さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび会ニュース - 2015年08月

オレンジカフェ@グループホーム白珠

日時:平成27年8月26日(水)10:00~11:00
場所:グループホーム白珠

オレンジカフェを開催致し、今回は10名が参加されました。初めて参加された方もみえましたが、介護に関する話題や情報にお話が盛り上がり楽しい時間になりました。認知症の専門スタッフが、美味しいお茶を用意してお待ちしております。毎月第4水曜日午前10時から11時に開催しております。是非皆様もお立ち寄り下さい。
グループホーム白珠 白井

 

夏のレシピ紹介@栄養士会

毎日暑い日が続き、食欲が出ないことで夏バテを感じる方も多いと思います。そんな時こそ食事をバランスよく食べて、栄養素を蓄える必要があります。ここで紹介するレシピは、食欲が出ない時でも食べやすい料理です。 ご家庭でも是非お試しください。                  (さわらび荘 管理栄養士 坂神)

おくらトンカツ

材料(1人分)
おくら3本、豚バラ肉3牧、塩コショウ 適量、小麦粉 適量、卵15g、パン粉 適量

作り方
① おくらはよく洗い、がくを取り、おくら全体の水分を拭いておく。
② 豚バラ肉をおくら1本に対して1枚巻き付けて、塩こしょうを振る。
③ 小麦粉・卵・パン粉の順に衣をつける。
④ 160度の油でじっくり揚げて、出来上がり。

片栗粉で簡単くずまんじゅう風

材料(1人分)
こしあん20g、片栗粉7g、水50g、砂糖3g、きな粉 適量

作り方
① あんを器の真ん中に置く。
② 手鍋に、片栗粉・水・砂糖を入れ、よくかき混ぜる。弱火~中火でかき混ぜながら温め、一度濁り、その後透き通って粘りが出てきたら火を止める。
③ ①に②をかけ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、食べる直前にきな粉をかける。(お好みで黒蜜をかけてください)

豚肉のバーベキューソース

材料(1人分)
豚ロース3~4枚、生姜1かけ、(下味)醤油 小さじ2/3、酒 小さじ2/3
(ソース)りんご、桃等の果物ピューレ10g、醤油 小さじ2/3、砂糖 小さじ2/3、           みりん 小さじ1/2、酢 少々

作り方
① 豚ロースに生姜のすりおろしを加え、下味をつけておく。
② フライパンに油をひき、①を焼く。
③ 醤油、みりん、砂糖を合わせ、火にかける。ひと煮立ちしたら、果物ピューレと酢を加える。
④ ②の豚肉に③のソースをかける。
⑤ お好みの付け合せを添えて出来上がり。

「 スイカ割りをしました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年8月21日(金)

場所 : 福祉村保育園

カサデローザから頂いたスイカでスイカ割りをしました。

一人ずつ順番に、 「 よいしょー! よいしょー! 」 とかけ声をかけながら

スイカをを棒で叩きましたが、大きく立派なスイカはなかなか割れず、

「 ぼくがやりたい! 」 や 「 早く食べたいね! 」 などの声が

たくさん聞こえてきました。

最後は大きな黄組のお兄さんが力いっぱい叩き、割ってくれました。

「 おいしね! 」 「 もっと食べたいね! 」 と言いながら

とても甘いスイカをみんなで美味しくいただきました。

にぎやかで楽しい夏の思い出になりました。

( 福祉村保育園 福嶋  )

 

サマーフェスタ2015@珠藻荘

日時:平成27年8月26日(水)

場所:珠藻荘2階多目的ホール

夏恒例のサマーフェスタが開催され、午前は会食とカラオケ大会、午後はビンゴ大会を行いました。
カラオケは飛び入り参加も出て盛り上がり、お待ちかねのビンゴ大会も元気な声が飛び交っていました。
ボランティアの方々にも参加していただき、暑かった夏も一気に吹っ飛ぶくらいみんなで盛り上がったサマーフェスタとなりました。(井上)
 
 

今月の作品@ジュゲム

場所:ジュゲム4階 廊下

八月も下旬となり、暑さも少しやわらいできました。
そんな季節にあわせて、秋を感じる作品を飾っています。

左から順に、不動明王、降三世明王、蓮の花になります。
落ち着いた色味で切り絵を仕上げました。

今回、それぞれに解説がついているので、近づいてご覧になって下さい。 

本日ご紹介の作品は、ジュゲム東側・フロア入口からご覧いただけます。
今後も新しい作品を随時更新していきたいと思います。(ジュゲム平松)

