さわらびグループ

さわらび会の各施設はいつでもご見学いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください
  • 交通案内・お問い合せ

さわらび会ニュース - お知らせ

第1回さわらびサロンコンサート@第二さわらび荘ふれあいホール

日時:平成29年5月23日(火) 第1公演13:30~14:10 第2公演15:00~15:40

場所:第二さわらび荘 ふれあいホール

医療法人さわらび会55周年/社会福祉法人さわらび会41周年記念企画として、プロフェッショナルの方々をお招きし、さわらび会に関わる全ての方々により文化的な暮らしを楽しんでいただくために、複数回さわらびサロンコンサートを行うこととなりました。

今回は第1回目のさわらびサロンコンサートが行われました。

今回、ピアニストの桑生美千佳、ヴァイオリニストの佐久間聡一様、チェリストの高木慶太様の3名の方が出演をして下さいました。(くわしいプロフィールは下記の出演者プロフィールをご参照ください)

プロフィールをご覧いただくとお分かりいただけますが、3名の皆様は日本の第一線で活躍をされている方です。

素晴らしい演奏を今回は野依校区、天伯校区の住民の方や、各施設の利用者の皆様やご家族様、福祉村病院で療養をされている患者様やそのご家族様等、各公演とも100名強の方が参加され聴かせて頂きました。

演奏会は「愛の挨拶(エルガー作曲)」から始まり、一つ一つの演奏が終わるごとに割れんばかりの拍手喝采がされました。会場内からのアンコールの拍手に応えて下さり、皆さんが良くご存じの「G線上のアリア(バッハ作曲)」で演奏を締めくくってくださいました。聴衆の皆様は3名様の演奏にとても感激をされていました。

今後この演奏会を複数回開催する予定です。さわらびグループのホームページで告知をさせていただきますし、地域の回覧でもご案内をさせていただきます。多くの皆様とこの素晴らしい演奏会を楽しむことが出来ればと考えています。

3名の演奏者の皆様、今日はとても素敵な演奏をありがとうございました。(第二さわらび荘 東郡)

出演者プロフィール

 

 

 

 

 

第1回 さわらびサロンコンサート @第二さわらび荘ふれあいホール ご案内

 

日時:平成29年5月23日(火)

第1公演 13:30~14:10  第2公演 15:00~15:40

場所:第二さわらび荘 ふれあいホール

医療法人さわらび会55周年/社会福祉法人さわらび会41周年記念企画として、プロフェッショナルの方々をお招きし、さわらび会に関わる全ての人々により文化的な暮らしを楽しんで頂けるためのきっかけ作りとして、今後さわらびサロンコンサートを複数回開催致します。

今回は、5月23日(火)に実施をします。第1公演にはまだ余裕がございますので、お問合せをお待ちしています。

詳細の内容は下記の「ちらし」をクリックして頂けると出てまいります。

連絡先は、第二さわらび荘 電話0532-37-1209です。連絡をお待ちしています。(第二さわらび荘 東郡)

ちらし

重度障害者の方のレクリエーション@珠藻荘

日時:平成29年5月17日(水)

場所:2階 多目的ホール

重度障害者の方が、体全体で楽しむことができるように、2階多目的ホールにて、トランポリンを使用したレクリエーションを行いました。

少し緊張されていたり、驚かれていたり、ずっと笑われていたりと、それぞれの方が、様々な反応をされていました。(桜井)

バス散歩@しろがね

日時:平成29年5月18日(木) 13:30~15:00

場所:豊橋総合動植物公園

 

春になり気持ちよく外出できる季節となってまいりました。

しろがねでは豊橋総合動植物公園に出かけ、暖かくなり活発

になった動物とともに春の訪れを感じてきました。

今後も利用者様に楽しんでいただけるような行事を行ってい

きたいと思います。

(しろがね 宮下)

5月誕生日会・ギターと歌@グループホーム白珠

日時:平成29516日(火)10:0011:00
場所:グループホーム白珠 ユニット1リビング

5月のお誕生日をボランティアグループ、唄の宅配屋岩本様によるギターと歌でお祝いしました。全員によるハッピーバースデイで始まり、昭和の懐かしい歌「あの子はだあれ」「星影のワルツ」「みかんの花咲く丘」「青い山脈」など、歌詞カードを見ないでもすらすら歌うことが出来ました。曲にまつわるお話もお聞きして、楽しい誕生日会になりました。ありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)
 

 

 

防災訓練@しろがね

平成29年5月16日

場所 しろがね

 

避難訓練と消火訓練を実施しました。避難訓練では火災を想定し、利用者の皆様、職員ともに防災頭巾、ヘルメットをかぶり迅速に非難することが出来ました。

実際の火災時にも慌てることがないよう、これからも訓練を行って行きます。

しろがね 山田

 

家族会@あかね荘

日時:平成29年5月14(日)10:30~12:00
場所:しろがね2階
内容:平成29年度家族会役員紹介・平成28年度あかね荘事業報告
   平成29年度あかね荘職員体制、日中活動等紹介

あかね荘では、年3回家族会総会を開催しています。5月14日に行われた第1回家族会総会では、スライドを使い平成28年度の事業報告を行いました。日々の活動の様子を写真で見て頂く事で、利用者の方が笑顔で日々を過ごされている様子が伝わるようにしています。
また、平成29年度の職員体制や日中活動の紹介では、支援員が自己紹介をすることで、ご家族の皆様から身近に感じていただけるようにと考えています。
このような機会を通じて、あかね荘での利用者の皆様の様子をご理解いただき、お困りごとなどを気軽に相談できる関係を築いていきたいと思っています。(あかね荘 高橋)

伊藤民謡会 民謡・歌謡ショー@カサデヴェルデ

日時:平成29年5月12日 14:30~15:30
場所:カサデヴェルデ1F多目的ホール

日本コロンビア専属歌手でもあります伊藤陽扇先生の伊藤民謡会による民謡・歌謡ショーが1F多目的ホールで行われました。特養、GH入居者様、ご家族様、今回は地域の回覧でもお知らせし15名の地域の方が足を運んでくださいました。みなさんプロの民謡の歌や、太鼓や尺八の演奏に、一緒に口ずさんだり、手拍子をされたり最後には炭坑節を皆で輪になって踊り、とても盛り上がりました。(若見)

   

ホットケーキパーティー@グループホーム白珠

日時:平成29513日(土)14:0015:00
場所:グループホーム白珠 ユニット2リビング

久しぶりにホットケーキパーティーを開催しました。「私は食べるだけ。」と座っておられた方も、美味しそうに焼けてくると、いつの間にかフライ返しを持ち見事な手つきで返していました。焼き立てに甘い蜜をたっぷりかけると「アッ」と言う間に売り切れ、みんなで作るおやつは幸せの味がしました。「次はお好み焼きね。」とリクエストも頂き、今からその日が楽しみです。(グループホーム白珠 島本)

 

 

春のレシピ紹介@栄養士会

5月になり、さわやかな風や暖かな日差しを感じる季節となりました。今回も2品の料理を紹介します。ぜひご家庭でもお試しください。

(珠藻荘 管理栄養士 花井)

 

あさりたっぷり深川煮

 

材料(1人分)

むきあさり 20g、ごぼう(ささがき) 30g、人参 20g、干ししいたけ 1g、玉葱 40g、糸こんにゃく 9g、だし 50cc、生姜 1g、中双糖 2g、しょうゆ 4g、刻みのり 適量

 

作り方

①人参は短冊、玉葱は薄切り、糸こんにゃくは2㎝くらいに切る。

②干ししいたけは水で戻し、スライスする。

③ささがきごぼうと糸こんにゃくはさっと茹でて、あく抜きをする。

④あさり以外の食材を煮ていき、柔らかくなったら、あさりと生姜をいれて、調味料で味つけする。

⑤お皿に盛り付け刻みのりをトッピングして出来上がりです。

 

青豆のひすい煮

 

材料(1人分)

むき青豆 20g、塩 0.2gA(だし汁 5g、白醤油 1g、みりん 2g、でんぷん 0.5g)

 

作り方

①むき青豆は塩をまぶして置く。

②①を茹でて水にとり、しわが戻るまで浸して置く。

③Aを煮立て、あんを作る。

④水気をとった②を③で合わせる。

 

第二さわらび荘 家族会総会@第二さわらび荘

日時:平成29年5月2日(火)13:00~14:00
場所:第二さわらび荘 2階会議室

第二さわらび荘にて、26家族30名のご家族様にお集まりいただき、家族会総会を行い、平成28年度の事業報告と平成29年度の事業計画の報告をさせていただきました。 家族会様より利用者の皆様がより良い生活を送る為の施設の運営にご賛同いただき、災害時の非常食20名×3日分、身体拘束の防止、転倒・転落の事前察知及び防止を目的とした福祉機器(自動ブレーキ付車椅子2台と介助ベッド用センサー2台)をご寄附いただきました。今後有効に活用させて頂きたいと考えています。ご家族の皆様ありがとうございました。

総会終了後、介護士、看護師、厨房職員、ケアマネジャー、機能訓練担当職員よりご利用者の皆様へのケアプラン説明をさせて頂き、ご家族の皆様からもご意見を賜りました。これからもご家族の皆様にご支援いただき、入所者の皆様に笑顔あふれる生活をして頂けるように、努力してまいりたいと思います。(第二さわらび荘 末松)

 

 

 

 

 

「 トマトの苗を植えました 」 @福祉村保育園

日時 : 平成29年5月1日 ( 月 )

場所 : 福祉村保育園

青 組

今年もトマトの苗をみんなで植えました。

緑の葉っぱのかげからちらっとのぞいた小さいトマトの花を観察して

「黄色いねぇ」「かわいいねぇ」とお話しながら、石や土をはこんで

プランターに入れ、苗を植えるとみんな一斉にぎゅっぎゅと

小さなかわいい手で土をおさえてくれました。

あまりに積極的にお世話してくれるので「優しくね」と

声をかけるとみんなニコニコ。

これから毎日自分たちで水やりをがんばって、夏には甘くておいしいトマトが

たくさん食べれるようにがんばろうね!!  ( 福祉村保育園 杉浦 )

桃 組

今年もみんなでトマトの苗を植えました。

最初にプランターに石を入れ、次に土を入れ、

両手で土をギュッギュッとおさえて苗を植えました。

積極的に土をさわっている子や、手に土がつくのを嫌がる子

もいましたが、みんなで楽しく苗を植えることができました。

その後、「大きくなってね」と願いながら水やりをしました。

毎日子どもたちが水やりをし、赤いトマトが育つのを

楽しみにしながらお世話していきます。 ( 福祉村保育園 市谷 )

介護医療ロボットの開発に携わる方々の施設見学@第二さわらび荘

日時:平成29年4月27日(木)16:00~16:30
場所:特別養護老人ホーム 第二さわらび荘、ケアハウス カサデローザ

さわらび会では、ご利用者様、ご家族様や地域の皆様だけでなく、介護医療に携わる方の施設見学も積極的に受け入れさせて頂いております。
今回、医療・介護現場の支援を目的としたロボット・システムの研究開発を推進している「知の拠点あいち重点プロジェクトPR2」のメンバーの方々、27名の施設見学の受け入れを行いました。現場の状況や職員・ご利用者様のニーズをお伝えする貴重な機会となりました。(第二さわらび荘 末松)

医療法人・社会福祉法人さわらび会 第6回研究発表会

日時 平成29年4月25日(火) 13:30~15:30
場所 福祉村病院大会議室

医療法人・社会福祉法人 さわらび会 第6回研究発表会が行われ、8のグループが医療・高齢福祉・障害福祉等について研究発表を行いました。医療法人から39名、社会福祉法人から66名、合計105名が参加しました。
各発表後の参加者からの質問時間には、研究内容の感想や質問を行うなど活発な意見交換が行われました。
発表終了後、山本孝之理事長、山本ゆかり専務理事より「大変素晴らしかったです。毎回、研究発表会を楽しみにしています。」とお言葉をいただきました。
山本左近統括本部長より、各発表に対しての講評と、最優秀賞、優秀賞、奨励賞の発表がありました。講評では「研究発表会は実施要項にもありますように、『日々の業務は昨日と同じ事をしていればよいというマンネリに決して陥らず、皆様の生活向上のために常に“改善”に取り組むことが極めて重要であり、それこそが私たちの基本姿勢です。したがって、日々の実践研究は単発的な活動の報告のためのものではなく、中・長期的な計画や目標に基づいて、毎日の活動に連動したものであるべきです。すなわち、PDCAサイクルを基本に、どのような目的のために、どのような目標を立て、どのように工夫して取り組みをしたのか、そして、その成果をどのように検証・考察して、さらにレベルアップを目指すためにどのように修正・実践してゆくのかという継続的な内容であることが私たちに求められます。』どのように改善したら患者様やご利用者の皆様がさらによい生活をしていただけるかを皆さんで考えていきましょう。」と言われました。
次回は平成29年10月頃を予定しております。(常盤 藤原)

第6回研究発表会 結果
【最優秀賞】
・「重度パーキンソン病患者の予後を見据えたリハビリ介入
~ADL・QOLともに改善した一症例~」
福祉村病院 リハビリテーション部 作業療法士 船藤 悠太
リハビリテーション部 理学療法士 川村 基樹
【優秀賞】
・「福祉村病院における認知症の方のターミナルケアの取り組みについて」
福祉村病院 看護部     認知症ケア専門士 小杉 訓
医療福祉相談課 認知症ケア専門士 安達 薫
・「笑顔から始まる・コミュニケーション」
第二さわらび荘 EPA介護福祉士候補生 トアン
EPA介護福祉士候補生 チャン
EPA介護福祉士候補生 イズニ
・「ソフト食導入に向けて~見た目にも美味しい食事を~」
常盤  管理栄養士 松下 裕美
栄養士   渡邊 絵美
【奨励賞】
・「身体拘束ゼロを目指しての取り組み」
福祉村病院 1病棟2階(現1病棟3階主任) 看護師 中神 利恵子
1病棟2階(病棟主任)     看護師 藤城 鈴子
・「誤薬ゼロへの挑戦」
珠藻荘 介護士 村木 大介
・「ADL向上に向けて~ご利用者様の楽しめる時間~」
第二さわらび荘 介護士 片山 謙志郎
介護士 三浦 雅大
・「白珠・運営推進会議~地域と共に、未来に向かって~」
白珠 管理者 白井 有喜子

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成29年4月22日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

5名の方がお越しくださいました。

CDで唱歌を流し、その唱歌の歌い出しと光景に合った札を取る「唱歌カルタ」を行いました。

流れてくる唱歌を思い出しながら「そうそう、この歌詞だった」「結構覚えてるものだね」など楽しみながらカルタを取ったり、聞きほれてしまったりと大変喜ばれておりました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、5月の第4土曜日 27日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 三田)

花見外出@珠藻荘

日時:平成29年4月12日(水)

場所;向山公園

4月12日 向山公園へ花見外出をしました。満開の桜の中、チョコバナナやフランクフルトを食べられました。

その後はアピタで昼食をとられ、買い物を楽しまれました。(片山)

さわらび会山本孝之理事長が瑞宝小綬章の叙勲を受けました。

日時 平成29年5月11日(木)
この度、さわらび会の山本孝之理事長が瑞宝小綬章を叙勲されました。
大変名誉なことですが、これもひとえにこれまでの多くの皆様のご支援、ご指導の賜物と感謝しています。
山本孝之理事長は1962年に豊橋市内に山本病院を設立し、脳卒中患者の方へのリハビリや認知症ケアに積極的に取り組ませて頂きました。
1982年に豊橋市野依町に福祉村病院を開設し、福祉村病院を中心として高齢者や障害者の施設を同じ敷地内に造り、お互いに自立し、助け合う場所となる福祉村を整備し、地域福祉の向上に努めてきました。
現在も医療法人・社会福祉法人さわらび会理事長として認知症医療に取り組み、民間病院としては珍しい「長寿医学研究所」「神経病理研究所」等を開設しています。
山本孝之理事長は常に「人間の幸せとは、自立して自由に生きることと、周りの人の役に立つことです」をモットーとしています。
さわらび会の理念である「みんなの力でみんなの幸せ」を守るため、さわらび会職員一同頑張ってまいります。
これからも引き続きさわらび会へのご支援、ご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

春のレシピ紹介@栄養士会

4月になり桜の開花から春の訪れを感じます。今回は桜の花を使った料理を紹介します。桜を見るだけでなく食事からも春を感じることができるのではないでしょうか。花見や春の行事など、特別な時のお祝いにも合うのと思いますので、ぜひご家庭でもお試しください。

(珠藻荘 管理栄養士 花井)

 

桜寒天

 

材料(2人分)

桜の花塩漬け 2枚、水 150cc、寒天 0.5g、砂糖 お好みの量、あんこ 20g

 

作り方

①桜の花塩漬けを水に浸けておく。

②①の水に寒天を入れて沸騰させ、寒天を溶かす。(塩気が強ければ水で調整する)

③桜の花と砂糖を加え、好みの甘さになったら器に入れる。(食紅を少し入れるとピンク色になり綺麗になる)

④あんこを丸め、③の中に入れて冷蔵庫で冷やす。

 

 

 鯛桜ご飯

 

材料(1人分)

米 35g、もち米 30g、桜の花の塩漬け 5g、鯛の切り身 30g、塩 1つまみ、絹サヤ 5g

 

作り方

①桜の花の塩漬けは塩を洗い、水に浸して置く。

②米ともち米は洗い①の水だけを加えて炊く。

③鯛は塩をふって焼いておく。

④絹サヤは茹でて千切りにする。

⑤③と戻した桜の花を炊いたご飯の上にのせて蒸らす。

⑥④を加えてよくかき混ぜる。

 

春のレシピ紹介@栄養士会

3月になり日が少しずつ長くなり、暖かい日が増えてきました。今回は菜の花とセリを使った料理を紹介します。ぜひご家庭でもお試しください。
(珠藻荘 管理栄養士 花井)

菜の花のペペロンチーノ

材料(2人分)
菜の花 90g、スパゲティ 160g、ベーコン 40g、にんにく 1片、赤唐辛子 1本、オリーブ油 大さじ2、粗挽き黒こしょう 少々、塩 少々

作り方
①菜の花は軸の根元を少し切り落とし、水洗いして長さ3cmに切る。にんにくはみじん切り、赤唐辛子は種を取って細かくする。ベーコンは長さ1cmに切る。
②フライパンにオリーブ油、ニンニクを入れて中火にかける。香りが立ってきたら赤唐辛子ベーコンを入れて炒める。
③塩(分量外)を入れた熱湯でスパゲティを指定の時間より1分短めにゆで、スパゲティがゆであがる直前に菜の花を入れて一緒にゆでる。
④ゆであがった③をざるに上げ、②のフライパンに加えて全体を混ぜる。粗挽き黒コショウ、塩で味を調え器に盛る。

せりのごま和え

材料(1人分)
せり 15g、人参 15g、竹輪 10g、油揚げ 1/3枚、A(すりごま 2g、白醤油 3g、砂糖2g)

作り方
①せりは2cm、人参は千切り。竹輪は縦半分に切り斜めに薄く切る。油揚げは短冊に切る。
②①を茹でて水にとり絞っておく。
③Aを混ぜて②を和える。

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成29年3月25日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

10名の方がお越しくださいました。

トランプで7ならべ、神経衰弱、ババ抜きなどを行いました。

神経衰弱では、頭をフル回転させながら参加され、同じカードがそろうと「やったー、やっとカードがそろった」などと大変喜ばれておりました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、4月の第4土曜日 22日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 加藤)

家族懇談会@しろがね

日時  平成29年3月25日(土)

場所  しろがね

ご家族との懇談会の実施

3月25日(土)午前、しろがねでは、ご家族と施設長との懇談会の時を持ち、しろがねの1年間の歩み、施設の状況や新年度の計画など説明しました。

その後しろがねの応急手当普及員の資格を持つ職員より、消防署からお借りした訓練用の人形とAEDなどを使って、心肺蘇生法やAEDの使用訓練など実施しました。初めての方も多く、良き体験の時となりました。

しろがね 山田

防災訓練@しろがね

平成29年3月14日(火)

場所:しろがね

 

今回、しろがねでは炊き出し訓練と避難訓練を実施しました。

避難訓練では火災を想定し、利用者の皆様、職員とも防災頭巾、

ヘルメットをかぶり迅速に避難することができました。

実際の災害時にも慌てることのないよう、これからも

訓練を行っていきたいと思います。
                      しろがね 宮下

 

 

介護ロボット導入と取扱い説明会@第二さわらび荘2F会議室

日時平成29年3月13日(月)14:00~16:00

場所 第二さわらび荘 2F会議室

平成28年度地域介護・福祉空間整備推進交付金について、豊橋市介護ロボット等導入支援事業を申請し、この度第二さわらび荘・カサデヴェルデ・カサブランカ・天伯へ各施設1台、合計4台の腰補助用マッスルスーツが納入されました。山本孝之理事長、山本ゆかり専務理事の立会いの下、取扱いの説明会を行いました。各施設の担当職員介護士が中心に、取扱いの説明を熱心に聞きながら使用方法の注意点を確認して、実際に装着練習を行い要介護者の立ち上がり補助等を行いました。参加者全員が初めて扱うマッスルスーツに悪戦苦闘しておりましたが、各職員も徐々に慣れてきたと思われます。この後各施設に持ち帰り、担当職員責任者から指導を行い介護士全員が早期に使用が出来る体制を整え、介護職員の腰痛軽減や腰痛予防と業務効率の向上に繋げてご利用者様への心身共に満足頂ける介護ケアサービスに繋げたいと思います。 (第二さわらび荘 佐々木)

