さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび会ニュース

世界雑巾2016に参加しました@さわらびグループ

日時:平成28年2月21日(日)10:00~15:00

場所:豊橋市立くすのき特別支援学校

 

豊橋市制110周年記念プレイベントとして、豊橋市立くすのき支援学校にて

世界雑巾2016が開催されました。

 

「雑巾がけって、感動だ。」をキャッチコピーに、雑巾がけレースの

世界チャンピオンを決定するこの大会に、さわらびグループから

EPA候補生を含む4人が団体戦にエントリーしました。

 

開会の挨拶として、豊橋市長 佐原光一様からは

「子どもたちに「物を大切にする、学校を大切にする」という想いを

伝えるために考えついたのが雑巾がけです。

会場となった豊橋市立くすのき特別支援学校は去年4月に開校した学校ですが、

廊下の幅が広くすごく長いです。

1階は途中に通路がありますが、2階はぐるっと一周回ることができます。

これは使わない手はないと考え、ここで雑巾がけ大会をやろうと決めました。

みんなの笑顔とみんなが真剣に頑張る姿をみたくて、この大会をはじめました。

是非全力で駆け抜けていただきたいですし、世界雑巾という名に相応しい、

世界各国から選手が集まる世界選手権になってもらいたいと思っています。」

 

佐原光一市長からのご挨拶の後、準備体操として

「ラジオ体操第一~豊橋弁バージョン~」を全員で行いました。

その後、デモレースにさわらびグループ 山本左近統括本部長が参加。

10秒25という圧巻のタイムをたたき出し、会場からは歓声が上がりました。

 

 

世界雑巾2016は、

・小学校低学年部門(1~3年生)

・小学校高学年部門(4~6年生)

・ペア部門

・一般男子・女子部門

・団体部門

の5部門にわかれています。

 

180mの長い廊下をリレー形式で駆け抜ける団体部門には

豊橋の消防団や接骨院、学校の先生など様々なチームがエントリー。

さわらびグループは、インドネシア・フィリピン・ベトナム・日本という

四カ国の選手で構成されたチームでエントリーし、

チーム名は「国境なき雑巾レーサー」。

  

 

「優勝!」という目標を掲げ、参加したレースでは

47.35秒というタイムをたたき出し、見事三位に入賞しました。

1位のチームとのタイム差は0.54秒。

「次こそは優勝します!」と、悔しい想いをバネに

次回の大会への出場と優勝を誓いました。

 

「国境なき雑巾レーサー」の世界雑巾2016にむけての練習風景や

当日の様子が名古屋テレビ「ドデスカ!」で放送されます。

ぜひご覧ください。

 

 

番組名:名古屋テレビ 「ドデスカ!」

放送日:2016年3月4日(金)

時 間:AM 6:00~

※緊急特別番組により、放送内容・放送時間が変更になる場合がございます。

 

 

 

 

 

 

さわらび会ニュース
カテゴリー
最新記事
バックナンバー