さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび会ニュース - 2018年04月

オレンジカフェはりはら@さわらび荘

日時:平成30年4月27日(金)14:00~15:00
場所:はりはら

オレンジカフェ「はりはら」を開催いたしました。さわらび荘入居者様、ご家族様、地域の方など22名の参加となり、おしゃべりも弾み大変賑やかな時間となりました。美容部員をされている方がネイルアートをして下さり、地域の皆様にも喜んでいただけました。次回のオレンジカフェはりはらは5月11日(金)14:00~15:00に開催いたします。皆様お気軽にお越し下さい。(さわらび荘 鈴木)

春のレシピ紹介@栄養士会

やわらかな春風に心華やぐ季節となりました。朝晩は冷え込む日もありますので体調を崩さないようにしてお過ごし下さいね。今回はこの時期の食材を使ったレシピを紹介したいと思います。
(第二さわらび荘 管理栄養士 大木)

新玉ねぎのピザ風チーズ焼き

材料(2人分)
新玉ねぎ 100g
A(ケチャップ 60g、ベーコン 20g、ピーマン 15g、コーン 20g、ピザチーズ 40g)

作り方
① 新玉ねぎは1.5cmの輪切りにし、耐熱容器に並べてラップをしたら、半透明になるくらい電子レンジで加熱する(600Wで約2分)。
② ベーコンは1cm幅、ピーマンは2mmの輪切りにする。
③ ①にケチャップをぬり、Aをトッピングする。
④ アルミホイルを敷いて、オーブントースターで焼き、チーズに焦げ目がついたら出来上がり。

手作りイワシ玉

材料(1人分)
イワシのすり身 50g、糸昆布 1g、人参 15g、ごぼう 5g、えのき茸 20g、卵 5g
A(おろし生姜 2g、あわせ味噌 4g、小麦粉 6g、お好みの油 3g、大根 50g、貝割れ大根 3g、白しょうゆ 3g)

作り方
①糸昆布は戻して1cm位に切り、人参・ごぼうは荒くみじん切りにする。えのきは1㎝くらいに切る。
②大根はおろして2cm位に切った貝割れ大根、薄口醬油と合わせる。
③イワシのすり身に①とAを合わせてよく練り、扁平型に丸める。
④フライパンに油を熱し③に焼目をつけ後は弱火にして、蓋をして蒸し焼きにする。
⑤器に盛り②をのせる。

夜間想定の防災訓練実施@第二さわらび荘

日時:平成30年4月26日(木)10時半~

場所:第二さわらび荘

第二さわらび荘にて防災訓練を行いました。

今回は夜間に4階のユニットのキッチンからの出火を想定した火災訓練となりました。

夜間の少ない職員数で、ご利用者様を、いかに安全かつスムーズに避難させるか検討が必要だと感じました。

その後、新人職員を対象に消火訓練を、第二さわらび荘駐車場にて行いました。

消火器や消火用散水栓の取り扱いを学ぶ良い機会となりました。

(第二さわらび荘 末松)



動物園遠足@しろがね

日時:平成30年4月25日(水)

場所:豊橋動植物公園

しろがねでは遠足として豊橋動植物公園に行ってきました。

朝は天候が心配されましたが、出発するころには晴れ間も見え始め

動植物公園につく頃には絶好の遠足日和となりました。

動物や自然史博物館を楽しく見て回りました。

これからも出かける機会を多く作り、利用者様に楽しんでいただける

ようにしていきたいと思います。

                          しろがね 宮下
 

 

 

「 4月のお誕生日会がありました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成30年4月20日( 金 )

場所 : 福祉村保育園

今年度初めてのお誕生日会があり、

4月生まれのお友だちをみんなでお祝いしました。

3歳になる青組の子は、みんなからの質問にもはっきりと答えることができ、

2人ともすてきなお誕生日カードをもらって、とても嬉しそうでした。

ペープサート 「 ‘‘ さんぽ‘‘ で散歩 」 では、

みんなで 「 さんぽ 」 の歌をうたいながら、楽しく観ることができました。

( 福祉村保育園 紙谷 )

 

