さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび会ニュース - 2015年07月

フラワーアレンジメント教室@グループホーム白珠

日時:平成27年7月30日(木)
場所:グループホーム白珠

グループホーム白珠では、八木はるみ先生をお招きしてフラワーアレンジメント教室を開催致しました。ご家族様も多数参加され、季節の花を素敵にアレンジメントされました。「お花が大好き。お部屋に飾りたい。」入居者様の熱い希望により、毎月1回、クラブ活動として開催しています。色とりどりの作品に皆様の笑顔がこぼれ、楽しい教室になりました。ありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)

8月4日(火) さわらび大学講義

さわらび大学が以下の日時で開講されます。みなさまのご参加をお待ちしています。
【日時】    平成27年8月4日(火) 午後1時30分~3時20分
【場所】    第2さわらび荘 ふれあいホール
【講義内容】
   講義1:「地域福祉の現況」  午後1時30分~2時40分
        講師:豊橋市長寿介護課 主幹 加藤 充洋 様
                      (講義分類:福祉)
   講義2:「食中毒について」  午後2時50分~3時20分
        講師:医療法人さわらび会 福祉村病院
           栄養管理士 小林 まさ子 様
                      (講義分類:一般)

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成27年7月25日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

福祉村病院の認知症リハビリプロジェクトチームの皆さんに棒体操を行っていただきました。

コーヒーや紅茶等を飲みながら、楽しく談笑をしたり、棒体操等をして、楽しいひとときを過ごしていただけたかと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、8月の第4土曜日 22日(土)13:30~15:30です。

(さわらび荘 太田)

絵手紙教室@グループホーム白珠

7月27日(火)グループホーム白珠では、地域のボランティア中村光子様にご協力を頂き、絵手紙教室を開催致しました。夏にぴったりのかき氷、金魚、朝顔などのイラストを選び、はさみで切り取りはがきに自由に配置しました。スタンプを押す方、筆ペンでさらさらと書かれる方など皆様張り切って、暑中お見舞いはがきを作成しました。お世話になっている皆様のお手元に間もなく届きます。お楽しみに、お願い致します。 (グループホーム白珠 白井)

   

 

 

 

横綱 白鵬関が来村されました@さわらび会

日時 平成27710()

 

69代横綱 白鵬関が慰問のため福祉村に来村されました。

さわらび会 山本左近統括本部長とのご関係があり、今回福祉村への慰問訪問が実現。
16時頃に福祉村病院にご到着され、理事長先生からの挨拶、八木聖名子看護師長から花束の贈呈を行ったあと、患者様と交流されました。

     

白鵬関自ら患者様の傍にいき、握手や声をかけてくださいました。

皆さん一生懸命白鵬関に向かって手を伸ばし、握手をしてくださった後は満面の笑顔。
実際に握手をした患者様は、「大きな手だった。」「優勝しますと言ってくれた。一生の記念になります。」など大喜びの様子でした。

    

福祉村病院で暫く交流をした後、第二さわらび荘へ移動し歓迎セレモニーが行われました。

第二さわらび荘でも100名以上のご利用者様や地域の方がふれあいホールにつめかけ、白鵬関を一目見ようと大賑わいでした。

白鵬関が第二さわらび荘に到着されると、あふれんばかりの歓声と拍手でお出迎え。

福祉村保育園の園児からの歌のプレゼントでは、白鵬関も一緒になってタンバリンをたたいてくださいました。

    

質疑応答のコーナーでは「優勝してください!」という声がとても多く「頑張ります。」と笑顔で答えてくださいました。

その後山本ゆかり専務理事より花束と山本孝之理事長から総重量60kgの米俵、
障害福祉村病院サービス事業所で作られた“あすかくんクッキー”を明日香の利用者様から贈呈させていただきました。

     

第二さわらび荘でも大勢の利用者様と握手や写真撮影に応じて下さり

「大きかった!」「一緒に写真を撮ることができてよかった。」「是非、優勝してほしい!」

と歓迎セレモニーが終わった後も皆さん興奮冷めやらぬご様子でした。

また、EPAの候補生たちも白鵬関に大喜び!相撲という日本の国技が、世界中で愛されていることを実感しました。

    

