さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび会ニュース - 2016年11月

運営推進会議@常盤

運営推進会議@常盤

 

日時:平成281129日(火)10:3011:45

場所:常盤4階 ときわホール

 

宮下町自治会様、老人会様、民生委員様、中央地域包括支援センター様、介護相談員様、常盤家族会の皆様にご参加いただきまして運営推進会議を開催しました。常盤事業報告の後、今回は豊橋市まちづくり出前講座から、「東三河はひとつ~新たな広域連合について~」というテーマで豊橋市役所企画部政策企画課よりお話をして頂きました。

東三河8市町村(豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村)は、平成27年1月30日、東三河広域連合を設立いたしました。今後、人口減少が進むなど大変厳しい時代を迎えることになりますので、東三河8市町村が介護保険をはじめ協力して行政に取り組んでいきますという内容でした。参加した皆様は行政だけでなく地域の連携・協力も重要となってくることをお話ししました。(常盤 藤原)

絵手紙教室@グループホーム白珠

日時:平成281125日(金)10:0011:00

場所:グループホーム白珠

ボランティア松澤伸好様による絵手紙教室が開催されました。今日が初めての慰問です。作品はクーピーペンを使いました。皆様はクーピーペンを見るのが初めてで、色鉛筆とも違いとても新鮮でした。皆様の前で先生が白い紙の上にペンをさらさら走らせ、黄色とオレンジでさっと色を付けると可愛いヒヨコが完成しました。まあるくふわふわしています。今にもピヨピヨと鳴き出しそうです。お話も弾み、12月の慰問も約束して下さいました。今からとても楽しみです。風邪を引かない様体調を整えその日をお待ちしています。(グループホーム白珠 白井)

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成28年11月26日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

7名の方がお越しくださいました。

体を動かすレクリエーションとして、お客様に椅子に座っていただき、スリッパを足で蹴って飛ばしてカゴの中に入れるゲームを行いました。

カゴの中にスリッパが入るまで何度も飛ばして、カゴに入ると『やったー、嬉しい』と言いながら、バンザイして大変喜んでおられました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、12月の第4土曜日 24日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 加藤)

フラワーアレンジメント教室@グループホーム白珠

日時:平成281122日(火)10:0011:00

場所:グループホーム白珠

八木はるみ先生をお招きしてフラワーアレンジメント教室を開催致しました。今日の花材は、クジャクヒバ、さんごみずき、ロウソクケイト、カーネーション、デンファレ、スプレーバラ(ブリトーニ)です。先生がお花の説明をされた後、「まもなくクリスマスです。クリスマスツリーの替わりになる様に大きく活けて下さい。」と見本を見せて下さいました。先生に教えて頂きながら楽しく活けました。素敵な作品ができました。皆様もご覧下さい。(グループホーム白珠 白井)

  

ラビット岩月様による手品と懐かしの唄@グループホーム白珠

日時:平成28年11月22日(水)13:30~14:30
場所:グループホーム白珠
ボランティア岩月淳一様による手品と懐かしの唄が開催されました。10月の慰問はお休みでした。2か月ぶりの再開に皆様はとても喜ばれました。水を入れたコップをさかさまにしてもお水がこぼれず、しっかりロープに結ばれたスカーフがするりと抜けとても不思議でした。手品が成功するたびに大きな拍手が起こりました。手品のあとは、懐かしい歌を力いっぱい歌いました。楽しい時間になりました。次回は12月20日(火)を予定しています。皆様も是非参加して下さい。お待ちしております。(グループホーム白珠 白井)
 

「 11月の小音楽会がありました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成28年11月25日( 金 )