オレンジカフェ@天伯

日時:平成30年4月20日10:00~

場所:特養天伯2階4丁目ユニット

オレンジカフェとは、認知症の方やそのご家族、地域の住民が集まり、情報交換やおしゃべりをして楽しむ場です。さわらび会では様々な施設がオレンジカフェを開催していますが、今回、特養天伯でもオレンジカフェが開始となりました。さわらび会で行われているオレンジカフェは全て無料で参加することができます。
初回ということで不安もあった特養天伯オレンジカフェですが、運営推進会議に出席してくださっている地域の代表の方々を含めた、周辺地域の住民計28名が参加され、盛況となりました。
今回はおしゃべりの時間とは別に、福祉村地域包括支援センター職員による認知症サポーター養成講座が開催されています。参加者の皆様は熱心に講座を受講しておられ、認知症についての理解を深められたことと思います。

今後も特養天伯は定期的にオレンジカフェを行っていく予定です。認知症予防や情報交換、介護の専門職への相談ができる場として、地域の方が積極的に集まりたくなるようなコミュニティとして継続していけるよう、地域の方々のご協力をいただきつつ運営していければと考えています。
次回の開催日は未定ですが、決まり次第地域の方々には何らかの方法でご連絡させていただく予定です。参加者に年齢制限はございませんので、ぜひ気軽にご参加ください。コーヒーとお茶菓子を用意してお待ちしています。
(天伯相談員 塩見)

「 園外保育がありました 」☆青組 @福祉村保育園

日時 : 平成30年4月18日( 水 )

場所 : すさのお神社

今年度初めての園外保育がありました。

予定では、青組はシイタカ山へのぼりに行くつもりでしたが

前日からの雨が朝まで残っていたので、急きょ予定を変更し

晴れるまで出発もずらし、すさのお神社まで行ってきました。

今年はクラスに小さい子もいるので、長い道のりを歩けるか

少し心配しましたが、どの子もみんな行き帰り

しっかり歩くことができました。

神社では、境内もぬかるんでいる所もありましたが

おやつのジュースを飲んでから、季節外れに落ちていた

どんぐりを拾うなどして楽しく過ごしました。

たくさん歩いてたくさんあそんで、おなかがすいたようで

お弁当のおにぎりもみんなあっという間に上手にたいらげていました。

ついこの間まで桃組さんだったとは思えないほど

立派になった新しい青組のみんな!!

これからもたくさん歩いていろんな所へお散歩に行こうね!!

( 福祉村保育園 杉浦 )

「 園外保育がありました 」☆赤・桃組 @福祉村保育園

日時 : 平成30年4月18日( 水 )

場所 : シイタカ山

クラスが変わり、初めての園外保育でした。

雨もあがり予定通り行うことができました。

シイタカ山の方へお散歩に行きました。

水たまりをよけながらお友だちや保育者と手をつないで

楽しく歩きました。

保育園へ戻りお庭でおにぎりを食べました。

小さな手でおにぎりを持ち、おいしそうに食べる姿は

とてもかわいかったです。

来月の園外保育もとても楽しみです。

( 福祉村保育園 藤原 )

「 新学期が始まりました 」@福祉村保育園

日時 : 平成30年4月13日( 金 )

場所 : 福祉村保育園

9日(月)より新学期が始まりました。

子ども一人一人の思いを優しく丁寧に受け止め、発達や育ちに寄り添い、

さまざまな発見や喜びを共有し、豊かな経験ができるように保育したします。

今年も夢と希望がいっぱいの一年になるように職員一同、

頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。 (福祉村保育園 竹内 )

さわらびグループ 第8回 研究発表会

日時:平成30年4月16日(火) 13:30~16:00
場所:福祉村病院大会議室

さわらびグループ 第8回研究発表会が行われ、9のグループが医療・高齢福祉・障害福祉等について研究発表を行い101名が参加しました。審査員として豊橋市社会福祉協議会参与 松井晴男氏、豊橋創造大学 専攻科福祉専攻科長 大林博美教授が参加してくださいました。

松井晴男氏から
・福祉村病院と在宅、医療・福祉サービスの連携に期待
・利用者の負担軽減を考えるだけでなく、介護者の負担軽減を考えることの必要性
・「食」についてはこれからのさわらびグループの活動に期待
・アセスメントは個人だけでなく生活全体のアセスメントの重要性
・利用者に役割を持っていただき「生きている証」を提供している
・病気や障害のために「出来ない」とは決めつけない取り組み
などの講評をいただきました。