 

    

横綱 白鵬関、ありがとうございました。(福祉村病院 近藤)

 

 

 

 

 

豊橋市東部圏域ケアマネジャーによる施設見学@フェリス福祉村・第二さわらび荘

日時:平成27年7月22日(水)11時~12時

場所:フェリス福祉村・第二さわらび荘

豊橋市東部圏域事業所に所属をされているケアマネジャーさん20名がさわらび会のフェリス福祉村及び第二さわらび荘の見学に来られました。

今回来られたケアマネジャーさんは在宅での生活を支援する方が主ですが、在宅での生活が厳しくなった際に、施設での生活を検討していく必要があり、具体的に施設がどのようなところで、どのようなサービスを提供しているのかを見るために今回、フェリス福祉村と第二さわらび荘を見学に来られました。

第二さわらび荘 長坂敏幸副施設長がそれぞれの施設の特徴をご説明させて頂き、見学を行って頂きました。

ご案内の中でケアマネジャーの皆様よりご質問を頂き、大変活発な意見交換もできています。

今後もこのような見学受け入れを積極的にさせて頂き、よりさわらび会の施設の事をご理解いただくことで、在宅での生活が厳しくなっている方々を支えるケアマネジャーの方から選んでいただける施設、またご家族やご利用者より選んでいただける施設になっていけるよう努力を続けたいと考えています。(第二さわらび荘 相談員 東郡)

平成27年度第2回運営推進会議@グループホーム白珠

日時:平成27年7月20日(月)
場所:グループホーム白珠

今回の運営推進会議は、地域交流を目的として、回想法、ポン菓子製造実演を開催致しました。当日は69名が参加され「懐かしいね。」「昔は米だけでなく、大豆、麦、トウモロコシもはぜかしたね。」と、あちらこちらで会話がはずみました。菓子が出来上がるまで15分かかります。最後は全員でカウントダウン「5、4、3、2、1」。そして、「ポン」と大きな音と共にお菓子が出来上がりました。美味しそうな匂いが庭一杯に広がり、皆様も笑顔になられました。甘い蜜にからめスティックにして完成です。暑い日でしたが、地域の皆様と楽しく交流することが出来ました。ありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)

7月8日 さわらび大学レポート「福祉村病院との上手な付き合い方」

日時 :平成27年7月8日(水)
会場 :第二さわらび荘 ふれあいホール
講師 :福祉村病院 総看護師長 山本淑子
講義名:福祉村病院との上手な付き合い方

  今回のさわらび大学の研修は 山本淑子総看護師長による、福祉村病院との上手な付き合い方についての講義でした。

  2025年問題について考えられるのは、3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という超高齢社会を迎えるということ。

  認知症患者は700万人、65歳以上の5人に1人が認知症患者に罹患するといわれて言われています。病院のベッドが取り合いになる時代がきて、在宅医療やケアということが多くの家庭にとって、ますます身近な問題となってきます。
高齢者が増えるということは、認知症をはじめ、複数の病気を抱えた患者の数も増え、これまでのような医療機関を選ぶのとは異なるということがいえます。
  最期まで自分らしく自宅で暮らしたいというニーズを満たすためには、地域の医療機関の役割が大切になってきます。高齢者に特化した福祉村病院を有効活用していただきたいと思います。

主な研修内容は、
  ・福祉村病院の概要
  ・認知症予防脳ドックについて
  ・訪問看護
  ・訪問リハビリ  です。

福祉村病院の特色は
  ・「みんなの幸せを守る」 医療と福祉の総合保証基地
  ・患者の自立促進を第一の目標とし高齢者や心身障害者のリハビリを実施しています。
  ・認知症の治療とリハビリは、全国で最初に取り組み話題となりました。
  ・医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護士、
   医療ソーシャルワーカー等専門職のチームワークによって、
   認知症介護の3原則に則って心のこもった医療・看護・介護を提供しています。

  今回学んだ知識を活かし、利用者様により良いサービスを提供できるよう、職員一同業務に励んでいきたいと思います。
        (福祉村病院 松本)

