さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび会ニュース - 2015年09月

ピアノコンサート@第二さわらび荘

日時:平成27年9月28日(月) 16:15~

場所:第二さわらび荘 ふれあいホール

本日、福祉村にAZUMI PIANO様が来村され、ピアノを演奏してくださいました。

福祉村の各施設より、たくさんの方がお越しになりました。

福祉村保育園から園児も参加し、童謡から始まり、みんなで歌える「きらきら星」や「ふるさと」の合唱、アナと雪の女王でおなじみの「Let it go」など演奏してくださいました。

最後には、バッハによる名曲「G線上のアリア」と、皆さんお馴染みの「トルコ行進曲」で締めくくられました。

とても素晴らしい音色を奏でられ、感動と拍手による盛況な演奏会となりました。

(第二さわらび荘 新井)

 

 

■AZUMI PIANO氏

3歳よりピアノを始める。中学時代よりピアニスト高野耀子氏に師事。

1997年、ケルン国立音楽大学名誉教授Gunter Ludwigに薦められ渡独、内弟子となる。

東日本大震災後、Brusselsの芸術家と共にドイツ、ベルギー、スイスにおいて「Benefizkonzert hur Japan」を行い、収益全てを被災地へ。

2013年「音戯噺:おとぎばなし」の会を立ち上げ、幼稚園や老人ホームなどで「世代をつなぐコンサート」を展開。日本での活躍の場を広げている。

共演者は音楽家の他、詩人、作家、画家、俳優など多岐にわたる。

 

運営推進会議@グループホーム白珠

9月28日(月)グループホーム白珠では運営推進会議が開催されました。今回は、岩田校区支え合い活動「のん・ほい」代表、青木哲夫様をお招きして活動内容を報告して頂きました。この活動は、平成27年度豊橋市民共同推進補助事業に選ばれ、岩田校区で暮らす65歳以上の方(一人暮らし、高齢者世帯)のちょっとした困りごとのお手伝いをされています。コーディネーター、ボランティアなど多くの方々が活躍されています。会議には21名の方が参加され、活発に意見交換が行われました。白珠は地域に開かれた施設です。これからも地域の情報を発信して行きたいと思います。(グループホーム白珠 白井)

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成27年9月26日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

10名の方がお越しくださいました。

ボランティアで5歳の男の子がカフェ定員となり、無邪気な笑顔で接客し、お客様も飲み物を受け取るときには自然と優しい笑顔になっておりました。

コーヒーや紅茶等を飲みながら談笑をしたり、楽しいひとときを過ごしていただけたかと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、10月の第4土曜日 24日(土)13:30~15:30です。

(さわらび荘 太田)

「 ジュゲム 敬老祝賀会に参加しました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年9月16日(水)

場所 : ジュゲム2階 レクリエーション室

ジュゲムの敬老祝賀会に参加し、劇とお歌でお祝いをしました。

まず始めに青組の子どもたちが 「 大きなかぶ 」 の劇を披露しました。

自分で作ったお面をかぶり、役になりきって大きな声で元気よくできました。

桃組も加わり、 「 きしゃぽぽ 」 と 「 アイアイ 」 をうたい、

タンバリンでは、 「 かえるの合唱 」 と 「 しあわせならてをたたこう 」

を演奏しました。みんな笑顔で上手にできました。

手作りのプレゼントを手渡し、タッチや握手もできました。

おじいさん、おばあさんの笑顔も見られ、

楽しいひとときをを過ごすことができました。

( 福祉村保育園 古橋 )

 

フラワーアレンジメント教室@グループホーム白珠

日時:平成27年9月22日(火)

場所:グループホーム白珠

八木はるみ先生をお招きしてフラワーアレンジメント教室を開催致しました。リンドウ、菊、風船とう綿、ワレモコウ、レザーファン、リコリス(彼岸花の洋名)。初めて耳にする花の名があり、繰り返し先生に尋ねてみえました。「レザーファンは乾燥しやすいので、時々葉にお水を掛けて下さい。」の言葉に「ジョロでかければ良いですね。」の返事。会場に爆笑が起こりました。「霧吹きでお願い致します。」楽しく秋の花々をいけ終わり、お部屋に飾りました。是非、作品を見に来て下さい。お待ちしております。(グループホーム白珠 白井)