 

 

第37回障害者作品即売会「福祉の店」(イオン豊橋南店)のご案内@明日香

日時:平成29年3月7日(火)~13日(月)  9:30~19:00(最終日は18:00まで)

場所:イオン豊橋南店1階ユニクロ前(豊橋市野依町字落合1-12)

イオン豊橋南店にて第37回障害者作品即売会「福祉の店」を開催いたします。                        東三河の福祉施設が中心となって、パンやクッキーなどの焼き菓子、木工のおもちゃ、縫製商品など様々な商品が販売されます。                                                             また、東北、熊本の震災復興支援の一環で東北と熊本地方の福祉施設で製造された商品も販売されます。明日香の新商品、ヴィーガンクッキー(卵や乳製品など使わないクッキー)も販売いたします。                                      イベントとしては、7日(火)13:00よりオープニングセレモニーが行われ、福祉施設のご利用者の代表として明日香ご利用者2名が、福祉の店の成功の為の決意表明を行い、明日香のご利用者が製作した石アートも展示します。                              皆様、ぜひお越しください。(明日香 末松)

 

 

 

バス散歩@しろがね

日時:平成29年2月20日(月) 13:30~15:00
場所;イオン豊橋南店
バス散歩でイオンに行きました。
途中の休憩でコーヒーを飲み、春物の服を見たり、
ホワイトデーのクッキーを見たりと、
季節やイベントの雰囲気を感じてきました。

梅まつり@しろがね

日時 平成29年2月14日、15日  13:30~15:00

場所 向山緑地梅林公園

 

梅の花を見てきました、暖かい日の中で三色団子を食べて春を感じてきました。

しろがね 山田

 

 

面会禁止のご案内@第二さわらび荘・カサブランカ・カサデヴェルデ・天伯

日時:平成29年1月28日(土)~

場所:第二さわらび荘・カサブランカ・カサデヴェルデ・天伯

・上記施設へご入所頂いている方のご家族様並びに知人の皆様、また施設見学をご希望の皆様へ

平成29年1月28日(土)より、インフルエンザ予防の為、第二さわらび荘でも面会を禁止させて頂いています。

緊急の場合は、該当する各施設へご連絡を宜しくお願い致します。

尚、入所相談につきましては、相談には対応できますが、施設内の見学につきましては、しばらく中止させて頂き、後日見学ができるようになりましたら改めて対応をさせて頂きますので、ご了承ください。

大変ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。(第二さわらび荘 東郡)

連絡先

第二さわらび荘:0532-37-1209

カサブランカ:0532-69-1701

カサデヴェルデ:0532-23-5552

天伯:0532-48-1113

みんなの力でみんなの街をつくる会議(第二回地域福祉サミット)@フェリス福祉村

日時:平成29年2月11日(土)13:30~16:00

場所:フェリス福祉村7階 フェリスホール

みんなの力でみんなの街をつくる会議は、昨年のさわらび文化祭内で行われた「第一回地域福祉サミット」内で発足された「みんなの力でみんなの街をつくる会議」のメンバーを中心に、より多くの地域の住民が集まって自分たちの住む町の将来を考え、話し合う場として開催させていただきました。二回目となる今回は、参加者の皆様にグループワークを通して自由な意見を交わしていただき、地域の将来の為に必要なことは何かを様々な視点から考え、意見を出していただくことを目的とさせていただきました。会議には野依校区や天伯校区の自治会、自主活動グループ、小学校の先生、保育園の先生、大学生、中学生、障がい者を含む地域住民の皆様の計30名が参加してくださいました。

はじめに、さわらびグループの山本孝之理事長と山本左近統括本部長、豊橋市議会議員の沢田都史子議員からご挨拶をいただきました。その後のグループワークでは、参加者の皆様に野依校区3グループと天伯校区2グループに分かれていただき、それぞれのグループにて活発な意見交換がなされました。またグループワーク終了後、それぞれのグループでまとめた意見を発表していただきました。

 
山本孝之理事長                 沢田都史子議員

 
グループワークの様子

【グループ発表】(発表順)
Dグループ(天伯) 発表者:ひだまりの会 鈴木訓司氏
Bグループ(野依) 発表者:南陵中学2年生 高橋佐衣さん、吉野有美さん、池田晴さん
Cグループ(野依) 発表者:豊橋技術科学大学生徒 伊藤敦氏
Aグループ(野依) 発表者:野依校区老人クラブ会長 岡野光雄氏
Eグループ(天伯) 発表者:天伯校区副自治会長 木村積男氏

・発表概要
それぞれのグループにて様々な意見がでましたが、「もっと近くにお店や病院が欲しい」「街灯が少なく夜が暗い」「公共交通機関が少ない」「道路の整備をして欲しい」「自動車の走行速度が速すぎる」「子どもの遊び場が少ない」といった意見が共通して多くみられました。

 
グループ発表の様子

グループ発表後、さわらびグループの山本ゆかり専務理事と、沢田都史子議員から講評をいただきました。

・山本ゆかり専務理事
「天伯・野依ともに自然がある良い場所だが、暗いというのは共通して意見がでました。学生の為にも街灯をたくさんつける運動をされるのはどうでしょうか。」

・沢田都史子議員
「素晴らしい会議だったので、今後も続けていただくように希望いたします。またこの2校区だけではなく、全校区でも同様の話し合いが行われるように広まっていけばよいと思います。街灯の設置や道路の問題に関しましては、行政も財政状況は厳しいため、どうしても困る場所、必要な場所を絞って提出していただくと私も要望がしやすいです。地域力は私たち地域の住民が地域を考えることによってつきますので、これからも考えを深めていけるとよいと思います。」

最後に山本左近統括本部長よりまとめの言葉をいただきました。

「何かを考え、実行するには楽しまないと何も進まないと思います。また普段触れ合わない人たちと触れ合うことも必要な事だと思います。この場では普段話し合う機会がない方々が集まったかと思いますが、5グループとも感じている事は似ていました。今後このような会議を続けていく中で、どのようにしたら解決できるのかを日々考えていくことが、実現に近づく為に大切な事だと思います。あとはバランスが大事です。20世紀は便利さを追求した時代でしたが、誰かが便利になったときに誰かが不都合を受けるのではないか、といったことを意識しておくことが大事だと思います。バランスの問題を解決するためには、多くの人たちが話し合いを行うことが必要だと思います。是非皆さんと一緒にこれからの会議にも参加して、楽しみながら、地域の皆様にとっても、日本の他の地域の方にとっても良い会議にしていきたいと思っています。」
 
山本ゆかり専務理事            山本左近統括本部長

次回の会議開催日程は未定ですが、会議はこれからも続いて行きます。これからの地域を自ら考え、自ら創っていくための足掛かりとして、みんなの力でみんなの街をつくる会議へ参加してみてはいかがでしょうか。

(特養天伯相談員 塩見)

EPA介護福祉士候補者への日本インドネシア協会からの感謝状授与式 @第二さわらび荘 

 

平成29年2月7日(火)に第二さわらび荘のEPA介護福祉士候補者、ネニ ドゥイ セプティア二さんへ、2007年日本・インドネシア経済連携に基づく看護師・介護福祉士受入れ事業につき、異国での就労及び高度で専門的な日本語習得に並々ならぬ努力と、今後の両国の看護・介護分野での架け橋になられる事もあわせて、一般財団法人日本インドネシア協会より感謝状が送られました。つきましては、第二さわらび荘2階会議室において、日本インドネシア協会会長福田康夫氏(元内閣総理大臣)代理として、山本左近さわらび会統括本部長から賞状の授与とお祝いと今後のご活躍にエールを頂きました。また、EPA日本語講師の山田先生よりも励ましの暖かいお言葉を頂きました。誠に有り難うございました。ネニさん本当におめでとうございます!!これからも後に続くEPA介護福祉士候補者の模範になる様宜しくお願いします。 第二さわらび荘 佐々木

 

節分行事レクリエーション@珠藻荘

日時:平成29年2月8日(水)14:30~16:00

場所:珠藻荘 2階多目的ホール

今年の節分は、利用者の皆様に2階へ集まっていただき二つのチームに分かれて巨大オセロゲームを開催いたしました。

お正月明けから利用者様と職員で一か月程かけてコツコツと作った、カラフルな鳥のお面。

酉年生まれの方に被っていただき軽快な音楽が流れる中、勝った負けたと大変盛り上がりました。

ゲームの後には、特別喫茶にて”ぽにょぽにょぽんにょ”という甘いおやつと共に、コーヒーを召し上がっていただきました。

賑やかな雰囲気の中、皆様とても良い表情をされ楽しい一日を過ごしました。(岡田)

冬のレシピ紹介@栄養士会

2月になりますがまだまだ寒い日が続きます。しっかりと食事をとって体調の変化にお気を付けください。今回も2品のレシピを紹介します。ぜひご家庭でもお試しください。

(珠藻荘 管理栄養士 花井)

 

煎り大豆ご飯

 

材料(1人分)

米 65g、だし汁 90cc、煎り大豆 10g、人参 10g、醤油 5g、つゆの素 2g、みりん 2g、青のり粉 適量

 

作り方

①米は洗って30分ほど水に浸してからザルに上げ水を切る。

②人参はいちょうに切る。

③炊飯器に米を入れ、だし汁を張り具材と調味料を加えて炊く。

③器に盛り青のり粉を振る。

  

 

豚肉と根菜の味噌煮

 

材料(1人分)

豚小間 60g、里芋 60g、大根 70g、人参 20g、ごぼう 30g、こんにゃく 50g、干し椎茸 1枚、さやいんげん 10g、葱 5g、だし汁 80cc、赤味噌 20g、砂糖 810g、醤油 5g、みりん 5g、料理酒 5g

 

作り方

①里芋、大根、こんにゃく、人参、ごぼうは乱切りにし、下茹でする。

②干し椎茸は水で戻し、石づきを取って食べやすい大きさに切る。

③葱は小口切りにし、さやいんげんは食べやすい大きさに切る。

④肉と①を炒め、②とだし汁を入れて煮込む。

⑤火が通ってきたらさやいんげんを入れ、調味料を加えてさらに煮込む。

⑥器に盛り付けたら葱を散らす。

「みんなの力でみんなの街をつくる会議」開催のお知らせ

日時:平成29年2月11日(土)13:30~16:00

場所:フェリス福祉村 7階ホール

参加予定者:野依・天伯校区の住民の方、学校・保育園などの関係機関の方等々

さわらびグループでは昨年11月の第35回さわらび文化祭の企画として行いました「第1回地域福祉サミット」の中で発足しました「みんなの力でみんなの街をつくる会議」を上記の日程で開催することになりました。

今回は、地域住民の皆様や関係機関の皆様にお集まりいただき、みんなが住みやすい地域(街)にするためにはどうしたらよいのか、グループワークを中心に自由な意見を述べて頂く予定です。

ご興味のある方がお見えでしたら下記までご連絡を下さい。(第二さわらび荘 東郡)

特別養護老人ホーム 第二さわらび荘 東郡

電話0532-37-1209

ご案内が下記にもございますのでご参照ください。

ご案内

節分@しろがね

日時 平成29年2月3日(金)  14:00~15:00
場所 しろがね

しろがねで節分の豆まきを行いました。
職員が扮する鬼に皆で「鬼はそと!」と元気に厄を払いました。
その後、恵方ロールをいただき一年の無病息災を祈りました。

しろがね 山田

冬のレシピ紹介@栄養士会

雪が降る日もあり、寒い日が続いています。体調を崩していませんか?今回は魚を使った料理を紹介します。ぜひご家庭でもお試しください。
(珠藻荘 管理栄養士 花井)

鮭の粕煮

材料(1人分)
生鮭60g 1切れ、だし汁 40g、合わせ味噌 5g、酒粕 10g、じゃが芋 50g、人参 20g、玉葱 20g、パセリ 適量

作り方
①鮭は湯洗いしておく。じゃが芋、人参はいちょう切り、玉葱も大きさを合わせて切る。パセリはみじん切りにする。
②だし汁に合わせ味噌・酒粕を溶き、鮭を煮る。
③じゃが芋、人参、玉葱は茹でる。
④器に②③を盛りパセリを散らす。

あったか汁

材料(2人分)
焼魚(アジ等) 2枚、味噌 大2、白すりごま 大2、長ネギ(斜め切り) 10cm、ごぼう(ささがき) 10cm、人参(ささがき) 5cm、しいたけ(薄切り) 1個、和風だし 2カップ、おろししょうが 少々、ご飯 茶椀2杯、ごま油・七味唐辛子(お好みで) 適量

作り方
①焼魚は身をほぐし、白すりごまと味噌・おろししょうがを入れて混ぜる。
②アルミホイルに①を広げ、トースター等で4~5分少し香ばしく焼く。
③鍋に和風だしと野菜類を入れ、火にかける。アクが出たら取り除く。
④ご飯を入れた丼に②を乗せ、③の汁をかける。お好みでごま油、七味唐辛子をかけたら出来上がり。

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成29年1月28日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

9名の方がお越しくださいました。

体を動かすレクリエーションとして、ゲーム機を利用してボーリングやカルタ取りなどを行いました。

ボーリングでは、ストライクを出すと笑顔でバンザイして喜んでおりました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

(シャトーローズ八町 加藤)

 

防災訓練@しろがね

日時:平成29年1月27日(金)

場所:しろがね

 

大型地震の発生を想定した防災訓練及び避難訓練を行いました。

利用者様及び職員が迅速かつ安全に避難できるようにするため防

災頭巾をかぶり、避難場所まで避難する練習や、非常時に職員の

誰もが携帯用発電機を使えるよう操作の確認をしました。

利用者様の安全を守るべく今後も災害発生時に備え訓練を行っていきます。

(宮下)

 

荘内研修@珠藻荘

日時:平成29年1月18日(水)25日(水)

場所:2階 会議室

 

福祉村病院より、言語聴覚士の本橋夕貴先生に講師として来荘していただき、言語障害の基礎知識と食事の注意事項について、話をしていただきました。

さわらび会各施設より、18日は29名、25日には19名の職員が集まり、手鏡を使用して声を出す際に、軟口蓋、口腔、舌がどう動いているのか確認することに始まり、失語症、構音障害、嚥下障害について、食事の時に気をつけること等、普段の介助に直接結びつく話をしていただきました。

質疑応答の際には、次々と質問が出て、職員の関心の高さがうかがえました。(桜井)

冬のレシピ紹介@栄養士会

北風が冷たくなり、暖かい料理がおいしい季節となりました。今回はそんな季節にぴったりな体が温まる料理を紹介します。ぜひご家庭でもお試しください。

(珠藻荘 管理栄養士 花井)

 

味噌おでん

 

 

材料(1人分)

角生揚げ 1/2枚、こんにゃく 1/3枚、だし汁 50ccA(醤油 7g、赤だし味噌 15g、中双糖 12g、みりん 10g)、ゆず 適量

 

作り方

①角生揚げは1枚を4つに切る。こんにゃくは布目包丁を入れ6つに切る。

②ゆずは皮をすりおろし、汁を絞る。   

③だし汁とAを合わせて①を弱火で30分程煮込む。

④煮あがりにゆずの汁を合わせて器に盛り、皮をのせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

白菜と鶏ひき肉の挟み蒸し

 

 

材料(2人分)

白菜 1/4株、鶏ひき肉 200g、酒 大さじ1、水 100cc

A((小口切り) 大さじ2、生姜(すりおろし) 小さじ 1/2、酒 大さじ1、味噌 60g、こしょう 少々)

 

作り方

①ボールにひき肉を入れ、Aを加えて粘りが出るまで混ぜ合わせる。

②①を白菜の葉23枚おきに挟んで、薄くのばす。

③大きめの鍋に白菜を入れ、酒、水を入れて蓋をし、強めの中火にかける。煮立ってきたら火を弱め、3040分蒸し煮する。

④取り出して食べやすく切り分け、器に盛る。

Tomorrow Beauty Fes 「オーガニック × エシカル × ビューティ」に出展@明日香

身体にやさしいフードやナチュラル素材を使ったビューティーアイテム、話題のグルテンフリー、オーガニックや環境に配慮したファッショングッズなど、「地球にやさしく、明日の自分を美しく」をテーマに取り揃えた「Tomorrow Beauty Fes」に明日香のヴィーガンクッキー「Fukushimura cookies」を出展致します。

女性限定、入場無料の1日限定イベントとなっております!! 

会場はエコに徹底したT&Gが贈る話題のTRUNKHOTEL)”のスペースです。 

【開催概要】

日時:201722日(木)13:0020:00

会場:TRUNKHOTEL

107-0061 東京都港区北青山3-5-12 B1F, B2F    TEL: 03-5775-5822

https://trunk-hotel.com/access/

主催:Tomorrow Beauty Fes実行委員会

※入場無料(ご来場は女性に限らせていただきます)

 

【出展予定ブランド】

●おもちゃ箱 http://www.omochabako.co.jp/

幼稚園から始まった会社だからできること。豊かな感性を育て、自然とともに生き、環境を守ることをベーシックに。世界中から最高品質のオーガニック製品と作り手の想いをお届けします。オーガニックチョコなどがお試しいただけます。

●グルテンフリー協会

一般社団法人グルテンフリー協会は、グルテンフリーという新しい食の選択肢をご紹介します。また、グルテンフリー認証により製品の安全性を確保します。グルテンフリーのQ&Aから、実際の食材まで。たくさんのメーカーが登場します。

more trees http://more-trees.net/

more trees(モア・トゥリーズ)とは、その名のとおり「もっと木を」というコンセプトのもと、音楽家坂本龍一の呼びかけによって設立された森林保全団体です。

●カミツレン入浴剤 http://www.kamitsure.jp/

華密恋薬用入浴剤は、合成香料、合成着色料、合成保存料、鉱物油など、お肌に必要のないものは一切いれず、カモミールの薬効を引き出しているため、新生児の沐浴にも安心してお使い頂けるブランドです。安曇野のオーガニックのカミツレ畑はぜったいお勧めのリゾートです。

FUMIKODA https://fumikoda.jp/

動物性皮革を一切使用せず、日本のテクノロジーと伝統技術を活用し、働く女性のための新しいスマートラグジュアリーを追求した、エシカルバッグブランドです。

●ハリウッド化粧品 https://hollywood-jp.com/

Natural Ex〈ナチュラルEX〉は日本の植物にこだわったボタニカルスキンケア。発売はじめて37年目の安心安全のロングセラー。すみわたる肌、透明感、みずみずしさ、大地の朝をテーマに、合成香料を一切使用せず、14種類の自然の香りを楽しんでいただける化粧品です。動物実験ゼロです。日本で唯一の100%オーガニックの大麦若葉の青汁もおのみいただけます!

