さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび会ニュース - 2015年06月

春日保育園訪問@常盤

日時:平成27630日(火)10001040

場所:常盤1階 デイサービスセンター

 

常盤の近くにあります春日保育園から35名の年長さんが遊びに来てくれました。

「かえるののど自慢」の劇を園児の皆さんは一生懸命、発表してくださり、「お寺の和尚さん」「一本橋こちょこちょ」の歌と手遊びでは入居者様・ご利用者様と園児の皆さんの交流で会場は笑顔と笑い声があふれました。春日保育園の皆様ありがとうございました。(常盤 藤原)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成27年6月27日(土)13:30~15:30
場所:シャトーローズ八町
オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。
14名の方がお越しくださいました。
福祉村病院の認知症リハビリプロジェクトチームの皆さんに棒体操とイントロ当てクイズを行っていただきました。
イントロ当てクイズでは、曲名が書かれた用紙を各テーブルに配り、その中から曲のイントロ部分を流して曲名を当てるというクイズを行い「リンゴの唄、東京ブギウギ、港町十三番地」など懐かしい曲が流れ、お客様と一緒に口ずさみながら、楽しいひとときを過ごしております。
お客様からは「青春時代の曲だよ、本当に懐かしいな」などと、思い出話に花を咲かせている方もいらっしゃいました。
お越しくださいました皆様、ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。
次回は、7月の第4土曜日 25日(土)13:30~15:30です。
(さわらび荘 太田)

院内研修「認知症について(一般向け)」@福祉村病院

日時:平成27年6月26日(金) 13:30~14:30

場所:福祉村病院 大会議室

講師:1病棟3階 平田 幸代様

 

一般職員を対象として「認知症について」の院内研修を行いました。

“認知症とは”というところからはじまり、診断基準や種類、症状や支援方法に至るまで細かく説明していただき、それらを学んだうえで認知症が引き起こす行動への対応についてのグループワークを行いました。

  

認知症の患者様と直接かかわることはなくとも、認知症治療に特化したさわらび会で働くかぎり全員が認知症に対する基礎知識を持ち、ご利用者様やご家族様の手助けをできるよう努めてまいります。(福祉村病院 近藤)

「 6月の小音楽会 」 @福祉村保育園

日時:平成27年6月26日(金)

場所:福祉村保育園

6月の小音楽会がありました。

桃組さんは、 「 あまだれぽったん 」 や 「 ながぐつマーチ 」 など

リズムがいい歌では、体全体で表現している姿がかわいかったです。

青組さんは、 「 すてきなパパ 」 や 「 サンサンサン 」 を大きなお口と大きな声で、

かっこよく歌えました。

桃組さんも青組さんも新しいお友達が増え、

初めての子も戸惑いながらしっかり参加できました。

お楽しみは、 「 かみなりどんどこどん 」 のパネルシアターを見ました。

雲に隠れている動物を当てたり、最後の歌では、

みんなでたいこをたたく真似をしながら楽しく参加しました。

( 福祉村保育園 北河 )

夏のレシピ紹介@栄養士会

梅雨になり、ジメジメとした季節になってきました。このような季節でも美味しく食べられる、お勧めのレシピを紹介します。ぜひ、ご家庭でもお試しください。
(さわらび荘 管理栄養士 坂神)

枝豆豆腐

材料(2人分)
枝豆(豆量)30g、絹ごし豆腐100g、牛乳60cc、塩 小さじ1/4、粉ゼラチン2g

作り方
① 枝豆は茹でて豆を取り出す。
② 枝豆と豆腐をミキサーにかけ、滑らかにする。
③ 牛乳に粉ゼラチンと塩を入れ、電子レンジで少し温め溶かす。
④ ②を③に加えてよく混ぜる。
⑤ 器に流して冷蔵庫で冷やし固める。

トマトカレー

材料(2人分)
トマト3個、牛薄切り肉150g、玉ねぎ 小1個、サラダ油 大さじ1/2、水300cc
固形スープの素1個、カレールー50g、プレーンヨーグルト 大さじ3、ごはん適量