   

手品と懐かしの唄@グループホーム白珠

日時:平成27年9月23日(水)

場所:グループホーム白珠

ボランティア岩月淳一様による手品と懐かしの唄の披露がありました。ご家族様の多数のご参加があり、その中でも小学4年生のひ孫様が登場して「興奮のマネーゲーム」に挑戦して頂いた時は、不思議な手品に大変喜ばれました。「先生」「瀬戸の花嫁」「星影のワルツ」など懐かしの唄も大きな声で歌い、「函館の女」を最後にリクエストしました。楽しい時間をありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)

 

10月2日(金) さわらび大学講義

さわらび大学が以下の日時で開講されます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

【日時】    平成27年10月2日(金) 午後1時30分~3時20分
【場所】    第2さわらび荘 ふれあいホール
【講義内容】

講義1:「感染症について」     午後1時30分~2時40分

講師:医療法人さわらび会 福祉村病院

院長 小橋 修 様

(講義分類:医療)

講義2:「知的障がいについて」  午後2時50分~3時20分

講師:社会福祉法人さわらび会

あかね荘障害者生活支援センター

センター長 石川 正敏 様

(講義分類:福祉)

豊楽会 唄・踊り披露@第二さわらび荘ふれあいホール

日時:平成27年9月23日(水)10時~11時

場所:第二さわらび荘 ふれあいホール

9月23日に豊楽会の皆様がお越し下さり、唄・踊りの披露をして下さいました。

当日は各施設より利用者の方が参加され、楽しい時間を過ごすことができました。

豊楽会の皆様には毎年春とこの敬老会の時期にもお越し頂いています。

またのご来荘をお待ちしています。

豊楽会の皆様ありがとうございました。(相談員 東郡)

 

秋祭り@さわらび荘

日時:平成27923日(水) 14001530

場所:さわらび荘1階・2

 さわらび荘で秋祭りを開催しました。お好み焼き、たい焼き、ぜんざい、水ようかん、綿菓子の屋台風のおやつを準備し、また的当て、風船釣り、千本引き、魚釣りのゲームでお祭りの雰囲気を楽しんでいただき、15:00から2階で炭坑節、豊橋音頭等の踊りを行いました。ご家族様にも案内を出させていただき、13家族20名の方にも入居者様と一緒にお祭りを楽しんでいただきました。皆様すてきな笑顔をされ、楽しいひと時を過ごしていただきました。(さわらび荘 渡邊)

 

 

 

明日香・福祉コンビニ合同防災訓練にて「パッククッキング」実施@明日香

日時:平成27年9月23日(水)10:00~11:30

場所:明日香 食堂

講師:豊橋創造大学短期大学部 キャリアプランニング科 准教授 朝倉 由美子 様

 

明日香では、毎年9月に地震想定の防災訓練を行っています。今回の防災訓練は、福祉コンビニの職員と合同で、豊橋創造大学短期大学部キャリアプランニング科 准教授 朝倉由美子様のご指導の元、「パッククッキング」を行いました。

「パッククッキング」とは、ポリ袋に食材に入れて湯せんで火を通す調理法で、災害で、電気、ガス、水道などライフラインが使えなくなっても、カセットコンロ、鍋、水、ポリ袋があれば、簡単な食事を作って食べれるというものです。今回、作ったメニューは、ご飯、炊き込みご飯、焼きそば、ツナじゃが、乾パンの卵とじ。職員、ご利用者、ご家族、施設外の法人職員、合わせて65名の参加者が、楽しみながら「パッククッキング」に挑戦しました。完成した食材を試食した参加者からは一様に「美味しい!」との声が上がりました。

大規模震災は、いつ襲ってくるかわかりません。今回学んだ事が、いざという時に活かされればと思います。(明日香 末松)