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成27年8月22日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

16名の方がお越しくださいました。

福祉村病院の認知症リハビリプロジェクトチームの皆さんに棒体操を行っていただきました。コーヒーや紅茶等を飲みながら、楽しく談笑をしたり、棒体操等をして、楽しいひとときを過ごしていただけたかと思います

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、9月の第4土曜日 26日(土)13:30~15:30です。

 (さわらび荘 太田)



 

 

 

9月2日(水) さわらび大学講義

さわらび大学が以下の日時で開講されます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

【日時】    平成27年9月2日(水) 午後1時30分~3時20分
【場所】    第2さわらび荘 ふれあいホール
【講義内容】
   講義1:「皮膚疾患について」  午後1時30分~2時20分
         講師:医療法人さわらび会 福祉村病院
                   皮膚科医 斉藤 友紀子 様
                       (講義分類:医療)
   講義2:「釈迦の言葉を知ろう」 午後2時30分~3時20分
         講師:臨済宗太平寺   住職 彦坂 宗丘 様
                       (講義分類:一般)
 

「 8月の小音楽会がありました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年8月21日(金)

場所 : 福祉村保育園

8月の小音楽会を行いました。

青組は 「 きしゃぽぽ 」 や 「 ひまわり 」 などをうたいました。

手を汽車のように動かしながら、元気にうたうことができました。

桃組は 「 かばさんすいどう 」 や 「 アイアイ 」 などをうたいました。

大好きな 「 おべんとバス 」 では、

「 ギュギュギュ! ギュギュギュ! 」 に合わせて踊り、

とてもかわいかったです。

黄組は 「 ツッピンとびうお 」 と 「 ハッピーチルドレン 」 をうたい、

メロディーベルでは 「 キラキラ星 」 と 「 河は呼んでいる 」 を

とてもきれいな音で演奏することができました。

歌の後は、全員で

カードシアター 「 すずしくなるものでてこい でてこい 」 を見ました。

かわいいアイスクリームの中から、うちわやスイカなどが出てきたり、

最後にアイスがおばけに変身したときは、とても盛り上がりました。

夏休みで、黄組も参加し、たくさんの人数で楽しく行うことができました。

( 福祉村保育園 藤原 )

「いきいきフェスタ2015」にて、かたりべの会発表@あかね荘

日時:平成27年8月23日(日)10:00〜16:00

場所:ライフポートとよはし

8月23日ライフポート豊橋にて行われたいきいきフェスタに参加しました。今年の演目は「石巻さんのせいくらべ」です。リハーサルではみなさん緊張されている様子でしたが、本番ではとっても大きな声で語ることが出来ました。みなさん本当に本番に強いです!お昼ご飯はお楽しみのカレーライス♪去年はとっても辛かったですが、今年は甘くておいしくいただくことが出来ました。次は文化祭に向けて練習していきます。みなさん期待していてください。(あかね荘・田口)

 

「 カサデローザのみなさんとの折り紙交流会 」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年8月20日(木)

場所 : カサデローザ

折り紙交流会があり、カサデローザへ行ってきました。

おばあさんが三角に折り始めると、

女の子達はそれを真似て、 「 花 」 を折っていました。

そのうち 「 ハート 」 や 「 金魚 」 などをあっという間に折り、

楽しくなってきた子どもたちは、そのうちおじいさん達の

ひざやイスの横に座り、甘える子もいました。

できた折り紙は、大きな紙いっぱいに貼れるほどになりました。

おみやげに大きなスイカを頂き、子どもたちは大喜びでした。

カサデローザのみなさん、楽しいひと時をありがとうございました。

( 福祉村保育園 岩間 )

 

 

8月4日 さわらび大学レポート

日時  8月4日(火曜日)
会場  第二さわらび荘 ふれあいホール

○講義1 「地域福祉の現状」

講師  豊橋市長寿介護課 主幹 加藤 充洋氏

 豊橋市長寿介護課主幹加藤充洋氏をお迎えして、地域福祉の現状・超高齢社会の現状と課題についての講義を行っていただきました。
豊橋市の総人口は、現在37万人ですが、将来推計では緩やかに減少してゆきます。それとは別に、高齢者の人口は今後も増加してゆく事が予想されており、高齢化率も上昇し、かつ高齢者の単身世帯や高齢者の夫婦世帯率も増加が見込まれています。また、介護認定者数も増加し、介護保険料の値上げも予想されます。