7月8日 さわらび大学レポート「認知症について」

日時 :平成27年7月8日  13:30~14:40
会場 :第二さわらび荘 ふれあいホール
講師 :福祉村病院 副医院長 伊苅弘之先生
研修名:「認知症について」

  今回の研修では福祉村病院 副医院長 伊苅先生による「認知症について」の研修を行いました。
 まず「認知症」ということばが2004年に作られたものであり、「痴呆」と「認知症」が全く同じであるという事に驚きました。そして2013年現在認知症の方が400万人。MCI(軽度認知機能障害)の方が400万人もいらっしゃり、その患者数は増加傾向にありました。
  認知症は認知機能の低下や日常生活で支障がでたりする病気のひとつですが、情緒、感情面は正常です。
そのため治療として病状の悪化を薬で抑えることも大切ですが、薬以外の治療としてストレスや不安を軽減し、よい生活環境作りをし、その方が今できることをしていただくことが大切です。
  今回認知症について学ぶことでただ単に治療するだけではなく、その人らしくやりがいのある生活を維持すること、周りの人の力を上手に活用し無理のない生活を続けていくことが大切だと感じました。

  (福祉村病院 外山)

豊橋祇園祭@シャトーローズ八町

日時:平成27年7月19日(日) 18:00~21:00
場所:シャトーローズ八町

豊橋祇園祭の打ち上げ花火は、台風11号の影響により日程変更をしましたが、当日は天候にも恵まれ、シャトーローズ八町から夜空に彩る花火をご覧いただくことができました。
花火が打ち上げられるたびにご入居者の皆様から大きな歓声や拍手が沸き上がっておりました。
(シャトーローズ八町 加藤)

手品と懐かしの唄@グループホーム白珠

日時:平成27年7月16日(木)
場所:グループホーム白珠

白珠では毎月1回、ボランティアの岩月淳一様による手品と懐かしの唄を開催しております。
今日の手品は、金魚鉢の中身が変わり、ハンカチが花へ変身、パプリカの中からトランプが現れ、新聞紙に水を入れても漏れてこない等、目の前で次々に不思議なことが起こりました。また懐かしい歌を大合唱して、楽しい一時を過ごしました。今から、8月が楽しみです。(グループホーム白珠 白井有)

初任者研修 「ディズニー接遇研修」

日時:平成27年6月25日(木)14:00~15:30

場所:第二さわらび荘 ふれあいホール

講師:石坂 秀己氏

研修名:初任者研修「ディズニー研修」

 

今回、在籍3年未満の職員を中心に80名の方が参加され増しt。ディズニーで実践されている「接客接遇の5原則」を6名のグループに分かれて実践しました。

 

1.ディズニースマイル「素敵な笑顔には4つのポイントがある!」

①月目(三日月の欠けている部分を下にしたような状態の目)

②ほほをキュッと上げる

③上の歯だけ見せる

④シンメトリー(左右対称)

人を褒める際、褒められた人がうれしいと感じるように褒めることが大切。

褒める→笑顔になり、自らの意思で頑張るようになる

 

2.ディズニーキャストの挨拶

・挨拶の種類

・アイコンタクトは凝視しない

「挨拶」の目的はお客様に安心感をいだいていただくこと。アイコンタクトもずっと凝視するのではなく、適度に見つめることが大切である

 

3.ディズニーキャストの言葉遣い

・普段からプラス言葉を積極的に使う

叱る、判断する、命令する、にらむ、叩くなどの受け取って不快に感じることではなく、褒める、認める、笑う、励ます、抱きしめるなどのプラスのストロークで返してあげることが大切。満たされると気持ちが安定します。普段からプラス言葉を使う事で表情も自然と明るくなります。

 

4.ディズニーキャストの身だしなみ

・役になりきる

・判断の基準は相手

 