作り方
① 玉ねぎは半分をみじん切りにし、油を熱した鍋で炒める。透明感が出てきたら水を入れ、沸騰したらスープの素を溶かす。
② ①にヘタをよけながらトマトをちぎって加える。
③ 煮立ってきたら牛肉を入れて中火で煮る。
④ アクが浮いてきたら残りの玉ねぎをすりおろして加える。
⑤ いったん火を止め、カレールーを入れて混ぜ、中火でさらに10分ほど煮る。
⑥ ヨーグルトを加え、混ぜ合わせる。
⑦ ご飯とともにお皿に盛りつける。

『デイケア便り』はじめました@ジュゲムデイケア

6月より、『デイケア便り』を毎月発行することになりました。

主な内容としては、レクリエーションのご様子、利用者さまの作品紹介、季節の行事などを中心に、デイケアの取り組みをお知らせしていきます。

最新号がデイケア前の廊下に掲示してありますので、興味のある方はご覧になって下さい。(ジュゲム平松)

歌謡ショーが行われました@カサデヴェルデ

日時:平成27年6月20日(土) 14時

場所:カサデヴェルデ 多目的ホール

梅雨の晴れ間の風が爽やかな6月20日,カサデヴェルデにて『新・豊橋とんとん唄』の歌手であります佐藤朱実様と、そのお仲間達による歌謡ショーが行われました。

昨年と同じ様に艶やかな和服姿で歌われる佐藤様や、ムード感たっぷりでハンサムな男性歌手の方の歌声に、利用者様は、声を出して一緒に歌われる方あり、満面の笑顔で聞き入っている方あり、手拍子をされる方ありと皆さん最初からとても盛り上がっていました。今年はさらにバージョンアップし、お一人でバックダンサー、マラカス、バックコーラスもこなす、とてもお洒落な、ゆたかさんが加わりさらに盛り上がりました。ご家族様も3名ご参加いただき、楽しんでいただきました。

会の終盤には、『新・豊橋とんとん唄』を佐藤様に生で歌って頂きました。利用者様も、立ち上がって職員と一緒に輪になって踊られる方、椅子に座って手の振付をされる方など、聞き馴染みのある曲にとても喜んでおられました。

佐藤朱実様、歌謡教室の皆様、素晴らしい歌声と、大変愉快で楽しいパファーマンスをありがとうございました。(カサデヴェルデ 北風)

「 父の日のプレゼントが完成しました 」 @福祉村保育園

日時:平成27年6月18日(木)

場所:福祉村保育園

☆桃組☆

6月は毎日 「 すてきなパパ 」 のお歌をみんなでうたい、

「 パパー♡ 」 と大好きなお父さんに呼びかけました。

お父さんを思いながら、桃組では父の日のプレゼントに小物入れを作りました。

三角や四角の型を小さな手でひとつずつつまみ、貼りつけました。

「 ここにもつけようか 」  「 たくさん貼れたね 」 と声をかけると、

のりを持つ手にも力が入り、 「 とんとん ぺたっ 」 と嬉しそうに貼っていました。

( 福祉村保育園 鈴木喜 )

 

☆青組☆

父の日の製作をしました。子どもたちは 「 パパにありがとうって言うね!」 と

感謝の気持ちを込めて一生懸命作っていました。

動物の顔はひとつひとつ違い、作った子どもたちの個性が出た

すてきな写真立てができました。

大好きなパパとの思い出の写真をたくさん飾ってくださいね!

( 福祉村保育園 紙谷 )

 

☆黄組☆

「 お父さん、いつもありがとう !」 の感謝の気持ちを込めて、似顔絵を描きました。

「 メガネをかけているお父さん 」

「 おひげがたくさんのお父さん 」

それぞれ特徴をつかんでいて、素敵な作品になりました。

(福祉村保育園 岩間)

「 トマトを収穫しました 」 @福祉村保育園

日時:平成27年6月17日(水)

場所:福祉村保育園

毎日水やりをしているミニトマトが真っ赤に実ったのでみんなで収穫をしました。

自分でおいしそうなトマトを選んでもいました。

「 トマト真っ赤になったね! 」 「 おいしいね! 甘いね! 」 と言いながら

嬉しそうにトマトを食べていました。

トマトが苦手だった子も自分で育てたトマトをおいしそうにほおばっていました。

まだ青い実がたくさんなっているので、これからも頑張ってお世話をしましょうね!