【イベント】

●産前産後ケアanzucco ガスケール杏子さんによるママヨガ教室を特別開催します!

http://www.anzucco.com/hub/author-kyoko_gasqueres/

1部・14:1514:45

2部・15:1015:40

※イベントに関するお問い合わせはこちらから受け付けております。

https://www.facebook.com/naturalex.hollywood/

新年会@しろがね

日時 平成29年1月16日(月)

場所 しろがね

しろがねでは「新年会」を行いました。

昼食には利用者皆さんの好みの料理をビュッフェスタイルで用意し食事を行いました。

午後はカラオケで楽しみました、利用者さんたちの笑顔のあふれる一日でした。

しろがね 山田

書き初め@しろがね

日時:平成29年1月5日(木)

場所:しろがね2F

あけましておめでとうございます。

お題は自由として書き初めを行いました。

1年を新しい気持ちでスタートし、生き甲斐のある自分らしい

生き方を送って頂くために、共に成長し歩んでいきたいと

思います。

本年もよろしくお願いいたします。

(宮下)

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成28年12月24日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

9名の方がお越しくださいました。

クリスマス会を開催しました。

お客様と一緒にホットケーキを作ったり、ビンゴ大会を行い、大変盛り上がりました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、平成29年1月の第4土曜日 28日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 加藤)

クリスマス会@あかね荘

日時:12月22日(木)15:00-16:00

場所:あかね荘食堂

12月22日に自治会主催のクリスマス会が行われました。

毎週リトミックを行って頂いている峰野恵子先生にお越しいただき、クリスマス会の歌を皆さんで歌いました。

その後、いちごのショートケーキをおいしく頬張り荘内は笑顔で溢れていました。

また、若菜荘自治会の方にプレゼントを頂き賑やかで楽しいクリスマス会となりました。

(あかね荘・浦野)

 

 

年末行事@あかね荘

日時:12月16日(金)13:30~15:30

場所:あかね荘食堂

一年の締めくくりの行事として、ご家族様も参加して頂き、年末行事を行いました。

来年の干支である「酉」を紙コップにトサカや口ばしを付けて作成しました。また鳥の形のした色紙を思い思いに貼ったコラージュも作りました。可愛らしい鳥や笑顔の鳥など色々な鳥が出来上がりました。

利用者の皆様もご家族様と一緒に作る中で、笑顔が絶える事がありませんでした。

最後にお待ちかねのティータイムで、暖かい紅茶と甘くて美味しいイチゴムースを皆で食べました。

利用者の皆様は、明年のあかね荘を占うような楽しいひと時を、ご家族様と一緒に過ごされていました。                        (あかね荘・田口)

 

 

クリスマス会&誕生会@カサ デ ヴェルデ

12月13日にクリスマス会&誕生会が行われました。特養、GH合同で行われご家族様もご参加されました。ピアノの演奏でクリスマスの歌をみなさんで歌い、その後はボランティアの方によるマジックショーが行われ色々なマジックに入居者様も目を丸くして驚かれておられました。そして、施設長サンタより入居者一人一人にプレゼントが配られ入居者様もご家族様もとても喜ばれておられました。その後に12月の誕生会も行なわれ、特養、GH合わせて5名の方ををみなさんでお祝い致しました。
カサデヴェルデ若見
  

  

コールシャロン クリスマスコンサート@第二さわらび荘

日時 平成28年12月7日(水) 10:00~11:00

場所 第二さわらび荘 ふれあいホール

本日毎年恒例のコールシャロンクリスマスコンサートを行いました。コールシャロンの15名のメンバーの皆様によるピアノ連弾から始まり、コーラスを3曲、参加者全員で「赤とんぼ」他9曲の合唱となりました。今年は福祉村保育園の園児も一緒に参加をしました。園児も元気よく「河はよんでる」ではハンドベル、「幸せなら手を叩こう」ではタンバリンを一生懸命に叩いて入所様をはじめ参加者の皆様に喜んで頂けたコンサートになりました。有り難うございました。また、来年もコールシャロンのメンバーの皆様是非宜しくお願い致します。 第二さわらび荘 佐々木

 

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成28年11月26日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

7名の方がお越しくださいました。

体を動かすレクリエーションとして、お客様に椅子に座っていただき、スリッパを足で蹴って飛ばしてカゴの中に入れるゲームを行いました。

カゴの中にスリッパが入るまで何度も飛ばして、カゴに入ると『やったー、嬉しい』と言いながら、バンザイして大変喜んでおられました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、12月の第4土曜日 24日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 加藤)

防災訓練@しろがね

日時:平成28年11月21日(月) 14:00~

場所:しろがね

 

1Fキッチンより火災が発生したと想定し訓練を実施しました。

利用者様の安全を第一に考え避難誘導し、迅速に避難することができました。

また、職員は訓練用消火器を用いて消火器の使用方法を確認し、職員全員が

消火器を扱えるよう訓練を行いました。

(しろがね 宮下)

 

テーマ別研修「ケアスタッフのための薬の知識」@さわらび会研修委員会

ケアスタッフのための薬の知識

講師:河村達生

日時:平成28年9月15日 14:00~16:00

場所:第二さわらび荘 多目的ホール

 

薬物動態の理解

薬の成分は、胃ではあまり吸収されることなく、主に小腸で吸収され血中濃度が高くなる。通常は30分から2時間程度で体内の濃度がピークに達する。

吸収された後は血液にのって分布し、主に肝臓で代謝され、主に腎臓から排泄される。

多くの薬は、効果が血中濃度依存的であり、適正な血中濃度を維持するために1日の服薬回数が決められていたり、経口以外の投与方法で使用される薬もある。

過剰に飲み、薬の血中濃度が高くなれば副作用が高くなるが薬の効果は上昇しない。

 

食品などによる薬への影響

高血圧、狭心症の人の中でカルシウム拮抗薬を服用している人はグレープフルーツジュースを飲むと成分が体内の代謝酵素の働きを邪魔し、薬の分解を遅らせるため、薬の効き目が強くでてしまい、副作用が現れる可能性が高くなるが、ごく少量のグレープフルーツを食べるくらいでは血中濃度の上昇はわずかであり影響も限定的である。

脳梗塞、心筋梗塞、不整脈血栓薬(ワルファリン)を飲んでいる場合、影響があると考えられている食べ物が、納豆、青汁、クロレラ。ほとんどの薬は水以外で服用してもよい。

一部の鎮痛剤など、胃に刺激がある薬を飲むときには胃への負担を和らげるために多めの水分で服用することが望ましい。鉄剤なども含めてお茶で服用しても大丈夫だが、牛乳は一部の抗生剤の吸収を妨げることがある。

牛乳は薬物の吸収への影響であり、グレープフルーツや納豆は薬物代謝への影響である。

 

高齢者の睡眠と若年者の睡眠の違い

短時間作用型の睡眠薬は反跳性不眠があり筋弛緩作用を併せ持つ。高齢者の睡眠の特徴と睡眠薬の性質を理解することによって適切な対応を心がける。

医薬品と健康食品の違い。

医療ではEBM (Evidence-based Medicine)=根拠に基づいた医療が重要である。

健康商品やサプリメントは効果に対する根拠があいまいである。正しい知識と情報が必要で、根拠のないものを飲むと逆に健康を害することもありえる。

 

どんな薬にも副作用はある。

副作用もいろいろ。

時にメディアが薬に対して不要な不安をあおることがある。メディアは媒体を売るために多くの人の不安を不必要にあおることがある。介護職も、薬の効果を知り、主な副作用を理解すれば、医療従事者だけでなく、介護従事者も、メリット(効果)とデメリット(副作用)を理解することができれば患者様への観察力が上がり、患者様のためになる。

デメリットのある薬でもメリットが勝れば使用すべき。わからないことがあれば、専門知識のある人、リテラシー(情報を取捨選択する能力)のある人の意見をよく効くことが大事である。

しろがね 山田

秋のレシピ紹介@栄養士会

秋も深まり、葉が色づき紅葉が楽しめる季節となりました。今回はさんまとさつまいもを使った料理を紹介します。ぜひご家庭でもお試しください。
(珠藻荘 管理栄養士 花井)

さんまの香り揚げ

材料(2人分)
さんま三枚おろし20g 8切れ、下味(酒、醤油 各小さじ2、おろし生姜 1かけ)、片栗粉 適宜、揚げ油、白葱 1/2本、赤・黄色パプリカ 各1/4ヶ、青じそ 1枚、ごま油 小さじ1、調味料(醤油、酒 各小さじ2、砂糖 小さじ1と1/2、ごま油 小さじ1)

作り方
① さんまは下味をつけて、片栗粉をまぶし、油で揚げる。
② パプリカは食べやすい大きさに切り、ごま油で炒める。
③ 白葱は白髪ねぎに、青じそは千切りにする。
④ 調味料を合わせておく。
⑤ お皿に①のさんま、②のパプリカを盛り、④のタレをかける。
⑥ 仕上げに③の白髪ねぎと青じそを散らす。

さつまいもようかん

材料(10cm×10cm分)
さつまいも 250~300g、粉寒天 2g、水 150cc、砂糖 40g

作り方
① さつま芋は皮をむいて輪切りにし、水にさらしておく。
② さつま芋を茹でて、熱いうちに裏ごしする。
③ 鍋に水と粉寒天を入れ、弱火にかけて粉寒天をしっかり溶かす。
④ 砂糖を加えて溶かし、さつま芋も混ぜる。
⑤ タッパー等に入れ、冷蔵庫で冷やし固め、食べやすい大きさにカットする。

第35回さわらび文化祭@あかね荘

日時:平成28年11月3日(木)

場所:福祉村内(あかね荘)

「地域と共に歩む、創るさわらび会」をテーマとし、第35回さわらび文化祭が開催されました。

あかね荘では「プラバン創り」で、いろいろな形のプラバンに好きな絵や色を塗り、楽しまれました。ペットボトルの蓋を使った「モザイクアート」を来場された方と一緒に製作しました。「あかね荘の歴史」「秋陽展」の展示も行われました。

また模擬店では、「うどん」「クレープ」「バナナドーナツ」「焼き芋」を販売しました。

たいへん多くの方が来荘され大盛況でした。あかね荘利用者の方も催し物を通して、地域の方との交流を楽しんでいました。

皆様ありがとうございました。(あかね荘 朝倉)

 

 

第35回さわらび文化祭 @第二さわらび荘

日時 平成28年11月3日(木)文化の日 10:00~15:00

場所 第二さわらび荘

 

本日は、文化の日の祝日ということで、第35回さわらび文化祭が開催されました。秋晴れの中、開会式が第二さわらび荘1階ふれあいホールで行われました。開会式の中では第8回さわらび荘福祉作文コンクールの表彰が行われ、受賞された小・中学生の皆さんが元気よく理事長先生より表彰を受けられました。また、福祉村公園内では、野外ステージでの藤ノ花女子高校によるマーチングバンドや、健康・利用相談、模擬店の販売など様々なイベントが行われ、第二さわらび荘の利用者の方々にも楽しんで頂けたかと思います。また、来年も楽しみにしていただけたらと思います。ご来賓の皆様そしてご家族の皆様誠に有り難うございました。第二さわらび荘 佐々木

 

第1回地域福祉サミット@第二さわらび荘

日時:平成28年11月3日(木・祝) 10:45~12:00

場所:第二さわらび荘

11月3日に社会福祉法人40周年記念、第35回さわらび文化祭が実施されました。その中で今回の文化祭のテーマである「地域と共に歩む、創るさわらび会」に鑑み、さわらびグループ福祉村のある豊橋市野依町並びに野依町に隣接する天伯町の未来をどのように考えていくか、この地域の当事者である皆様や活動する皆様に集まって頂き、様々な観点から一緒に考え検討していく「地域福祉サミット」を初めて実施いたしました。

初めにさわらびグループ山本孝之理事長より開会の宣言がなされ、続いてさわらびグループ山本左近統括本部長より地域福祉サミットの趣旨をご説明させて頂きました。

「さわらび会はみんなの力でみんなの幸せを守っていくことを基本理念としています。その幸せは自立して自由に生き、今できることで周りの方の役に立つことで感じることができます。さわらび会福祉村を中心に半径2㎞の円を描くと、その中には野依小学校、天伯小学校、本郷中学校、くすのき特別支援学校、豊橋技術科学大学、食彩村、イオン豊橋南店、りすぱ豊橋等、学校や商業施設など数多くの社会資源があることがわかります。これらを活用してこの地域の未来について、この地域に住み生活をしている皆さんと一緒に考えていきたいと思います」

続いてさわらびグループが取り組んでいる地域での活動について、たまも荘障害者支援センター相談支援専門員鳥居浩平がご説明させて頂きました。

「さわらびグループは本人を中心に様々な在宅サービスや施設サービスを提供しています。またさわらびグループの福祉村が地域における総合安全保障基地となって、地域の皆様を支えるための活動も実施しています。活動の大きなものとしてはさわらび大学があり、多くの方にご参加いただき、医療や福祉等多岐にわたって勉強して頂ける機会も設けています」

ここからは当事者の皆様のご発表です。

①豊橋市議会議員 沢田都史子様

「地域の福祉の現状と課題」として校区別高齢者人口や認知症に関する支援、障がい者数の推移や豊橋市の取り組みなどに関して情報提供をして頂きました。

②豊橋市議会議員 前田浩伸様

「地域の変化の歴史と福祉との連携による道の駅の新たな取り組み」として野依校区の変化の歴史、豊橋市の人口の推移、食彩村から道の駅への発展、時代を先読みして安心して住める街づくりのお話をして頂きました。

③野依校区自治会長 大浦純造様

「この町にはこんな課題が!」として野依校区自治会としての高齢化への活動や取り組み(生活支援、生きがい支援、健康支援、社会参加)についてお話をして頂きました。

④天伯校区副自治会長 木村 積男様

「この町にはこんな課題が!」として天伯校区の人口や急速な少子高齢化に対する各種取り組み(介護予防サロン、歌声喫茶、ウォーキングイベント、町の居場所作り、シニアクラブ)についてご報告頂きました。

⑤NPO法人理事 天伯町在住 行方 祐美様

「障がい者が自立できる街づくりとは」として自分自身が障がい者であるという立場から、行きたい場所へ自由に外出出来る事、そして障がい者の自立は切っても切れない関係であるという当事者としてご意見を述べて頂きました。

⑥南稜中学校2年生 生徒会執行部役員 谷 飛鳥様

「私たちが暮らし続けていくために 僕の見た町の姿 自転車と自動車について思う事 安全に暮らしていく為に」と題して、谷さんの住んでいるこの野依地域の自然環境が良いと言う事や、反面生活の場所としては少し不便な点をお話して頂き、その中で自転車で通学をされている生徒の視点として自動車との付き合い方やより安全に自転車で行動できるような提案をして頂きました。

⑦野依校区 自主活動グループ さくらの会 金田 里子様

「こんな活動をしているけどこんな課題が」として、地域の皆さんに活動を知って頂く事の重要性、また参加していただきその輪を広げていくことで、地域で生活される方が安心して住み続けるための取り組みを継続していくと言うお話をして頂きました。

⑧天伯校区 自主活動グループ ひだまりの会 鈴木 訓司様

「こんな活動をしているけどこんな課題が」として、ひだまりの会の活動内容の報告や皆さんが自主的に色々なお手伝いをして頂く事で楽しく会を運営できているのでこの活動を継続していきたいと報告して頂きました。

⑨天伯保育園 副園長 大橋 孝子様

「子育て支援をしていく上での状況と課題」として、天伯校区にある保育園として、少子化傾向が進んでいる状況や、以前よりも入園する子供さんが低年齢化することで園児の数としては減少しているが保育士の数は以前と同数確保しなくてはならないというご苦労、また年度途中で保育を希望される方に保育士が不足している為受け入れが難しいと言う問題点をお話して頂きました。

⑩天伯小学校 校務主任 太田 一郎様

「福祉の心を育んでいたくためには」として、太田様ご自身が福祉に改めて真摯に取り組む必要性を考えさせられた経験や、本やネットなどの情報だけではなく、実際に当事者に会って知ることが重要であること、また最近の小学生について思う事などをお話して頂きました。

⑪豊橋技術科学大学 機械工学専攻 システム制御研究室 水尻 雄貴様・櫻井 浩人様

「私たちにできること」として介護現場の重労働に対する支援ロボットの開発や、安全に医療従事者や介護従事者を支援し、患者や介護を必要とされる方が安心して頂ける科学技術について、大学として、また大学生として取り組んでいる姿勢や研究についてご報告頂きました。

⑫くすのき特別支援学校 教頭 渡会 博子様

「福祉の心を皆さんに広げていくために」として、昨年よりこの野依校区に新たに開校しましたくすのき特別支援学校の状況や地域と共に歩んでいく開かれた学校を目指している事、相談センターも設置し教育相談や就労支援相談にも乗っている事等をご説明頂きました。

皆様からの発表を受け、山本左近統括本部長がまとめをさせて頂きました。

「本日はこの地域にお住いの方にお越し頂き、様々な立場の方のご意見を聴かせて頂いて本当に良かったです。福祉と言う言葉は幸せや豊かさを意味しますので、社会福祉法人さわらび会は、社会の幸せを守るための法人として存在します。障がい者の方も高齢者の方も子供さんもみんなが思いやり支え合う必要があると言う事を改めて学ばせて頂きました。お互いに知ることから始まるきっかけ作りができ、この地域の中心にある福祉村がそうした活動をサポートしていきます。科学技術も進歩する中で、どなたでも、0歳から100歳まで幸せに生きていくために、変化していくこの地域を支えるために頑張りたいと思います」

最後に山本左近統括本部長より皆様へ地域福祉サミットの総括として「みんなの力でみんなの街を創る会議」を発足したいとご提案させて頂き、皆様よりご了承の拍手を多数いただき、第1回地域福祉サミットを終了致しました。

 

今後は来年の文化祭迄に2回程地域の皆様に集まって頂いて協議し、来年文化祭で最終的にまとめていきたいと考えています。(第二さわらび荘 東郡)

 

防災訓練@シャトーローズ八町

日時:平成28年10月26日(水) 14:00~14:30

場所:シャトーローズ八町

今回は昼間の地震及び火災発生時の防火管理体制の修得を目的に防災訓練を実施しました。

職員はお互いに声を掛け合いながら、落ち着いてご利用者の皆様を避難場所まで避難誘導することができました。

今後も様々な想定での防災訓練を実施していきたいと思います。

(シャトーローズ八町 加藤)

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成28年10月22日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

11名の方がお越しくださいました。

昔懐かしいあやとりやお手玉などの道具を実際に手に取って遊びました。

お手玉を二つ手に持って順番に宙に投げて掴んだり、お互いに投げ合ったりと落とさないように注意して、楽しみながら参加しておられました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、11月の第4土曜日 26日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 加藤)

 

野依校区消防団合同防災訓練@若菜荘

日時:平成28年10月22日(土) 10:00~11:00

場所:若菜荘内外

火災発生時の入居者避難及び地元消防団との協力体制強化を目的として訓練を実施しました。

野依校区消防団から8名の参加があり、避難誘導もスムーズに行うことができました。

最後の講評では、実際の避難時における留意点(「走らない」「押さない」「私語を慎む」)

を具体的にご教授いただき、その後の放水訓練でも構え方など指導していただきました。

(若菜荘 山田)

 

 

 

医療法人・社会福祉法人 さわらび会 第5回研究発表会

日時 平成28年10月20日(木) 14:00~16:30
場所 福祉村病院大会議室

医療法人・社会福祉法人 さわらび会 第5回研究発表会が行われ、11のグループが医療・高齢福祉・障害福祉等について専門性の高い研究発表を行いました。

各発表後には参加者からの質問時間を設け、専門職の立場から研究内容の感想や質問を行うなど活発な意見交換も行われました。

発表終了後、山本左近統括本部長より、最優秀賞、優秀賞、奨励賞の発表、各発表に対しての講評が行われました。講評の中では、「発表と取り組みのレベルが上がってきている。発表の内容は自分自身、自分の所属する施設ではどんなことができるのかを考えていくことが必要」との言葉をいただき、山本孝之理事長からは「マンネリにならないこと、日々改善をしていく必要がある」との言葉をいただきました。さわらび会では、患者様、利用者様、ご家族様にとってその人らしい生活を送って頂くため、日々研鑚を重ね、よりよい改善ができるよう努めてまいります。

次回は平成29年4月頃を予定しております。
(さわらび地域包括支援センター 勝山)

第5回研究発表会 結果

最優秀賞
「認知症リハビリプロジェクト『移動喫茶店』における香りがもたらす情緒安定の効果
について」
福祉村病院
看護師長  八木 聖名子

「大規模災害に備えて~福祉避難所体験から見えたこと~」
明日香
サービス管理責任者  末松 秀章
サービス管理責任者  藤井 葉子

優秀賞
「福祉村病院における認知症リハビリプロジェクト『紙漉き』の取り組みについて」
福祉村病院
臨床心理士  藤井 崇
臨床心理士  金沢 歩美

「知的障害者の豊かな暮らしづくり」
若菜荘
介護士  加藤 聡一
介護士  鈴木 紫歩

奨励賞
「活動意欲は職員から ~やってるつもりはやってない~」
ジュゲム
介護士  夏目 志朗

「若年性パーキンソン病進行中の患者様の転倒予防への取り組み」
福祉村病院
介護士  大橋 美香
介護士  城 里奈

「施設で穏やかに過ごして頂く為に」
カサデヴェルデGH
管理者  若見 和成

「嚥下障害のある方の食事ケアについて」
天伯
介護士     三浦 悦夫
介護支援専門員 小久保 由紀子

「着衣困難な利用者様への対応」
しろがね
理学療法士  鳥居 浩平
生活支援員  住吉 学

「認知症デイサービスにおけるレクリエーションの効果」
常盤デイサービス
介護士      奈良田 千賀
生活相談員補助  日和田 規子

「機能訓練の取り組み」
カサブランカ
介護士  遠山 寛之
看護師  三ツ井 真紀

 

防災訓練@あかね荘

日時:2016/10/14(金)11:10〜12:30

場所:あかね荘全域

巨大地震を想定した避難誘導及び炊き出し訓練を行いました。

サイレンとともに訓練を開始し、緊張感を持ちながらの訓練でしたが、

皆、避難場所である中庭に無事避難することができました。

炊き出し訓練と併せて、今回は非常食と介護食の試食を行いました。

介護食がどのような味がするのか実際に味わうことができ、貴重な経験になりました。

訓練で得た教訓を生かし、今後も防災にする意識や技術を向上させていきたいです。

(あかね荘・庵原)

 

 

テーマ別研修「口腔ケア」@さわらび会研修委員会

講師:医療法人正眼堂 疋田歯科医院 疋田 涼 先生

日時:平成28年10月13日(木)14:00~15:30

場所:第二さわらび荘 ふれあいホール

全職員を対象に、テーマ別研修を実施しました。

口腔ケアは多職種連携で行うものであり、正しく口腔内の状況を評価し実践をすることが大事とのことでした。

また、研修に参加した職員が二人一組になり、実際に歯ブラシやスポンジブラシを使用し実技講習を行いました。

後日、レポートを掲載する予定です。(あかね荘 白井)

 

秋のレシピ紹介@栄養士会

秋らしい気候になり、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋といろいろなことを楽しみやすく、過ごしやすい気候となりました。新しいことに挑戦するという方もいるかもしれません。今月も2つのレシピを紹介します。ご家庭での料理の一品として取り入れてみてはいかがでしょうか。
(珠藻荘 管理栄養士 花井)

玉子の袋煮

材料(1人分)
油揚げ 1枚、卵 1個、ぎんなん水煮 3個、ほうれん草 20g、煮汁(だし汁 60cc、醤油 8g、砂糖 4g、みりん 4g)

作り方
①油揚げは1辺に切り込みを入れ、口を開く。ほうれん草は茹で、2cmに切る。
②油揚げの中にぎんなんを入れ、卵を割り入れる。口を(つまようじ、乾スパゲティなど)止め、煮汁で煮含める。
③②を半分に切り皿に盛り、煮汁で和えたほうれん草を添える。

