さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび会ニュース - 2018年11月

オレンジカフェときわ@常盤

日時:平成30年11月28日(水)14:00~15:30

場所:常盤4階 ときわホール

 

あいにくの曇り空でしたが、オレンジカフェときわには16名の地域の皆様が参加してくださいました。コーヒーや紅茶、お菓子を召し上がっていただきながら、豊橋警察署による「交通安全教室」を開催しました。

オレンジカフェときわは、ご参加いただくことにあたって特に決まりがある訳ではありません。認知症の方やそのご家族、地域の方が気軽に集まることができる場所を地域の皆様と一緒に作っていけたらと思います。毎月第2、第4水曜日14:00~15:30に開催しています。次回は12月12日(水)「東三河広域連合~介護保険制度について~」の講話を予定しています。

ぜひお気軽にお越しください。お待ちしております。    (常盤 日和田)

「 園外保育がありました 」☆桃組 @福祉村保育園

日時 : 平成29年11月15日( 水 )

場所 : 素盞嗚神社

園外保育で素盞嗚神社まで行きました。

初めての遠出でしたが、周りの景色を見ながら楽しく歩けました。

畑に飛んでいるちょうちょに 「 バイバ~イ 」と手を振っていて、可愛かったです。

神社に着くと、お詣りをしてから遊びました。

レジャーシートを広げると、嬉しそうに集まり、すぐに靴をぬいでいました。

お家の方が作ってくれたおにぎりを、おいしく頂きました。

「 おいしい! 」 という声もあちらこちらから聞こえてきました。

帰りにどんぐりも拾いました。

今日は職場体験の中学生のお姉さんも一緒に行くことができ、

とても楽しい園外保育になりました。

また普段の保育の中でも、元気に歩いて散歩に出掛けて行こうと思います。

( 福祉村保育園 藤原 )

「 フェリス福祉村11月のお誕生日会に参加しました 」@福祉村保育園

日時 : 平成30年11月14日( 水 )

場所 : フェリス福祉村

フェリス福祉村11月のお誕生日会に参加しました。

訪問も回を重ね、余裕をもってきたのか

どの子もニコニコと嬉しそうに入場していました。

「 きのこ 」 と 「 木の葉 」 の歌は、みんな大きな声で歌い

元気に踊り、練習の時より上手にできびっくりしました。

「 パンダのゆめ 」 の踊りは、パンダのゆめをお願いしている

様子をかわいく表現しました。

一生懸命に歌ったり、演奏することで喜んで頂けるという

意識が子どもたちもまたがんばろうという気持ちに

つながっていきます。 ( 福祉村保育園 鈴木節 )

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成30年11月24日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

12名の方がお越しくださいました。

シャトーローズ八町にて訪問美容を担当して頂いている『LE-PLABEAU(ルプラボウ)様』によるハンドネイル体験を行いました。

お客様はほとんどネイル初体験で、最初は「ネイルをしたことがないから、恥ずかしい」との事でしたが、体験後は笑顔で「凄くキレイ」と自慢げに指先を見せて下さいました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、12月の第3土曜日 15日(土)13:30~
(シャトーローズ八町 加藤)

中部地区市民館へ出かけました。@フジ

日時:11月27日(火)14:00~15:00
場所:中部地区市民館
 ぽかぽかと暖かい日になりました。運動を兼ねて、お散歩に近くの中部地区市民館、図書館へ出かけました。童話や植物と花の図鑑など、それぞれがお好きな本を選んで読みました。真剣に夢中で読まれた方もありました。フジに戻り、福祉村文化祭で皆様が拾ってきた沢山の銀杏をフライパンで炒りトンカチで殻を割りました。アツアツ出来立てをほおばると柔らかく銀杏の香りがしました。「明日は茶碗蒸しですね。」と声が聞こえました。 (フジ白井)

秋祭り@さわらび荘

日時:2018年11月23日(金) 13:30~15:30
場所:さわらび荘1階・2階

14家族21名のご家族様と今回地域の方5名にご参加いただき、さわらび荘秋祭りを開催しました。綿菓子などの屋台風のおやつ、的当て、輪投げ、ビンゴゲームでお祭りの雰囲気を楽しんでいただき、15:00からは、ボランティアでお越しくださいました紅太鼓の皆様による迫力ある和太鼓演奏と、今回三味線による花笠音頭、炭坑節の演奏と踊りで大変盛り上がった秋祭りとなりました。紅太鼓の皆様、ありがとうございました。
(さわらび荘 渡邊)

