さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび会ニュース - 2016年07月

岩田こども園の園児さん訪問

日時:平成28年7月26日(火)10:30~11:00

場所:カサブランカ1階 カトレアホール

岩田こども園の園児さんがカサブランカに訪問してくださいました。

元気な声でうたを歌って下さり、自分で折った折り紙をプレゼントしてくれました。

そのあと3~4人のグループに分かれ、お話ししたり握手したりしました。

かわいいお客様に、利用者様もほっこりされておりました。

最後に全員とタッチしてお別れし、元気をいただきました。

(介護士 遠山)

 

 

 

 

 

テーマ別研修 「事例研究とプレゼンテーションの基本」

日時:平成28年7月28日(木) 14:00~16:00

場所:珠藻荘 多目的ホール

講師:同朋大学社会福祉学部 教授
   NPOシルバー総合研究所 理事
   愛知県介護福祉士会 会長
   下山 久之氏

 テーマ別研修として、「事例研究とプレゼンテーションの基本」について下山先生による講義を行いました。今回の研修では、介護福祉サービスと研究の関係、事例研究を進める際の視点、効果的なプレゼンテーションを行うために、事例検討に参加する際の注意点を中心にお話頂きました。また、講義の中では、普段取り組んでいる事例検討について、参加者で考え振り返りとアドバイスも頂きました。

さわらび会では、各種団体での研究発表や法人内での研究発表も行っております。今回の研修により、普段の業務での注意点や改善点などに気付き、研究発表に向けての準備に取り組めるよいきっかけになったと思います。
(さわらび地域包括支援センター 勝山)


 

 

「 7月の防災訓練を行いました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成28年7月22日 ( 金 )

場所 : 福祉村保育園

7月の防災訓練をしました。

青組さんと黄組さんは、まだお昼寝をしている子もいましたが

笛の音で目を覚まし、保育者の指示を聞き落ち着いて

ホールの時計の下に集まることができました。

桃組さんは、頭巾を被るのが嫌で、まだ泣けてしまう子もいますが

これからもしっかり訓練を行って災害に備えたいと思います。

( 福祉村保育園 古橋 )

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成28年7月23日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

12名の方がお越しくださいました。

オレンジカフェでかき氷大会を行いました。

かき氷にメロンやイチゴやみぞれのシロップをかけて、その上にアイスクリームを添えたり、お好みで練乳をかけて召し上がっていただきました。

お客様からは「暑いときはかき氷がいいね、冷たくて美味しい」などと大変喜ばれておりました。

かき氷が大好評だったので、来月のオレンジカフェでも実施します。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、8月の第4土曜日 27日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 加藤)

夏祭り@天伯

日時:平成28年7月21日(木)14:00~15:30

場所:特養天伯1階 1丁目・2丁目ユニット

今年度の特養天伯夏祭りは、14組20名のご家族様や介護相談員の河合様が参加してくださり、大いに盛り上がりました。
今回の夏祭りでは、ゲームの出店として「ボウリング」「もぐらたたき」「お菓子釣り」の3種類を、食品の出店として「ミニどら焼き」「フライドポテト」「揚げタコ」「アイスクリーム」の4種類を用意いたしました。どの出店も盛況で、皆様に楽しんでいただけました。また、いつもボランティアにて音楽療法レクをしてくださっている酒井様が、大きな和太鼓にて演奏をしてくださり、迫力のある音色でお祭りの雰囲気をより一層高めてくださいました。
最後には参加者全員で炭坑節を踊り、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

最後に、夏祭りをお手伝いしてくださった酒井様、天伯職員のご家族様、さわらび会他施設の職員方に改めてお礼申し上げます。
(相談員 塩見)

 

 

院内研修「慢性期医療における感染予防大作戦」@福祉村病院

日時:平成28712日(火)14:00~15:00

   平成28715日(金)14:00~15:00

 

場所:福祉村病院 大会議室

   老人保健施設ジュゲム2階 作業療法室

 

講師:浜松医療センター副院長 兼 感染症科長 矢野 邦夫先生

 

全職員を対象に、感染予防に関する研修を行いました。

 

2回にわたり、約120名の職員が研修に参加しました。

 