1.地域福祉の充実を図る地域包括ケアシステム構築に向けて

 以下のような取り組みが行われていく必要があります。

・行政主導型の地域づくりから住民主導の地域づくりへ
・在宅医療と介護の連携による高齢者支援
・高齢者の住まいと介護サービスの充実
・健康で生きがいを持てる高齢社会の実現

 3人に1人が高齢者の社会を迎えるまでに「みんなで支え合う社会」を作りましょう。

2.東三河広域連合による新たな可能性

 高齢化が急速に進行する中、介護保険財政の高騰、介護施設の不足等厳しい状況が近い将来予想されています。超高齢化社会に対応した施策を展開するためには、市町村の枠を超えた連携体制が必要です。

3.平成27年8月からの介護保険負担割合についての説明

 介護保険サービスを利用する場合、一律にサービス費の1割を負担するとしていましたが65歳以上の方のうち、一定以上の所得がある方にはサービス費の2割を負担していただくことになりました。
豊橋市も人口の減少、高齢化率の上昇に伴い、地域で支え合う町作りを考えることが必要だと思いました。

○講義2 「食中毒について」

講師  福祉村病院 管理栄養士 小林まさ子

 福祉村病院管理栄養士小林まさ子氏により、家庭で出来る食中毒予防の講義を行っていただきました。
毎月、8月は「食品衛生月間」に定められているように夏場(6月~8月)は食中毒が多く発生するため、食中毒の種類とその原因及び、正しい手の洗い方などの説明がありました。

1.家庭で出来る食中毒予防のポイント

①食品の購入 消費期限などのチェック、肉魚は分けて包む、保冷剤(氷)を利用して、購入後寄り道をしないで帰りましょう。
②家庭での保存 帰ったらすぐに冷蔵庫へ、入れるのは7割ほどにして、冷蔵庫は、10℃以下冷凍庫は、-15℃以下に保ちましょう。
③下準備 こまめに手を洗って、食材は流水で洗い、肉魚を切ったまな板、包丁は洗って熱湯をかけましょう。
④調理 加熱は十分に行い、料理を途中でやめる時は、室温に放置せず冷蔵庫に入れ、再び調理する時は十分加熱しましょう。
⑤食事 長時間室温に放置せず、温かい物は温かいうちに、冷たい物は冷たいうちに食べましょう。
⑥残った食品 清潔な器具、容器に小分けして保存して、温めなおすときは十分に加熱を行い、怪しいと思ったら捨てましょう。


2.食中毒かな・・・と思ったら

 嘔吐や下痢の症状は、原因物質を排除しようという体の防御反応です。医師の診断を受けずに、むやみに市販の下痢止めなどの薬を利用せず、早めに医師の診断を受けましょう。

 食中毒予防の3原則 食中毒菌を「付けない、増やさない、やっつける」

今回の研修で食中毒に皆さんが注意して、この夏を乗り切っていただけたらと思いました。

医療法人・社会福祉法人 さわらび会 平成27年度 第1回 研究発表会

日時:平成27年8月19日(水)13:30~16:00

場所:福祉村病院 大会議室

 

「医療法人・社会福祉法人 さわらび会 平成27年度 第1回 研究発表会」が行われました。
今回は、7つのグループが医療・高齢者福祉・障害者福祉それぞれに専門性の高い実践を発表しました。

発表①
「Quality of Life ~リハビリを重ね意欲を増す~」
しろがね 理学療法士 宮下賢也
生活支援員 山田忠由

発表②
「臭い対策」
珠藻荘  介護士長 石田喜則

発表③
「当施設におけるキャリア段位制度の取り組み~水分補給量に着目して~」
グループホーム白珠 介護士 島本晴子
介護士 大原崇弥

発表④
「集団レクリエーションによる生活のQOLの向上」
グループホーム カサデヴェルデ 管理者 若見和成

発表⑤
「看取り介護への取り組み 第二さわらび荘での17例の事例について」
第二さわらび荘 ユニットリーダー 西崎弘雅
看護師長     鈴木あきよ

発表⑥
「リハビリで歩行訓練を行っている患者様の身体機能・認知機能の維持向上への
取り組み」
福祉村病院2病棟2階 介護士 荻野みな子

発表⑦
「スピーチロック廃止に向けて」
ジュゲム 介護士 柴田洋年

発表終了後、参加者による投票が行われ、山本左近統括本部長より最優秀賞、優秀賞、奨励賞の発表が行われました。

最優秀賞
「スピーチロック廃止に向けて」
「看取り介護への取り組み 第二さわらび荘での17例の事例について」

優秀賞
「リハビリで歩行訓練を行っている患者様の身体機能・認知機能の維持向上への
取り組み」
「当施設におけるキャリア段位制度の取り組み~水分補給量に着目して~」