場所 : 福祉村保育園

11月の小音楽会がありました。

青組は、 「 ころころどんぐりさん 」 や 「 いもほり 」などをうたいました。

手でおおきなどんぐりを作ったり、お歌も大きな声でうたうことができ、

元気な青組さんを見ることができました。

桃組1歳児は、 「 どんな色がすき 」 や 「 もみじ 」の歌をうたい、

「 どんな色がすき 」 では、自分で選んだ色のクレヨンを楽しそうに振っていました。

桃組0歳児は、 「 木の葉 」の歌で、手を広げたりと、

とても楽しそうにからだを動かしていました。

1歳児、0歳児とも、 「 りんごちゃん 」 では、手をほっぺたにあて、

「 すっぱ~い 」 という姿がとても可愛らしかったです。

お楽しみでは、エプロンシアター 「 3びきのこぶた 」 を見ました。

オオカミが出てくると、 「 きゃー! 」 と言ったりして、

みんなで楽しく見ることができました。

だんだんと寒くなってきましたが、福祉村保育園の子どもたちは、

寒さに負けず、元気いっぱいです!!!!!  (福祉村保育園 紙谷 )

「 職場体験の受け入れをしました 」@福祉村保育園

日時:平成28年10月17日( 月 )~ 平成28年10月21日( 金 )

        平成28年11月15日( 火 )~ 平成28年11月18日( 金 )

場所:福祉村保育園

今年も2つの中学校から職場体験の生徒さんが

それぞれ4 ~ 5日間ずつ勉強に来ました。

生徒さん達には、青組 ( 2歳児 ) のクラスで子どもたちと遊んだり、

掃除のお手伝いをしてもらったりして、保育の仕事を体験してもらいました。

子どもたちもお兄さん、お姉さんにすぐ懐いて

たくさん遊んでもらい、大変喜んでいました。

最終日には、2人とも、とても楽しかったと言って帰っていきました。

( 福祉村保育園 杉浦 )

・高師台中学校 2年 犬塚 美結さん  10月17日 ~ 10月21日

・南稜中学校 2年 相場 太智さん   11月15日 ~ 11月18日

平成28年度第4回運営推進会議@天伯

日時:平成28年11月24日(木)13:30~

場所:特養天伯1階 相談室

特養天伯にて、今年度4回目となる運営推進会議を実施致しました。
今回は、特養の待機者数の増減についてや、要介護度における特養の入退所条件について等の特養の現状に関するご質問を参加者の中からいただき、ご説明いたしました。
また、地域で最近よくみられる野良猫への対処から高齢者に対するAEDの使い方まで、幅広いお話を参加者の方と共に話し合いました。

これからも、意義のある会議を行い、地域の方とより親交を深められる施設を目指していきます。

特養天伯 相談員 塩見

「 園外保育がありました 」@福祉村保育園

日時:平成28年11月17日( 木 )

場所:むつみちびっこひろば

   野口牧場

   福祉村公園

青組

天気に恵まれ、秋晴れの気持ちの良い日でした。

青組は、久しぶりに技科大近くの公園 「 むつみちびっこひろば 」 へ。

おやつをおいしそうに頬張り、

早く遊びたくてあっという間に食べてしまう子もいました。

すべり台や鉄棒、ブランコで遊んだり、職場体験で来ているお兄さんと

サッカーをしてたくさん遊びました。

特別養護老人ホーム天伯へ移動し、おにぎり弁当もおいしくいただきました。

その後、技科大裏でどんぐり拾いをすると 「 あったー! 」 「 こっちもあったー! 」 と

たくさん見つけることができ、楽しい園外保育になりました。

( 福祉村保育園 鈴木も )

 

桃組1歳児

園外保育で野口牧場まで行きました。

以前よりお友だちと手をつなぎ、遠くまで歩けるようになりました。

歩きながら、畑にできている野菜のお話をしたりしました。

牧場に着くと、牛や馬を見て大興奮で 「 うしさ~~ん 」 と呼んでいる子もいました。

怖がることなく、喜んで見学できました。

その後、福祉村公園に戻り、楽しみにしていたおにぎりを食べました。

外で気持ちよく食べ、どの子もニコニコの笑顔でとても嬉しそうでした。

( 福祉村保育園 藤原 )

桃組0歳児

0歳児は、シイタカ山をまわって福祉村公園まで行き、遊びました。

みんなで歩く練習をしたり、すべり台や犬のベンチで元気いっぱい遊びました。

おにぎり弁当をおいしそうに食べる姿がとてもかわいかったです。

( 福祉村保育園 古橋 )

防災訓練@しろがね

日時:平成28年11月21日(月) 14:00~

場所:しろがね

 