   

運営推進会議@フジ

日時:11月23日(金)14:00~15:20
場所:フジ1階多目的室
 14時から運営推進会議を開催し10名の方が参加、フジ10月、11月の活動と12月の行事予定などを報告、フジで行われている地域活動についても意見交換しました。会議の後半14:40からは入居者のご家族様によるフルートのミニコンサート。入居者様も全員参加「おさるのかごや、村の鍛冶屋、七つの子、故郷の空、村祭り、紅葉、幸せなら手をたたこう、故郷」を演奏に合わせ、同時に2つの動作をすると脳が活性されるとの事で手と足を使いながら歌いました。時には楽しい会議も良いですね。皆様の参加をお待ちしております。 (フジ 白井)

第8回オレンジカフェ@天伯

日時:11月23日(金)10:00~12:00

場所:特別養護老人ホーム天伯 2階4丁目ユニット

今月の天伯オレンジカフェは、天伯校区自治会長の五箇野様をお呼びしての座談会を行っています。普段の生活の中で感じている困り事の相談や自治会が取り組んでいる活動の紹介、その他色々な内容について、五箇野様を中心とした参加者の皆様で和気藹々と話し合っておられました。
また途中で10分程度、「ほの国体操」をほの国体操リーダーの方2名が主導で行ってくださり、身体をリフレッシュすることもできました。

天伯オレンジカフェは毎回、お茶やコーヒー、お菓子をつまみながら楽しく行っております。
次回の天伯オレンジカフェは一か月空きまして、1月25日(金)10時から開催予定です。

 

障害者芸術活動支援事業 書道出前講座@珠藻荘

日時:平成30年11月14日(水)14:00~15:30

場所:珠藻荘2F多目的ホール

 

11月14日(水)愛知県社会福祉協議会主催[あいちアール・ブリュット作品展]に向け

書道の富永奇昂先生を迎え2回目の出前講座をして頂きました。

今回も書道に関心ある利用者様6名体験されました。

名古屋市民ギャラリー矢田で2019年3月12日(火)~3月17日(日)に

1回目体験された利用者様の作品と合わせて12名の利用者様の作品を展示して頂けることになりました。

自分の作品がどのように展示されるか利用者様も待ち遠しい様子でした。

(珠藻荘 岩水)

 



 

 

フジ運動会@フジ

時:11月18日(日)15:00~16:00
場所:フジ多目的室
第1回フジ運動会を開催しました。フジ最高齢者による選手宣誓から始まり、ラジオ体操、玉入れ、風船はさみ競争、お玉リレー、応援合戦、チーム対抗輪送り、パン食い競争、笑いを誘う職員と家族の競技と、内容盛り沢山に行われました。赤、白チームに分かれ熱戦が繰り広げられ、白組が勝利しました。とても楽しくて多目的室は笑い声であふれました。皆様お元気です。 (フジ 白井)

学習発表会へ行きました。@フジ

日時:11月17日(土)8:45~
場所:新川小学校 体育館
新川小学校5年生の皆様より学習発表会の招待状を頂きました。初めてのことで皆様とても楽しみにこの日を迎えました。フジ入居者代表4名と職員で出かけました。5年生の発表は「新川・地球大紀行」で、気球に乗って5大陸に出かけます。歌と演奏、ダンスなど素晴らしい発表でした。皆様に優しく接して頂きました。ありがとうございました。  (フジ白井)
 

オレンジカフェときわ@常盤

日時:平成30年11月14日(水)14:00~15:30

場所:常盤4階 ときわホール

 

爽やかな秋晴れとなり、オレンジカフェときわには18名の地域の皆様が参加してくださいました。コーヒーや紅茶、お菓子を召し上がっていただきながら、老人保健施設ジュゲム 理学療法士 西村先生による「体操教室」を開催しました。

オレンジカフェときわは、ご参加いただくことにあたって特に決まりがある訳ではありません。認知症の方やそのご家族、地域の方が気軽に集まることができる場所を地域の皆様と一緒に作っていけたらと思います。毎月第2、第4水曜日14:00~15:30に開催しています。次回は11月28日(水)「交通安全教室」を予定しています。

ぜひお気軽にお越しください。お待ちしております。    (常盤 日和田)

障害者芸術活動支援事業 書道出前講座@珠藻荘

場所: 珠藻荘2F多目的室

11月9日(金)