病院で患者さんに従事する私たちにとって、感染症にかからないのはもちろんのこと、感染症を病院内に持ち込まないことも重要です。

講師の矢野邦夫先生によると、感染症で最も効果のある予防は段行う「手洗い」で、特にアルコールによる消毒が殺菌効果が強く、手荒れも少なく手に優しいそうです。

また、「ワクチンの接種」も感染症予防に有効です。インフルエンザワクチンの場合、妊婦さんがワクチンを接種しでも問題はなく、接種するタイミングによっては生まれてくる赤ちゃんにも感染症予防に効果的だそうです。

 

正しい知識をもって予防をすることが、自身や家族の体調管理にも役立ち、ひいては病院内での感染症の流行を防ぐことにもなります。

 

手洗い、ワクチン接種を心掛けて、感染症が流行する冬に臨みましょう!(福祉村病院 土本)

  

 

 

 

 

 

 

熊本地震で被災された皆様へ

平成28年4月14日に発生した熊本地震により

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

さわらびグループとして、1日でも早い復旧のための支援を行っていきます。

平成28年4月18日 さわらびグループ 理事長 山本孝之

「 若菜荘へ夏の作品をお届けしました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成28年7月19日 ( 火 )

場所 : 福祉村保育園

若菜荘へ夏の作品をお届けしました。

水族館で泳ぐいろいろな魚を子どもたちが作りました。

楽しそうに泳いでいる魚がいっぱいです。

夏の交流会の写真も一緒にお楽しみください。

( 福祉村保育園 岩間 )

「 フィンガーペインティング 」 桃組 @福祉村保育園

日時 : 平成28年7月6日( 水 )

場所 : 福祉村保育園

青・白・緑の絵の具を大きな紙にたらし、子どもたちは両手を使い

フィンガーペインティングで広い海を表現しました。

手に絵の具がつくのを嫌がる子、楽しそうに両手を大きく動かす子など

表現はさまざまでしたが、雄大な海が完成しました。  ( 福祉村保育園 鈴木節 )

熊本地震介護支援派遣隊第6班出発式@第二さわらび荘玄関前

時:平成28年7月21日(木) 15時15分
場所:第二さわらび荘 玄関

4月16日の熊本地震以降、さわらびグループでは食糧支援や募金など支援活動をさせていただきました。
また、公益社団法人日本認知症グループホーム協会からの要請を受け、介護支援のため5月13日に3名、5月19日に3名、5月30日には山本左近統括本部長をはじめ4名の職員、6月30日に2名の職員を派遣し、また6月14日に公益社団法人全国老人福祉施設協議会からの人的派遣要請を受け2名の職員を熊本市内にある特別養護老人ホームに派遣しました。
今回も公益社団法人日本認知症グループホーム協会からの要請を受け、7月22日から7月27日までの期間、さわらび荘介護福祉士の坂本真宏1名を派遣することとなり、本日出発式を行いました。
出発式では、さわらび会山本孝之理事長より「お体に気を付けて任務を全うしてください。頑張ってください。」との激励の言葉があり、支援に向かう坂本真宏より「さわらび会の代表として頑張ってきます。」と挨拶をし、現地に向けて出発をしました。
さわらびグループでは、「みんなの力で、みんなの幸せを」を実現するため行動していきます。
(さわらび荘 渡邊)

平成28年度第2回 運営推進会議@天伯

日時:平成28年7月19日(火)14:00~

場所:特養天伯1階相談室

天伯にて今年度第2回目となる運営推進会議を実施致しました。
会議では、施設の現状、行事予定、さわらび大学の予定等をお伝えいたしました。天伯では現在、介護度2が出てしまったため変更申請を行っている方がいらっしゃることをお伝えすると、参加して下さっている方々からは、要介護度が3未満になった特養入所者への対応や、介護認定の調査等についてのご質問がございました。
また、南高田町8組組長様からは、さわらび会の駐車場から道路に出ている枝を伐採して欲しいとの要望もございました。
このように、運営推進会議が地元の方々にとって施設へ質問や要望を伝えることができる良い機会となっていることは、非常に喜ばしい事だと感じています。せっかくの運営推進会議ですので、地元の方々と施設にとって有意義な会議にできるよう心がけていきます。
(塩見)