 

 

 

「 9月の防災訓練を行いました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年9月14日( 月 )

場所 : 福祉村保育園

9月の防災訓練をしました。

青組・桃組ともに席に座っている時でしたが、笛の合図ですぐに部屋から出ました。

青組は防災頭巾を素早くかぶることができました。

桃組は少し時間がかかりましたが、泣かずに集まることができました。

今後も繰り返し訓練していこうと思います。

( 福祉村保育園 藤原  )

敬老会@天伯

日時:平成27年9月16日(水)12:00~

場所:特別養護老人ホーム天伯 2丁目ユニット

特養天伯ご利用者様のご長寿をお祝いし、敬老会を行いました。
花束贈呈、お食事会、カラオケ大会等を実施させていただき、とても賑やかな会になりました。お食事会では、お寿司、天ぷら、茶碗蒸しなどを召し上がっていただき、中には「立派な会を開いてくれてありがとう」と嬉し泣きされる方もいらっしゃいました。
カラオケ大会では、日頃あまり人前でしゃべらない方も歌われ、普段見られないような一面を見せていただくことができました。

これからも皆様が元気で過ごしていけるよう、職員一同努力して参ります。

天伯 生活相談員 塩見

くすのき特別支援学校PTAあかね荘・明日香見学会@明日香

日時:平成27年9月16日(水) 13:00~
場所:あかね荘、明日香
くすのき特別支援学校のPTA、教諭、合わせて30名の方が、あかね荘と明日香に見学に来られました。まず、入所施設であるあかね荘を見学して頂き、その後、通所施設である明日香を見学して頂きました。見学終了後、くすのき特別支援学校の評議員でもある山本左近統括本部長より挨拶とさわらび会の説明をさせて頂きました。今後もくすのき特別支援学校の皆様との交流、連携がより深まるよう努めてまいります。(明日香 末松)

   

   

 

敬老祝賀会@さわらび荘

日時:平成27年9月16日(水) 17:00~
場所:さわらび荘1階集会室
さわらび会 山本孝之理事長にお越しいただき、さわらび荘、常盤、白珠の敬老祝賀会が行われました。理事長先生からお祝のお言葉をいただいた後、各施設の代表の方へ、理事長先生より花束を贈呈していただきました。花束贈呈後、各施設の代表者の方からお礼のご挨拶をして頂き、最後にお祝いのくす玉割を行なうなど感動的な祝賀会となりました。これからも皆様お元気でお過ごしください。(さわらび荘 渡邊)

敬老祝賀会@グループホーム白珠

日時:9月15日(火)

場所:グループホーム白珠

敬老祝賀会が開催されました。ボランティアグループ笑顔の宅配本舗6名様による、「大道芸、三河弁によるラジオ体操、ほら貝演奏、ギターと歌いましょう。」に拍手喝采でした。元気に体操をして、大きな声で歌い、笑い、ほら貝を吹く体験もしました。白珠入居者様の平均年齢は90歳です。これからも笑顔で長生きして頂きたいと思います。敬老の日おめでとうございます。(グループホーム白珠 白井)

 

福祉村総合防災訓練実施及びあいちシェイクアウト訓練参加@福祉村病院・老人保健施設ジュゲム

日時:平成27年9月1日(火)14時~

場所:福祉村病院及び老人保健施設ジュゲム

毎年実施している、合同防災訓練を実施しました。

今年度より福祉村総合防災訓練とし消火・避難誘導のみでなく、通報・放送・本部設置等

必要且つ実践的な活動を網羅した訓練として行いました。

また、同じ日に実施された第3回あいちシェイクアウト訓練にも参加し、

訓練地震放送に合わせて「しせいをひくく」「あたまをまもり」「じっとする」

3つの行動を実践しました。

9月10日から11日にかけて関東・東北地方での甚大な豪雨被害がありました。

この中部地方でもいつ何が起こるかは誰にもわかりません。

「いざ」という時に備え、これからも実践的な訓練を行っていきたいと考えます。

  