奨励賞
「Quality of Life ~リハビリを重ね意欲を増す~」
「臭い対策」
「集団レクリエーションによる生活のQOLの向上」

講評では、山本孝之理事長、山本ゆかり専務理事、山本左近統括本部長より、各発表について、良かった点や改善点などアドバイスを頂きました。また、今年度、第2回発表会へ向けての準備、研究発表会をこれからの業務に生かしていけるようにとのお言葉を頂きました。

研究発表の詳細につきましては、後日、研究発表レポートとしてお伝え致します。

(さわらび荘 勝山)



「 夏の壁面 」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年8月18日(火)

場所 : 福祉村保育園

各クラスには、楽しそうな夏の壁面が飾られています。

青組の壁面は、フィンガーペインティングで作った大きなクジラがとてもかわいく、

魚やカニがおり、まるで海の中にいるかのようです。

クジラの上で、水着姿の子どもたちが楽しそうに遊んでいます。

ひまわり畑にセミも遊びに来たようです。

桃組の壁面は、夏の夜空にあがる花火を見上げる、

浴衣姿の子どもたちがとてもかわいらしいです。

海の中を泳ぐ魚たちも気持ちよさそうですね!

( 福祉村保育園 紙谷 )

 

☆青組☆

 

☆桃組☆

 

 

水消火器訓練@グループホーム白珠

8月18日(火)グループホーム白珠では、豊橋市中消防署のご協力を頂き、水消火器を使った消火訓練を行いました。入居者様も5名参加され真剣に取り組まれました。初めは狙いが定まらないことがありましたが、消火器の水を受け的が豪快に倒れると、歓声が上がりました。日頃からの訓練が大切だと思いました。   (グループホーム白珠 白井) 

 

「 夏休みのおたのしみ会がありました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年8月14日(金)

場所 : 福祉村保育園

全クラスがホールに集まり、おたのしみ会が開かれました。

「 かばさんすいどう 」 の元気な歌声で会が始まり、子どもたちの様子も

わくわくと胸おどる表情に変わりました。

色水シアターでは、食紅を使ったジュースでお話が始まり、

ジュースを混ぜると色が変わる不思議さを楽しみました。

マジシャン 「 せつこ 」 によるマジックショーでは、

次々と変わる場面に、子どもたちはくぎ付けになっていました。

なにもない所から物が飛び出したり、白色だったものが赤・黄・青に変わり、

出てくると歓声があがっていました。

今回、初の試みで壁飾りプレートを作りました。

牛乳パックに紙粘土を詰めたものを用意し、

貝殻やビー玉、おはじきなど自分の好きなものを飾りつけました。

押し込むように紙粘土にのせていくことを伝えると、

小さな子どもたちも指を上手に使い押していました。

大きい子どもたちは、珊瑚や花などの飾りを見つけると

「 これもつけたい 」 「 あれも飾る 」 と夢中になり、

自分だけのプレートを作っていました。

完成したものをお互いに見せ、満足そうに喜ぶ姿も見られました。

「 水風船つり 」 とスズランテープのなみをくぐり、

イルカに輪をかける 「 イルカの輪くぐりゲーム 」 にも挑戦し、

ご褒美の手作りうちわを嬉しそうに握りしめていました。

会の終わりには、みんなで 「 おまつりサンバ 」 を踊りました。

軽快なリズムと 「 へーイッ! 」 のかけ声が響きました。

子どもたちの喜ぶ顔をたくさん見ることができた、おたのしみ会になりました。

( 福祉村保育園 鈴木喜 )