桜えびとなめ茸和え

材料(1人分)
桜エビ 1g、料理酒 2g、大根 30g、なめ茸 20g、醤油 1g、三つ葉 5g

作り方
①桜エビは酒炒りして冷ます。大根はおろす。三つ葉は茹でて2cmに切る。
②材料を合わせて器に盛る。

秋のレシピ紹介@栄養士会

9月になり少し涼しい日もあれば暑い日もあり、また朝晩の気温差もでてきました。体調は崩していませんか?食事をバランスよくとり、さらに運動やしっかりとした睡眠をとることは体調管理に大切なこととなります。今回はきのことサツマイモを使った料理を紹介します。ぜひご家庭でもお試しください。

(珠藻荘 管理栄養士 花井)

 

和風きのこパスタ

 

材料(1人分)

スパゲティ 100g、エリンギ 20g、まいたけ 20g、しめじ 20g、ベーコン 20g、青じそ 2枚、にんにく 1/2かけ、赤唐辛子 1/2本、オリーブ油 大さじ1/2、醤油 大さじ1、みりん 大さじ1/2

 

作り方

①エリンギ、まいたけ、しめじは一口大に切る。ベーコンは長さ1cmに切り、青じそは千切りにする。にんにくはみじん切りにし、赤唐辛子は種を抜いておく。スパゲティは湯を沸かして沸騰したらゆで始める(表示時間より1分短くゆでる)

②フライパンにオリーブ油、ニンニク、赤唐辛子を入れて弱火にかける。

③香りが出てきたら赤唐辛子をとり、ベーコンを入れて炒め、そのあとエリンギ、まいたけ、しめじを入れて炒める。

④③にゆでたスパゲティを入れて炒める。醤油とみりんを混ぜて入れ、全体に絡まる程度に炒める。これを皿に盛り付け、青じそをのせる。

 

 

さつま芋のオレンジ煮

 

材料(1人分)

さつま芋 40g、オレンジジュース 20g、砂糖 3g、マーガリン 1g

 

作り方

①さつま芋は2切れに切り、茹でこぼす。

②オレンジジュースと砂糖を加えて煮含める。

③煮あがりにマーガリンを加える。

防災訓練@第二さわらび荘

日時:平成28年9月27日(火)10:30~11:00

場所:第二さわらび荘内及びカサデローザ

 

本日、第二さわらび荘にて地震想定の防災訓練を行いました。

地震による火災を想定し、迅速な利用者様の避難及びに初期消火を行うことが出来ました。

その後、消火器・散水ホースの訓練を行いました。

消火器と散水栓の正しい使い方を学ぶことが出来る良い機会となりました。

(第二さわらび荘 新井)

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成28年9月24日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

8名の方がお越しくださいました。

顔に当たっても痛くない手作りの布のボールを使用し、ボール運動を行いました。

立ち上がったり、椅子に座った状態でボールを手や足を使って動かし、楽しみながら参加しておりました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、10月の第4土曜日 22日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 加藤)

防災訓練@しろがね

日時:平成28年9月21日

場所:しろがね

大規模地震を想定した避難訓練を行いました。

災害はいつ起こるものかわからないため、

いざという時に迅速に動けるようこれからも

訓練を重ねていきたいと思います。  (宮下)

オレンジカフェ@カサ デ ヴェルデ

日時:平成28年9月22日(木) 14:00~15:30

場所:カサ デ ヴェルデ 1階多目的ホール

秋分の日の9/22(木)にオレンジカフェを開催いたしました。あいにくの雨模様となりましたが、地域の方6名、ご家族様3名の計9名ご来店いただきました。また、施設のご利用者様も参加させて頂き、皆様和やかにコーヒーや紅茶を召し上がって頂きました。

今回は、グループホーム管理者より施設でも毎日行っている口腔体操についてお話しをさせて頂きました。口腔体操の効果や方法、唾液線マッサージのやり方について皆様真剣に聞いて下さいました。最後にお客様と職員で大きな声でパタカラ体操を行い、童謡の『ふるさと』をパタカラで歌いました。

来月のオレンジカフェは10月27日(木)14:00~の予定です。どなた様でも、お気軽にご来店くださいませ。お待ち致しております。(カサデヴェルデ 北風)

 

豊楽会 唄・踊り披露@第二さわらび荘ふれあいホール

日時:平成28年9月22日(木)10時~11時

場所:第二さわらび荘1階ふれあいホール

豊楽会の皆様におこし頂き、唄と踊りの披露をして頂きました。

今回の、秋の披露においては、台風の後のあいにくの小雨の中、利用者さん及び職員さんを含め、約40名の皆様が、豊楽会の皆様より17曲の唄・踊りをご提供して頂き、楽しいひと時を過ごすごとができました。

本当に有難うございました。またのご来荘を楽しみにしています。(第二さわらび荘 佐々木)

納涼祭@あかね荘

 

 

 

9月9日、ご家族も参加され恒例の納涼祭を今年も行いました。前日は昼過ぎまで大雨でした、当日は気持ちいい青空が広がりました。利用者の皆さんは浴衣を着て、ゲームを楽しんだり、中庭に出て踊ったり歌ったりして盛り上がりました。昼食には自治会でリクエストされた唐揚げや焼きそば、アイスなどを召し上がられました。皆様の夏の締めくくりの楽しい思い出として記憶されれば嬉しいです。(支援員 浅野)

 

敬老祝賀会@若菜荘

日 時: 平成28年 9月13日(火) 10:30~

場 所: 若菜荘食堂

平成28年度「若菜荘 敬老祝賀会」を行いました。

福祉村保育園の園児さんの訪問に、若菜荘利用者の皆さんも自然な笑顔が見られ、沢山の元気をいただきました。

記念式典では、さわらび会理事長:山本孝之先生より、お祝いの言葉をいただき、その後、利用者を代表して101歳の柳林さん

100歳の加藤さんのお二人が記念品をいただきました。

多くの皆さんにご祝福いただき本当に有難うございました。 (若菜荘 山田)

豊橋市老人福祉施設協議会における山本左近統括本部長講演@さわらびグループ

日時:平成28829日(月) 14時~1630

場所:豊橋市商工会議所 9階 大ホール

 豊橋市老人福祉施設協議会主催の全体研修会において、さわらびグループの山本左近統括本部長が「世界のレースから地域の医療福祉へ~これからの未来を考える~」と題して講演を行いました。F1ドライバーとして超競争社会で戦い抜いてきた山本統括本部長から、現代日本における少子超高齢社会、人口減少社会においては、地域の医療福祉分野でも立ち止まったら沈んでいくため、常に向上心を持って取り組むこと、そのためにはPDCAサイクルを常に実行する必要があること、例えばF1ではコンマ1秒でも相手より速く走るため、ピットインの必要時間は1950年代では70秒以上を要していたのが、現在では最速で3秒以下で行っていることを説明され、相手より速く走るためには常に何が必要かを考え実践していること、福祉、介護の分野でもご利用者、入居者の方々の幸せの実現のためには何が必要かを常に考え、実践してくことの必要性を話されました。

また、自動車レースの世界でもFE(フォーミュラE:電気自動車レース)の開催により、将来的には介護、福祉の分野にもこの技術の応用がされる可能性があり、Innovation(革新)とSustainability(持続可能性)が双方向に作用するには、想い、チームワーク、PDCAサイクルが必要であることを話されました。

最後に山本統括本部長から、「eKAIGO」を推進する必要性が説明されました。「eKAIGO」とは、emotional(情熱)とevidence(根拠)が掛け合わさることで成し遂げられること、その過程で、efficiency(効率性)、economy(経済性の向上)、ecology(環境にやさしい)が成し遂げられることを説明されました。

質疑応答では、技術革新の件での質問の中で、今後障がいをお持ちの方でも技術の進歩により、障がいが障がいではなくなる可能性があること、ヨーロッパでは実はハード面でのバリアフリーは進んでいないが、一人一人の心のバリアフリーが進んでいるため、障がいをお持ちの方でも気軽に外出ができていること、我々日本人も心のバリアを取り除く必要があることを説明されました。

今回の研修会には、豊橋市内、豊橋市外から120名が参加をされ、多くのことを学んでいただけたと思います。(さわらび荘 渡邊)

「いきいきフェスタ2016」に語りべの会参加@あかね荘

日時:平成28年8月21日(日)10:00〜16:00

場所:ライフポートとよはし

8月21日、ライフポート豊橋で「いきいきフェスタ2016」が開催されました。今回の語りべの会の演目は「あなたとわたしとあいさつと」です。みんなこの日の為に一生懸命に練習してきました。午前中のリハーサルも元気いっぱいに楽しくできたと思います。その後、みんなでカレーライスを食べて、いきいきフェスタの会場内をボランティアの人達と一緒に周り、かき氷を食べたり、ぬいぐるみを買ったりと皆さん各々で楽しく過ごされていました。発表時間も近くなり会場内で緊張した様子もみられましたが、発表は練習以上に元気に大きな声を出し楽しく参加されたと思います。(あかね荘  濵砂)

   

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成28年8月27日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

15名の方がお越しくださいました。

オレンジカフェでかき氷大会を行いました。前回要望が多かったみぞれのシロップに小豆を新たにトッピングに加えて、美味しく召し上がっていただきました。

今回はお客様に教えてもらいながら、折り紙で昔作ったことのある鶴や兜などを作りました。最初は「折紙の折り方を忘れてしまった」と言われておりましたが、順番に折りだすと思い出したかのように黙々と鶴や兜等を完成させておりました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、9月の第4土曜日 24日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 加藤)

第13回 夏休み親子福祉体験講座@さわらび会

日時:平成28年8月11日(木)10時半~

場所:さわらび会 豊橋市野依町 福祉村敷地内

8月11日(木)にさわらび会の第13回夏休み親子福祉体験講座を行いました。

今回からは豊橋市だけではなく、豊川市、蒲郡市、田原市の小中学生の皆様にも学校を通じてご案内をさせて頂き、例年をはるかに上回る、93組329名の子供さんやそのご父兄の皆様に参加をして頂く事ができました。

初めに第二さわらび荘で開会式を行い、さわらび会理事長山本孝之より、「高齢者の方も障害者の方もしあわせに過ごせる福祉村です。是非今回の体験講座で色々な事を学んで下さい」と皆様へご挨拶をさせて頂きました。

またさわらび会統括本部長山本左近からも「福祉はしあわせを意味します。ですから今日はみなさんはしあわせ体験をされます。講座が終わったら家でもご家族で本日の体験についてお話をして下さいね」と皆様にご挨拶をさせて頂きました。

その後各施設に分かれての体験コーナーが行われました。

第二さわらび荘では「高齢者疑似体験」並びに「昔の遊び」の二つのコーナーを行いました。

「高齢者疑似体験」コーナーでは高齢者の身体状況に似せるために、見えづらくするためのゴーグルをつけたり、ヘッドフォンをつけて耳が聞こえづらくしたり、手袋をつけて物をつかみにくくするなどして体験をして頂きました。子供さん達は「高齢者になるといろいろやりにくくなって大変だなー」と高齢者の方への気遣いを口にされていました。

また「昔の遊び」コーナーでは、ケアハウスカサデローザの入所者の方と一緒に折り紙を折ったり、けん玉やおはじき等の昔ながらの遊びをされ楽しい時間をお過ごしいただけたようです。

第二さわらび荘では今後も、高齢者の方の体の状況の変化を身をもって経験したり、高齢者の楽しまれたりする遊びなどを通じて、高齢者の方と接する際に優しさやいたわりを持っていただけるような体験をする機会を設けていきたいと考えています。

各施設でも様々な体験のコーナーを準備し、来村された皆様へ福祉に関する色々な体験をして頂けたと思います。

今後もさわらび会は「みんなの力でみんなの幸せを」守るための活動を継続していきたいと考えています。

 

 

 

(第二さわらび荘 東郡)

野依台夏祭り@あかね荘

日時:平成28年7月30日(土)

場所:野依台中央公園広場

男性3名 女性2名の利用者の方が、野依台夏祭りに参加されました。

お祭りでは、屋台で購入した食べ物を味わい、輪投げなどのゲームを行ったり、

地域の方とともに盆踊りをして、交流を図りました。

参加された皆さんにとって、夏の楽しい思い出のひとつになったようです。

(あかね荘 庵原)

   

夏のレシピ紹介@栄養士会

8月になり、暑い日が続いています。夏バテをしていませんか?夏バテを防いでいくためにも食事や水分をしっかりととっていきましょう。今回はカレーのスパイスをきかせた鶏肉料理とさっぱりとしたシャーベットを紹介します。ぜひご家庭でもお試しください。

(珠藻荘 管理栄養士 花井)

 

鶏肉のインド風焼き

 

 

材料(1人分)

鶏もも肉 80g、パセリ 1g、生椎茸 1個、インゲン 15g、マーガリン 1g、醤油 1.5g      

A(塩 0.3g、黒こしょう 少々、しょうが 1g、カレー粉 0.5g、ケチャップ 5g、ヨーグルト 4g)

 

作り方

①鶏肉はフォークで突き、Aを合わせて漬け込む。

②パセリはみじん切り。

③生椎茸は石づきをとり、インゲンは茹でて3cmに切る。

④フライパンで生椎茸とインゲンをマーガリンで炒め醤油で調味し器にいったん取り出す。

⑤そのフライパンで鶏肉をじっくり弱火で焼き色がつくまで焼く。

⑥④と⑤を器に盛りパセリを散らす。

 

 

 

 

カルピスシャーベット

 

 

材料(1人分)

カルピス(原液) 50cc、牛乳 100cc、お好みのフルーツ 適量

 

作り方

①カルピスをチャック付きのジッパーに入れる。

②牛乳も入れてよく混ぜる。

③冷凍庫に入れ35時間冷やす。

④固まったらもみほぐし、器に盛り付け、フルーツをトッピングして出来上がり。

 

岡山県病院協会様見学来村@さわらびグループ

日時:平成28年7月29日(金) 9:30~14:00

岡山県病院協会の29名の方々が、福祉村見学にご来村されました。

フェリス福祉村での歓迎セレモニーを行った後、各施設の見学をしていただきました。

とても暑い中でしたが、皆様真剣な表情で各施設の説明を聞いて下さいました。

  

  

施設見学を終え昼食をお召し上がりいただいた後、質疑応答を行いました。

質疑応答には福祉村病院より院長 小橋修、看護総師長 山本淑子、

医療相談課長 安達薫、リハビリテーション部 加藤智太、福祉コンビニより井上幹詞が出席し、認知症に関する活発な質疑応答が行われました。

  

 

岡山県病院協会の皆様、遠くからご足労いただきありがとうございました。

さわらびグループ職員一同、今後益々のご活躍を祈念申し上げます。(福祉村病院 近藤)

オレンジカフェ@カサデヴェルデ

日時:H28年7月28日(木) 14:00~15:30

場所:カサデヴェルデ 多目的ホール

7月28日木曜日、オレンジカフェを開催致しました。今回は、入居者様のご家族様が7名来店され、各々入居者様と一緒にコーヒー等飲みながら楽しそうに歓談していただきました。また毎月ご来店頂いている地域の方2名、南部社協ケアマネ様2名等、合計22名のご来店がありました。ご歓談の後は、当施設看護師より『高齢者の脱水症』についてお話をさせていただきました。高齢者の方は何故脱水症にかかりやすいのか、脱水予防のポイント、脱水予防になる飲み物と、好ましくない飲み物について説明をしました。その後、施設でご利用者様にも提供している手作りの経口補水液を皆様に試飲して頂きました。

今年は例年より厳しい暑さになると言われております。8月に入り、真夏日、熱帯夜が続くかと思われます。
皆様、暑さに負けないよう、脱水には十分気をつけて今年の夏を乗り越えましょう。

来月のオレンジカフェは8月25日(木)14:00~15:30です。ご来店をお待ちしております。(カサデヴェルデ 北風)

岩田こども園の園児さん訪問

日時:平成28年7月26日(火)10:30~11:00

場所:カサブランカ1階 カトレアホール

岩田こども園の園児さんがカサブランカに訪問してくださいました。

元気な声でうたを歌って下さり、自分で折った折り紙をプレゼントしてくれました。

そのあと3~4人のグループに分かれ、お話ししたり握手したりしました。

かわいいお客様に、利用者様もほっこりされておりました。

最後に全員とタッチしてお別れし、元気をいただきました。

(介護士 遠山)

 

 

 

 

 

テーマ別研修 「事例研究とプレゼンテーションの基本」

日時:平成28年7月28日(木) 14:00~16:00

場所:珠藻荘 多目的ホール

講師:同朋大学社会福祉学部 教授
   NPOシルバー総合研究所 理事
   愛知県介護福祉士会 会長
   下山 久之氏

 テーマ別研修として、「事例研究とプレゼンテーションの基本」について下山先生による講義を行いました。今回の研修では、介護福祉サービスと研究の関係、事例研究を進める際の視点、効果的なプレゼンテーションを行うために、事例検討に参加する際の注意点を中心にお話頂きました。また、講義の中では、普段取り組んでいる事例検討について、参加者で考え振り返りとアドバイスも頂きました。

さわらび会では、各種団体での研究発表や法人内での研究発表も行っております。今回の研修により、普段の業務での注意点や改善点などに気付き、研究発表に向けての準備に取り組めるよいきっかけになったと思います。
(さわらび地域包括支援センター 勝山)


 

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成28年7月23日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

12名の方がお越しくださいました。

オレンジカフェでかき氷大会を行いました。

かき氷にメロンやイチゴやみぞれのシロップをかけて、その上にアイスクリームを添えたり、お好みで練乳をかけて召し上がっていただきました。

お客様からは「暑いときはかき氷がいいね、冷たくて美味しい」などと大変喜ばれておりました。

かき氷が大好評だったので、来月のオレンジカフェでも実施します。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、8月の第4土曜日 27日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 加藤)

院内研修「慢性期医療における感染予防大作戦」@福祉村病院

日時:平成28712日(火)14:00~15:00

   平成28715日(金)14:00~15:00

 

場所:福祉村病院 大会議室

   老人保健施設ジュゲム2階 作業療法室

 

講師:浜松医療センター副院長 兼 感染症科長 矢野 邦夫先生

 

全職員を対象に、感染予防に関する研修を行いました。

 

2回にわたり、約120名の職員が研修に参加しました。

 

病院で患者さんに従事する私たちにとって、感染症にかからないのはもちろんのこと、感染症を病院内に持ち込まないことも重要です。

講師の矢野邦夫先生によると、感染症で最も効果のある予防は段行う「手洗い」で、特にアルコールによる消毒が殺菌効果が強く、手荒れも少なく手に優しいそうです。

また、「ワクチンの接種」も感染症予防に有効です。インフルエンザワクチンの場合、妊婦さんがワクチンを接種しでも問題はなく、接種するタイミングによっては生まれてくる赤ちゃんにも感染症予防に効果的だそうです。

 

正しい知識をもって予防をすることが、自身や家族の体調管理にも役立ち、ひいては病院内での感染症の流行を防ぐことにもなります。

 

手洗い、ワクチン接種を心掛けて、感染症が流行する冬に臨みましょう!(福祉村病院 土本)

  

 

 

 

 

 

 

熊本地震で被災された皆様へ

平成28年4月14日に発生した熊本地震により

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

さわらびグループとして、1日でも早い復旧のための支援を行っていきます。

平成28年4月18日 さわらびグループ 理事長 山本孝之

熊本地震介護支援派遣隊第6班出発式@第二さわらび荘玄関前

時:平成28年7月21日(木) 15時15分
場所:第二さわらび荘 玄関

4月16日の熊本地震以降、さわらびグループでは食糧支援や募金など支援活動をさせていただきました。
また、公益社団法人日本認知症グループホーム協会からの要請を受け、介護支援のため5月13日に3名、5月19日に3名、5月30日には山本左近統括本部長をはじめ4名の職員、6月30日に2名の職員を派遣し、また6月14日に公益社団法人全国老人福祉施設協議会からの人的派遣要請を受け2名の職員を熊本市内にある特別養護老人ホームに派遣しました。
今回も公益社団法人日本認知症グループホーム協会からの要請を受け、7月22日から7月27日までの期間、さわらび荘介護福祉士の坂本真宏1名を派遣することとなり、本日出発式を行いました。
出発式では、さわらび会山本孝之理事長より「お体に気を付けて任務を全うしてください。頑張ってください。」との激励の言葉があり、支援に向かう坂本真宏より「さわらび会の代表として頑張ってきます。」と挨拶をし、現地に向けて出発をしました。
さわらびグループでは、「みんなの力で、みんなの幸せを」を実現するため行動していきます。
(さわらび荘 渡邊)

サマーフェスタ@珠藻荘

日時:平成28年7月13日(水)

場所:珠藻荘 2階多目的ホール

7月13日に珠藻荘2階多目的ホールにてサマーフェスタが行われました。

みんなで楽しく話したり、カラオケを歌ったりしながら、美味しそうに食事を食べられました。

2部では、ビンゴ大会が行われ、ビンゴカードを見つめながら、一喜一憂されていました。(桜井)

 

夏のレシピ紹介@栄養士会

夏になり気温が高く暑い日が増えてきました。暑い時にはさっぱりとしたものが食べたくなります。今回はさっぱりとしたスパゲティのレシピと、なす、ピーマンという夏が旬の食材を使ったレシピを紹介します。ぜひご家庭でもお試しください。