1Fキッチンより火災が発生したと想定し訓練を実施しました。

利用者様の安全を第一に考え避難誘導し、迅速に避難することができました。

また、職員は訓練用消火器を用いて消火器の使用方法を確認し、職員全員が

消火器を扱えるよう訓練を行いました。

(しろがね 宮下)

 

テーマ別研修「ケアスタッフのための薬の知識」@さわらび会研修委員会

ケアスタッフのための薬の知識

講師:河村達生

日時:平成28年9月15日 14:00~16:00

場所:第二さわらび荘 多目的ホール

 

薬物動態の理解

薬の成分は、胃ではあまり吸収されることなく、主に小腸で吸収され血中濃度が高くなる。通常は30分から2時間程度で体内の濃度がピークに達する。

吸収された後は血液にのって分布し、主に肝臓で代謝され、主に腎臓から排泄される。

多くの薬は、効果が血中濃度依存的であり、適正な血中濃度を維持するために1日の服薬回数が決められていたり、経口以外の投与方法で使用される薬もある。

過剰に飲み、薬の血中濃度が高くなれば副作用が高くなるが薬の効果は上昇しない。

 

食品などによる薬への影響

高血圧、狭心症の人の中でカルシウム拮抗薬を服用している人はグレープフルーツジュースを飲むと成分が体内の代謝酵素の働きを邪魔し、薬の分解を遅らせるため、薬の効き目が強くでてしまい、副作用が現れる可能性が高くなるが、ごく少量のグレープフルーツを食べるくらいでは血中濃度の上昇はわずかであり影響も限定的である。

脳梗塞、心筋梗塞、不整脈血栓薬(ワルファリン)を飲んでいる場合、影響があると考えられている食べ物が、納豆、青汁、クロレラ。ほとんどの薬は水以外で服用してもよい。

一部の鎮痛剤など、胃に刺激がある薬を飲むときには胃への負担を和らげるために多めの水分で服用することが望ましい。鉄剤なども含めてお茶で服用しても大丈夫だが、牛乳は一部の抗生剤の吸収を妨げることがある。

牛乳は薬物の吸収への影響であり、グレープフルーツや納豆は薬物代謝への影響である。

 

高齢者の睡眠と若年者の睡眠の違い

短時間作用型の睡眠薬は反跳性不眠があり筋弛緩作用を併せ持つ。高齢者の睡眠の特徴と睡眠薬の性質を理解することによって適切な対応を心がける。

医薬品と健康食品の違い。

医療ではEBM (Evidence-based Medicine)=根拠に基づいた医療が重要である。

健康商品やサプリメントは効果に対する根拠があいまいである。正しい知識と情報が必要で、根拠のないものを飲むと逆に健康を害することもありえる。

 

どんな薬にも副作用はある。

副作用もいろいろ。

時にメディアが薬に対して不要な不安をあおることがある。メディアは媒体を売るために多くの人の不安を不必要にあおることがある。介護職も、薬の効果を知り、主な副作用を理解すれば、医療従事者だけでなく、介護従事者も、メリット(効果)とデメリット(副作用)を理解することができれば患者様への観察力が上がり、患者様のためになる。

デメリットのある薬でもメリットが勝れば使用すべき。わからないことがあれば、専門知識のある人、リテラシー(情報を取捨選択する能力)のある人の意見をよく効くことが大事である。

しろがね 山田

うたの宅配屋・ギターと歌@グループホーム白珠

日時:平成281115日(火)10001100

場所:グループホーム白珠

うたの宅配屋、岩本様ご夫妻によるギターと歌が開催されました。ギターに合わせて歌うだけでなく、歌手名、作曲家、作詞家、歌詞の意味や作られた年代など、曲に関する様々なことを説明して下さいました。また、岩本様は毎回、手作りのブローチをされています。それが入居者様も楽しみで、赤色の洋服を着たどんぐりに「可愛いですね。」とお話も弾みました。ギターに合わせ大きな声で歌いました。最後の曲が終わると「楽しかった。また来てね。」と声が聞こえました。楽しい時間をありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)

 

「 七五三のお詣りに行ってきました 」@福祉村保育園

日時:平成28年11月11日( 金 )