(福祉村保育園 福嶋)

コーラス若草コンサート@第二さわらび荘

時間:平成27年6月17日(水) 14:00~14:45

場所:第二さわらび荘 1階ふれあいホール

 

本日、コーラス若草の皆様総勢25名の方にお越しいただきました。

さわらび会の各施設より利用者様が集い、最前列には福祉村保育園児も並び、

盛大なコンサートとなりました。

コーラスによる演奏をはじめとし、ピアノ演奏で利用者の皆様が

知っておられる民謡や歌などを一緒に歌いました。

そよ風の心地良い今日、流れる音楽は風に乗り、

気持ちの良い時間を皆様で共有することができたと感じます。

コーラス若草の皆様、本日はありがとうございました。

またのお越しを心待ちにしております。

(第二さわらび荘 新井)

 

 

若菜荘との 「 しゃぼん玉交流会 」 @福祉村保育園

日時:平成27年6月11日(木)

場所:若菜荘 中庭

日頃から慣れ親しんでいる若菜荘の皆さんとしゃぼん玉交流会を行いました。

大勢の方が参加してくださり、一緒にしゃぼん玉をとばしたり、

大きなしゃぼん玉をつくるのに挑戦したりと、交流会を楽しみました。

おじいさん、おばあさんから子どもたちに声をかけてくださり、

笑いながらお話したり、素敵な笑顔がたくさんあふれていました。

しゃぼん玉を楽しんだ後には、子どもたちからお歌のプレゼントをしました。

「 しゃぼん玉とばせ 」 や 「 あまだれぽったん 」 をかわいく踊ったり、

タンバリンを上手にたたく姿を見て、若菜荘の皆さんからも大きな拍手をいただき、

喜んでいただくことができました。

心配されていた雨ももち、とても良い交流会になりました。

(福祉村保育園 紙谷)

カサデローザとの 「 しゃぼん玉交流会 」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年6月10日(水)

場所 : 福祉村公園

先日の梅雨入りを受け、お天気の心配をしていた矢先の晴天!!

カサデローザの皆さんとしゃぼん玉を楽しみました。

夏のようなに汗ばむくらいの陽気の中、テントを出し、

水分補給をしながらの交流会になりました。

子どもたちは以前からとても楽しみにしており、

この日に向けてしゃぼん玉を吹く練習を幾度となく続けてきたので、

得意気に空に向かってたくさんのしゃぼん玉をとばしていました。

参加してくださったカサデローザの皆さんから 「 上手だね 」 「 かわいいね 」 と

声をかけていただいて子どもたちはみんな嬉しそうでした。

まだしゃぼん玉を吹くことができない子たちも

みんなでとばしたしゃぼん玉を追いかけて駆けまわる姿がなんとも愛らしく、

梅雨であることを忘れさせてくれる晴ればれとしたひとときになりました。

カサデローザの皆さんも 「 しゃぼん玉なんて何年ぶりかしら? 」 とお話されており、

久しぶりに童心にかえり楽しんでいただけたのではないかと思います。

(福祉村保育園 杉浦)

毎日放送「サタデープラス」の取材が行われました@福祉村病院

日時:平成27年6月10日(水)

場所:福祉村病院

毎日放送にて放送されている「サタデープラス」の取材が行われました。

今回は「音楽療法」に視点をあてた取材が行われ、過去に行った音楽療法についてのデータをふまえながら山本孝之理事長先生がお話をされました。

  image1.JPG

「1人1人育ってきた環境が違いますので、その人にあった方法を見つけなければいけません。

一緒に歌うと喜ぶ方なのか、楽器を演奏してもらうと喜ぶ方なのか、または音楽では喜ばれない方なのか。

その人としっかりと向き合い、追及することが大切だと考えています。」

また、今年度より新たに採用された音楽療法士の業務の様子についても撮影が行われました。

音楽療法は、ご家族様からその方が昔どんな音楽を好まれたのかを聞くところからはじまります。

その情報をもとに色々な音楽を一緒に楽しみ、脳を活性化させることによって認知症の進行を遅らせることを目的としています。

認知症により外出することが難しいという方には、ご家庭で簡単にできる音楽療法をぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