5.ディズニーキャストの立ち振る舞い

・声をかけられたら、振り返る時は「デコルテ」を見せる

後ろから声をかけられて「はい」と言いながら振り返る時は、首だけで振り返るのではなく、デコルテを見せるように腰から上を相手に向けると好感度が上がります。

・相手との位置は「情」のポジションで

情のポジションとは自分と相手の位置の角度が45度になる場所です。お互いの緊張を解き、相手を自然と受け入れやすくさせるといわれています。ディズニーでは「クレーム対応」のテクニックとして相手とは正対せず45度の位置もしくは横並びになることを推奨しています。

 

今回の研修は、業務を行っていく上で大切な「挨拶」「笑顔」を中心に利用者の皆様に安心していただける接遇を学ぶことが出来たのではないかと思います。

 

明日香 藤井葉

平成27年度第2回運営推進会議@天伯

日時:平成27年7月14日(火)14:00~

場所:特養天伯 1F 相談室

特養天伯にて、今年度2回目の運営推進会議を行いました。
今回は福祉村地域包括支援センターの職員による「食中毒について」の講義を中心とした会議となりました。
夏が近づくと増加する食中毒ですが、対策を知っていれば未然に防ぐことも十分可能です。講義では食中毒原因となる菌の種類や、様々な菌に対しての対応方法等を教えていただきました。
食中毒予防の3原則も教えていただきましたので、載せさせていただきます。

①.細菌をつけない(調理前・食事前の手洗い、まな板の洗浄)

②.細菌を増やさない(購入後はできるだけ早く冷蔵庫へ)

③.細菌をやっつける(加熱は中心部まで。肉等調理した器具は熱湯で消毒を。)

3原則はどれも、意識して行えば難しい事ではないように感じました。食中毒に苦しまない為にも、是非実践していきたいですね。

天伯 生活相談員 塩見  

平成27年度第1回運営推進会議@天伯の記事はこちら

「 7月の防災訓練を行いました 」 @福祉村保育園

日時:平成27年7月8日(水)

場所:福祉村保育園

7月の防災訓練をしました。

桃組さんも青組さんも、おやつを食べ、午前の活動をしている時に行いました。

保育者の指示を聞き、しっかりとホールの時計の下に集まることができました。

桃組さんは、頭巾をかぶるのが嫌でまだ泣けてしまう子もいますが、

これからもしっかり訓練を行っていきたいと思います。

( 福祉村保育園 北河 )

 

「 七夕会 」 @福祉村保育園

日時:平成27年7月7日(火)

場所:福祉村保育園

七夕会を行いました。

毎年、子どもたちのために大きい立派な笹をとってきてくださる若菜荘の方々にも

今年は参加していただき、子どもたちと一緒に笹に飾りつけをしました。

七夕の劇 「 織り姫と彦星 」 では子どもたちに、カササギの橋を作ってもらいました。

織り姫と彦星がカササギの橋を渡り会うことができると子どもたちも嬉しそうでした。

若菜荘のみなさんもとても喜んでくださり、にぎやかで楽しい七夕会になりました。

( 福祉村保育園 福嶋 )

 

梅雨空だけど、さわやかに@珠藻荘

日時 平成27年7月8日(水) 午後2時から3時

会場 珠藻荘二階多目的ホール

梅雨空が続く毎日、「今日はみんなでスカッと明るく歌おう!」とギター、電子ピアノ、ドラムを使った生演奏の中、童謡や歌謡曲でさわやか気分を味わいました。

週に一度は二階の広い多目的ホールを使って、レクリエーションを企画しています。
(井上)

オレンジカフェときわ@常盤

日時:平成2778日(水)14:0015:30

場所:常盤4階 ときわホール

 

今回のオレンジカフェときわには15名の地域の皆様が参加してくださいました。

あいにくの梅雨空で雨に霞んだ街並みが見えますときわホールにて、皆様にはコーヒーや紅茶、お菓子を召し上がっていただきながら、お喋りや音楽や手品、リフレッシュ体操など楽しい時間を過ごしていただきました。

4月から始めましてオレンジカフェときわは4回目となりますが、常連の方も初めての方も地域の皆様は少しお洒落をして来てくださいますので、オレンジカフェときわを楽しみにしてくださっているようです。