場所:野依八幡社

        素盞嗚神社

青組

野依八幡社へ七五三のお詣りに行ってきました。

前日からの雨を心配していましたが、

当日は晴天で暖かく、絶好のお詣り日よりでした。

子どもたちは何日も前からお詣りに行くのをとても楽しみにしていたので、

出発の時からみんな張り切っており、 「 出発進行 !! 」 と

大きな声を出してニコニコでした。

神社では、練習していた通り、立派にお詣りすることができ、

境内で記念写真を撮ったり、元気にかけまわって遊んだりしたあと、

おまちかねのおにぎりをほおばりました。

初めての遠出に少し心配していましたが、行き帰りしっかり歩いてこれた事、

今年もほとんどの子どもが七五三のお詣りに参加できた事を大変うれしく思います。

みんな七五三おめでとう!!

これから元気で大きくなってくださいね。  ( 福祉村保育園 杉浦 )

 

桃組 ( 1歳児 )

桃組は、素盞嗚神社までお詣りに行きました。

遠い距離でしたが元気に歩き、自分で作った七五三の袋を持って、ニコニコポーズ !!

これからも元気にすくすく大きくなりますように。 ( 福祉村保育園 鈴木節 )

チェロ演奏会@グループホーム白珠

日時:平成28年11月10日(木)14:00~15:00
場所:グループホーム白珠
地域の水野様によるチェロ演奏会が開催されました。馴染みの唱歌を、お話を交えながらチェロの演奏に合わせ1時間楽しく歌いました。途中で楽器の体験コーナーがあり白珠を代表して鈴木様がチャレンジしました。初めてのことでとても緊張されていましたが、先生がやさしく教えて下さり、「さくら、さくら」と音色が聞こえた時は、リビングは拍手、拍手でした。素晴らしい時間をありがとうございました。これからも演奏会をお待ちしております。ありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)
 

防災訓練@さわらび荘

日時:平成28年11月11日(金) 10:20~11:00 
場所:さわらび荘

夜間に地震及び火災が発生した想定での防災訓練、避難訓練を行いました。夜間帯を想定していますので、少ない職員で入居者の皆様の安全を確保しながら避難誘導を行ないましたが、大きなトラブルもなくスムーズに行なえました。入居者の皆様の安全を守るため、今後も災害等発生時に備えて繰り返し訓練を行ってまいります。
(さわらび荘 生活相談員 渡邊)

秋のレシピ紹介@栄養士会

秋も深まり、葉が色づき紅葉が楽しめる季節となりました。今回はさんまとさつまいもを使った料理を紹介します。ぜひご家庭でもお試しください。
(珠藻荘 管理栄養士 花井)

さんまの香り揚げ

材料(2人分)
さんま三枚おろし20g 8切れ、下味(酒、醤油 各小さじ2、おろし生姜 1かけ)、片栗粉 適宜、揚げ油、白葱 1/2本、赤・黄色パプリカ 各1/4ヶ、青じそ 1枚、ごま油 小さじ1、調味料(醤油、酒 各小さじ2、砂糖 小さじ1と1/2、ごま油 小さじ1)

作り方
① さんまは下味をつけて、片栗粉をまぶし、油で揚げる。
② パプリカは食べやすい大きさに切り、ごま油で炒める。
③ 白葱は白髪ねぎに、青じそは千切りにする。
④ 調味料を合わせておく。
⑤ お皿に①のさんま、②のパプリカを盛り、④のタレをかける。
⑥ 仕上げに③の白髪ねぎと青じそを散らす。

さつまいもようかん

材料(10cm×10cm分)
さつまいも 250~300g、粉寒天 2g、水 150cc、砂糖 40g

作り方
① さつま芋は皮をむいて輪切りにし、水にさらしておく。
② さつま芋を茹でて、熱いうちに裏ごしする。
③ 鍋に水と粉寒天を入れ、弱火にかけて粉寒天をしっかり溶かす。
④ 砂糖を加えて溶かし、さつま芋も混ぜる。
⑤ タッパー等に入れ、冷蔵庫で冷やし固め、食べやすい大きさにカットする。