第二さわらび荘夏祭り@第二さわらび荘

日時:平成27年8月12日(水)14時~17時

場所:第二さわらび荘

第二さわらび荘では家族会との共催で毎年夏祭りを実施しています。

今年度は、さらに多くの方に楽しんでいただけるように内容を変更して行いました。EPAの外国人介護福祉士候補生の方にも浴衣を着て頂き、会場を盛り上げて頂きました。

初めに山本ゆかり第二さわらび荘施設長並びに佐野久美子家族会会長より挨拶を頂き、次にさわらび会の明日香の利用者の皆さんによるさわらび太鼓で賑やかに夏祭りが開会しました。

その後各階に分かれて家族の方と共にお好きな食事や飲み物で喫食をして頂き、家族とふれあい楽しいお時間をお過ごしいただけました。

また1階のふれあいホールで盆踊りを行い、皆さんで楽しく踊っていただけました。利用者の方だけではなく、ご家族の方も一緒に踊って大変楽しい時間となりました。

最後に第二さわらび荘の裏庭で花火を行いました。

一日とても楽しい時間を過ごすことができました。ご来荘頂いたご家族の皆様、本当にありがとうございました。(第二さわらび荘 東郡)

 

 

 

 

リトミック教室@しろがね

日時:平成27年8月13日(木)

場所:しろがね

 

しろがねでは 週に1~2回リトミックの先生を招いて リトミック教室を行っています。

今日のリトミック教室では 先生が手作りの魚釣り遊びを用意して下さいました。

みなさん夢中で魚釣りを楽しまれていました。

毎回音楽に合わせて体を動かし 利用者のみなさんは とても楽しまれています。

(しろがね 小寺)

 

「オレンジカフェときわ」@常盤

日時:平成27812日(水)14:0015:30

場所:常盤4階 ときわホール

 

暑い日が続いています。オレンジカフェときわを開催しました本日も暑くなりましたが、15名の地域の皆様が参加してくださいました。コーヒーや紅茶、お菓子を召し上がっていただきながら、お喋りや音楽やリフレッシュ体操など楽しい時間を過ごしていただきました。

オレンジカフェときわは認知症になっても、住みなれた地域で安心して尊厳あるその人らしい生活を継続できるよう、また、認知症の人のご家族の介護負担の軽減を図るため、認知症の人とそのご家族、地域住民、専門職の誰もが参加でき集うことができる場所として毎月第2水曜日に開催しています。

ご参加いただくことにあたって特に決まりがある訳ではありません。認知症の方やそのご家族、地域の方が気軽に集まることができる場所を地域の皆様と一緒に作っていけたらと思います。

次回は9月9日(水)14:00~15:30を予定しています。(常盤 藤原)

「 8月の避難訓練を行いました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年8月10日(月)

場所 : 福祉村保育園

8月の避難訓練を行いました。

午後2時過ぎ、午睡中の子どもたちもいましたが、

ピーッ!と鳴った笛の合図で素早く起き、

先生の指示を聞き、急いで玄関まで避難することができました。

どんな状況でも素早く動けるよう、日頃から訓練していきたいと思います。

( 福祉村保育園 市谷 )

夏休み親子福祉体験講座@あかね荘

日時:平成27年8月8日(土)10:00~14:30

場所:福祉村内各施設

先日、夏休み親子福祉体験講座が行われました。

あかね荘では「つくってあそぼ!ちぎり絵!!さをり織り!!」というテーマで、食堂でちぎり絵を、フリースペースでさをり織りを行い、利用者さんと交流していただきました。

大変暑い中ではありましたが、今年も多くの子どもさんや親御さんに参加していただきました。ありがとうございました。(あかね荘 小寺)

  

第12回 夏休み親子福祉体験講座@第二さわらび荘

日時:平成27年8月8日(土)10時~

場所:第二さわらび荘

8月8日(土)にさわらび会での夏休み親子福祉体験講座が行われました。

第二さわらび荘で開会式が行われ、その後各施設に分かれての体験コーナーが行われました。

第二さわらび荘では「高齢者疑似体験」並びに「昔の遊び」の二つのコーナーを行いました。

「高齢者疑似体験」コーナーでは高齢者の身体状況に似せるために、見えづらくするためのゴーグルをつけたり、ヘッドフォンをつけて耳が聞こえづらくしたり、手袋をつけて物をつかみにくくするなどして体験をして頂きました。子供さん達は「高齢者になるといろいろやりにくくなって大変だなー」と高齢者の方への気遣いを口にされていました。

また「昔の遊び」コーナーでは、ケアハウスカサデローザの入所者の方と一緒に折り紙を折ったり、けん玉やおはじき等の昔ながらの遊びをされ楽しい時間をお過ごしいただけたようです。