放送日 6月20日(土曜日)

毎日放送「サタデープラス」

朝8時00分~

※緊急特別番組により、放送内容・放送時間が変更になる場合がございます。

(福祉村病院 近藤)
 

 

 

 

今月の作品@ジュゲム

場所:ジュゲム4階 廊下
テーマ:田園風景

ジュゲム4階の新しい作品をご紹介します。

田園風景を切り絵でステンドグラスのように仕上げた作品です。
その周りにつばめと紫陽花をあしらい、梅雨らしさを表現しました。

自然な雰囲気に癒されると、入所者様にも好評を頂いております。

本日ご紹介の作品は、ジュゲム東側・フロア入口からご覧いただけます。
今後も新しい作品を随時更新していきたいと思います。(ジュゲム平松)

 

日帰り旅行@あかね荘

日時:平成27529日(金)、63日(水)、69日(火) 

場所:中部国際空港セントレア、ラグーナテンボスを今年度も3日間に分けて日帰り旅行を実施しました。

 1班(5/29)・3班(6/9)は、セントレア空港で、飛行機見ながらバイキング料理をお腹いっぱい美味しく食べました。

その後、空港内の売店で買い物も楽しむことも出来ました。

また2班(6/3)は、ラグーナテンボスで、バイキング料理を家族と一緒に美味しく食べました。その後、買い物も楽しみました。

 

1班(5/29)セントレア国際空港にて

   

    

 2班(6/3)ラグーナテンボスにて

  

3班(6/9)セントレア国際空港にて

    

   

3日間とも利用者さんから「楽しかったよ!」の声が多く聞かれました。

(あかね荘 田口)

オレンジカフェときわ@常盤

日時:平成27610日(水)14:0015:30

場所:常盤4階 ときわホール

 

 

今回のオレンジカフェときわには地域の皆様、ご家族様、豊橋市役所、中央包括支援センターの方など20名の皆様が参加してくださいました。

ときわホールからは梅雨の晴れ間の青空の下、石巻山や豊橋東部の稜線がきれいに望めまして、皆様にはコーヒーや紅茶、お菓子を召し上がっていただきながら、お喋りや音楽など楽しい時間を過ごしていただきました。

今回は介護実習に来ている宝陵高校の生徒さんと地域の皆様と一緒にレクリエーションも楽しんでいただきました。

オレンジカフェときわは認知症になっても、住みなれた地域で安心して尊厳あるその人らしい生活を継続できるよう、また、認知症の人のご家族の介護負担の軽減を図るため、認知症の人とそのご家族、地域住民、専門職の誰もが参加でき集うことができる場所として毎月第2水曜日に開催しています。

ご参加いただくことにあたって特に決まりがある訳ではありません。認知症の方やそのご家族、地域の方が気軽に集まることができる場所を地域の皆様と一緒に作っていけたらと思います。

次回は7月8日(水)14:00~15:30を予定しています。(常盤 柴田)

 

牛川小学校訪問@さわらび荘

日時:平成2769日(火)15001530

場所:さわらび荘

毎年この時期、さわらび荘の近くにある牛川小学校6年生の皆さんがさわらび荘を訪問して下さいます。今年も本日を含め16日(火)、23日(火)の3日間、さわらび荘を訪問してくださいます。各階に分かれて、生徒さん自身が考えた歌などのレクを元気よく披露してくださいました。最後に入居者の皆様と生徒さんで握手をしていただいた際、涙を流して喜ばれる入居者様もいらっしゃいました。今後も地域の皆様との交流を図りながら、福祉教育のお手伝いをしてまいります。(さわらび荘 渡邊)

  

 

「 5月の小音楽会を行いました 」@ 福祉村保育園

日時 : 平成27年5月29日 ( 金 )