  

(防災委員長 山本めぐみ)

あざみの会大正琴演奏会@グループホーム白珠

 

日時:9月11日(金)

場所:グループホーム白珠

ボランティアグループあざみの会6名様による大正琴演奏会が開催されました。平成21年白珠開設時からのお付き合いで、今回23回目になりました。演奏会が始まる前から、皆様は曲に合わせて手遊びのウオーミングアップを行いました。演奏会では、大正琴に合わせ大きな声で歌い「うさぎと亀」のお話では、手遊びで大変盛り上がりました。ご家族様も多数参加され、楽しいひと時を過ごして頂くことができました。ありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)

 

 

 

 

大道芸と歌のボランティア@さわらび荘

日時:平成27911日(金) 10301130

場所:さわらび荘1階集会室

 大道芸と歌のボランティアの方4名がさわらび荘に来られ、傘回しや南京玉簾などの披露とギターとハーモニカなどの楽器を使用しての歌のボランティアを行なってくださいました。大道芸披露では、成功するたびに入居者の皆様が大きな拍手を送り、歌のレクでは、童謡を中心に演奏をしてくださり、入居者の皆様も一緒になって楽しそうに歌を歌っていました。大道芸と歌のボランティアの皆様、ありがとうございました。(さわらび荘 渡邊)

       

 

平成27年度第1回防災訓練@天伯

日時:平成27年9月9日(水)14:40~

場所:特別養護老人ホーム天伯

特養天伯にて、豊橋南消防署様、浜島防災システム株式会社様のご協力の元、今年度最初の防災訓練を行いました。今回は、地震警戒宣言の2分後に地震が発生、その後厨房より火災が発生という想定での避難訓練を行いました。厨房からできる限り離れたベランダへの避難となりましたが、入所者様18名全員、職員ともに迅速に避難することができました。
また、その後の消火器使用訓練では、浜島防災システム様のご指導の下、水消火器を使用しての実技練習や、消火器使用の際の注意事項等をご教授頂きました。粉末型の消火器の場合、鎮火したように見えても、粉の下で火種がくすぶっていると数時間後に再度発火する恐れがあるため、水をかけたり火種が残っていないか確認をする必要がある等、具体的な例を交えながら説明をしていただき、非常に役立つ知識を得ることができました。
火事は起こさないようにすることが基本ではありますが、万が一の時の被害を最小限に抑えるためには日々の訓練が重要となります。入所者様、ご家族様が安心して生活していけるよう、定期的な訓練や日々の確認を怠らないようにして参ります。

天伯 生活相談員 塩見

 

平成27年度第3回運営推進会議@天伯

日時:平成27年9月8日(火) 14:00~

場所:特別養護老人ホーム天伯 1F 相談室

天伯にて、平成27年度第3回運営推進会議を行いました。
<出席者(順不同)>
・天伯校区自治会長様   ・南高田町自治会長様
・南高田町民生委員様   ・南部包括管理者
・特養天伯家族会会長   ・天伯校区シニアクラブ会長
・特養天伯施設長     ・地域住民の皆様2名
・第二さわらび荘施設長  ・特養天伯職員3名(相談員・介護支援専門員・介護士)

今回は認知症サポーター養成講座の実施を予定しておりました。しかしながら、施設と地域の相互的交流、協力等を目的とした運営推進会議において、施設側から講習会を提供するだけになっている現状は目的とそぐわないのではないか、という意見を前回会議後に頂いており、急遽、今後の運営推進会議の在り方についてどうしていくべきかという議題を設定し、話し合わせて頂きました。
出席者の方から様々な意見を頂いた結果、運営推進会議を、講習会や説明会の開催予定や内容の決定、その他相互の情報交換をさせて頂く場とし、実際に講習会等を開催する場はまた別に設定していく、といった内容で検討させて頂くこととなりました。地域の方々の要望をお聞きし、さわらび大学とも連携しながら、より意義のある場を設けて行ければと思っています。
また、運営推進会議よりもフランクに職員と地域住民の方が話し合える場を設けて欲しいという要望も頂きましたので、実現に向けて検討していこうと考えています。
これからの運営推進会議が施設と地域をより強く結ぶ架け橋となるよう、地域の皆様のご協力を頂きながら、職員一同努力して参る所存です。