(珠藻荘 管理栄養士 花井)

 

ツナおろしスパゲティ

 

 

材料(1人分)

スパゲティ 90g、ツナ缶 30g、大根 60g、青じそ 1枚、刻みのり 0.3g、だし汁 150g、つゆの素 15g、みりん 9g

 

作り方

①ツナ缶の油をきっておく。

②大根をおろし、青じそは千切りにしておく。

③だし汁につゆの素・みりんを加えひと煮立ちさせ、冷ましておく。

④スパゲティをゆでる。

⑤お皿にスパゲティ・大根おろし・ツナ缶・青じそをのせ、③のつゆをかけ、上から刻みのりを回しかける。

 

 

豚なすピーマンのみそ炒め

 

 

材料(2人分)

豚ばら肉 100g、なす 1ヶ、ピーマン 2ヶ、にんにく 1かけ、生姜 1かけ、みそ 小さじ2、醤油 小さじ1、みりん 小さじ1、酒 小さじ 1、砂糖 小さじ1、水 大さじ2、サラダ油 大さじ1

 

作り方

①豚ばら肉は長さ4cm、なすとピーマンは乱切り、にんにくと生姜は薄切りにする。

②フライパンにサラダ油、にんにく、生姜を入れて弱火にかけ、香りが出てきたら豚ばら肉を入れ中火にする。

③②になすと、ボールに入れて混ぜたみそ、醤油、みりん、酒、砂糖、水を入れふたをして煮立たせ、汁が減ってきたらピーマンを入れて炒める。

 

7月11日(月) さわらび大学

平成28年度第2回さわらび大学が以下の日時で開講されます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

【日時】    平成28年7月11日(月) 午後1時30分~3時20分
【場所】    第2さわらび荘 ふれあいホール
【内容】
   講義1:「あなたの家族が認知症になった時」 午後1時30分~2時20分
        (認知症ガイドブックの活用)
       講師:豊橋東部地域包括支援センター
               認知症地方支援推進員 橋本 享美 氏

   講義2:「介護保険との上手な付き合い方」  午後2時30分~3時20分
       講師:福祉村指定居宅介護支援事業所 管理者
          専門学校名古屋医専 非常勤講師 高島 弥佳 氏
                       
【参加費】無料
【申し込み方法】
   申し込みは下記のリンク先の「さわらび大学受講申込書」にご記入の上
   さわらび会各施設へご提出又は申込書記載のFAX番号にFAXをお願いします。
      さわらび大学ポスター&申込み用紙

○今後のラインアップ
 8月10日(水)「高齢者の転倒予防」
         「介護のための住宅改修」
 9月 8日(木)「通所サービス施設での活動運動」
         「地域による介護予防」
10月 4日(火)「薬の服用について」
         「障がい者について(仮称)」
11月10日(木)「犯罪に遭わないお年寄りになるには!」
         「(株)玄米酵素 健康セミナー(仮称)」
 

福祉村交通安全教室@若菜荘

日時:平成28年 6月30日(木) 14:00~15:00

場所:若菜荘食堂

豊橋警察署 交通課 交通総務係より講師をお迎えし、「福祉村 交通安全教室」(第29回)を開催しました。

当日は、病院・施設の職員に若菜荘利用者の皆さんも加わり(総勢70名)講話とDVDにて勉強会を

行い、日々の交通安全に関する意識を高めさせていただきました。

若菜荘 山田

熊本地震介護支援派遣隊第5班出発式@第二さわらび荘玄関

日時:平成28年6月30日(木)9時55分~

場所:第二さわらび荘 玄関

4月16日の熊本地震以降、さわらび会では食糧支援や募金活動などの支援活動をさせて頂きました。

またさわらび会の山本ゆかり専務理事が常務理事を務めている公益社団法人日本認知症グループホーム協会の災害対策本部からの要請に応える形で災害介護派遣チームに登録し、介護支援のための職員派遣を5月13日に3名、5月19日に3名、5月30日に4名の職員を派遣を行っています。また公益社団法人全国老人福祉施設協議会からの人的派遣要請を受け、6月14日に2名の職員も派遣を行い、これまでに12名の職員を派遣し、現地の特別養護老人ホームや認知症グループホームの支援をさせて頂いています。また派遣する職員はそれぞれ介護福祉士や看護師等の有資格者であり、現地でも大変頼りにされています。

今回新たに6月30日に2名の職員を派遣することとなりました。特養カサブランカ介護士石井惠里(介護福祉士)、さわらび荘介護士判家さとみ(介護福祉士)の2名で、支援期間は7月1日(金)~7月7日(木)です。

さわらび会山本孝之理事長より支援隊の方へ「お体に気をつけて大変な作業と思いますが、お仕事頑張って来て下さい」との激励の言葉があり、支援に向かわれる石井惠里さんが、「さわらび会の一員として熊本地震災害派遣に行けることを誇りに思っています。しっかり頑張ってきます」と挨拶をし、現地に向けて出発をしました。

さわらび会は今後もみんなの力でみんなの幸せを実現するために行動していきたいと考えています(第二さわらび荘 東郡)

 

奈良県磯城郡三宅町民生児童委員協議会来荘@第二さわらび荘

日時:平成28年6月27(月)午前10時~

場所:第二さわらび荘・カサデローザ・珠藻荘・保育園

6月27日に奈良県磯城郡三宅町の民生委員児童委員協議会の皆様16名がさわらび会の各施設の見学におこしになられました。

今回は県外からの見学ですので、初めに第二さわらび荘の2階会議室でさわらび会の紹介DVDをご覧いただき、各施設の説明及び見学をして頂きました。活発な質疑応答もあり大変熱気にあふれた施設見学となりました。

普段地域の皆様の支援をされている民生委員児童委員の皆様にお越し頂き、私どもさわらび会の支援活動や施設の状況を知っていただくことで、委員の皆様が地域に戻られた際に、地域でお困りの方の支援活動に役立てて頂ければと思います。

これからも積極的に民生委員児童委員の皆様の見学を受け入れさせていただき、委員の皆様との連携を図れるように努力してまいりたいと考えています。(第二さわらび荘 東郡)

 

赤い羽根共同募金からの補助@しろがね

平成28年6月

赤い羽根共同募金の補助を受けて、電動昇降式起立台、乾式ホットパック、

下肢運動装置の3点が導入されました。今後、これらのリハビリ機器を用いて

訓練の充実をさらに進めていきます。

しろがね     山田 宮下

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成28年6月25日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

14名の方がお越しくださいました。

アハ体験を行い、お客様は画面に映る映像が少しずつ変化するものを見逃さないように集中して探しておりました。変化したものを発見すると「やっとわかった、すっきりした」などと楽しまれておりました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、7月の第4土曜日 23日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 加藤)

ヴェルデ オレンジカフェ@カサデヴェルデ

日時:平成28年6月23日(木) 14:00~15:30

場所:カサデヴェルデ 多目的ホール

前日からの雨も止み、気温がグングン上昇し蒸し暑くなった6月の第4木曜日に、今年度3回目の『カサデヴェルデオレンジカフェ』を開催致しました。地域の方6名、ご利用者ご家族様3名ご来店頂きました。今回は校区の老人クラブ会長様からご紹介頂きました、施設のすぐご近所にお住いの藤村様がマジックを披露して下さいました。何も入っていない紙袋の中から次から次へと小物が出てくる”びっくり袋”には、お客様も、利用者様も手をたたいて喜んでいらっしゃいました。小物は藤村様手作りのヴェルデの名前と施設の写真入りの置物もあり、終了後プレゼントして頂きました。藤村様、心温まる手品を披露して頂き本当にありがとうございました。来月のオレンジカフェは7月28日(木)14:00~の予定です。皆様のご来店をお待ちしております。(カサデヴェルデ 北風)

県営西口住宅交流会@さわらび荘

日時:平成28年6月21日(火) 10:00~11:30

場所:県営西口住宅集会所

県営西口住宅の住民の方を対象に交流会を開催致し、18名の方の参加して下さいました。まずはフラダンスグループの方の踊りの披露があり、参加された皆さんも首にレイを掛け、後半には一緒になってフラダンスを踊りました。その後、地域包括支援センターによる、脳トレと体操を行い、その後、熱中症や脱水についてのお話をさせて頂きました。地域の方が集まり、楽しいひと時を過ごしていけるよう、これからも交流会の開催を続けてまいります。(さわらび地域包括支援センター 勝山)

夏のレシピ紹介@栄養士会

6月になり、梅雨のじめじめとした季節になってきました。今回は夏に旬となるピーマンやトマトを使った料理を紹介します。ぜひご家庭でもお試しください。

(珠藻荘 管理栄養士 花井)

 

えび詰めピーマン

 

 

材料(1人分)

ピーマン 40g(1)、小麦粉 2g、インゲン 10g

A(むきえび 40g、白身すりみ 20g、玉葱 20g、でんぷん 5g、卵 10g、青しそ 0.2g、塩 0.3g)

B(だし汁 20g、醤油 4g、みりん 4g、でんぷん 1.5g)

 

作り方

①ピーマンは半分に切り内側に小麦粉をはたく。

②えびは刻んで叩き、玉葱・青しそはみじん切り。

③インゲンは茹でて斜めに薄切り。

④Aの材料を合わせてよく練り、ピーマンに詰めてフライパンで弱火で焼く。

⑤Bの材料を鍋に入れ弱火で煮てあんを作り皿にのせた④の上にかける。

⑥インゲンを上に散らす。          

*すりみがない時は白はんぺんでもよい

 

 

 

茄子とトマトのりんご酢和え

 

 

材料(1人分)

茄子 40g、トマト 40g

A(りんご酢 7g、醤油 3g、砂糖 4g)

 

作り方

①茄子は皮をむき、乱切りして湯通しして冷ます。

②トマトは皮を湯むきして角切り。

③Aの材料を合わせ全部を和える。

 

平成28年度田原福祉専門学校就職フェス@福祉村病院

日時:平成28年6月17日(金) 13:10~15:30

場所:華山会館 松の間・鶴の間

 

田原市立田原福祉専門学校主催で行われた、

“平成28年度田原福祉専門学校就職フェア”に福祉村病院 介護総師長と

広報担当者で参加して参りました。

豊橋市と田原市を中心とした医療法人・社会福祉法人 32社が集まり、

田原福祉専門学校の学生さんに対して施設の運営方針や給与体系、

求める人材像などを説明しました。

1年生から2年生の約50名程度の学生さんが参加され、

さわらび会のブースに大勢の方が説明を聞きに来て下さいました。

「病院の介護士はどのような仕事をしますか?」

「自分もレクリエーションの計画に参加できますか?」

など積極的に質問をして下さり、意欲的な姿勢に嬉しく思いました。

今夏に介護部インターンシップを実施予定です。

また多くの学生さんにお会いできるのが楽しみです。(福祉村病院 近藤)

  

  

 

 

 

 

 

普通救命講習Ⅰ@しろがね

日時:平成28年6月11日(土) 午前9時~12時

場所:しろがね 1階

しろがねにて職員を対象として普通救命講習Ⅰを行いました。緊急時に備え、

AEDの使い方、人工呼吸、胸骨圧迫、窒息への対処、止血の方法などを学びました。

                           (しろがね 宮下)

熊本地震介護支援派遣隊第4班出発式@さわらびグループ

日時:平成28614日(火) 930

場所:さわらび荘玄関前

 416日の熊本地震以降、さわらびグループでは食糧支援や募金など支援活動をさせていただきました。

また、公益社団法人日本認知症グループホーム協会からの要請を受け、介護支援のため513日に3名、519日に3名、530日には山本左近統括本部長をはじめ4名の職員派遣を行いました。

今回、公益社団法人全国老人福祉施設協議会からの人的派遣要請を受け、さわらび荘介護福祉士宮崎真理子、同じくさわらび荘介護福祉士盛内真美の2名が、熊本市内にある特別養護老人ホームに介護支援として、615()から621日(火)までの7日間支援隊として派遣することとなり、本日出発式を行いました。

出発式では、山本ゆかり専務理事より今回の経緯の説明が行われ、山本孝之理事長より、「病気やけがをせずに、元気に戻ってきてください」と激励の挨拶をいただきました。  山本左近統括本部長より「私自身もボランティアとして熊本県南阿蘇村の施設に行き、地域で生活をされている高齢者の方が被災して避難をされている状況、また施設の職員さん自身も被災している状況を実体験として経験しました。今回参加される皆さんにも、さわらびグループの「みんなの力で、みんなの幸せを」を実現するため、何ができるかを考えて行動してください。また、自分自身の安全にも注意してください。」と激励の挨拶をいただきました。

派遣隊を代表して宮崎真理子さんが、「大勢の皆さんに参加していただき、感謝しています。さわらびグループ全職員の思いを背負い頑張ってきます。」と挨拶され、山本左近統括本部長より「ボランティアに参加した際、ユニホーム姿のところを偶然地元のテレビ局からの取材を受け、放映されました。さわらびグループを背負っていることをしっかりと認識して、頑張ってください。」と挨拶をされました。

さわらびグループでは、「みんなの力で、みんなの幸せを」を実現するため行動していきます。

(さわらび荘 渡邊)

 

 

 

       

 

日帰り旅行@あかね荘

日時:平成28年5月31日(火)、6月3日(金)、6月8日(水)

場所:愛知ヤクルト工場、大塚製薬袋井工場を今年度も3日間に分けて日帰り旅行を実施しました。

1班(5/31)・3班(6/8)は、愛知ヤクルト工場でヤクルトがどのように作られているのかを見学しました。また、新しくできた岡崎のサービスエリアで買い物を楽しみました。お昼は精進料理・手打ちそば安江というお店でそばを美味しくいただきました。

2班(6/3)は、大塚製薬袋井工場でポカリスエットが作られている様子を見学しました。その後、ニコエにてランチバイキングと買い物を楽しみました。(あかね荘:田中)

  

   

      

 

 

 

 

豊橋市内各地区民生児童委員協議会様見学来荘@第二さわらび荘

日時:平成28年6月8日(水)午前10時半~ 6月10日(金)午後1時半~

場所:第二さわらび荘・カサデローザ・フェリス福祉村

6月8日並びに6月10日にそれぞれ豊橋市内の牛川地区民生委員児童委員協議会の皆様13名、並びに福岡地区民生委員児童委員協議会の皆様16名がさわらび会の各施設の見学におこしになられました。

初めに第二さわらび荘の2階会議室でさわらび会の紹介DVDをご覧いただき、各施設の説明及び見学をして頂きました。

普段地域の皆様の支援をされている民生委員児童委員の皆様にお越し頂き、私どもさわらび会の支援活動や施設の状況を知っていただくことで、委員の皆様が地域に戻られた際に、地域でお困りの方の支援活動に役立てて頂ければと思います。

これからも積極的に民生委員児童委員の皆様の見学を受け入れさせていただき、委員の皆様との連携を図れるように努力してまいりたいと考えています。(第二さわらび荘 東郡)

 

ダンサブル ジャズ ポケット@しろがね

日時 平成28年6月6日(月)  14:00~15:00
場所 しろがね 2階

ダンサブル ジャズ ポケットの皆様による、初夏のコンサートが行われました。
耳馴染みのあるジャズを中心にポピュラーソングや日本の歌を歌って頂きました。
一緒に歌ったり、手拍子したりとても楽しい時間を過ごすことができました。
ダンサブル ジャズ ポケットの皆様、ご来荘ありがとうございました。またお越し
頂くことを楽しみにしています。   

 
                             (しろがね 山田)

賀茂菖蒲園外出@珠藻荘

日時:平成28年6月1日(水)

場所:賀茂菖蒲園

 6月1日に賀茂菖蒲園へ行きました。爽やかな風の中、色とりどりの菖蒲と紫陽花を鑑賞し、とても穏やかな時間を過ごされました。(片山)

6月9日(木) さわらび大学講義

平成28年度第1回さわらび大学が以下の日時で開講されます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

【日時】    平成28年6月9日(木) 午後1時30分~3時50分
【場所】    第2さわらび荘 ふれあいホール
【内容】
   開校式・さわらびマスター認定授与式 午後1時30分~1時55分
         さわらび会 理事長 山本 孝之 氏
   講義1:「認知症予防」       午後2時00分~2時50分
       講師:医療法人さわらび会 福祉村病院
               副院長 伊刈 弘之 氏
                       (講義分類:医療)
   講義2:「ボランティアって何?」  午後3時00分~3時50分
       講師:豊橋市社会福祉協議会
               常務相談役 近藤 洋二 氏
                       (講義分類:福祉)
【参加費】無料
【申し込み方法】
   申し込みは下記のリンク先の「さわらび大学受講申込書」にご記入の上
   さわらび会各施設へご提出又は申込書記載のFAX番号にFAXをお願いします。
      さわらび大学ポスター&申込み用紙

熊本地震介護支援派遣隊第2班出発式@さわらびグループ

日時:平成28519日(木)1500分~

場所:老人保健施設ジュゲム

416日の熊本地震以降、さわらび会では食糧支援や募金などをさせて頂きました。

またさわらび会の山本ゆかり専務理事が常務理事を務めている公益社団法人日本認知症グループホーム協会の災害対策本部からの要請に応える形で災害介護派遣チームに登録し、介護支援のための職員派遣を513日に3名の職員を派遣し、今回515日から第2班として3名の派遣を行う事となり出発式を行いました。

今回の応援職員は、福祉村病院 看護師の西土秀和、福祉村病院 介護福祉士の加藤尚、グループホーム常盤 管理者で介護福祉士の中坪 佐代美3名で、支援期間は520日(金)~526日(木)の7日間です。

さわらび会山本孝之理事長より支援隊の方への激励の言葉、さわらび会山本ゆかり専務理事より経緯説明があり、最後に応援職員代表として西土秀和が決意表明を行いました。

基本理念である“みんなの力で みんなの幸せを”を胸に、被災地へ笑顔と幸せを届けていただきたいと思います。(福祉村病院 近藤)

  

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成28年5月28日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

6名の方がお越しくださいました。

江戸のいろはカルタを行い、正解したらことわざの意味を説明しながら、楽しい時間を過ごしていただけたかと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、6月の第4土曜日 25日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 加藤)

善意フェスティバル2016@あかね荘

日時:平成28年5月29日(日)

場所:豊橋総合動植物公園「のんほいパーク」 憩いの広場

当日は天気にも恵まれ、あかね荘からは、7名の利用者さんが善意フェスティバルへ参加されました。利用者の皆さんは、ゲームをしたり、ボランティアの方とのふれあいを楽しむ等、充実した時間を過ごすことができたようです。

また皆さんに知的障害というイメージしにくい障害について、理解していただく良い機会になったと思っております。今後も、このようなイベントに積極的に参加させていただき、地域の方とのふれあいを大切にしていきたいと思っております。

(あかね荘 小寺)

  

  

コールシャロン初夏のコンサート@第二さわらび荘

日時:平成28年5月30日(月)10時~11時

場所:第二さわらび荘1階 ふれあいホール

コールシャロンの皆様による初夏のコンサートが行われました。

今回皆様に「バラが咲いた」「真夜中のギター」のコーラスをしていただきました。

続いては昔懐かしい「夏はきぬ」「茶摘み」「たなばたさま」「雨ふり」「シャボン玉」「大きな栗の木の下で」「四季の歌」「幸せなら手をたたこう」を来荘された皆さんで楽しく歌いました。歌ったり、手拍子を叩いたり、とても楽しい時間を過ごすことができました。

コールシャロンの皆様、ご来荘ありがとうございました。またお越し頂く事を楽しみにしています。(第二さわらび荘 東郡)

熊本地震介護支援派遣隊第3班出発式@第二さわらび荘玄関

日時:平成28年5月30日(月)15時15分~

場所:第二さわらび荘 玄関

4月16日の熊本地震以降、さわらび会では4月20日に食糧支援をさせて頂きました。

またさわらび会の山本ゆかり専務理事が常務理事を務めている公益社団法人日本認知症グループホーム協会の災害対策本部からの要請に応える形で災害介護派遣チームに登録し、介護支援のための職員派遣を5月13日に3名、5月19日にも3名の職員を派遣し、今回5月30日より第3班として4名の派遣を行う事となり出発式を行いました。

今回の応援職員は、さわらび会副理事長の山本左近統括本部長、さわらび地域包括支援センター主任介護支援専門員白井秀明、さわらび荘相談員渡辺憲博(社会福祉士、認知症介護実践者研修修了)、第二さわらび荘介護士西村勇哉(介護福祉士)の4名で、支援期間は5月31日(火)~6月6日(月)です。

さわらび会山本孝之理事長より支援隊の方への激励の言葉があり、さわらび会山本ゆかり専務理事より経緯説明があり、最後に支援に向かわれる山本左近統括本部長が、「4月16日の熊本地震発生よりさわらび会で出来ることを考えていて、食糧支援や今回も含めて10名の職員派遣を行っている。今後も国内外で困っている方々へ、さわらび会の理念であるみんなの幸せを守るために活動する。そしてその瞬間がさわらび会の職員が輝く瞬間であると思う。今回も熊本で何ができるかを臨機応変に考え、実践的な熊本支援を行いたい」と挨拶をし、現地に向けて出発をしました。

山本左近統括本部長の挨拶にもありましたが、今後もみんなの力でみんなの幸せを実現するために行動していきたいと考えています(第二さわらび荘 東郡)