大林博美教授から
・なぜそうなるのかという視点の重要性
・その方の生活記録を残すことの重要性
・様々な専門分野、部署の連携の重要性
などの講評をいただきました。

山本左近CEOから審査発表と講評がありました。
・福祉村病院と在宅サービスの連携、シームレスの重要性
・それぞれの職種、専門分野の果たす役割を自覚すること
・どうしてなのか、なぜなのか、具体的に何なのかという視点
・しっかりと指標を持つことで変化が明らかになること
そして「研究発表会は進歩しています。これからも期待しています。」
(常盤 藤原)

第8回研究発表会 結果
【最優秀賞】
・「下剤連続投与をなくし自然排便を目指して
   患者様の笑顔につながる穏やかな入院生活の提供」
 福祉村病院   介護士 村田 淳
         介護士 中神 往奈
・「生活を楽しく過ごしていただくために」
 カサブランカ  介護士 日比野 汐織
         介護士 石井 恵里

【優秀賞】
・「気管切開されている患者様の在宅に向けての取り組み」
 福祉村病院   看護師 大石 永味
         看護師 楠 美沙
・「進行性核上性麻痺の1症例 転倒原因の分析と対策」
 福祉村病院   理学療法士 川村 基樹
         作業療法士 船藤 悠太
・「安全でおいしい食事の提供に向けて~ソフト食への取り組み~」
 第二さわらび荘  調理員 広山 恵里
          調理員 北河 瑠那
・「若年性認知症の方への支援について」
 フェリス福祉村  介護士 鈴木 康平
          事務員 瀧崎 智弘

【奨励賞】
・「嚥下障害のある方へのリハビリと日々の取組み」
 しろがね     理学療法士 鳥居 浩平
          生活支援員 安形 光代
・「資質向上への取り組み~ケアマネジメント実践力の向上~」
 さわらび居宅介護支援事業所 主任介護支援専門員 日下部 澄美子
               介護支援専門員   伴 茜
・「重度知的障がいの方への支援 ~脱マンツーマン対応を目指して~」
 明日香      生活支援員 市川 千春
          サービス管理責任者 安田 葉子

 

 

 

 

 

 

おやつ作り@しろがね

日時:平成30年4月12日(木)13:30~
場所:しろがね1F

今日はフレンチトースト作りを行いました。皆様楽しく調理に取り組んで
いました。作ったフレンチトーストは喫茶の時間にお茶やコーヒーと一緒
に美味しくいただきました。

今後も楽しくできるおやつ作りや、季節や行事に合わせたおやつ作りを行
っていきたいと思います。

                          (しろがね 宮下)

 

 

お花見@グループホーム白珠

日時:平成30年3月28日(水)9:30~10:30
場所:朝倉川
お天気が良く桜が満開の知らせを聞きお花見に出かけました。春の訪れを感じる中タクシーを走らせると朝倉川沿いに満開の桜並木が目に飛び込んで来ました。「すごい満開だね」「こんな綺麗な桜、初めて見たよ」と目を丸くして喜んでくださいました。いつまでも眺めていたい美しい桜でした。帰りには「おやつは花見団子がいいね」「花より団子」と大笑いでした。(グループホーム白珠 中村)

 

 

「 お花見をしました 」☆桃組 @福祉村保育園

日時 : 平成30年3月27日( 火 )

場所 : 福祉村保育園

保育園の庭に出て、お花見しながらお弁当を食べました。

天気もよく、さくらもとてもきれいに見えました。

外で食べると気分もよく、みんなニコニコ笑顔でした。

「 おいしいな~ 」 と言っている子もいて

楽しく食べることができよかったです。

また、お花見ができるといいなと思いました。

( 福祉村保育園 藤原 )

 

認知症対応型グループホーム フジ内覧会@第二さわらび荘

日時:平成30年4月1日(日)、2日(月)10時半~16時

場所:認知症対応型グループホーム フジ(豊橋市前田中町13-29)

認知症対応型グループホーム  フジの内覧会を開催いたしました。

2日間合わせて、90組153名お越し下さいました。

天候にも恵まれ、多くの方にご来荘頂き、大変有意義な内覧会を実施する事が出来ました。

本当にありがとうございました。

ご利用者様、ご家族様、地域の皆様に信頼して頂ける施設運営をしてまいります。

(第二さわらび荘 末松)



 

 

 

「 お別れ遠足 」☆黄組 @福祉村保育園

日時 : 平成30年3月26日( 月 )

場所 : 野依八幡社

お別れ遠足で八幡社へ行きました。

天候に恵まれ、子どもたちは朝からソワソワ

ハイテンション!はりきって出発しました。

少々長い距離でしたが、道々のつくしや菜の花など

春の風物詩を見ながら、楽しく歩くことができました。

神社に着くと、しだれ桜はまさに満開。

空から降りてくるように広がって咲く桜の姿に圧巻!