今後も、高齢者の方の体の状況の変化を身を持って経験したり、高齢者の楽しまれたりする遊びなどを通じて、高齢者の方と接する際に優しさやいたわりを持っていただけるような体験をする機会を設けていきたいと考えています。

(第二さわらび荘 東郡)

フィリピン人看護師候補生 ヴェトナム人介護福祉士候補生 歓迎会@第二さわらび荘

日時:平成27年8月6日(木)9時半~

場所:第二さわらび荘 2階会議室

EPA(経済連携協定)にもとづく平成27年度フィリピン人看護師候補生1名(シムシム ジョイ モルティオさん)及びヴェトナム人介護福祉士候補生5名(・ファム クオック フィーさん ・ヅオン ヴァン トアンさん ・チャン ティ トゥー フォンさん ・ダオ ティ リエウさん ・ブー タイン チャーさん)がさわらび会へ来られましたので、歓迎会を8月6日に実施いたしました。

山本孝之理事長の歓迎の言葉から歓迎会が始まり、みなさんからこれからの抱負を述べて頂きました。また花束の贈呈やヴェトナムの絵のプレゼントを頂きました。

歓迎会に集まった病院や各施設の職員や利用者の皆さんとたいへん和やかな雰囲気の中で歓迎会を実施することができました。

歓迎会終了後には山本左近統括本部長によるさわらび会の概要説明が行われ、皆さん真剣にお話を聞いておられました。

これから3年間、看護師、介護福祉士の資格を取る為に皆さん頑張られますので、私たちも皆さんの支援をしっかりと行っていきたいと思います。(第二さわらび荘 東郡)

「 楽しいプール遊び 」 @福祉村保育園

日時:平成27年8月5日(水)

場所:福祉村保育園

暑い日が続く中、毎日プール遊びをしています。

子どもたちは 「 待ってました! 」 とばかりにプールに飛び込み、

ぞうさんジョロを片手に、友達と水のかけあいっこ!

キャーキャーはしゃぐ子どもたちの声が園庭中に響きます。

はじめは水に慣れず、プールの隅にいたり、べそをかく子もいましたが、

入る回数が増すたびに、顔や頭に水がかかっても平気で遊ぶようになりました。

ワニさん歩きもやりだし、今にも泳ぎだしそうです。

プールでたくさん遊び、ご飯もモリモリ食べ、

福祉村保育園の子どもたちは夏バテ知らずです。  ( 福祉村保育園 節子 )

 

EPA候補生のみなさんとの交流会 「 大きなかぶ 」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年7月14日(火)

場所 : 福祉村保育園

EPAのみなさんとの交流会がありました。

今回も子どもたちになじみのある  「 大きなかぶ 」 を題材に劇遊びをしました。

まず始めに保育園青組の子どもたちが 「 大きなかぶ 」 の劇を披露しました。

子どもたちはこの日のために、毎日楽しく一生懸命練習を重ねてきたので、

本番でも自分の作ったお面をかぶり、役になりきって頑張っていました。

桃組の子どもたちは 「 うんとこしょ どっこいしょ 」 の歌を一緒にうたいました。

次にEPAの方達の劇を見せて頂きました。保育園青組の劇とはまた違った

「 大きなかぶ 」 に子どもたちはみんなくぎ付けになって見入っていました。

最後に保育園青組の中にEPAのみなさんにも入っていただき、

一緒に劇遊びを楽しみました。

はじめはEPAのみなさんの迫力に泣けてしまう子もいましたが、

みんなで一緒になって 「 うんとこしょ! どっこいしょ! 」 とかけ声をかけて

大きなかぶを引っぱるうちに、自然とみんな笑顔が見られるようになり、

一体感が生まれました。

終わりにみんなで 「 アイアイ 」 をうたったり、

「 ロンドン橋 」 をしたりして遊びました。

今回もEPAのみなさんには、子どもたちととても友好的に接してくださり、

子どもたちにとっても大変貴重で有意義な時間になりました。

( 福祉村保育園 杉浦 )

「横綱 白鵬関が来村しました」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年7月10日(金)