11月誕生日大正琴演奏会@グループホーム白珠

日時:平成28年11月7日(月)10:00~11:00
場所:グループホーム白珠
ボランティアグループあざみの会様による11月誕生日大正琴演奏会が開催されました。お祝いの色紙贈呈から始まり、全員でハッピバースデイの歌を歌いました。今月93歳になられた鈴木様は大きな声で「ありがとうございます。」と、上機嫌でお礼の挨拶をされました。季節の歌、歌謡曲、唱歌を演奏して下さり、大正琴に負けない位の大きな声で歌いました。演奏の合間には、「昔話、なぞなぞ主役は誰でしょう」クイズもあり懐かしい時間になりました。12月にはクリスマスコンサートの約束をしました。今からとても楽しみです。(グループホーム白珠 白井)
 

家族会花壇整備@グループホーム白珠

日時:平成28115日(土)10:0011:00
場所:白珠中庭

家族会による花壇整備が行われました。ビオラ、パンジー、キンギョソウ、チューリップ、フリージア等、色々なお花を植えました。11月と思えない程暖かい日で、うっすらと汗が流れました。芝生に生えている雑草は、手で11本抜きました。花壇とプランターにたっぷりのお水を掛け記念写真を撮りました。来年の春には小さな苗も大きく成長して、花壇からあふれる程咲き誇ることと思います。とても楽しみです。ご協力ありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)
 

オレンジカフェときわ@常盤

日時:平成28年11月9日(水)14:00~15:30 
場所:常盤4階 ときわホール

少し風が強かったですが、晴天に恵まれましたオレンジカフェときわには22名の皆様が参加してくださいました。今回は豊橋市中央包括支援センターの呼びかけで旭校区の9名の民生委員様もご参加くださいまして、とてもにぎやかなオレンジカフェとなりました。コーヒーや紅茶、お菓子を召し上がっていただきながら、お喋りを楽しんでいただきまして、頭の体操などを行いました。
インフルエンザ予防のため12月から3月までの期間はオレンジカフェときわはお休みさせていただきます。来年4月12日(水)に皆様のご参加をお待ちしております。      よろしくお願いいたします。(常盤 藤原)     

「 ハロウィンパーティーを行いました 」@福祉村保育園

日時:平成28年10月28日( 金 )

場所:福祉村保育園

子どもたちが楽しみにしていたハロウィンパーティー。

素敵な衣装を着て、子どもたちはウキウキでとても嬉しそうでした。

今回はEPAの方も仮装して参加してくださり、とってもにぎやかでした。

ハロウィンの由来のお話や 「 ハロウィンてなぁに? 」 の

ペープサートを見た後、 「 トントントン 」 「 トゥリック・オア・トゥリート 」 と

お家をまわると中から 「 ハッピーハロウィン! 」 と元気な声が聞こえてきました。

子どもたちお手製のバッグいっぱいのお菓子をもらって嬉しそうな子どもたち。

EPAの方々にも楽しんでいただき、

とっても楽しいハロウィンパーティーになりました。  ( 福祉村保育園 福嶋 )

第35回さわらび文化祭@あかね荘

日時:平成28年11月3日(木)

場所:福祉村内(あかね荘)

「地域と共に歩む、創るさわらび会」をテーマとし、第35回さわらび文化祭が開催されました。

あかね荘では「プラバン創り」で、いろいろな形のプラバンに好きな絵や色を塗り、楽しまれました。ペットボトルの蓋を使った「モザイクアート」を来場された方と一緒に製作しました。「あかね荘の歴史」「秋陽展」の展示も行われました。

また模擬店では、「うどん」「クレープ」「バナナドーナツ」「焼き芋」を販売しました。

たいへん多くの方が来荘され大盛況でした。あかね荘利用者の方も催し物を通して、地域の方との交流を楽しんでいました。

皆様ありがとうございました。(あかね荘 朝倉)

 

 

「 避難訓練を行いました 」@福祉村保育園

日時:平成28年10月21日( 金 )