子どもたちも目前にして 「 ワー! 」 と感嘆の声があがりました。

お参りをしてからみんなで昼食です。桜の下で食べるおにぎりは別格です。

夢中でほうばりながら、時々散ってくる桜の花びらを見ながら

「 雪が降ってるみたいだね 」 とつぶやきながら素敵な時間を過ごしました。

これから学校に行く子もいますが、最後の行事で福祉村保育園での

楽しい思い出ができました。  ( 福祉村保育園 鈴木節 )

「 お花見をしました 」☆青組 @福祉村保育園

日時 : 平成30年3月26日( 月 )

場所 : 福祉村保育園

保育園の中庭でお花見をしました。

桜が満開でとてもきれいだったので

みんなで桜を見ながらお弁当を食べました。

子どもたちは 「 桜きれいだねぇ 」 「 おいしいねぇ 」 と

会話を楽しみながら、お弁当を食べていました。

気持ちの良いお天気の日にお花見ができてよかったです。

( 福祉村保育園 野村

「 園外保育がありました 」☆桃組 @福祉村保育園

日時 : 平成30年3月22日(木)

場所 : 野口牧場

畑の野菜やお花を見ながら野口牧場まで行ってきました。

大きな牛を見て怖がる子もいましたが

先生やお友だちとしっかり手を握り合い

少し近づいて見ることもできました。

「 もぐもぐしてるね 」 「 大きいね 」 と興味津々で

牛の様子を見ていました。

おにぎり弁当は果樹園で食べました。

たくさん歩いてお腹もすいたのか大きな口で

パクパク食べていました。  ( 福祉村保育園 鈴木喜 )

「 お別れ遠足 」☆青組 @福祉村保育園

日時 : 平成30年3月22日( 木 )

場所 : 野依八幡社

野依八幡社へお別れ遠足に行ってきました。

朝は曇っていましたが、天気もよくなり

みんなでおしゃべりしながら元気に歩きました。

楽しみにしていたしだれ桜は満開!!

桜の下で写真を撮ったり、おにぎりを食べたり

境内であそんだり、とても楽しそうでした。

福祉村保育園での思い出が1つ増えました。

( 福祉村保育園 橋本 )

「 小音楽会がありました 」@福祉村保育園

日時 : 平成30年3月16日( 金 )

場所 : 福祉村保育園

今年度最後の小音楽会でした。

「 はるをみーつけた 」 や 「 はるですねはるですよ 」 などの

春の歌を元気いっぱいうたいました。

線にしっかり並べるようになったり、大きな口と

大きな声で上手にうたえるようになりました。

この1年で立派に成長した姿を見られた素晴らしい

小音楽会になりました。( 福祉村保育園 北河 )

防災訓練@天伯

日時:平成30年3月30日(金)14:30~

場所:特別養護老人ホーム天伯

特養天伯にて、夜間に地震が発生し、その後厨房から火災が発生したという想定で避難訓練を実施いたしました。天伯では20:30~翌日の6:30までは夜勤者一人の体制となるため、この訓練は非常に重要なものです。
今回の訓練では、別の施設から救援に来た職員に夜勤者が避難の指示を出す想定で行いましたが、施設の内部を把握していない人に分かるように指示を出すのは予想以上に難しく、改善を試みていく必要があることが分かりました。
ご利用者様により安全な生活をしていくために、あらゆる想定での防災訓練を行い、緊急時に備えていきます。
(相談員 塩見)

 

さくらまつり@しろがね

日時:平成30年3月28、29日 PM13:30~

場所:向山公園

向山公園の桜を観賞してきました。天気がよく、春の暖かさと桜の美しさをゆっくりと

味わうことができました。

(しろがね 宮下)

防災訓練@しろがね

日時:平成30年3月27日(火)

場所:しろがね

しろがねでは防災頭巾やヘルメットをかぶり、火災を想定した防災訓練

を行いました。

避難が完了したところで点呼を行い、逃げ遅れた人が居ないかの確認を

しました。

実際に避難が必要な場合にも迅速に避難できるようこれからも訓練を怠

らず実施していきます。

さわらび会ニュース
カテゴリー
最新記事
バックナンバー