場所 : 第二さわらび荘 ホール

福祉村に横綱 白鵬関が来村すると聞き、

子どもたちもお歌とタンバリンの演奏で歓迎しました。

子どもたちは 「 おすもうさん来る? 」 と言って白鵬関が来るのを楽しみにしており、

白鵬関に会うと 「 おおきねー!」 「 強そうだねー! 」  と喜んでいました。

「 きらきら星 」 や 「 しあわせならてをたたこう 」 などを歌い、黄組の子たちは

歌に合わせてメロディーベルの演奏もしました。

かわいく踊ったり、お歌も元気よく堂々とうたうことができました。

白鵬関もタンバリンを持って子どもたちと演奏してくださったり、

一緒に写真も撮っていただき、子どもたちにとって心に残る一日になりました。

( 福祉村保育園 紙谷 )

 

TKBサマーコンサート@グループホーム白珠

8月4日(火)グループホーム白珠では、聴いて下さる方、楽器、奏者が一体となった響きを求めて結成されたTKBトライアングル、チェロ中村都祁子様、バイオリン小林和子様、キーボード伴恵子様、二胡小林幸子様と友情出演ソプラノ歌手岩水友美様5名様によるサマーコンサートが開催されました。岩水様は、あかね荘地域活動支援センターなのはなに勤務されているとお聞きして、より親しみを感じました。弦楽四重奏とソプラノ独唱、参加者全員での合唱と素晴らしい音楽に触れ合う時間になりました。今から、オウタムコンサートも楽しみです。ありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)

 

「 アサガオがたくさん咲きました( 黄組 )」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年7月31日

場所 : 福祉村保育園

毎日水やりを行っているアサガオがたくさん咲きました。

色とりどりで子どもたちも喜んでいます。

( 福祉村保育園 岩間 )

「7月の小音楽会を行いました」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年7月24日 ( 金 )

場所 : 福祉村保育園

桃組は少しずつ線に並ぶことも覚え 「 おべんとバス 」 や 「 おばけなんてないさ 」

の曲に合わせてかわいく踊る姿も見られました。

タンバリンを打つ音もよく聞こえるようになりました。

青組は3番まである 「 あめふりくまのこ 」 を元気よくうたうことができました。

タンバリンの 「 おおきなたいこ 」 をやり、大きなたいこ、小さなたいこを

上手に表現しタンバリンをたたくことができました。

夏休みになり黄組も参加することができ、にぎやかな小音楽会になりました。

パネルシアターの 「 ヤダットちゃんのきもだめしの巻 」 では

いろいろなおばけが登場し、興味を持って真剣に見ることができました。

( 福祉村保育園 井本 )

野依台夏祭り@あかね荘

日時:平成27年8月1日(土)

場所:野依台中央公園広場

男性5名 女性2名の利用者の方が、野依台の夏祭りに参加されました。

お祭りでは、屋台で買った食べ物を味わったり、地域の方と一緒に盆踊りをしたりと、

皆さん楽しまれている様子でした。

とても暑い中でしたが、良い夏の思い出ができました。    (あかね荘 鈴木)

 

家族会夏祭り@グループホーム白珠

8月1日(土)グループホーム白珠では、家族会夏祭りを開催いたしました。第1部は、2階リビングでゲームとスイカ割。得点をつけ上位の方に、手作りの金、銀、銅メダルを授与いたしました。第2部は、1階リビングに場所を移し、ボランティアの紅太鼓8名様による、和太鼓の演奏とパフォーマンス、演目は、①出陣  ②ひばり ③「きよしのズンドコ節」に合わせ和太鼓の体験 ④秋田大黒舞 ⑤烈風 ⑥躍動と、力強い演奏に夏の暑さに負けないパワーを頂きました。楽しい家族会になりました。ご協力ありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)
 

 

「 夏の作品をお届けしました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年8月4日 ( 火 )

場所 : 若菜荘ホール

若菜荘に夏の作品をお届けしました。

桃組 ( 1歳児 ) は 「 朝顔の花とかぶと虫やせみ 」 「 魚とカニ 」 「 風鈴」。

障子紙を絵の具で染めたり、のりでペタペタ貼ったり、クレヨンで描いたりして

楽しみながら作りました。

青組 ( 2歳児 ) は 「 ひまわりとせみ 」 「 魚とカニ 」「 カモメ 」。

かわいい手形を押し、せみの羽やカニを作りました。のりづけやクレヨンの使い方も

上手にできるようになりました。

風鈴の涼しい音色を聞きながら、暑い夏を乗り切っていただければと思います。

( 福祉村保育園 井本 )

さわらび会ニュース
カテゴリー
最新記事
バックナンバー