「 七夕会を行いました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成28年7月7日 ( 木 )

場所 : 福祉村保育園

七夕会を行いました。

昨年に続き、若菜荘の方々をご招待しました。

朝早くから若菜荘自治会の方が用意してくださった大きな笹に、参加してくださった

若菜荘のおじいさんおばあさんと一緒に子どもたちお手製の笹飾りをつけました。

一生懸命飾りつけした笹を見ながら、みんなの願いが届きますようにと

思いを込め 「 たなばた 」 や 「 きらきら星 」 を歌いました。

人形シアターは 「 七夕のはなし 」 では、織姫と彦星が会えた時

みんなもとても嬉しそうでした。

参加してくださった若菜荘の方々も、喜んでくださりとても良い

七夕会になりました。   ( 福祉村保育園 北河 )

 

「 保育参観を行いました 」@福祉村保育園

日時 : 平成28年6月25日( 土 )

場所 : 福祉村保育園

青組

今年度1回目の保育参観でした。

朝、いつもと違った雰囲気にとまどい泣けてしまう子もいましたが

少しずついつもの元気を取り戻し、最後には全員がお母さん、お父さんから

離れて活動に参加することができました。

歌をうたったり、製作や体操、防災訓練など普段通りの生活風景をたくさんの

ご家族の方々に見ていただけた事をとてもうれしく思います。

朝、登園時降っていた雨も帰る頃には、すっかり上がり大変よい天気になり

子どもたちは、ごほうびのメダルを首に下げて笑顔で帰っていく姿を見て

今年度始まってまだ3か月ですがとても頼もしく思いました。

今後ますます目まぐるしく成長していく子どもたちを楽しみに保育に

励みたいと思います。みんなよくがんばったね!!( 福祉村保育園 杉浦 )

 

桃組

保育参観を行いました。

いつもと違う雰囲気の中で、初めは泣いてしまう子もいましたが

手遊びや絵本が始まると、席に座ることができました。

歌では、「 ながぐつマーチ 」が好きで「 ドンドン 」の所では

元気にジャンプできました。

子どもたちの得意な、色分け、動物分け遊びではみんな張り切って

参加していました。

バス引っぱりゲームでは、上手にカラーコーンをまわり、力強く

引っぱることができました。ごほうびに、かわいいメダルをもらいとても

喜んでいました。頑張っている姿をお家の方に見てもらうことができ

とても良い参観日になりました。 ( 福祉村保育園 藤原 )

「 6月の小音楽会を行いました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成28年6月24日 ( 金 )

場所 : 福祉村保育園

小音楽会がありました。

桃組さんは、「あまだれぽったん」 や 「  はみがきのうた 」を歌い

「 はみがきのうた 」では、指を出し 「 シュッシュッシュ 」 と上手に

歯みがきをしている姿がかわいかったです。

青組さんは、 「 しゃぼん玉とばせ 」 や 「  とけいのうた 」を歌い、

「 とけいのうた 」では、指を時計の針に見立て左右に振り

「 コチコチカッチン 」と元気に歌っていました。

タンバリンの 「 あまだれぽったん 」 では、リズムに合わせてひざを曲げて

上手にたたいていました。

おたのしみは、エプロンシアター 「 グリーンマントのピーマンマン 」 でした。

( 福祉村保育園 北河 )

買い物に出かけました@さわらび荘

日時:平成28718日(月)14001600

場所:アピタ向山店

 今回初めての取り組みとして、さわらび荘入居者様4名の方がアピタ向山店へ買い物に出かけました。その内1名のご家族様とアピタ向山店で待合わせをして、一緒に買い物をしていただきました。食品売り場を回っているときなどは、「これ、おいしそうだね~」などと会話が弾み、また衣料品売り場では展示していた浴衣を見て、昔話に花が咲いていました。皆様には楽しい時間を過ごしていただけたと思います。今後も入居者の皆様が楽しんでいただける行事を考えて、実践していきたいと思います。(さわらび荘 渡邊)

 