天伯 生活相談員 塩見

「平成27年度第2回運営推進会議@天伯」の記事はこちら

オレンジカフェときわ@常盤

日時:平成2799日(水)14:0015:30

場所:常盤4階 ときわホール

 午前中に台風18号が通過しましたが、午後からは天候も回復しましたので予定通りオレンジカフェときわを開催いたしました。

今回は12名の地域の皆様が参加してくださいまして、コーヒーや紅茶、お菓子を召し上がっていただきながら、お喋りや認知症予防体操、リフレッシュ体操などを行いまして大変盛り上がりました。

オレンジカフェときわには、地域の皆様が声をかけ合ってご参加くださっていまして、地域の方たちの月に一度の集いの場となってきています。

オレンジカフェときわは認知症になっても、住みなれた地域で安心して尊厳あるその人らしい生活を継続できるよう、また、認知症の人のご家族の介護負担の軽減を図るため、認知症の人とそのご家族、地域住民、専門職の誰もが参加でき集うことができる場所として毎月第2水曜日に開催しています。

ご参加いただくことにあたって特に決まりがある訳ではありません。認知症の方やそのご家族、地域の方が気軽に集まることができる場所を地域の皆様と一緒に作っていけたらと思います。

次回は10月14日(水)14:00~15:30を予定しています。(常盤 藤原)

 

院内研修「介護保険病棟における担当者会議の進め方」@福祉村病院

日時 : 平成27年9月8日(火)

場所 : 福祉村病院 大会議室

講師:患者サービス・病院機能向上委員会

 

医療従事者を対象に、介護保険病棟における担当者会議の院内研修を行いました。

  

研修の初めにリハビリ部 榊原利夫部長から、

担当者会議における“意義”を説明して頂きました。

「我々の仕事は大勢の職種によって成り立っている仕事です。

それぞれ役割分担がありますが、ばらばらに働いていいかというとそうではありません。

家を建てるということに置き換えてみると“家を建てる”という目標のもと、

ばらばらに仕事をしてしまうと壁紙の下にスイッチが入ってしまったり、

必要のない所に柱を作ってしまったりという事が起こります。

これでは見た目も悪く使い勝手も悪い。

そうならない為に何が大切かと言いますと、

話し合って段取りを決めていくと言う事が大切です。

我々の大きな目標は、QOL(生活の質の向上)を高めるということです。

これは患者様1人1人で状態も違いますし、非常に難しいことです。

だからこそ大勢で知恵を出し合い、段取りを決めていく事が大切です。」

今回の研修では架空の事例を用意し、それに対しての担当者会議を行いました。

家族が同席しての会議を想定し、各グループで数人が家族役となり

様々な視点からの意見交換が行われました。

  

 

担当者会議で最も重要なことは、事前準備と発言保障・共同責任のルール。

業務時間を割いて集まっているので、はじまりと終わりの時間を厳守することは

信頼関係にも大きく関係してきます。

発言保障・共同責任のルールは、職種や年齢、役職にとらわれず自由な発言をすること。

また、出席者は会議で決まったことについて全員が100%の責任を持つということが大切です。

それを基本として、担当者会議は行われます。

最終的に各グループの代表者が発表し、それに対して外部からの評価を行いました。

 

会議で決定した内容を実行に移し、結果を検討して次に繋げていけるよう

これまで行ってきた担当者会議を振り返り、患者様によりよいサービスを

提供できるよう改善していきたいと思います。

 

(福祉村病院 近藤)

「 第二さわらび荘 敬老祝賀会に参加しました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成27年9月4日(金)