オレンジカフェときわは認知症になっても、住みなれた地域で安心して尊厳あるその人らしい生活を継続できるよう、また、認知症の人のご家族の介護負担の軽減を図るため、認知症の人とそのご家族、地域住民、専門職の誰もが参加でき集うことができる場所として毎月第2水曜日に開催しています。

ご参加いただくことにあたって特に決まりがある訳ではありません。認知症の方やそのご家族、地域の方が気軽に集まることができる場所を地域の皆様と一緒に作っていけたらと思います。

次回は8月12日(水)14:00~15:30を予定しています。(常盤 藤原)

 

初級救急救命講習会@さわらび荘

日時:平成2777日(火) 14001530

場所:さわらび荘 1階集会室

 豊橋市中消防署の方に講師としてお越しいただき、さわらび荘の職員に向けて初級救急救命講習会を開催しました。急変時においてAEDの使用や心臓マッサージの重要性はマスコミ等でも報道され認識が高まっています。高齢者施設であるさわらび荘では、いつ何時体調を崩される方が現れるか分かりません。その際、救急隊が到着するまでの間、慌てず、素早く救命措置を施すことが出来るように、これからも繰り返し訓練を行ってまいります。

(さわらび荘 渡邊)

フラダンスショー@シャトーローズ八町

日時:平成27年7月3日(金) 14:00~15:00

場所:1階デイサービス

ハワイアングループのアロハ・プルメリアの皆様がお越しくださいました。

1.小さな竹の橋の下で 2.憧れのハワイ航路

3.フラガール「虹を」 4.パパリナ・ラヒラヒ

5.プア・カーネーション 6.南国の夜

7.ハナレイ・ムーン 8.四季の歌

以上、8曲に合わせて、2曲ごとに衣装チェンジしながら、フラダンスショーを披露してくださいました。

衣装チェンジする度に参加者の皆様から歓声が沸きあがり笑顔が溢れ、楽しい時間を過ごすことができたかと思います。

アロハ・プルメリアの皆様、ありがとうございました。

(シャトーローズ八町 加藤)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運営推進会議@常盤

日時:平成2777日(火)10:3011:30

場所:常盤4階 ときわホール

 

宮下町自治会様、老人会様、民生委員様、中央地域包括支援センター様、介護相談員様、常盤家族会の皆様にご参加いただきまして運営推進会議を開催しました。

常盤の事業報告の後、今回は豊橋市社会福祉協議会成年後見支援センターより「成年後見制度と地域の連携」についてお話をしていただきまして、皆様と意見交換をしました。

司法書士様も参加してくださいまして、認知症や知的障害の方の成年後見の事例から、地域の皆様の見守りや協力があることで、この成年後見制度がより生かされるというお話しをいただきました。

常盤も地域の一員として、地域のお役に立つことが出来るように、さわらび会だからこそできる地域サービスを常に考えながら活動していきたいと思います。(常盤 藤原)

防災訓練@しろがね

日時:平成27年7月3日(金)

場所:しろがね全域

 

防災訓練を行いました。

今回は 火災を想定し 職員の誘導で利用者のみなさんと一緒に

屋外に避難しました。

定期的に訓練を行っているためか 今回も慌てることなく とてもスムーズに

避難できました。

これからも 続けて行っていきたいと思います。 (小寺)

  

 

フラワーアレンジメント教室@天伯

日時:平成27年7月1日(水)

場所:特養天伯 1F 1丁目ユニット

冬の間、感染症等の予防の為に実施できておりませんでしたフラワーアレンジメント教室を、本日から再開していただくことができました。
講師は去年から引き続き、フラワーアレンジメント等を仕事にされておられる、特養天伯ご利用者様のご家族様に行っていただいております。

今回は、主に黄色の向日葵を主軸にしての作品作りとなりました。皆様悩みながらも楽しそうに作っておられる姿を拝見させていただくことができました。
梅雨に入り夏も近づいて参りましたが、じめじめとした空気を感じさせない、爽やかな夏らしさを感じる作品が出来ました。ご利用者様や職員の心をより一層明るくしてくれることと思います。

講師をしていただいたご家族様、今回も素敵な教室を開いていただきありがとうございました。

(天伯 生活相談員 塩見)

前回の特養天伯フラワーアレンジメント教室の記事はこちら

イオン豊橋南店「福祉の店」のご案内@明日香

 

日時:平成27年7月3日(金)~6日(月)

10:00~20:00(6日は18:00まで)

場所:イオン豊橋南店(ユニクロ前イベントコーナー)

イオン豊橋南店にて東三河障害者製品即売会「福祉の店」を開催いたします。

東三河の福祉施設が中心となって、クッキー、パン、シフォンケーキなどの焼き菓子や、

木工のおもちゃ、縫製商品など様々な商品が販売されます。

あすかくんクッキーも販売します!