オレンジカフェ@カサデヴェルデ

日時:平成28年5月26日(木)  14:00~15:30

場所:カサデヴェルデ1階 多目的ホール

少し蒸し暑くなった5月26日(木)に今年度2回目のオレンジカフェを開催いたしました。今回は、老人クラブの会長様はじめ地域住民の方5名、ご利用者ご家族様1名、

地域ケアマネージャー様2名、当施設派遣相談員様1名の計9名の方にご来店いただきました。また、グループホームの利用者様も7名参加させて頂きました。皆さんコーヒーやジュースを召し上がりながら和やかにご歓談されました。その後、『渥美線駅名あてクイズ』を行っていただきました。全問正解される方、駅名はわかっても漢字が出てこない方など様々でした。

来月のオレンジカフェは6月23日(木)14:00~の予定です。多くの皆様のご来店をお待ちいたしております。(カサデヴェルデ 北風)

 

 

 

熊本地震介護支援派遣隊出発式@第二さわらび荘玄関

日時:平成28年5月13日(金)15時

場所:第二さわらび荘 玄関

さわらび会ではこれまでも阪神淡路大震災や東日本大震災等の際に、ボランティア活動や支援物資の送付をさせて頂き、被災地で支援を必要とされている方々への協力をさせて頂いています。

今回28年4月14日に熊本地震が発生して以降、まず4月20日に熊本県の特別養護老人ホームへ食料を支援物資としてお送りさせて頂きました。

またさわらびグループの山本ゆかり専務理事が常務理事を務めています日本認知症グループホーム協会からの要請を受け、さわらびグループ職員でDCAT(災害介護派遣チーム)を編成し、今回被災地である南阿蘇村にある認知症対応型グループホームへ支援隊を派遣することとなり、本日出発式が行われました。

今回の派遣メンバーは第二さわらび荘看護師長 鈴木あきよ、グループホーム白珠管理者 白井有喜子、グループホーム白珠介護福祉士 河合彩佳の3名で、支援期間は5月14日(土)から5月20日(金)までの7日間です。

出発式では、山本ゆかり専務理事による今回の経緯の説明が行われ、山本孝之理事長より「病気にならないように気をつけて行っていただき、元気で、笑顔で戻って来て下さい」と激励の挨拶を頂きました。

最後に今回の派遣隊グループを代表して白井有喜子さんが「大勢の方のお見送りに身が引き締まる思いです。さわらび会のモットーであるみんなの力でみんなの幸せを熊本の皆さんに届け、さわらび会の暖かい心も届けたい」と挨拶をされ、大勢の方に見送られ現地に向かわれました。

今後、災害支援に関しては介護支援で第2陣として3名の方が行く予定です。さわらびグループのみんなの力で現地の皆様へ幸せを届けていきたいと思います。(第二さわらび荘 東郡)

春のレシピ紹介@栄養士会

5月になり、過ごしやすい気候となってきました。4月から生活環境が変わった方などは、疲れがたまってくる時期でもあります。気分転換の1つとして料理をしたり、おいしいものを食べたりしてみてはいかがでしょうか。

(珠藻荘 管理栄養士 花井)

 

キャベツメンチカツ

 

 

材料(1人分)

合挽肉 60g、葱 3g、塩 0.6g、こしょう 少々、春キャベツ 50g、小麦粉 5g、卵 5g、水 5g、パン粉 12g、揚げ油 適量、ケチャップ 10g、ウスターソース 5g、だし汁 10g、フレンチポテト 40g、人参 20g

 

作り方

①葱は小口に切る。

②春キャベツは千切りにして湯通ししておく。

③人参は細めの拍子切りにして茹でる。

④合挽肉と葱、調味料をよく練り、春キャベツを加えて丸める。

⑤パン粉をつけて揚げる。

⑥フレンチポテトも揚げて添える。

 

 

 

新玉葱といかのサラダ

 

 

材料(1人分)

新玉葱 40g、いかのくん製ソフト 5g、赤ピーマン 5g、貝割れ大根 3g、オリーブ油 5g、柚子こしょう 0.5g、レモン汁 4g、塩 0.3g、砂糖 2g

 

作り方

①玉葱は繊維に沿って千切りにする。

②赤ピーマンは千切りにして湯通しする。

③貝割れ大根は3cm位に切っておく。

④いかのくん製ソフトは2cmに切る。

⑤調味料を合わせドレッシングを作る。

⑥具を合わせ、器に盛りドレッシングをかける。

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成28年4月23日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

14名の方がお越しくださいました。

お客様同士で日頃の悩みや生活で困っていることなどを相談したりと落ち着いた雰囲気の中、ゆったりと過ごされておりました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、5月の第4土曜日 28日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 加藤)

熊本地震支援物資の送付@さわらびグループ

日時:平成28年4月20日(水)16時

場所:第二さわらび荘

さわらび会ではこれまでも阪神淡路大震災や東日本大震災等の際に、ボランティア活動や支援物資の送付をさせて頂き、被災地で支援を必要とされている方々への協力をさせて頂いています。

今回熊本地震に対する支援として、日頃より懇意にしている熊本県の特別養護老人ホーム白寿園様(鴻江圭子施設長様)へさわらびグループの各施設より集めました支援物資(水や食料、オムツなどの日常生活品等)を段ボールで300箱分送付をさせて頂きました。

これからも引き続き支援を行ってまいりたいと考えています。

第二さわらび荘 東郡

 

さわらびアートフェスティバル開催@さわらびグループ

日時:平成28年4月7日(木)~4月17日(日)

時間:9:30~19:00 ※17日は18:00まで

場所:イオン豊橋南店2階 イオンコンパス隣

 

イオン豊橋南店様のご協力のもと、福祉村内の施設の利用者様による

さわらびアートフェスティバルが開催しました。

初日である7日(木)に、さわらびグループ関係者や報道関係者が参加する

オープニングセレモニーが行われました。

 

さわらびグループを代表して、山本孝之理事長と山本左近統括本部長が挨拶を述べました。

  

イオン豊橋南店からは、イオン豊橋南店 加藤浩之様からお祝いの言葉を頂きました。

 

今回のアートフェスティバルでは、珠藻荘・明日香・クリーニングセンターなど

福祉村内の施設の利用者様が描いた絵画作品などを展示しています。

口で筆を加えたり、編み棒を加えたりと制作方法は様々です。

  

 

障がい者の方々の作品は“アール・ブリュット(生の芸術)”と呼ばれ、

海外からも注目を集めています。

明日香の利用者様である辻勇二さんは実際に

ウィーンやスイスの美術館に作品が展示されています。

 

会場では明日香が作成したクッキーやマドレーヌ、

ポストカードの販売も行われています。

  

今回のさわらびアートフェスティバルを通じて、障がい者の方々と触れ合い

障がいに対する理解を深めていただく機会になればと思います。

お時間のある方は、ぜひお気軽に足をお運びください。

 

 

1.開催日時 平成28年4月7日(木)~17日(日)

9:30~19:00 ※17日のみ18:00まで

 

2.会場   イオン豊橋南店  2階イオンコンパス隣

愛知県豊橋市野依町字落合1-12

 

3.イベント 土・日曜日には利用差様による絵画製作実演とさわらびグループの相談員による介護なんでも相談が行われます。

絵画製作実演

4月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)

1回目(10:30~11:30) 2回目(14:00~15:00)

介護なんでも相談

4月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)

1回目(10:00~13:00) 2回目(14:00~17:00)

 

(近藤)

 

 

 

 

医療法人・社会福祉法人 さわらび会 第4回 研究発表会

日時:平成28年4月7日(木)13:30~16:00
場所:福祉村病院 大会議室

「医療法人・社会福祉法人 さわらび会  第4回 研究発表会」が行われました。今回は、8つのグループが医療・高齢者福祉・障害者福祉それぞれに専門性の高い実践を発表しました。

発表①
「口腔ケアで健康管理~慣れた施設で健康に暮らせるには~」
さわらび荘 介護士   小久保 雄司
生活相談員 渡邊 憲博

発表②
「口で描く夢のある絵」
藻荘 介護士 芝原 雄一郎

発表③
「経口摂取維持への取り組み」
カサブランカ 管理栄養士 和合 倫位

発表④
「免疫力向上への取り組み-1073R-1乳酸菌の期待と効果」
あかね荘 生活支援員 林 香予子
生活支援員 浦野 いず美

発表⑤
「リスクマネジメントを考える ~介護業務日誌の記入漏れをなくせ!~」
天伯 介護士   後藤 崇之
生活相談員 塩見 直己

発表⑥
「退院支援コア委員会の活動報告」
福祉村病院 看護師 櫛下町 勝郎

発表⑦
「認知症による吸啜行為を行う患者様への取り組みについて」
福祉村病院 看護師 廣田 瞳
看護師 宮脇 千鶴子

発表⑧
「福祉村病院における認知症リハビリプロジェクト「木工」の取り組みについて」
福祉村病院 理学療法士 廣瀬 正明
臨床心理士 金沢 歩美

発表終了後、参加者による投票が行われ、山本左近統括本部長、山本ゆかり専務理事より最優秀賞、優秀賞、奨励賞の発表が行われました。

最優秀賞
「認知症による吸啜行為を行う患者様への取り組みについて」
「経口摂取維持への取り組み」

優秀賞
「退院支援コア委員会の活動報告」
「リスクマネジメントを考える ~介護業務日誌の記入漏れをなくせ!~」

奨励賞
「口腔ケアで健康管理~慣れた施設で健康に暮らせるには~」
「口で描く夢のある絵」
「免疫力向上への取り組み-1073R-1乳酸菌の期待と効果」
「福祉村病院における認知症リハビリプロジェクト「木工」の取り組みについて」

講評では、山本孝之理事長、山本ゆかり専務理事、山本左近統括本部長より、各発表について、良かった点や改善点などアドバイスを頂き、日々の業務での疑問点を疑問のまま終わらせず、改善をしていくことが必要とのお言葉を頂きました。次回の研究発表会は10月を予定しております。
(さわらび荘 勝山)

豊橋中央高校からいただいた紙芝居を初披露@珠藻荘

日時:平成28年4月5日(火)

場所:珠藻荘 5階食堂

4月5日、先月に豊橋中央高校からいただいた紙芝居を利用者様に楽しんでもらいました。
進行・読み上げはEPAのインドネシア介護福祉士候補生さんが行い、日本の昔話がより味わい深いものになりました。
(珠藻荘 井上)

さわらびアートフェスティバル開催@明日香

日時:平成28年4月7日(木)~17日(日)9:30~19:00
(最終日は18:00まで)
場所:イオン豊橋南店2階イオンコンパス横(豊橋市野依町字落合1-12)
イオン豊橋南店にて、福祉村の障がいのある方のアート作品の展示と
さわらび会の取り組みを紹介するイベントを行います。
今回のイベントは、障がい者のアート作品の素晴らしさを多くの人々に知って頂く事を目的に開催されます。
出展者は、佐藤ゆきお、稲垣ひとみ(珠藻荘)、辻勇二、服部憲政、平木場郁央(明日香)、
YUCHIKO.S(クリーニングセンター勤務)、花島愛弥(くすのき特別支援学校)
あかね荘としろがねのご利用者の方です。
また、開催期間中の土、日には出展者による実演と高齢者、障がい者の介護なんでも相談を行います。
実演時間 ① 10:30~11:30  ② 14:00~15:00
介護相談 ① 10:00~13:00  ② 14:00~17:00
あすかくんクッキーやポストカードの販売も行います。
皆様、ぜひお越し下さい。(末松)

春のレシピ紹介@栄養士会

春の草花が芽吹き、暖かくなってきました。気温の変化から体調を崩してはいませんか?今回はこの時期の食材を使ったレシピを紹介したいと思います。ぜひご家庭でもお試しください。
(珠藻荘 管理栄養士 花井)

桜えびと菜の花のご飯

材料(1人分)
米 65g、だし昆布 0.5g、桜えび 1g、舞茸 15g、油揚げ 2g、だし汁 15g、 白醤油 5g、醤油 2g

作り方
① 米は洗って、だし昆布を入れて炊く。
② 舞茸は一口大に切り、油揚げは短冊に切っておく。
③ 菜の花は2cmに刻み、茹でておく。
④ 菜の花以外を煮つける。
⑤ 炊けたご飯に煮た具と菜の花を混ぜ込む。

いわしつみれの磯辺揚げ

材料(1人分)
いわしすり身 50g、海苔 1枚、大根おろし・ポン酢など お好みで

作り方
① いわしのすり身を海苔で巻く。
② 中温の油で揚げ、お好みでポン酢や大根おろしで頂く。

家族懇談会@しろがね

家族懇談会
場所 しろがね 1階フロアー
日時 平成28年3月26日(土) 10:00~11:00

ご家族の方と職員の懇談会の時を持ちました。
今回はしろがねの現状や計画のほか、理学療法士によるリハビリの活動報告や
福祉村病院の言語聴覚士の指導を受けた、言語訓練や摂食訓練について紹介い
たしました。                    (しろがね 山田) 


 
 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成28年3月26日(土) 13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

6名の方がお越しくださいました。

お客様とカフェの店員が一つの円になって、ボールを投げたり、転がしたりなどしてボールを使った運動を行いました。

元気なお客様は、投げたボールを受け取ると椅子から立ち上がって「今度はそっちに投げるから、しっかり受け取ってよ」などとみんなと声かけ合いながら、楽しく参加されておりました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、4月の第4土曜日 23日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 加藤)

 

子ども福祉サミット提言書を市長へ提出@さわらび会

日時:平成28年3月25日(金)13時半~

場所:豊橋市役所 4階 応接室

さわらび会では、平成27年11月3日に第34回さわらび文化祭の全体企画として豊橋市内の小中学生27名に参加していただき「子ども福祉サミット」を開催いたしました。そこで現在の日本の福祉や社会保障の問題、自分たちの将来について自由に話し合いがされ、活発な意見交換がなされました。

今回、この「子ども福祉サミット」で話し合った内容を報告書としてまとめ、それを基に豊橋市の市政に反映していただくことを目的として提言書を作成しました。子ども福祉サミットに参加して下さった児童生徒の代表者とともに佐原光一豊橋市長へお届けしてまいりました。

私たちだけでなく、代表の児童生徒にとっても自分たちの話し合った結果を直接豊橋市長に報告することができて、とても良い機会になったのではないかと思います。

今後もさわらび会では、これからの日本を支えてくれる人達への福祉教育に取り組み、私たちさわらび会の理念でもある「みんなの力でみんなの幸せ」を守る事ができるように努力してまいりたいと思います。(さわらび地域包括支援センター 白井)

        

 

 

 

防災訓練@しろがね

平成28年3月14日

しろがね防災訓練。

火災を想定した避難訓練を実施しました、またあいにくの天気でしたが大規模震災を想定した炊き出し訓練を同時に実施しました。

しろがね 山田 忠由

無料ランチ付き施設見学会のご案内@シャトーローズ八町

1.日時 : 平成28年3月26日(土) 12:00~13:30

2.場所 : シャトーローズ八町 豊橋市八町通1丁目9番地

公共交通機関のご案内 : 豊橋駅より豊橋鉄道東田本線(市電)
札木または市役所前下車、徒歩5分

※施設の駐車場には駐車台数に限りがあるため、駐車できない場合がございます。当日はなるべく公共交通機関をご利用下さい。

(無料送迎を希望される方は応相談)

3.内容 : 12:00~施設見学 12:45~ランチ試食会

4.お申し込み締め切り : 平成28年3月23日(水)17:00まで

(お申し込みが定員に達し次第、受付を終了致します)

※参加費は無料です。お1人様につき1食提供ですが、ランチは限定10食(要予約)です。

5.お問い合わせ先 : TEL 0532-52-0005
            FAX 0532-52-0188
            シャトーローズ八町 担当 加藤

詳しい内容ついては下記リンク先からご確認ください。
シャトーローズ八町無料ランチ付き施設見学会のご案内(チラシ)
皆様のご参加をお待ちしております。(シャトーローズ八町 加藤)

院内研修「腰痛症について」@福祉村病院

日時:平成28年2月22日(月)~26日(金) 12:00~12:30

場所:福祉村病院 大会議室

講師:リハビリテーション部長 榊原利夫 様

 

衛生委員会より、全職員を対象に「腰痛症について」の院内研修を行いました。

 

最初に、4足動物の骨格と人の骨格を比較して、人が2足歩行になった時から

腰痛症は避けられなくなったことをお話して下さいました。

続いて「腰痛症の分類」「腰痛症に対するリハビリ」の説明があり、

そのお話の内容には私達職員が毎日業務の中で活用しているコルセットの使用方法、

温湿布、冷湿布の使い分けも教えて下さり、大変勉強になりました。

 

最後には「ウイリアムスの腰痛体操」を実演しつつ教えて下さり、職員たちも

体操を真似される方や、研修を受けている間に自然と姿勢がよくなっていく姿などが

見られました。

 

腰痛時における注意では、

・長時間同じ姿勢はとらない

・重いものは腰ではなく膝で持ち上げる

・重いものは身体につけて持ち上げる

・仰向けで寝るときは膝を曲げる

・痛い時には横向きで丸まって寝る

・長時間の立位は15㎝程度の台に片足をあげる

などの、日常生活の中で気をつけるポイントを細かく教えて下さいました。

 

いつ起こるかわからない腰痛症ですが、この研修で学んだことを業務の中で活かし

腰痛対策に努め、患者様により良いサービスを提供できるように取り組んでまいります。

    

(衛生委員会 白井)

 

 

世界雑巾2016に参加しました@さわらびグループ

日時:平成28年2月21日(日)10:00~15:00

場所:豊橋市立くすのき特別支援学校

 

豊橋市制110周年記念プレイベントとして、豊橋市立くすのき支援学校にて

世界雑巾2016が開催されました。

 

「雑巾がけって、感動だ。」をキャッチコピーに、雑巾がけレースの

世界チャンピオンを決定するこの大会に、さわらびグループから

EPA候補生を含む4人が団体戦にエントリーしました。

 

開会の挨拶として、豊橋市長 佐原光一様からは

「子どもたちに「物を大切にする、学校を大切にする」という想いを

伝えるために考えついたのが雑巾がけです。

会場となった豊橋市立くすのき特別支援学校は去年4月に開校した学校ですが、

廊下の幅が広くすごく長いです。

1階は途中に通路がありますが、2階はぐるっと一周回ることができます。

これは使わない手はないと考え、ここで雑巾がけ大会をやろうと決めました。

みんなの笑顔とみんなが真剣に頑張る姿をみたくて、この大会をはじめました。

是非全力で駆け抜けていただきたいですし、世界雑巾という名に相応しい、

世界各国から選手が集まる世界選手権になってもらいたいと思っています。」

 

佐原光一市長からのご挨拶の後、準備体操として

「ラジオ体操第一~豊橋弁バージョン~」を全員で行いました。

その後、デモレースにさわらびグループ 山本左近統括本部長が参加。

10秒25という圧巻のタイムをたたき出し、会場からは歓声が上がりました。

 

 

世界雑巾2016は、

・小学校低学年部門(1~3年生)

・小学校高学年部門(4~6年生)

・ペア部門

・一般男子・女子部門

・団体部門

の5部門にわかれています。

 

180mの長い廊下をリレー形式で駆け抜ける団体部門には

豊橋の消防団や接骨院、学校の先生など様々なチームがエントリー。

さわらびグループは、インドネシア・フィリピン・ベトナム・日本という

四カ国の選手で構成されたチームでエントリーし、

チーム名は「国境なき雑巾レーサー」。

  

 

「優勝!」という目標を掲げ、参加したレースでは

47.35秒というタイムをたたき出し、見事三位に入賞しました。

1位のチームとのタイム差は0.54秒。

「次こそは優勝します!」と、悔しい想いをバネに

次回の大会への出場と優勝を誓いました。

 

「国境なき雑巾レーサー」の世界雑巾2016にむけての練習風景や

当日の様子が名古屋テレビ「ドデスカ!」で放送されます。

ぜひご覧ください。

 

 

番組名:名古屋テレビ 「ドデスカ!」

放送日:2016年3月4日(金)

時 間:AM 6:00~

※緊急特別番組により、放送内容・放送時間が変更になる場合がございます。

 

 

 

 

 

 

春のレシピ紹介@栄養士会

だんだんと寒さがやわらぎ春の訪れを感じられる季節となってきました。今回は春ならではの食材を使ったレシピを紹介したいと思います。ぜひご家庭でもお試しください。

(珠藻荘 管理栄養士 花井)

 

桜いなり

 材料(2人分)

米 1合、桜の塩漬け 大さじ1、油あげ 3

A(酢 大さじ1.5、砂糖 大さじ1.5)

B(だし 200cc、砂糖 大さじ3、醤油 大さじ2、酒 小さじ1)

 

作り方

① 米は水の量を普段よりやや控えめにして炊く。

② Aをあわせておく。

③ 桜の塩漬けはみじん切りに切る。

④ ご飯に②、③をいれて混ぜる。

⑤ 油あげはすりこ木などで軽くおし半分に切り、切り口に指をいれて袋状に開いてから熱湯をかけ油抜きをする。

⑥ Bを煮立てて、⑤を入れて煮る。

⑦ ⑥を冷まして、煮汁を絞って④を詰めて出来上がり。

 

 

 

あさりと油麩の煮物

 

材料(1人分)

あさりむき身 40g、油麩(カット) 10g、白菜 80g、絹サヤ 3g、だし汁 10g、                  醤油 8g、三温糖 2g、みりん 4g