場所:福祉村保育園

避難訓練を行いました。

お昼寝後に行ったのですが、まだ起きたての子も、

笛の合図ですぐに動くことができました。

保育者の声がけで一斉に避難する姿を見て、

日頃から各クラスで訓練している成果だなと感じました。

今後も訓練を続けて行こうと思います。 (福祉村保育園 藤原)

第35回さわらび文化祭 @第二さわらび荘

日時 平成28年11月3日(木)文化の日 10:00~15:00

場所 第二さわらび荘

 

本日は、文化の日の祝日ということで、第35回さわらび文化祭が開催されました。秋晴れの中、開会式が第二さわらび荘1階ふれあいホールで行われました。開会式の中では第8回さわらび荘福祉作文コンクールの表彰が行われ、受賞された小・中学生の皆さんが元気よく理事長先生より表彰を受けられました。また、福祉村公園内では、野外ステージでの藤ノ花女子高校によるマーチングバンドや、健康・利用相談、模擬店の販売など様々なイベントが行われ、第二さわらび荘の利用者の方々にも楽しんで頂けたかと思います。また、来年も楽しみにしていただけたらと思います。ご来賓の皆様そしてご家族の皆様誠に有り難うございました。第二さわらび荘 佐々木

 

第1回地域福祉サミット@第二さわらび荘

日時:平成28年11月3日(木・祝) 10:45~12:00

場所:第二さわらび荘

11月3日に社会福祉法人40周年記念、第35回さわらび文化祭が実施されました。その中で今回の文化祭のテーマである「地域と共に歩む、創るさわらび会」に鑑み、さわらびグループ福祉村のある豊橋市野依町並びに野依町に隣接する天伯町の未来をどのように考えていくか、この地域の当事者である皆様や活動する皆様に集まって頂き、様々な観点から一緒に考え検討していく「地域福祉サミット」を初めて実施いたしました。

初めにさわらびグループ山本孝之理事長より開会の宣言がなされ、続いてさわらびグループ山本左近統括本部長より地域福祉サミットの趣旨をご説明させて頂きました。

「さわらび会はみんなの力でみんなの幸せを守っていくことを基本理念としています。その幸せは自立して自由に生き、今できることで周りの方の役に立つことで感じることができます。さわらび会福祉村を中心に半径2㎞の円を描くと、その中には野依小学校、天伯小学校、本郷中学校、くすのき特別支援学校、豊橋技術科学大学、食彩村、イオン豊橋南店、りすぱ豊橋等、学校や商業施設など数多くの社会資源があることがわかります。これらを活用してこの地域の未来について、この地域に住み生活をしている皆さんと一緒に考えていきたいと思います」

続いてさわらびグループが取り組んでいる地域での活動について、たまも荘障害者支援センター相談支援専門員鳥居浩平がご説明させて頂きました。

「さわらびグループは本人を中心に様々な在宅サービスや施設サービスを提供しています。またさわらびグループの福祉村が地域における総合安全保障基地となって、地域の皆様を支えるための活動も実施しています。活動の大きなものとしてはさわらび大学があり、多くの方にご参加いただき、医療や福祉等多岐にわたって勉強して頂ける機会も設けています」

ここからは当事者の皆様のご発表です。

①豊橋市議会議員 沢田都史子様

「地域の福祉の現状と課題」として校区別高齢者人口や認知症に関する支援、障がい者数の推移や豊橋市の取り組みなどに関して情報提供をして頂きました。

②豊橋市議会議員 前田浩伸様

「地域の変化の歴史と福祉との連携による道の駅の新たな取り組み」として野依校区の変化の歴史、豊橋市の人口の推移、食彩村から道の駅への発展、時代を先読みして安心して住める街づくりのお話をして頂きました。

③野依校区自治会長 大浦純造様

「この町にはこんな課題が!」として野依校区自治会としての高齢化への活動や取り組み(生活支援、生きがい支援、健康支援、社会参加)についてお話をして頂きました。

④天伯校区副自治会長 木村 積男様

「この町にはこんな課題が!」として天伯校区の人口や急速な少子高齢化に対する各種取り組み(介護予防サロン、歌声喫茶、ウォーキングイベント、町の居場所作り、シニアクラブ)についてご報告頂きました。