皆様、ぜひお立ち寄り下さい。

明日香 末松

 

「 保育参観を行いました 」 @福祉村保育園

日時:平成27年6月27日(土)

場所:福祉村保育園

桃組 ( 0、1歳児 ) は、かけっこもぐもぐ、おかいものごっこ、

アンパンマンの集合遊び、おうたとタンバリンの演奏、

パネルシアター 「 シャカシャカシェイク 」 を行いました。

ホールで 「 とけいのうた 」 「 ながぐつマーチ 」 のうたと

「 あまだれぽったん 」 をタンバリンで演奏しました。

リズムに合わせておひざを曲げる姿や、一生懸命ジャンプする姿はとてもかわいらしく、

上手に踊ることができました。

走るのが大好きな子どもたちは、集合遊びやかけっこをとても張り切って

楽しそうに参加していました。

おかいものごっこでは、野菜や果物を夢中でバックに入れる子どもたちを見て、

保護者に方から 「 かわいい! 」 と声が上がっていました。

緊張して泣けてしまう子もいましたが、頑張っている姿を見て頂けたと思います。

「 みんな、えらかったね!! 」  ( 福祉村保育園 小林千 )

 

新学期が始まって2ヶ月が経ち、子どもたちも新しい生活に大分慣れてきました。

そんな子どもたちの園での様子を見て頂こうと、保育参観がありました。

62名の保護者の方たちに見にきて頂くことができました。

青組は、普段と違う感じに泣けてしまった子もいましたが、

お歌や製作、カード取りなどの活動を

お母さんたちから離れて参加することができました。

毎日歌うおうたも元気よくうたうことができました。

ささ飾りの製作では、自分でのりをもってどんどん作っていき、

動物のカード取りでは、積極的に取りにいく姿が見られました。

最後には、たくさん練習した 「 大きなかぶ 」 の劇をお母さんたちに観て頂きました。

せりふも元気よく上手に言うことができました。

歌に合わせて 「 うんとこしょ! どっこいしょ! 」 と

かぶを引っ張る姿がとてもかわいく、役になりきって一生懸命演じていました。

これからも楽しく子どもたちが園生活を送れるよう努めていきたいです。

( 福祉村保育園 紙谷 )


 

 

7月8日(水) さわらび大学リニューアル記念講演

40年以上にわたり地域に開講してきたさわらび大学が、このたび大きくリニューアルされます。

    ・講義数が増え、医療、福祉、一般教養のより広い知識が得られます。
    ・「マスターコース」が新設され、3ヶ年内に受講数が規定数に達すると、
     「さわらびマスター」として表彰されます。
 

○リニューアル記念講演

【場所】    第二さわらび荘 ふれあいホール  午後1時30分~3時20分
【講演内容】
      開講式
      講演1:「認知症について」          午後1時30分~2時40分
          講師:医療法人さわらび会 福祉村病院 副院長 伊苅 弘之 様
      講演2:「福祉村病院との上手な付き合い方」  午後2時50分~3時20分
          講師:医療法人さわらび会 福祉村病院 副院長・総看護師長 山本 淑子 様
 

○今後のラインアップ

    8月 「介護保険について」「食中毒について」
    9月 「皮膚疾患について」「釈迦の言葉を知ろう」
    10月「感染症について」「地域福祉の現況」
    11月「リハビリの力」「知的障害について」
    来春「2015年高齢者問題について」「東南アジア諸国と介護の連携」
 

さわらび会ニュース
カテゴリー
最新記事
バックナンバー