絵手紙教室@グループホーム白珠

日時:平成28715日(金)13:3014:30

場所:グループホーム白珠

絵手紙教室が開催され暑中見舞いを作りました。先生はボランティアの中村光子様と河合佳代子様です。自由にのびのびと、お好きなスタンプ、シール、イラスト写真などを使いオリジナル作品を作られました。「もっとイラストが欲しい。」「スタンプをここにも押しましょう。」と指にインクをつけながら奮闘されていました。お世話になっている大好きなご家族様、ボランティアの皆様へ間もなく届きます。楽しみ待っていて下さい。(グループホーム白珠 白井)

 

 

体操と歌@グループホーム白珠

日時:平成28716日(土)14:0015:00

場所:グループホーム白珠 1階リビング

昭和歌謡と介護予防体操を開催致しました。暑い夏を元気で乗り切ろうと、張り切って行われました。「リンゴの唄」「青い山脈」は歌詞カードがなくても、すいすい歌うことができました。マイクを向けると、堂々とマイクを持って元気に歌われました。「あなた上手いわね。次は私ね。」と大変盛り上がり介護予防体操も真剣に行われ、楽しい時間を過ごす事が出来ました。(グループホーム白珠 白井)

 

 

平成28年度第2回運営推進会議@グループホーム白珠

日時:平成28718日(月)10:0011:00

場所:グループホーム白珠

運営推進会議を開催致しました。地域の方々が立ち寄りやすいように、会議を通して白珠を知って頂く機会になれば良いと考えています。豊川市特定非営利法人どんぐりの会の皆様に御協力を頂き、回想法「ポン菓子製造実演」を行いました。白珠の芝生広場に大型の機械を設置して、お米がはじける時、「5、4、3、2、1」と全員でカウントダウンをしました。「ポーン」と、はじける大きな音に、たくさんの笑顔が見られました。68名が参加され出来立てのお菓子を頂き、あちらこちらで楽しい会話が弾みました。暑い中ありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)

 

 

 

サマーフェスタ@珠藻荘

日時:平成28年7月13日(水)

場所:珠藻荘 2階多目的ホール

7月13日に珠藻荘2階多目的ホールにてサマーフェスタが行われました。

みんなで楽しく話したり、カラオケを歌ったりしながら、美味しそうに食事を食べられました。

2部では、ビンゴ大会が行われ、ビンゴカードを見つめながら、一喜一憂されていました。(桜井)

 

歌のレク@さわらび荘

日時:平成28715日(金) 10301130

場所:さわらび荘1階集会室

 歌のボランティアで、岩本様ご夫婦がさわらび荘にお越しくださいました。入居者様32名とご家族様3名も参加され、「ふるさと」、「われは海の子」などの童謡や「青い山脈」、「星影のワルツ」など皆様なじみの歌謡曲を歌ってくださいました。参加された入居者様の中には、涙を浮かべながら歌われる方、大きな声で元気に歌われる方、普段はあまりしゃべらない方でもマイクを向けられると思わず歌われる方など、普段とは違う一面を見させていただき、また入居者様にも楽しい時間を過ごしていただきました。岩本様、ありがとうございました。(さわらび荘 渡邊)

 

オレンジカフェときわ@常盤

日時:平成28年7月13日(水)14:00~15:30 
場所:常盤4階 ときわホール

お昼過ぎまでぱらぱらと降っていた雨も上がりまして、今回のオレンジカフェときわには20名の皆様が参加してくださいました。コーヒーや紅茶、お菓子を召し上がっていただきながら、お喋りを楽しんでいただきまして、頭の体操や歌を歌いながら手遊びなどを行いました。
オレンジカフェときわは、ご参加いただくことにあたって特に決まりがある訳ではありません。認知症の方やそのご家族、地域の方が気軽に集まることができる場所を地域の皆様と一緒に作っていけたらと思います。
蒸し暑い中、ご参加いただきました地域の皆様、ありがとうございました。
次回は8月10日(水)を予定しています。(常盤 藤原)

大正琴演奏会@グループホーム白珠

日時:平成28年7月8日(金)10:00~11:00
場所:グループホーム白珠
ボランティアグループあざみの会の皆様による大正琴演奏会が開催されました。今回で27回目になりました。唱歌や歌謡曲を大正琴に合わせ大きな声で歌いました。演奏途中に動物クイズがあり「パンダの赤ちゃんの体重はどれくらいでしょうか。」の質問に「300g」「2g」「わかりません」など笑顔で自由に答えてみえました。答えは「100g~150g位」です。おしゃべりも楽しくアンコールには大好きな「故郷」を演奏して頂きました。ありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)
 