 

作り方

① 白菜はざく切り、絹サヤは筋を取り茹でて斜め半分に切る。

② あさりむき身と白菜をだし汁と調味料で煮付け、油麩を加えさらに煮含める。

③ ②を皿に盛り付け、絹さやを飾る。

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成28年2月27日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

9名の方がお越しくださいました。

アハ体験を行い、お客様は画面に映る映像が少しずつ変化するのを見つけようと真剣でした。

画面の変化があるところがわかると「あっ」とひらめいて、「やっとわかった」などと喜んでおりました。

また、子ども店長と一緒にあやとりをして昔懐かしい遊びを楽しんでおりました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、3月の第4土曜日 26日(土)13:30~15:30です。

(さわらび荘 白井)

第6回 運営推進会議@カサブランカ

日時:平成28年2月5日(金)14:00~15:00

場所:カサブランカ1階 カトレアホール

 

地域の方をはじめ、民生委員さん、介護相談員さん、東部包括支援センターの方、

施設職員、ご家族様、そして入居者様と14名で運営推進会議を行いました。

今回は、初めてのこころみとして、入居者の方にも参加いただきました。

今年度最後の運営推進会議ということで、今年度のカサブランカの活動を振り返り、

貴重なご意見を頂きました。

また、ノロウイルスが流行する季節でもあるので、東部包括支援センターの保健師さんに

ノロウイルスについて教えて頂きました。実践的な内容で、大変勉強になりました。

(カサブランカ:遠山)

自治会行事 豆まき@珠藻荘

日時:平成28年2月3日(水)

場所:2階多目的ホール

2月3日節分の日、年男年女の利用者様5人と職員が、干支の猿や鬼のお面をかぶり、「鬼は外福は内」の掛け声とともに豆やお菓子をまきました。

利用者様の笑顔が部屋いっぱいに広がりました。邪気を追い払い福を呼び込んだので、一つでも多くの幸せが利用者様に届きますように。

その後、コーヒーやジュースを飲みながら豆やお菓子をいただき、楽しい時間を過ごしました。(平木場)

豆まき@しろがね

日時  平成28年2月4日(木)

場所  しろがね 2階

本日は立春、1日遅れですが豆まきを行いました。
この日のために鬼の面を皆で準備しました。
豆まきの後ロールケーキを皆でいただきまた。

しろがね 山田

防災訓練@しろがね

日時:平成28年1月29日(金)
場所:しろがね

地震を想定した防災訓練を行いました。
何度も訓練を行っているので みなさん真剣に集中して
取り組むことが出来ていました。
いつ起こるか分からない災害に備え
これからも訓練を行っていきたいです。
(小寺)

 

第5回 運営推進会議@カサブランカ

日時:平成28年1月22日(金)

場所:カサブランカ 1階 カトレアホール

第5回運営推進会議を行いました。

包括支援センターの職員、民生委員、介護相談員、ご家族、施設職員など9名で行いました。

施設の活動内容や、豊橋市のおかえりネットについて活発な意見交換がありました。

また救命講習も行い、心肺蘇生法についても学びました。

これからも地域の方とともに、カサブランカが果たすべき役割について考えていきたいと思います。

なお次回の運営推進会議は、2月5日(金)に行う予定でいます。

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成28年1月23日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

14名の方がお越しくださいました。

本日は子ども店長がお客様にお飲み物のオーダーを聞いたり、運んだりと和やかな雰囲気の中でコーヒー、紅茶やお菓子を召し上がっておりました。

また、カルタを2テーブルに分かれて行い、都道府県カルタでは「富山県は生まれ故郷だよ。懐かしいな。」などと都道府県にまつわる話を交えながら、カルタ取りを行い、会場は大変盛り上がりました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、2月の第4土曜日 27日(土)13:30~15:30です。

(さわらび荘 太田)

明日香・若菜荘合同で陶芸教室 実施@明日香

開催日:毎月第二、第四金曜日 13:30~:15:00

場 所:若菜荘陶芸室

1月より若菜荘と合同で陶芸教室を開始しました。今回、陶芸家の小柳津  糺様、山口高様、湯川千鶴様に陶芸を教えて頂ける事になり、事前にアンケートを取った所、明日香で23名、若菜荘で5名の希望者がありました。今後は2グループに分け、月に一回ずつ実施していきます。今後も、ご利用者の生きがいにつながる支援を実施してまいります。(末松)

    

 

    

平成27年12月24日初任者研修「職業倫理について」

12月24日(木)初任者研修9ヶ月フォローアップ「職業倫理」

 

日時: 平成27年12月24日(木)

場所: 珠藻荘 多目的ホール

講師: 旭日産業株式会社ケア事業部 統括本部長 神谷明美氏

 

「これからの介護福祉士」

「生活の場」である福祉施設等において高齢者や障がい者の日常生活上の支援をする介護福祉士は、専門的知識や障害者等の生き方や生活全般にかかわることで利用者の暮らしを支え、自立に向けた介護利用者や家族とともに実践することで、生活の質の向上→安楽・安寧への支援」を優先する職務であるといえます。今回は、「生活支援」「生活の介護」をする特別養護老人ホーム、病院で働く者として大切なことを現場経験談を交えながら、お話いただきました。

 

現場スタッフに求められるものとは

1.介護分野の専門職としての質を絶えず向上させる

2.利用者の自立支援、利用者の望むサービスを提供する際の倫理を厳守する。

求められる現場スタッフとは

経験の長さだけではなく、利用者の気持ち・相手の立場に立ち理解できる人。経験値から あのとき大丈夫だったから、今回も大丈夫、ではなく、私だったらこう思う、あの方もこう思うかもという洞察力のある人。優しさと、高い専門知識を持つ人。

向上心があり、チーム全体を盛り上げるような心配りができる人。

チームになって始めて生活支援ができるのです。

ここは、参加者皆で考えました。

問い 介護されたい介護福祉士は?

優しい 話を聞いてくれる 気持ちを理解してくれようとする →ここがミソ

笑顔 思いやりのある人 など

実は、これこそが、いま述べてきた職業倫理と呼ばれるものです。私たちの仕事の対象は人です。

 

介護の専門性

生活の活性化=生活をその人の本来の生活にする

三好春樹氏「介護の専門性とは何か」より

高齢者介護の現場で理学療法士としてリハビリテーションに従事し、多くの高齢者介護に関する著書を出版している三好春樹氏は、介護の専門性は「生活の活性化」にあると主張しています。加齢や病気によって認知症や麻痺などを持った人が、残っている機能をフルに発揮し、生活を活性化していくことを支援するところに、介護福祉士の専門性があるといえるでしょう。ただ単に身の回りのお世話をするのが、介護福祉士ではありません。障害を持ってもできるだけ健康であった時と同じように、普通に暮らせる方法を、利用者様とともに(気持ちに寄り添い)見出していくのが、介護福祉士なのです。

例えば、

事例1 脱水傾向の利用者には

(昔)点滴する。

(今)嫌いな物かもしれない。

好きな物を飲んでいただく。スイカやかき氷など食品でも。

事例2 食欲不振の利用者には

(昔)胃ろう

(今)嫌いなもの?口腔内にトラブルがないか

事例3 離設の多い利用者には

(昔)拘束

(今)この場所にいるのがつらいのか?やり残したことがあるのか?

利用者様に理由をお聞きしましょう。

 

ホスピタリティ

現場スタッフには、介護技術やコミュニケーション能力のほかに、「ホスピタリティ」が必要です。大切におもてなしして利用者様に喜んでいただくことで、スタッフが利用者様の喜びを自分の仕事だと感じることです。

利用者様、ご家族様の喜びとは

食事、入浴、暖かい部屋で眠る、トイレ誘導してもらえる、だけでなく、いつでも気にして、声を掛け、目配りをしましょう。スタッフから大切にされていると感じることが、喜びです。

ホスピタリティを生む大事な要素

1.あいさつ「あたたかいまなざしであかるく いくどとなく さきに つづけて」

2.身だしなみ 清潔、安全のため。相手のために

3.態度 利用者様はよく見ています

4.表情 第一印象で重要。笑顔がベスト

5.ことば遣い 「~していただけますか」など依頼形で

 

尊厳とは

人が人らしく、あるいは厳しく尊ばれることです。人はかけがえのない存在であって、無用な人は誰一人としていません。

日常のケアにおける尊厳

(参加者で考えました)

1)食事の場面

献立をお伝えする。好きな物を召し上がっていただく

ペースに合わせる。食事形態を変える

2)排泄の場面

プライバシーに配慮し、ドアやカーテンを閉める。一人でできる方は「終わったら

呼んで下さい」とその場を離れる

速やかに処理する。できることはしていただく

量などを大声で言わない

3)入浴の場面

タオルで隠す保温、プライバシーの配慮

お湯の温度をご本人に確認していただく。好みのシャンプー、入浴剤

4)意思疎通

あいさつをする。笑顔で前に立つ。名前をお呼びする

守秘義務

依頼、疑問形「~ですか、~いただけますか」

5)認知症の方へ

できることは自分でしていただく

話を聴こうとする姿勢、気持ちを理解しようとする姿勢

山本理事長の「認知症介護の三原則」で尊厳が保持できます。

尊厳の理解

・介護現場における尊厳の遵守

1)対等な関係 利用者様やご家族様の人権を侵害することのない対等な関係

2)本人の望みとその尊重 自己決定の尊重、個別ケアへとつながる

尊厳と虐待

食事や水分の拒否をされる利用者様

転倒骨折を繰り返す利用者様

抑制するのではなく、理由を考え、支援の工夫をしましょう。

 

さわらび会の基本理念「みんなの力でみんなの幸せを」は人権を意識したすばらしい理念です。利用者様を守ることで、家族、職員も尊厳を守られます。みなさんで実践していきましょう。

(あかね荘 真鍋 しろがね 山田)

 

 

新年会@しろがね

日時:平成28年1月15日(金)

場所:しろがね

 

新しい年が明け 2週間が経ちましたが 本日「新年会」を行いました。

昼食には 利用者のみなさんが好きそうな料理をビュッフェスタイルで用意し

職員も一緒に食事をしました。

午後は リトミック体操 そして おいしいプリンやお菓子 ジュースで

楽しいおやつタイムでした。

利用者のみなさんの 嬉しそうな姿を見て 今年も皆さんが喜ぶ 楽しい活動を

していきたいと思いました。

(しろがね 小寺)

 

 

 

新年会@あかね荘

日時 : 平成28年1月15日 (金) 10:00~12:30

場所 : あかね荘フリースペース・中庭・食堂

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いします。

あかね荘では、利用者の皆さんがこれから一年健康で楽しく

過ごせるようにと新年会を開催しました。

中庭で職員手製の鳥居をくぐり、おみくじを引きました。

またその後は、暖かいおしるこを飲みながら職員が仮装した獅子舞を見て

楽しまれていました。

昼食は、皆さんおいしいお正月料理を食べながら

楽しい一時を過ごされていました。

(あかね荘 田口)

 

      

      
    

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成27年12月26日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

5名の方がお越しくださいました。

唱歌カルタを行い、曲が流れると、お客様は一斉に口ずさみ「懐かしい曲だな、子どもの頃を思い出すよ」などと楽しい雰囲気の中、カルタ取りをされておりました。

たくさん歌ったあとは、コーヒーや紅茶等を飲みながら昔話などして、楽しいひとときを過ごしていただけたかと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、1月の第4土曜日 23日(土)13:30~15:30です。

(さわらび荘 太田)

クリスマス会@あかね荘

日時:平成27年12月25日(金) 10:00~11:15

場所:あかね荘食堂

 

今日は、利用者様が待ちに待っていたクリスマス会が行われました。

昨年に続き、余暇活動の時間でリトミックを行って頂いている峰野 恵子先生に

お越し頂き、クリスマス会バージョンのリトミックをみんなで楽しみました。

「ジングルベル」や「おもちゃのちゃちゃちゃ」などの音楽にのせて、楽器を使ったり、

全身を動かしたりと皆さん自由に楽しまれ、食堂は笑顔で溢れました。

また、若菜荘自治会の方にプレゼントを頂き、最後にイチゴムースを食べ

賑やかで楽しいクリスマス会となりました。

あかね荘 鈴木

               

      

 

 

ココニコにて認知症サポーター講座開催@さわらび荘

日時:平成27年12月19日(土) 10:00~14:00
場所:こども未来館ココニコ 研修室

市内の高等学校によって構成される「高校生ボランティア・ハート・ネットワーク」の交流会にて、認知症サポーター講座を開催致しました。
当日は市内12校の高校生52名、教職員、豊橋ゴールデンロータリークラブの方を含め、100名以上の参加がありました。講座の中では、認知症についての講話や高校生も参加しての寸劇、認知症のテストを行いました。寸劇の後にはグループごとで話し合い、実際に認知症の方と接するにはどうしたらよいかを考え、発表を行って頂きました。
講座終了後、各グループごとに本日の感想を発表し、「今までは認知症に対して無関心であったが、その壁を壊すことができた」、「道に迷って困っている人がいたら助けてあげたい」などの意見を頂きました。
今後も、一人でも多く方にサポーター講座を受けて頂き、認知症があっても多くの人の見守りや理解がある中、住み慣れた地域で生活を送れるよう、講座の開催をしていきたいと思います。(さわらび地域包括支援センター 勝山)

年越し行事@あかね荘

日時:12月18日(金)

場所:あかね荘フリースペース・食堂

寒さが一段と厳しくなったこの日、あかね荘ではご家族様にも参加して頂き、
恒例の年越し行事を行いました。

来年の干支である「申」の顔を思い思いに工作し、それを紙皿に貼り
フリスビーのように飛ばしました。また、飛んだ距離をみんなで競い、
表彰式では職員手作りのサルメダルが配られました。

最後にはティータイムでバナナのおやつを食べ、サルずくしな一日を
締めくくりました。

短い時間ではありましたが、利用者さんのはじけた笑顔、少しでも遠くに飛ばそうと
真剣な顔や悔しそうな顔などさまざまな表情が見られよい年越し行事となりなした。

(あかね荘 鈴木)

  

  

TFM合唱団のみなさん@しろがね

日時:平成27年12月21日(月)
場所:しろがね

毎月隔週月曜日に ボランティアでTFM合唱団のみなさんが
素敵な歌声を聞かせてくれます。
利用者のみなさんも 素敵な歌声に聞き入ったり 一緒に歌ったり
とても楽しまれています。

21日(月)は 合唱団のみなさんがサンタクロースに扮し
たくさんのクリスマスソングを歌って下さいました。
最後に 利用者一人一人に 少し早目のクリスマスプレゼントを
手渡して下さり みなさん とても喜ばれていました。

TFM合唱団のみなさん ありがとうございました!
(しろがね 小寺)

じゃが芋の収穫を行いました@カサデヴェルデ

日時:平成27年12月16日(水)
場所:カサ デ ヴェルデ畑

良く晴れた12月16日、9月に植えた畑のじゃが芋の収穫を行ないました。土地の耕しから始まり、肥料捲き、植え付け、草取り等、家族会の方のご指導のもと利用者様と一緒に育ててきました。大小様々ですが、立派なじゃが芋が沢山収穫できました。収穫したじゃが芋はヴェルデの厨房職員により、じゃが芋のガレット、みたらし団子風、素揚げ、ポテトスープと、とても美味しいおやつが出来上がりました。ご利用者様もご家族様も「おいしいね!」と召し上がっておられました。春になったら今度は何を育てようか、「トウモロコシにしようか、さつま芋もいいね!」と今から楽しみに皆で考えております。   (カサデヴェルデ 北風)

中学生福祉体験@しろがね

日時:平成27年12月2日(水)・3日(木)
場所:しろがね

豊橋市立本郷中学1年生の4名が 2日間福祉体験実習に来てくれました。
車椅子の体験や 利用者さんと一緒に歩行訓練に参加したり 油絵教室にも参加しました。
最終日は 楽しい人形劇を披露してくれました。
利用者さんもとても喜んで観ていました。
(小寺)

EPAフィリピン人看護師候補生・介護福祉士候補生歓迎会

日時:平成27年12月1日(火)09:30~

場所:第二さわらび荘 二階会議室

平成27年度EPA(経済連携協定)に基づくフィリピン人介護福祉士候補生として、12月1日(月)に、看護師候補生の方が3名(福祉村病院・ジェーンさん、ガブさん、R.C.さん)介護福祉士候補生の方が10名(ジュゲム5名・ヴィダモさん、ジェグさん、パトリックさん、アリさん、ミラマールさん、さわらび荘3名・リムさん、エリカさん、クリスさん、第二さわらび荘2名・チャンさん、ロックさん)来村され、皆さんの歓迎会を12月2日(火)に実施しました。

山本孝之理事長から歓迎の言葉から始まり、山本ゆかり専務理事、山本左近統括本部長からのお言葉を頂きました。候補生の皆様からの抱負を頂き、強い努力の決意を感じました。昨年度から働いている先輩候補生の方から激励の言葉を頂き、楽しい時間となりました。これから寒い季節となるので、理事長先生より候補生皆さんへひざ掛けのプレゼントを頂きました。最後は、福祉村病院の小橋修院長の乾杯で会を締めくくりました。第二さわらび荘やカサデローザの利用者様にも来て頂き、大変盛況な歓迎会となりました。

候補生の皆様には、これから3年間看護師・介護福祉士を目指して頑張ってください。私達は、そのためのお手伝いをしていきたいと思います。

(第二さわらび荘 新井)

さわらび会職員研修(テーマ別研修:防災研修)

職員研修(テーマ別研修)
研修名  防災研修
講師   日本赤十字社愛知県支部特殊奉仕団
愛知県赤十字災害救護奉仕団 副委員長
豊橋災害ボランティアコーディネーターの会会長
白井稔男様
日時   平成27年9月24日(木)午後2時~午後4時
場所   珠藻荘

内容
災害とボランティア
行政から被災者へ
被災が大きければ大きいほどに動けない。
義援物品が届けば届くほどに渡せない。
人が来れば来るほどに活かせない。
災害救援への民意の参加
阪神・淡路大震災は、ボランティア元年   ボランティア130万人集まる。
国内外に問わず、様々な災害に全国からボランティアが駆け付け活躍する。
平成10年にはNPO法人が誕生し全国に組織化が拡大する。
災害に備えた民間活動の重要性が認識される。
豊橋市では平成14年より独自でボランティア養成を実施している。
災害時のボランティアの特徴
平常時とは比べ物にならないほどの量の多さ。
ボランティアの数を予測できない。
遠方からの参加者もいるが、大半はボランティア未経験者
平常時の活動よりも「危険」が伴う。
ボランティアコーディネーターの存在が重要
災害時ボランティア活動の意義
被災者の自立支援が目的
被災者と同じ立場に立って痛みを理解して、ボランティアの中立的な対応で支援
ボランティアの自立、自己完結で実現
ボランティア活動の種類
労働・・・被災地への個人ケア・避難所の作業・清掃・がれき撤去・搬送・物資の輸送と配布・炊き出しなど人的労働の提供
金・・・・義援金・救援金・善意銀行・支援金・見舞金などの募金活動と募金協力
物資・・・救護物資提供・救援、復旧用資機材の提供
知恵・・・専門知識・資機材の使い方など、ノウハウの提供
情報・・・アマチュア無線・インターネットを利用した掲示板・画像など、必要な情報の整理と提供
災害時のボランティア活動(被災者)
災害発生後2時間以内の活動例
火災予防と初期消火消防署等への通報
怪我人の救出や、高齢者、身体の障害がある人の避難誘導
家族隣近所の人たちの安否確認
災害発生から2時間以降、1週間程度までの活動例
怪我人の手当や病弱者、妊婦、高齢者、子供、障害を持つ人の援助
介護や安静が必要な被災者の生活環境の整備
炊き出し
救援物資の分配、保管
避難所や高齢者世帯などに対する飲料水や生活水の運搬や水汲み
避難所などのゴミの分別や集積
近隣の人たちの安否情報の収集、正確な情報の伝達
空き巣狙いなどを監視する見回り
災害時のボランティア活動〈被災者以外〉
発生後1カ月程度の活動例
避難所の手伝い
湯茶の提供、炊き出し、子供の遊び相手、話し相手、物資の運搬、情報の貼り出し、休
憩所の設営、集会所の設営など
救援物資の仕分け、配送
引越しの手伝い、荷物運び、水汲み、部屋の後片付け、家具の移動、ゴミだし、障害の
ある人の送迎、生活情報の提供
高齢者などの買い物、通院の付添い
営業している店舗や浴場、公共施設の情報提供
遊び場や遊具の設営、子供の一時預かり
災害時のボランティア活動〈後方支援〉
被災地での直接支援活動以外の活動例
お金や物資を提供する。
場所を提供する。
救援に役立つ情報を提供する。
現地に行くボランティアの支援をする。
救援物資
現地がいつ何を必要としているかを確認してから送る。
※送ってはいけない救援物資
なまもの、賞味期限の短い食品、壊れやすい物、古着、衣料品
義援金
国内の被災地の自治体や日本赤十字社などで構成する配分委員会でその使い道が決定され国内の被災者に一世帯いくらという形で渡されます。
救援金
海外の被災支援に充てられるお金
支援金
ボランティアセンター、団体の活動賃金として使って欲しい、被災地で車を借りるのに使って欲しいなど、義援金以外の使い方を希望して寄付するお金の事です。
※義援金、救援金、支援金どれなのかを明記しないと、全て救援金として扱われます。
ボランティアコーディネーターの必要性
全国からボランティアが行政あてに駆け付けるが行政では対応しきれない。
(ボランティアを活かせない。)
被災者はボランティアの存在を知らない。
ボランティアは、被災者を支援したい気持ちがあってもむ、何をどうするか?どこへ行けばよいのか?判らない。
双方の安全確保が無い。
双方を対等につなぎ発展させる
災害の情報を伝え、地域の防災力を高める。
災害ボランティア活動の心得
被災者自立復興支援が目的である。(主役は被災された方)
被災者の心情を理解して対応する。(ボランティアに依頼するまでの家庭を理解する。)
ボランティアとして現地に負担や迷惑を掛けないようにする。(天災特約保険加入、宿泊、食事、装備等は自己完結で行う。)
被災地ボランティアセンターの現状を把握する。(ニーズの確認と出来れば事前連絡)
災害ボランティアセンターの役割
災害ボランティアセンターの目的は、被災者の生活復旧と自立を支援する事である。
自助、共助を原則とし、被災者が自助、共助出来ない場合に備え、各地から駆けつけてくる災害ボランティアをスムーズに受け入れて被災者の元に派遣する事により、被災者の支援体制を整えるものとする。
ボランティア依頼ニーズの収集方法
ボランティアセンターに電話で依頼する。
依頼者がボランティアセンターに行って依頼する。
センターのボランティアが被災地を廻って収集する。
※ボランティア依頼が本人でない場合もある。(同居していない家族、近所の方、民生委員、自治会、介護ヘルパー、日本語通訳の人、避難所管理者、施設管理者など)
豊橋市災害ボランティアセンターの流れ
①事前オリエンテーション
参集したボランティアに対し、受付が始まる前に必要な事柄を伝達する。
(掲示板に貼り出しておく。)
②受付
受付用紙の記入説明〈住所、氏名、連絡先、〉
③活動紹介
ボランティアが自主的にできる活動(やりたい活動ではない)を選択するよう案内する。
④活動オリエンテーション
ボランティアが選択した活動内容を詳しく説明し、注意事項なども合わせて伝達する。
⑤送り出し
ボランティア活動に必要な資機材や防具を渡し、ボランティアを送り出しする。
⑥活動報告
ボランティア活動状況とボランティアのケアを目的として活動報告を行う。

