さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび会ニュース

横綱 白鵬関が来村されました@さわらび会

日時 平成27710()

 

69代横綱 白鵬関が慰問のため福祉村に来村されました。

さわらび会 山本左近統括本部長とのご関係があり、今回福祉村への慰問訪問が実現。
16時頃に福祉村病院にご到着され、理事長先生からの挨拶、八木聖名子看護師長から花束の贈呈を行ったあと、患者様と交流されました。

     

白鵬関自ら患者様の傍にいき、握手や声をかけてくださいました。

皆さん一生懸命白鵬関に向かって手を伸ばし、握手をしてくださった後は満面の笑顔。
実際に握手をした患者様は、「大きな手だった。」「優勝しますと言ってくれた。一生の記念になります。」など大喜びの様子でした。

    

福祉村病院で暫く交流をした後、第二さわらび荘へ移動し歓迎セレモニーが行われました。

第二さわらび荘でも100名以上のご利用者様や地域の方がふれあいホールにつめかけ、白鵬関を一目見ようと大賑わいでした。

白鵬関が第二さわらび荘に到着されると、あふれんばかりの歓声と拍手でお出迎え。

福祉村保育園の園児からの歌のプレゼントでは、白鵬関も一緒になってタンバリンをたたいてくださいました。

    

質疑応答のコーナーでは「優勝してください!」という声がとても多く「頑張ります。」と笑顔で答えてくださいました。

その後山本ゆかり専務理事より花束と山本孝之理事長から総重量60kgの米俵、
障害福祉村病院サービス事業所で作られた“あすかくんクッキー”を明日香の利用者様から贈呈させていただきました。

     

第二さわらび荘でも大勢の利用者様と握手や写真撮影に応じて下さり

「大きかった!」「一緒に写真を撮ることができてよかった。」「是非、優勝してほしい!」

と歓迎セレモニーが終わった後も皆さん興奮冷めやらぬご様子でした。

また、EPAの候補生たちも白鵬関に大喜び!相撲という日本の国技が、世界中で愛されていることを実感しました。

    

 

    

横綱 白鵬関、ありがとうございました。(福祉村病院 近藤)

 

 

 

 

 

さわらび会ニュース
カテゴリー
最新記事
バックナンバー