場所 : 福祉村保育園

5月の小音楽会がありました。

青組さんは 「 サンサンサン 」 や 「 おつかいありさん 」 の歌をうたいました。

とても上手に元気よく歌うことができました。

桃組さんは 「 とけいのうた 」 や 「 ことりのうた 」 の歌をうたいまいた。

今月もたくさんの子が入園し、線に並んでということがまだ慣れていないようでしたが

それでも「とけいのうた」の歌など動きまわりながらもコチコチと指を振って

かわいらしく踊っていました。

お楽しみは、パネルシアター 「 カレーパーティー 」 でした。

カレーに入れる野菜やお肉をトントントンと一緒に切ったり、カレーライスの歌を

うたいながら楽しくカレーを作ることができました。できたカレーをみんなで

一緒に食べ 「 おいしい 」 「 おかわり 」 と、とても喜んで食べていました。

( 福祉村保育園 古橋 )


防災訓練@シャトーローズ八町

日時:平成27年6月3日(水) 15:00~15:30

場所:シャトーローズ八町

今回は昼間の地震及び火災発生時の防火管理体制の修得を目的に防災訓練を実施しました。

災害時はパニック状態になることも考えられますので、非常放送では、ご入居者の皆様等の不安をあおらないよう、できるだけ落ち着いた口調で行いました。

今後も様々な想定での防災訓練を実施していきたいと思います。

(シャトーローズ八町 生活相談員 加藤)

善意フェスティバル2015@あかね荘

日時:平成27年5月31日(日)

場所:豊橋総合動植物公園「のんほいパーク」憩いの広場

当日は晴天にも恵まれ、あかね荘からは8名の利用者さんが善意フェスティバルへ参加されました。利用者の皆さんは、ゲームをしたりボランティアの方とのふれあいを楽しむ等、充実した時間を過ごすことができたようです。

知的障害というイメージしにくい障害について、理解していただく良い機会になったと思っております。

今後も、このようなイベントに積極的に参加させていただき、地域の方とのふれあいを大切にしていきたいと思っております。(あかね荘 小寺)

  

 

平成27年5月28日(木)中堅研修「対人援助の現場で活かすリーダーシップ」

日時:平成27528日(木)14001600
会場:珠藻荘2階 多目的ホール
講師:コミュニケーション・ホーム喜舎代表 生利喜佐男氏 

コミュニケーション・ホーム喜舎代表 生利喜佐男氏を講師にお招きし、中堅職員を対象に「対人援助の現場で活かすリーダーシップ」研修を行いました。

我々の働く医療や介護の現場は、職場内のチームワークと連携が最も必要とされる職場です。

的確に課題を把握し、最適な対処方法を考え、お互いが協力しながら迅速に対応し、患者さんやご利用者さんにより良い処遇を行なうためには、リーダーのリーダーシップの発揮が欠かせません。

リーダーの下でチーム全員が同じビジョンや目標を共有し、11人がその目標達成に向かって動機づけられ、効果的なコミュニケーションを通して協働してゆくことが必要です。

今回の研修では、座学と演習を織り交ぜ、以上のことを学んでいきました。 

職員の感想としましては、具体例があり理論付けされた説明でとても分かりやすかったという意見や、相手の話しをしっかり聴く「傾聴」を心掛け、利用者様をはじめ職場の仲間との信頼関係を築いていきたいという意見が多かったです。

今回学んだ知識・技術を活かし、利用者様により良いサービスを提供できるよう、職員一同業務に励んでいきたいと思います。(ジュゲム平松)

防災訓練@常盤

日時:平成2763日(水)14:0015:00

場所:地域密着型サービス事業所 常盤

 

今回は昼間の地震と火災発生を想定しました防災訓練を実施しました。職員が声をかけ合い協力して、ご利用者の皆様を安全に避難誘導できるように意識して行いました。

避難訓練の後に炊き出し訓練も行いました。

今後も様々な場面を想定した防災訓練を実施し、災害に備えていきたいと思います。

(常盤 藤原)

 

「 6月の避難訓練を行いました 」@ 福祉村保育園

日時 : 6月3日 ( 水 )

場所 : 福祉村保育園

午後3時過ぎ “ ピーッ ” と笛が鳴り避難訓練が始まりました。

よちよち歩きの桃組さんは保育者に抱えられ、午睡後トイレに行っていた

青組さんも急いで玄関先まで避難することができました。

幼稚園から帰って来たばかりの黄組さんもきちんと玄関で待つことができました。

( 福祉村保育園 井本 )

さわらび会ニュース
カテゴリー
最新記事
バックナンバー