 

七夕祭り@グループホーム白珠

日時:平成28年7月7日(木)14:00~15:00
場所:グループホーム白珠
七夕祭りがおこなわれました。毎年、ご近所様から笹を頂き皆様で飾り付けをしてユニットに飾っています。「元気で長生き出来ますように」「美味しい物をたくさん食べたい」など、短冊にお願いを書きました。
初めに簡単な体操で体をほぐし、「ななちゃんのたなばた」「りゅうになったおむこさん」の紙芝居をみました。その後、「七夕様」や「海」など夏の歌を合唱しました。
3時のおやつは流れ星流れる七夕饅頭を頂きました。彦星様と織姫様が願いをかなえて下さいました。これからも季節の行事を大切にして行きたいと思います。(グループホーム白珠 白井)
 

 

運営推進会議@常盤

日時:平成2875日(火)10:3011:45

場所:常盤4階 ときわホール

宮下町自治会様、老人会様、民生委員様、中央地域包括支援センター様、介護相談員様、常盤家族会の皆様にご参加いただきまして運営推進会議を開催しました。事業報告の後、今回は愛知県歯科衛生士会三河東部支部の歯科衛生士さんと皆様と一緒に口腔ケアについて学びました。口腔ケアの大切さを周りの方にもお伝えしていただきまして地域で健康づくりに取り組んでいくことをお話しました。(常盤 藤原)

夏のレシピ紹介@栄養士会

夏になり気温が高く暑い日が増えてきました。暑い時にはさっぱりとしたものが食べたくなります。今回はさっぱりとしたスパゲティのレシピと、なす、ピーマンという夏が旬の食材を使ったレシピを紹介します。ぜひご家庭でもお試しください。

(珠藻荘 管理栄養士 花井)

 

ツナおろしスパゲティ

 

 

材料(1人分)

スパゲティ 90g、ツナ缶 30g、大根 60g、青じそ 1枚、刻みのり 0.3g、だし汁 150g、つゆの素 15g、みりん 9g

 

作り方

①ツナ缶の油をきっておく。

②大根をおろし、青じそは千切りにしておく。

③だし汁につゆの素・みりんを加えひと煮立ちさせ、冷ましておく。

④スパゲティをゆでる。

⑤お皿にスパゲティ・大根おろし・ツナ缶・青じそをのせ、③のつゆをかけ、上から刻みのりを回しかける。

 

 

豚なすピーマンのみそ炒め

 

 

材料(2人分)

豚ばら肉 100g、なす 1ヶ、ピーマン 2ヶ、にんにく 1かけ、生姜 1かけ、みそ 小さじ2、醤油 小さじ1、みりん 小さじ1、酒 小さじ 1、砂糖 小さじ1、水 大さじ2、サラダ油 大さじ1

 

作り方

①豚ばら肉は長さ4cm、なすとピーマンは乱切り、にんにくと生姜は薄切りにする。

②フライパンにサラダ油、にんにく、生姜を入れて弱火にかけ、香りが出てきたら豚ばら肉を入れ中火にする。

③②になすと、ボールに入れて混ぜたみそ、醤油、みりん、酒、砂糖、水を入れふたをして煮立たせ、汁が減ってきたらピーマンを入れて炒める。

 

7月11日(月) さわらび大学

平成28年度第2回さわらび大学が以下の日時で開講されます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

【日時】    平成28年7月11日(月) 午後1時30分~3時20分
【場所】    第2さわらび荘 ふれあいホール
【内容】
   講義1:「あなたの家族が認知症になった時」 午後1時30分~2時20分
        (認知症ガイドブックの活用)
       講師:豊橋東部地域包括支援センター
               認知症地方支援推進員 橋本 享美 氏

   講義2:「介護保険との上手な付き合い方」  午後2時30分~3時20分
       講師:福祉村指定居宅介護支援事業所 管理者
          専門学校名古屋医専 非常勤講師 高島 弥佳 氏
                       
