さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

高齢者とご家族の方へ

  • ケアハウス

カサ デ ローザ

カサ デ ローザ あなたらしいセカンドライフを お手伝い致します

 ケアハウスカサ デ ローザは、平成15年12月1日に開設致しました。
カサデローザでは、ご家族や介護士、相談員、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所等の協力の下、より自立した生活を送って頂けるようにお手伝いさせて頂いてます。
 カサ デ ローザのご利用者の皆様は、基本的に自立されている方が入所されていますが、高齢となり、心身に不安を抱えられる方もお見えです。同じ敷地内に全国で初めて高齢者の認知症の治療やリハビリに取り組んだ福祉村病院があり、24時間サポートを受ける事が出来る事が大きな安心へとつながっています。またサービスセンター、郵便局、緑豊かな公園なども整備されていますので、心身ともにリフレッシュできる環境を整えさせて頂いています。

 日々の生活においては花見やビアガーデン、敬老会等の行事を行う事で季節感あふれる日常生活を送っていただく支援もさせていただいています。
さらに、ご利用者本人様方による「カサデローザ バラの会」を設立頂き、利用者相互の助け合いや行事などにも自主的に取り組んでいただき、毎日を楽しく過ごして頂けるように努めています。

1階には地域の方との交流を楽しむ為の「ふれあいホール」があり、随時ボランティアの皆様による音楽会や演劇等も開催しています。またその際には、福祉村内の病院及び各施設からも入院患者の方や利用者の方が来られ、交流を楽しんで頂いています。

住所 〒441-8124 豊橋市野依町字山中19-17  地図
Tel 0532-37-1209 Fax 0532-37-1226
Mail casa-de-rosa@sawarabi.or.jp
定員 ケアハウス16名
規模 鉄筋コンクリート造 5階建 耐震強化構造 6428.36m2

施設長のメッセージ

施設長 奈良昌子

自立生活の出来る方のために豊かな暮らしの提供をしています。
インターネット用の整備もしてあります。少人数の利点を生かし、入居者同士が支え合い、協力し合うために個別の支援体制の強化に努めています。
スタッフは、個々の相談に親切に応対し健康で楽しく快適な生活を送っていただけるようにサービスの充実に努めています。

施設長 山本ゆかり

カサ デ ローザの1日

  • 07:30 朝食|皆様、食堂にお集まりいただき摂って頂いています。管理栄養士が献立を考え、栄養面についてのサポートをしています。
  • 10:00 ラジオ体操|皆様、たたみコーナーにお集まりいただき、体を動かす機会を設けています。また健康状態の確認等も行います。またこの時間を利用して、その日のケアハウスの共同行事やクラブ活動の予定の報告をさせていただいています。
  • 12:00 昼食
  • 14:00 クラブ活動|茶道クラブ、英会話クラブ、詩吟クラブ、書道クラブ等の活動を行い、幅広く楽しんでいただける機会を提供させていただいています。
  • 15:00 ティータイム|皆様のくつろぎの時間です。ゆっくりと語らいながら、落ち着いたひと時をお過ごしいただきます。また水分補給並びに、体調確認の目的も兼ねています。
  • 15:30 入浴|基本的には眺望のよい大浴場で皆様が入浴を楽しまれますが、入浴時にサポートが必要な方については、個浴でヘルパーの支援を受けながら入浴されます。
  • 18:00 夕食

カサデローザには、自立された方が生活をされていますので、一日の大まかな日課以外は定めていません。ご利用者お一人お一人が楽しくそして安心して毎日の生活を送って頂けるように支援をしています。また上記のほかに季節の行事や外出の支援を行っています。

フォトギャラリー

  • ビアガーデンビアガーデン
  • 文化祭での詩吟発表文化祭での詩吟発表
  • 外食会外食会
  • 避難訓練避難訓練
  • 花見花見

“カサ・デ・ローザ”名前の由来

”カサデローザ”は「バラの館」という意味です。
いつも心に美しいバラを思い描いて頂き、カサデローザでの毎日が楽しい物であり、あかるく元気に過ごして頂きたいと願っています。