事例をもとに、研修参加者の皆さんで事例に対する支援案を出し合うなど積極的に発言をしていただきました。

 

「認知症サポーター養成講座」とは、認知症があっても住み慣れた地域で生活が送れるように、本人や家族を温かい目で見守ることができる人を増やしていくための講座で、寸劇やゲームを交えながら研修参加者の皆さんにも取り組んでいただきました。

 

福祉村内だけでも、多種多様な施設があることや、認知症サポーター養成講座のように地域に根ざした活動の展開など、3日目も充実した研修になったと思います。(明日香 藤井葉)

 

 

 

 

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」とともに家族介護者交流会も合わせて開催しました。

12名の方がお越しくださいました。

家族介護者交流会では、誰にも相談できず一人で悩んでいたことや、わからないことなどの意見交換を参加者同士が積極的に行い、時間が経つにつれて、会話も弾み笑顔が見られておりました。

今回、福祉村病院の認知症リハビリプロジェクトチームから指体操を行っていただきました。

水戸黄門、氷川きよしのズンドコ節などの音楽を流して歌いながら、指体操をして楽しい時間を過ごしていただけたかと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

次回は、4月の第4土曜日 25日(土)13:30~15:30です。

(さわらび荘 太田)

「保育園前の桜が満開です」 @ 福祉村保育園

日時 : 平成27年3月31日(火)

場所 : 福祉村保育園前

福祉村保育園前の桜が満開です。

福祉村中の桜が満開でとても美しい環境に恵まれています。

子どもたちは、お外に出るのを楽しみにしており、

季節の植物の成長に興味津々です。

満開の桜を見上げて嬉しそうに 「 きれいだね ! 」 と

子どもたちの会話も弾んでいます。(福祉村保育園 小林)

家族懇談会@しろがね

日時:平成27年3月28日(土)

場所:しろがね

家族懇談会が行われました。

現在の施設状況についての説明や新年度への方針、

特に大規模災害への備えと対応についての説明と

意見交換などがされました。

又、日本財団から贈呈された福祉車両の紹介をいたしました。(小寺)

さわらび会ニュース
カテゴリー
最新記事
バックナンバー