場所 : 第二さわらび荘 ホール

第二さわらび荘の敬老祝賀会に参加し、フラダンスとお歌でお祝いしました。

フラダンスは 「 ウルパラクア 」 と 「 見上げてごらん夜の星を 」 を踊りました。

「 見上げてごらん夜の星を 」 では、一緒にうたったり、踊っていただいたりして

会場全体で楽しむことができました。

「 きしゃぽぽ 」 と 「 アイアイ 」 をうたい、

タンバリンでは 「 かえるのがっしょう 」 と

「 しあわせならてをたたこう 」 を演奏しました。

たくさんの拍手をいただき、元気よく上手にうたうことができました。

最後に子どもたちが4月から頑張って作ってきた、

かわいい壁飾りを130人のみなさんにプレゼントしました。

涙をながして喜んでいる方もおられ、心温まる祝賀会となりました。

( 福祉村保育園 紙谷 )

今月の作品@ジュゲム

場所 :ジュゲム4階 廊下
テーマ:十五夜

九月ということで、今年も「十五夜」をテーマに切り絵で作品をつくりました。

十五夜は満月を意味しており、新月から満月になるまで、およそ15日ほどかかることから、十五夜と言われています。
ちなみに今年の十五夜は、9月27日(日) になるそうです。

この作品を見ていると、まるでお月見している気分になると、入所者様からも好評を頂いています。

本日ご紹介の作品は、ジュゲム東側・フロア入口からご覧いただけます。
今後も新しい作品を随時更新していきたいと思います。(ジュゲム平松)

敬老祝賀会@第二さわらび荘

日時:平成27年9月4日(金)10時半~
場所:第二さわらび荘 ふれあいホール

第二さわらび荘で、敬老祝賀会が行われました。
第二さわらび荘とカサデローザのご利用者様、並びにカサブランカ、カサデヴェルデ、天伯の代表の方が出席されました。
福祉村保育園からは園児さんと先生が来荘して下さり、歌や踊りを披露して下さいました。プレゼントも頂き、皆さん大変喜んで下さっています。
また珠藻荘とあかね荘からもお祝いの品を頂き、大変盛り上がった敬老祝賀会となりました。

これからも皆様お元気でお過ごしください。(第二さわらび荘 東郡)
 

 

元気クラブ・パフォーマンス@グループホーム白珠

日時:8月29日(土)
場所:グループホーム白珠
ボランティアグループ元気クラブ5名様によるパフォーマンスが開催されました。かわいい子供達のリコーダー演奏から始まり、皆様も良く知ってみえる音楽に合わせた指体操と全身体操など、次から次へとパフォーマンスが続きました。突然、飛び入りで入居者様が独唱を始め1曲を歌いあげられました。笑い声がリビング一杯に響き渡り、元気をたくさん頂きました。素晴らしい会をありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)

 

 

昭和保育園の訪問@常盤

日時:平成27年9月2日(水)13:30~14:00
場所:常盤1階 

昭和保育園から45名の年中さんが、常盤に遊びに来てくれました。
園児の皆さんと入居者様と一緒に「大きな栗の木の下で」「幸せなら手をたたこう」などの手遊びで交流し、「しゃぼん玉」「アイアイ」「ドレミの歌」を元気よく歌ってくれまして、園児の皆さんに笑顔と元気をいっぱいいただきました。
昭和保育園の皆さんありがとうございました。(常盤 藤原)

運営推進会議@常盤

日時:平成2791日(火)10:3011:45

場所:常盤4階 ときわホール

宮下町自治会様、老人会様、民生委員様、中央地域包括支援センター様、介護相談員様、常盤家族会の皆様にご参加いただきまして運営推進会議を開催しました。

常盤の事業報告の後、今回は豊橋市役所長寿介護課より「新オレンジプラン~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~」についてお話をいただき、参加していただきました皆様で話し合いました。

認知症の方にやさしい地域は、助け合いや地域での連携が出来ている、高齢者だけでなく誰もが住みやすい地域です。これからも、やさしい地域づくりを目指して皆さんで一緒に連携、協力していくことを再確認しました。(常盤 藤原)

さわらび会ニュース
カテゴリー
最新記事
バックナンバー