さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

高齢者とご家族の方へ

  • 高齢者相談
  • 特別養護老人ホーム
  • 短期入所生活
  • 訪問介護
  • 多目的ホール

第二さわらび荘

第二さわらび荘「ものがたりの主人公はあなたです。」 利用者と家族の皆様に喜びと感謝に 満たされた施設を。

 特別養護老人ホーム第二さわらび荘は、愛知県で初めての全室個室ユニット型特養として、平成15年11月19日に開設致しました。
 同じ敷地内には全国で初めて高齢者の認知症の治療やリハビリに取り組んだ福祉村病院があり、その50年にわたる認知症の治療やリハビリの実績に基づいた介護・看護を提供させて頂いています。
 第二さわらび荘では、介護士、看護師、理学療法士、介護支援専門員、嘱託医師、相談員等の多くの職種のチームワークで利用者の皆様へ介護・看護サービスを提供し、より質の高い生活を送って頂けるよう努力しています。
 また家族の皆様による「第二さわらび荘家族会」と連携し、夏祭りやバイキング食事会等の共催行事を行い、利用者の皆様に毎日を楽しく過ごして頂けるように努めています。
 1階には地域の方との交流を楽しむ為の「ふれあいホール」があり、随時ボランティアの皆様による音楽会や演劇等も開催しています。またその際には、福祉村内の病院及び各施設からも入院患者の方や利用者の方が来られ、交流を楽しんで頂いています。

~第二さわらび荘は下記サービスをご提供しています~
住所 〒441-8124 豊橋市野依町字山中19-17 地図
Tel 0532-37-1209 Fax 0532-37-1226
Mail dainisawarabi@sawarabi.or.jp
定員 特別養護老人ホーム104名 ショートステイ10名
規模 鉄筋コンクリート造 5階建 耐震強化構造 6428.36m2

施設長のメッセージ

施設長 山本ゆかり

身体的、精神的に自立生活の困難な高齢者とご家族の幸せな暮らしが続けられますように介護サービスを提供致します。緑に囲まれた環境を生かし春はお花見,秋は紅葉狩りと変化のある生活も楽しめます。いつも暖かい笑顔を絶やさない専門スタッフが揃っています。特に重度のかたのお世話が中心です

施設長 山本ゆかり

サービス内容

 第二さわらび荘は、要介護状態(原則要介護3〜5)の体が不自由であったり、認知症がある為に常に介護が必要な方を対象に、お一人お一人にあったリハビリや趣味活動などを行い、快適で生きがいのある生活つくりを援助させていただきます。第二さわらび荘は認知症介護の三原則をモットーに、利用者の皆様へ介護・看護サービスを提供します。

1. 特別養護老人ホーム
特別養護老人ホーム第二さわらび荘では、明るく家庭的な雰囲気の中、その方の有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができ、快適で生きがいのある生活作りのお手伝いをさせていただきます。
2. 短期入所生活
第二さわらび短期入所では、要介護認定を受けた高齢者の方が、明るく家庭的な雰囲気の中趣味活動やリハビリなどを通して、その方の心身機能の維持並びにご家族様の身体的、精神的負担の軽減を図ります。
3. 訪問介護
要支援1,2及び要介護1~5の方の居宅へ伺い、必要な支援(家事や援助や身体介護)を提供し、居宅での生活を支援します。
認知症介護の三原則
  • 一. いつも暖かい愛情と笑顔で 二. 決して、叱らず、制止せず 三. 今、できることをしていただく
  • 二. 決して、叱らず、制止せず
  • 三. 今、できることをしていただく

私達はお年寄りの為に誠心誠意働きます。
さわらび会のモットーである「みんなの力でみんなの幸せを」願い、喜びと感謝に満たされた施設を作ります。

フォトギャラリー

  • 生け花生け花
  • タオルたたみタオルたたみ
  • 夏祭り夏祭り
  • 夏祭り夏祭り
  • お部屋の様子お部屋の様子
  • 趣味活動趣味活動
  • 職員勉強会職員勉強会
  • 嘱託医往診嘱託医往診
  • 外食行事外食行事
  • 動物園外出動物園外出
  • ふれあいホール (マイカイフラの皆さん)ふれあいホール
    (マイカイフラの皆さん)

“さわらび荘”名前の由来

石(いは)ばしる垂水(たるみ)の上の早蕨(さわらび)の萌え出づる春になりにけるかも
通解:
雪解けの水が岩からほとばしるようにして、滝を作っている。その小さな滝の上の方に、若い蕨が芽を出している。ああ、春になったのだなあ、と、実に素直に春になった喜びを歌い上げています