愛知県社会福祉協議会主催、[あいちアール・ブリュット作品展]に向け書道の富永奇昂先生を迎え

出前講座をして頂きました。

今回は、珠藻荘の書道教室参加者の利用者様6名対象に行われました。いつもの書道教室とは違い、

型にはまらない作品を体験され、作品制作中は集中され、とても笑顔で楽しまれていました。(珠藻荘 岩水)            

11月誕生日会@フジ

日時:11月13日(火)14:00~15:00
場所:フジ1階 多目的室
11月は3名の方がお誕生日で皆様と楽しくお祝いをしました。可愛い花束と手作り色紙のプレゼントに、とても喜んで頂けました。ご家族様も参加して下さり、嬉しい会になりました。歌が得意な入居者A様が素敵な衣装に身を包み、歌でお祝いもして下さいました。もちろんハッピーバースデイは全員で合唱しました。お誕生日おめでとうございます。これからもよろしくお願い致します。 (フジ 白井)

「 ハロウィンパーティーがありました 」@福祉村保育園

日時 : 平成30年10月31日( 水 )

場所 : 福祉村保育園

各クラス、自分たちで作った魔女やカップケーキ、ミニオンの衣装を

身につけホールに集合しました。

ハロウィンの由来の話を真剣に聞き、紙芝居 「 ぬすまれたパンプキン 」 や

踊り 「 グーチョキパーでパンプキン 」 を楽しみました。

いろいろな家をまわって 「 トリックオアトリート 」 「 ハッピーハロウィン 」

と元気な声が響きわたりました。

手作りのバックいっぱいにお菓子をもらい、みんな素敵な笑顔でした。

( 福祉村保育園 井本 )

 

秋のレシピ紹介@栄養士会

朝晩はめっきり寒くなって参りました。日毎に寒さがつのり、冬の訪れを感じています。今月は、そんな季節にぴったりのレシピをご紹介します。是非、ご家庭でも作ってみて下さい。(第二さわらび荘 管理栄養士 大木)

牛肉とれんこんの柚子風味炒め 

材料(1人分)
牛肉もも 50g、片栗粉 1.5g、れんこん 20g、玉葱 50g、ゆず 1g、サラダ油 1g、醤油 7g、みりん 4g

作り方
① 牛肉に片栗粉をまぶす。
② れんこんは半月に薄切りして下茹でし、玉葱はざく切りにする。
③ ゆずは皮を千切りにして、汁を絞る。
④ ①②を炒めて醤油、みりん、ゆずの絞り汁で調味する。
⑤ 器に盛り、ゆずの皮を散らして出来上がり。

柿の白和え

材料(1人分)
柿 25g、絞り豆腐 40g、白みそ 5g、砂糖 3g、すりごま 2g、青のり粉 0.1g

作り方
① 柿は皮をむき、いちょう切りにする。
② 絞り豆腐は茹で、白みそと砂糖とミキサーにかける。
③②にすりごま、青のり粉を加え①を和え、器に盛り出来上がり。

ちくちくハンド@フジ

日時:11月5日(月)10:00~11:30
場所:フジ1階多目的室
毎月第1月曜日は、地域の皆様と「ちくちくハンド」の活動を行っております。今年の8月から始め今日で4回目になりました。完成した雑巾は70枚になり、回を重ねるごとに腕前が上がり素敵な雑巾になりました。次回は12月3日(月)を予定しております。寒い時期になりますが、興味がある方はぜひ一度遊びに来て下さい。お待ちしております。
(フジ 白井)

福祉村文化祭へ出かけました。@フジ

日時:11月3日(土)10:00~14:00
場所:福祉村
全員で福祉村の文化祭へ出かけました。初めに目指すのは、今話題の「にぎらな寿司」です。限定250食。フェリス福祉村に一番乗りをして「マグロ、サーモン、卵」などお好きなお寿司を食べました。「美味しくて幸せ。」その後、秋陽展ではフジ入居者様が絵画の部で特選を頂き、作品の前で記念写真を撮りました。露店ではお団子、五平餅、お好み焼きなどを買い甘酒も飲みました。お弁当も食べ楽しい一日を過ごしました。来年が今から楽しみです。
(フジ白井)

「 明日香の芋ほりに参加しました 」@福祉村保育園

日時 : 平成30年10月26日( 金 )

場所 :郵便局北側の畑

明日香の芋ほりに参加させていただきました。

子どもたちは、明日香のみなさんと一緒に芋ほりをし

芋がとれるとすごく嬉しそうに 「 とれたよ~! 」 と見せてくれました。

みんなで一生懸命掘って、たくさん芋がとれました。

とれた芋をほんの少し持ち帰らせていただき、

おうちの人に嬉しそうに報告していました。

( 福祉村保育園 野村 )