【参加費】無料
【申し込み方法】
   申し込みは下記のリンク先の「さわらび大学受講申込書」にご記入の上
   さわらび会各施設へご提出又は申込書記載のFAX番号にFAXをお願いします。
      さわらび大学ポスター&申込み用紙

○今後のラインアップ
 8月10日(水)「高齢者の転倒予防」
         「介護のための住宅改修」
 9月 8日(木)「通所サービス施設での活動運動」
         「地域による介護予防」
10月 4日(火)「薬の服用について」
         「障がい者について(仮称)」
11月10日(木)「犯罪に遭わないお年寄りになるには!」
         「(株)玄米酵素 健康セミナー(仮称)」
 

苺ジャムを作りました@グループホーム白珠

日時:7月1日(金)

場所:グループホーム白珠

ご近所様から取れたての苺をたくさん頂きました。「これでジャムを作り、ヨーグルトと一緒に3時のおやつで食べましょう」と作業を始めました。苺のへたを取りながら、堂々とご自分の口に運ばれる方やさりげなく食べられる方もありました。大きなお鍋で作り、完成したジャムはお好きな量をヨーグルトに混ぜて食べました。「力を合わせて作ったジャムは、とても美味しい」と大盛況でした。ご馳走様でした。(グループホーム白珠 白井)

 

 

福祉村交通安全教室@若菜荘

日時:平成28年 6月30日(木) 14:00~15:00

場所:若菜荘食堂

豊橋警察署 交通課 交通総務係より講師をお迎えし、「福祉村 交通安全教室」(第29回)を開催しました。

当日は、病院・施設の職員に若菜荘利用者の皆さんも加わり(総勢70名)講話とDVDにて勉強会を

行い、日々の交通安全に関する意識を高めさせていただきました。

若菜荘 山田

熊本地震介護支援派遣隊第5班出発式@第二さわらび荘玄関

日時:平成28年6月30日(木)9時55分~

場所:第二さわらび荘 玄関

4月16日の熊本地震以降、さわらび会では食糧支援や募金活動などの支援活動をさせて頂きました。

またさわらび会の山本ゆかり専務理事が常務理事を務めている公益社団法人日本認知症グループホーム協会の災害対策本部からの要請に応える形で災害介護派遣チームに登録し、介護支援のための職員派遣を5月13日に3名、5月19日に3名、5月30日に4名の職員を派遣を行っています。また公益社団法人全国老人福祉施設協議会からの人的派遣要請を受け、6月14日に2名の職員も派遣を行い、これまでに12名の職員を派遣し、現地の特別養護老人ホームや認知症グループホームの支援をさせて頂いています。また派遣する職員はそれぞれ介護福祉士や看護師等の有資格者であり、現地でも大変頼りにされています。

今回新たに6月30日に2名の職員を派遣することとなりました。特養カサブランカ介護士石井惠里(介護福祉士)、さわらび荘介護士判家さとみ(介護福祉士)の2名で、支援期間は7月1日(金)~7月7日(木)です。

さわらび会山本孝之理事長より支援隊の方へ「お体に気をつけて大変な作業と思いますが、お仕事頑張って来て下さい」との激励の言葉があり、支援に向かわれる石井惠里さんが、「さわらび会の一員として熊本地震災害派遣に行けることを誇りに思っています。しっかり頑張ってきます」と挨拶をし、現地に向けて出発をしました。

さわらび会は今後もみんなの力でみんなの幸せを実現するために行動していきたいと考えています(第二さわらび荘 東郡)

 

体操教室と紙芝居@グループホーム白珠

日時:6月29日(水)

場所:グループホーム白珠

ボランティアの内藤きみ子様による、体操教室と紙芝居が開催されました。笑いの体操では「うふふ、あはは、イエイイエイ」と大きな声を出しました。腿上げ、脳トレ体操、「もしもし亀よ」の歌に合わせ指の運動も行いました。リズムよく身体を動かされ、先生に「素晴らしい。素晴らしい。」と何度も褒めて頂き、うれしく楽しい時間になりました。「安珍と清姫」の紙芝居では、「懐かしいなあ。昔見たことがある」と話される方がありました。7月の慰問が今から楽しみです。ありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)

 

さわらび会ニュース
カテゴリー
最新記事
バックナンバー