⑤NPO法人理事 天伯町在住 行方 祐美様

「障がい者が自立できる街づくりとは」として自分自身が障がい者であるという立場から、行きたい場所へ自由に外出出来る事、そして障がい者の自立は切っても切れない関係であるという当事者としてご意見を述べて頂きました。

⑥南稜中学校2年生 生徒会執行部役員 谷 飛鳥様

「私たちが暮らし続けていくために 僕の見た町の姿 自転車と自動車について思う事 安全に暮らしていく為に」と題して、谷さんの住んでいるこの野依地域の自然環境が良いと言う事や、反面生活の場所としては少し不便な点をお話して頂き、その中で自転車で通学をされている生徒の視点として自動車との付き合い方やより安全に自転車で行動できるような提案をして頂きました。

⑦野依校区 自主活動グループ さくらの会 金田 里子様

「こんな活動をしているけどこんな課題が」として、地域の皆さんに活動を知って頂く事の重要性、また参加していただきその輪を広げていくことで、地域で生活される方が安心して住み続けるための取り組みを継続していくと言うお話をして頂きました。

⑧天伯校区 自主活動グループ ひだまりの会 鈴木 訓司様

「こんな活動をしているけどこんな課題が」として、ひだまりの会の活動内容の報告や皆さんが自主的に色々なお手伝いをして頂く事で楽しく会を運営できているのでこの活動を継続していきたいと報告して頂きました。

⑨天伯保育園 副園長 大橋 孝子様

「子育て支援をしていく上での状況と課題」として、天伯校区にある保育園として、少子化傾向が進んでいる状況や、以前よりも入園する子供さんが低年齢化することで園児の数としては減少しているが保育士の数は以前と同数確保しなくてはならないというご苦労、また年度途中で保育を希望される方に保育士が不足している為受け入れが難しいと言う問題点をお話して頂きました。

⑩天伯小学校 校務主任 太田 一郎様

「福祉の心を育んでいたくためには」として、太田様ご自身が福祉に改めて真摯に取り組む必要性を考えさせられた経験や、本やネットなどの情報だけではなく、実際に当事者に会って知ることが重要であること、また最近の小学生について思う事などをお話して頂きました。

⑪豊橋技術科学大学 機械工学専攻 システム制御研究室 水尻 雄貴様・櫻井 浩人様

「私たちにできること」として介護現場の重労働に対する支援ロボットの開発や、安全に医療従事者や介護従事者を支援し、患者や介護を必要とされる方が安心して頂ける科学技術について、大学として、また大学生として取り組んでいる姿勢や研究についてご報告頂きました。

⑫くすのき特別支援学校 教頭 渡会 博子様

「福祉の心を皆さんに広げていくために」として、昨年よりこの野依校区に新たに開校しましたくすのき特別支援学校の状況や地域と共に歩んでいく開かれた学校を目指している事、相談センターも設置し教育相談や就労支援相談にも乗っている事等をご説明頂きました。

皆様からの発表を受け、山本左近統括本部長がまとめをさせて頂きました。

「本日はこの地域にお住いの方にお越し頂き、様々な立場の方のご意見を聴かせて頂いて本当に良かったです。福祉と言う言葉は幸せや豊かさを意味しますので、社会福祉法人さわらび会は、社会の幸せを守るための法人として存在します。障がい者の方も高齢者の方も子供さんもみんなが思いやり支え合う必要があると言う事を改めて学ばせて頂きました。お互いに知ることから始まるきっかけ作りができ、この地域の中心にある福祉村がそうした活動をサポートしていきます。科学技術も進歩する中で、どなたでも、0歳から100歳まで幸せに生きていくために、変化していくこの地域を支えるために頑張りたいと思います」

最後に山本左近統括本部長より皆様へ地域福祉サミットの総括として「みんなの力でみんなの街を創る会議」を発足したいとご提案させて頂き、皆様よりご了承の拍手を多数いただき、第1回地域福祉サミットを終了致しました。

 

今後は来年の文化祭迄に2回程地域の皆様に集まって頂いて協議し、来年文化祭で最終的にまとめていきたいと考えています。(第二さわらび荘 東郡)

 

さわらび会ニュース
カテゴリー
最新記事
バックナンバー