 

さわらびグループ 第9回 研究発表会

日時 平成30年10月30日(火) 13:30~16:00
場所 福祉村病院大会議室

さわらびグループ 第9回研究発表会が行われ、10のグループが医療・高齢福祉・障害福祉等について研究発表を行い105名が参加しました。審査員として豊橋市社会福祉協議会松井晴男参与、豊橋創造大学 短期大学部 専攻科福祉専攻科長 大林博美教授が参加してくださいました。

松井晴男氏から
・リスクのある方に対してどう克服するのかのアプローチしていること、情報共有していることが大切。
・EPA看護師の発表について、さわらびグループの理念や日本の技術や考え方が世界のスタンダードに今後なっていくのではないか。
・地域の共生で大切なのは、プライバシーの共有、それをどう働きかけるのか、誰が働きかけるのか。
・ひきこもりの長期化、高齢化から引き起こされる社会問題である「8050問題」はさわらびグループはすでに包括的な支援をしている。今後も期待している。
などの講評をいただきました。

大林博美教授から
・数値化することは難しいことだが、チームが一丸となって実施されていた。
・倫理視点がしっかりしていた。
などの講評をいただきました。

山本左近CEO/DEOから審査発表と講評がありました。
・気づきがあり、現状を調べ、行動できていた。
・外国人の受け入れでフレンドリーの関係づくりが大切なのは認知症の方、高齢者、障がいのある方などすべての方に通じることで、さわらびグループの理念であるである。
・地域で共生するためにプライバシーの共有が必要だが、それは「お節介になりましょう」ということ。
・嚥下障害がある方への取り組みでは、本人の食べたいという意思の尊重に気づいたことがよかった。
・リハビリが人生の目的でなく、リハビリの結果、その方がやりたいこと思いに意識を向けて欲しい。
・8050の問題は今までになかった発表。ご家族との関係性がわかってくるとどのような支援が必要なのか、課題があるのか、さわらびグループで取り組むことが見えてくる。
・帰宅要求の発表では、職員の葛藤が伝わってきた。成功、失敗に関わらず何をしたらどうなったか、振り返ってどうしたのかがしっかりできていた。
などの講評がありました。

最後にメッセージとして、「本日集まって発表したり聞いたりしましたが、本当の学習は職場に戻って実行することです。実行することではじめて研究発表会の意味があります」と言われました。
(常盤 藤原)

第9回研究発表会 結果
最優秀賞
「EPA看護師の貢献と今後の課題」
福祉村病院   EPA看護師 ジェネリン・タン・ラス
        EPA看護師 ナイラン・ジェイ・アレハンドリノ
        EPA看護師 バーナベド・アザルコン

最優秀賞
「居心地の良い、楽しい住処となる為に~入居者様の気持ちに寄り添える介護士に~」
グループホーム フジ    介護士 大久保信江   管理者 白井有喜子

優秀賞
「離水しにくいお粥の探求 ~お粥の出来上がりの再現性を図る~」
福祉村病院  栄養管理部 根之木俊二

優秀賞
「生きがいのある生活 ~今できる事をし、楽しんで生活する~」
グループホームカサデヴェルデ  介護支援専門員 髙橋 充代  管理者 若見 和成

奨励賞
「認知症プロジェクト 革細工での取り組み ~作品を通して家族との交流機会が増えた症例~」
福祉村病院  リハビリテーション部  吉田 恭子

奨励賞
「オレンジカフェときわの取り組み~地域の皆様と共に~」
グループホーム常盤 管理者 中坪 佐代美

奨励賞
「嚥下障害がある方への経口摂取維持への取り組み」
特別養護老人ホーム天伯 介護士 中木 政子 松原 孝

奨励賞
「身体活動量に影響を与える因子の検討とリハビリの役割」
珠藻荘  理学療法士 廣瀬 正明  介護士 中尾麻希

奨励賞
「帰宅願望を改善する取組み~安心して白珠で生活して頂く為に~」
グループホーム白珠 管理者 山本 雅雄  介護士 大原 崇弥

奨励賞
「障がいを持つ親にとっての8050(はちまるごうまる)問題」
あかね荘     相談支援専門員 石川 正敏

 

さわらび会ニュース
カテゴリー
最新記事
バックナンバー