災害が起こった場合に、ボランティアの支援を安全でスムーズに活かす仕組みとボランティア自身がボランティア活動の意義を理解して、行動しなければいけない事を教えて頂きました。
若菜荘  金子

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成27年11月28日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

10名の方がお越しくださいました。

お客様と一緒に後出しじゃんけんなどの脳トレ体操や高校三年生などの歌謡曲を歌ったり、コーヒーや紅茶等を飲みながら談笑したりと、楽しいひとときを過ごしていただけたかと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、12月の第4土曜日 26日(土)13:30~15:30です。

(さわらび荘 太田)

オレンジカフェ@カサデヴェルデ

日時:平成27年11月26日(木) 14時~15時半

場所:カサ デ ヴェルデ 多目的室

11月26日(木)2回目の「カサデヴェルデ オレンジカフェ」を開催いたしました。
オープンと同時に、大勢のお客様が来て下さいました。
ご近所同士、お誘い合わせて来てくださった女性のグループの方、お一人でお見えになられた男性のお客様、知人の方を誘われ、一緒に来られたご利用者様のご家族等、地域の方13名、ご利用者ご家族様2名、南部地域包括支援センターの職員様2名の合計17名の参加がありました。

コーヒーや紅茶をお飲みになりながら、皆さま、楽しそうにおしゃべりに花を咲かせておられました。

後半は、職員による『懐かしの歌イントロ曲名宛クイズ』を行わせていただきました。瞬時に題名が出てくる曲があるかと思えば、「歌手はわかるんだけど、題名が出てこない!」と頭を悩ませたり、皆さま大変盛り上がっておられました。

「カサデヴェルデ オレンジカフェ」は12月から3月まで、インフルエンザ等感染症予防の為お休みさせていただきます。
温かくなった頃、また皆さまのご来店をお待ち致しております。
(カサデヴェルデ 北風)

第4回運営推進会議@カサデヴェルデ

日時:平成27年11月20日(金)14時~15時

場所:カサ デ ヴェルデ 多目的ホール

第4回カサデヴェルデ運営推進会議が行われました。委員の方7名、地域の方1名、ご利用者様ご家族2名の計10名の方にご参加いただきました。

これまでも勉強会を兼ねて開催しておりましたが、さらにより多くの意見交換が出来るよう、今回より14時~委員の方との話し合いを行い、引き続き14時半~勉強会を行いました。今回は施設看護師による『感染症について』と題し、インフルエンザと肺炎球菌についてお話をさせていただきました。

地域老人クラブの会長様、派遣介護相談員の方が新たに委員になって下さり、今回より参加していただきました。初めにの皆さんお互いの自己紹介を行なっていただき、意見交換では時々笑いあり、和やかな雰囲気で行われました。

活動報告で豊橋トントン唄を歌っている歌手の方がボランティアで来られた報告を行なったところ、委員の方より、「その歌の体操があるよ。話を聞く勉強会だけではなく健康体操をとり入れて欲しい」又、「救命講習を行ってほしい」等ご意見をいただきました。今後、ぜひ取り入れていきたいと思います。

(管理者 若見)

第34回さわらび文化祭@あかね荘

日時:平成27年11月3日(火)

場所:福祉村内(あかね荘)

「みんなでつなごう アジアの福祉」をテーマとし、第34回さわらび文化祭が開催されました。

あかね荘では、文化祭のテーマに因んで“アジアを楽しもう”と題し、来荘された方々が「マンダラに思い思いの色塗り」「アジアの人たちの顔出しパネル」を行いました。

また模擬店では、「うどん」「じゃがドッグ」「クレープ」「焼き芋」を販売致しました。

1日を通じて、沢山の方が来荘され大盛況でした。あかね荘利用者の方も催し物を通して、地域の方との交流を楽しんでおられました。

皆様ありがとうございました。(あかね荘 小寺)

 

 

 

 

 

 

EPA看護師、介護福祉士候補生「意見発表会」@第二さわらび荘

日時:平成27年11月3日(火)10時40分~

場所:第二さわらび荘1階ふれあいホール

さわらび会ではEPA(経済連携協定)の元、多くの看護師、介護福祉士候補生の方をアジアの国より受け入れ、それぞれの資格取得を支援しています。現在インドネシアから介護福祉士候補生6名、フィリピンから看護師候補生3名と介護福祉士候補生5名、ヴェトナムから介護福祉士候補生7名の方がお越しになっておられます。

そのような中で11月3日にさわらび会文化祭が「みんなでつなごう アジアの福祉」のテーマで行われました。

そこで今回は文化祭の中で看護師、介護福祉士候補生のみなさんに、普段頑張っている国家試験に向けての勉強や、野澤先生や山田先生による日本語学習、また、施設や病院での勤務の様子、並びにアジアの国々の高齢者事情を発表して頂く事と致しました。

文化祭開会式終了後に発表会を実施しましたので、開会式に参加して下さった多くの方に発表を聞いて頂く事ができました。日本と各国の高齢化のスピードの違いやそれぞれの国の文化による高齢者への対応の違い、また各国の高齢者制度の違いなどを大変上手に多くの方の前で発表が出来たと思います。また参加して下さった方も、メモを取ったり、写真を撮られるなど一生懸命聞いて下さいました。

発表後にはさわらび会を代表して山本左近統括本部長より、熱いメッセージも頂く事ができました。

発表資料を作成したり、事前の練習など大変でしたが、普段の日本語の勉強よりもさらに力が入って日本語学習が進んだと思いますし、多くの方の前で発表することで自信にもなったと思います。

今後もこのような機会を作り、日本とアジア各国の文化交流を行い、またそれぞれの資格合格に向けて頑張ってまいりたいと考えています。

(第二さわらび荘 井上)

  

シャトーローズ八町施設見学会のお知らせ@シャトーローズ八町

シャトーローズ八町では、無料ランチ付き施設見学会を開催させていただきます。

1.日時 : 平成27年11月28日(土) 12:00~13:30

2.場所 : シャトーローズ八町 豊橋市八町通1丁目9番地

公共交通機関のご案内 : 豊橋駅より豊橋鉄道東田本線(市電)
札木または市役所前下車、徒歩5分

※施設の駐車場には駐車台数に限りがあるため、駐車できない場合がございます。当日はなるべく公共交通機関をご利用下さい。

(無料送迎を希望される方は応相談)

3.内容 : 12:00~施設見学 12:45~ランチ試食会

4.お申し込み締め切り : 平成27年11月25日(水)17:00まで

(お申し込みが定員に達し次第、受付を終了致します)

※参加費は無料です。お1人様につき1食提供ですが、ランチは限定10食(要予約)です。

5.お問い合わせ先 : TEL 0532-52-0005
            FAX 0532-52-0188
            シャトーローズ八町 担当 加藤

詳しい内容ついては下記リンク先からご確認ください。
シャトーローズ八町無料ランチ付き施設見学会のご案内(チラシ)
皆様のご参加をお待ちしております。(シャトーローズ八町 加藤)

第34回さわらび文化祭 子ども福祉サミット@フェリス福祉村

日時:平成27年11月3日(火) 9:20~12:30

場所:フェリス福祉村 7階 フェリスホール

11月3日にさわらび文化祭が行われ、全体企画として「子ども福祉サミット」が行われました。

昨年度も開催いたしましたこの企画ですが、これは豊橋市内に住む小中学生に福祉村に集まって頂き、現在の日本の福祉の問題や自分たちの将来などについて自由に意見を出していただき、福祉への理解を高めることを目的として開催しております。

今年は豊橋市内の小学1年生から中学3年生まで計27名が参加して下さり、5グループに分かれて活発な意見交換が行われ、その後、各グループでまとめた内容を発表して頂きました。

また豊橋市長の佐原光一様からは激励のお言葉を、3人のコメンテーター(豊橋市議会 福祉教育委員会副委員長 尾林伸治様、豊橋市福祉部 障害福祉課長 大野忠司様、豊橋市社会福祉協議会 常務理事 近藤洋二様)の皆様からはグループ発表後コメントを頂き、とても充実した時間を過ごされたのではないかと思います。

今後もさわらび会は、このように子どもさんを始めとして、多くの方に福祉について理解して頂ける取り組みをしていきたいと考えています。(さわらび荘 白井)

 

 

 

 

『カサ デ ヴェルデ オレンジカフェ』@カサデヴェルデ

日時:平成27年10月29日(木)

場所:カサデヴェルデ 多目的ホール

地域密着型サービス事業所カサデヴェルデに於いて、第1回目のオレンジカフェを開催いたしました。

地域の方5名とご利用者様のご家族様1名の計6名ご来店いただきました。店内には入居者様のお習字や,玉ねぎの皮の絞り染Tシャツ作品等も展示し、地域の方は「こんな事もできるのか?」と感心されていました。お飲物を飲みながら、おしゃべりを楽しまれた後は、職員による同一部首探し漢字問題を行い、頭のトレーニングを行ないました。入居者様、地域の皆さん、頭をひねりながら一生懸命漢字を書き出しておられました。お帰りの際には「楽しかったよ、また来るね」と声をかけて下さる方もおられました。

『カサ デ ヴェルデ オレンジカフェ』では、介護の専門スタッフ達が、美味しいお飲物を準備してお待ちしております。

次回開催は、11月26日(木)14:00~15:30です。皆様ぜひお気軽にお立ち寄りください。

カサデヴェルデGH管理者 若見

ゴロバレー大会@珠藻荘

日時:平成27年10月28日(水)

場所:豊橋市総合体育館

豊橋総合体育館にて豊橋北ロータリークラブ杯障害者スポーツゴロバレー大会が開催されました。東三河で行われることは今年はじめてで、シーサイド吉前・蔵王苑・希全の里・珠藻荘の4つの施設の参加となりました。残念ながら当施設は最下位となってしまいましたが、プレー中の利用者様は声かけしたり、突然のパスに対応したり、励ましあったりとNiceチームプレーを見せてくれ職員も大盛り上がりでした。試合終了後交流を深めるためフレンドリーマッチ(職員代表vs利用者様代表)がありました。ハンデキャップはあるものの大差で利用者様代表の勝利!!施設長からは、「職員も練習が必要だ!」と厳しい一言。みな様、笑顔の絶えない楽しい時間をすごしました。(戸崎)

  

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成27年10月24日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

13名の方がお越しくださいました。

お客様と一緒にアハ体験でテレビのモニターの映像が変わっていく様子を集中して探したり、カフェ定員がお客様の似顔絵を描いてプレゼントしたりと、楽しいひとときを過ごしていただけたかと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、11月の第4土曜日 28日(土)13:30~15:30です。

(さわらび荘 太田)

(似顔絵を描いている様子)

リフター操作の研修をはじめています@珠藻荘

日時:平成27年9月30日(水)

場所:珠藻荘 2階多目的ホール

日常の介護業務において、移乗介助など、これまで主に一人または二人による直接介助にて行ってきました。今後より多くの機会でリフター導入をすることによって、介助者の腰痛軽減がはかれ、一人で介助ができるメリットが増すかと思っています。珠藻荘では職員全員がリフター操作の習得を行い、利用者様の不安を取り除き安心して利用できるよう、今回より第2、第4水曜日の14時より15時に研修会を設け習得に励んでいます。さわらび会の他施設、病院からの見学も受け付けておりますので、ご希望があれば、連絡をお願いします。(井上)

 

介護と暮らしを考える日のイベントへ参加@さわらびグループ

日時:平成27年10月3日(土) 13時~17時

場所:名豊ビル7階ホール

サーラフィナンシャルサービス株式会社が創業40周年記念行事として名豊ビルにおいて「介護と暮らしを考える日」のイベントを行い、その来場者向けにさわらびグループでは「認知症予防」をテーマにブースを出展し、認知症の簡易チェックをして頂いたり、認知症の予防のためのエクササイズを行いました。

認知症のチェックでは、時計の図を書いたり、立方体の図を書いて頂くなどの簡単なテストをして頂きました。

また認知症予防では、足踏みをしながら数字を数えその際に4の倍数の時には手を叩く等の「運動プラス頭の体操」を組み合わせたエクササイズをして頂きました。

当日約40名程の方が参加をして下さり、認知症のチェックで問題ないことが分かり安心されたり、運動が思ったよりも難しく失敗したときに笑い声が上がるなど楽しく認知症予防の活動を行うことができました。

またさわらび会の紹介パネルを展示し施設のご紹介をさせていただいたり、福祉村病院で行っている認知症予防脳ドックのご説明をさせていただきました。

認知症でお困りの方や、認知症について将来不安の有る方への手助けが出来たのではないかと感じ、有意義にイベントを終えることができました。(第二さわらび荘 東郡)

 

 

病棟ピアノコンサートが行われました@福祉村病院・老人保健施設ジュゲム

日時:平成27年9月28日(月)

場所:福祉村病院・老人保健施設ジュゲム

ドイツを拠点として活動されている、ピアニストのAZUMI PIANO様による

ピアノコンサートが福祉村病院及び老人保健施設ジュゲムにて行われました。

AZUMI PIANO様は昨年、今年と続けてご家族様が入院されたそうです。

その際、ご家族様を励ますために病院にてピアノを演奏した経験を活かし

「病院でピアノを弾きたい」と全国の病院や子供も参加できる音楽会を開催されています。

今回は、寝たきりで移動できない患者様にも聞いていただけるように

各フロアにピアノを移動させてのピアノコンサートでした。

 
 

夕焼けこやけ、七つの子、さくら、きらきら星の変奏曲など患者様も職員も口ずさめる曲を演奏してくださいました。

ピアノに合わせて指揮をする患者様、すごい!すごい!と笑顔で聞いている患者様

大きな声で歌っている患者様など、皆さんとても良い表情をされていました。

昔の思い出を思い出しながら、素敵な時間を過ごすことができたのではないでしょうか。

AZUMI PIANO様、素敵なピアノ演奏をありがとうございました。

(福祉村病院 近藤)

社会福祉法人 職員親睦会@若菜荘・しろがね

日時:10月 3日(土)19:00~21:00

場所:豊橋出雲殿(牛川町)

社会福祉法人 職員親睦会が行われました。昨年・一昨年と台風の影響で中止でしたが

今年は無事に開催できました。来賓・職員総勢200余名で盛大に催されました。

EPA介護福祉士候補生(ベトナム・フィリピン・インドネシア)の皆さんも工夫を

凝らした演出で、花を添えていただきました。

また、山本孝之理事長と山本ゆかり専務理事の「米寿」「喜寿」のお祝いもさせて

いただきました。最後に、会場全体で、関ジャニ∞の「前向きスクリーム」を踊り

心を一つにして終了することができました。(若菜荘 山田)

 

シャトーローズ八町施設見学会のお知らせ@シャトーローズ八町

シャトーローズ八町では、ランチ付き施設見学会を開催させていただきます。

1.日時 : 平成27年10月24日(土) 11:30~13:00

2.場所 : シャトーローズ八町 豊橋市八町通1丁目9番地

公共交通機関のご案内 : 豊橋駅より豊橋鉄道東田本線(市電)
札木または市役所前下車、徒歩5

(施設の駐車場には駐車台数に限りがあるため、駐車できない場合がございます。当日はなるべく公共交通機関をご利用下さい)

3.内容 : 11:30~施設見学 12:30~ランチ試食会

4.お申し込み締め切り : 平成27年10月16日(金)17:00まで

お申し込みが定員に達し次第、受付を終了致します)

5.お問い合わせ先 : TEL 0532-52-0005
            FAX 0532-52-0188
            シャトーローズ八町 担当 加藤

詳しい内容ついては下記リンク先からご確認ください。
シャトーローズ八町 ランチ付き施設見学会のご案内(チラシ)
皆様のご参加をお待ちしております。(シャトーローズ八町 加藤)

防災訓練@しろがね

日時:平成27年9月30日(水)

場所:しろがね全域

 

地震を想定した 防災訓練を行いました。

みなさん慌てることなく 職員の指示に従い 建物横のテントに避難しました。

いつ起こるか分からない災害に備え これからも訓練を行っていきたいと思います。

(小寺)

 

 


 

 

 

 

 

 

 


防災訓練@あかね荘

日 時:9月30日(水) 11:00~12:30

場 所:あかね荘全域および中庭

 

巨大地震を想定した避難訓練および炊き出し訓練を行いました。

警報と同時に避難訓練をスタートし、避難場所である中庭に迅速かつ安全に避難する事ができました。

炊き出し訓練では、常に食べることのない非常食を全員で食べることもでき、最後の最後まで真剣味あふれる訓練を行うことができました。

また、9月1日(火)にシェイクアウト訓練を試みました。この訓練では、地震が発生した際に

・Drop(姿勢を低く!)

・Cover(体・頭を守って!)

・HoldOn(揺れが収まるまでじっとして!)

の3つを行うことで、子どもから大人まで誰でもできる基本的な安全行動がとれるとされています。しかし、知的障害のある方が1分間じっとしていただくことは大変難しく、繰り返し訓練をしていくことが大切であると再確認できました。

今後も防災また減災に対する意識、そしてノウハウ等の向上に向け、定期的に取り組んで参りたいと思います。(小寺)

  

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成27年9月26日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

10名の方がお越しくださいました。

ボランティアで5歳の男の子がカフェ定員となり、無邪気な笑顔で接客し、お客様も飲み物を受け取るときには自然と優しい笑顔になっておりました。

コーヒーや紅茶等を飲みながら談笑をしたり、楽しいひとときを過ごしていただけたかと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、10月の第4土曜日 24日(土)13:30~15:30です。

(さわらび荘 太田)

豊楽会 唄・踊り披露@第二さわらび荘ふれあいホール

日時:平成27年9月23日(水)10時~11時

場所:第二さわらび荘 ふれあいホール

9月23日に豊楽会の皆様がお越し下さり、唄・踊りの披露をして下さいました。

当日は各施設より利用者の方が参加され、楽しい時間を過ごすことができました。

豊楽会の皆様には毎年春とこの敬老会の時期にもお越し頂いています。

またのご来荘をお待ちしています。

豊楽会の皆様ありがとうございました。(相談員 東郡)

 

明日香・福祉コンビニ合同防災訓練にて「パッククッキング」実施@明日香

日時:平成27年9月23日(水)10:00~11:30

場所:明日香 食堂

講師:豊橋創造大学短期大学部 キャリアプランニング科 准教授 朝倉 由美子 様

 

明日香では、毎年9月に地震想定の防災訓練を行っています。今回の防災訓練は、福祉コンビニの職員と合同で、豊橋創造大学短期大学部キャリアプランニング科 准教授 朝倉由美子様のご指導の元、「パッククッキング」を行いました。

「パッククッキング」とは、ポリ袋に食材に入れて湯せんで火を通す調理法で、災害で、電気、ガス、水道などライフラインが使えなくなっても、カセットコンロ、鍋、水、ポリ袋があれば、簡単な食事を作って食べれるというものです。今回、作ったメニューは、ご飯、炊き込みご飯、焼きそば、ツナじゃが、乾パンの卵とじ。職員、ご利用者、ご家族、施設外の法人職員、合わせて65名の参加者が、楽しみながら「パッククッキング」に挑戦しました。完成した食材を試食した参加者からは一様に「美味しい!」との声が上がりました。

大規模震災は、いつ襲ってくるかわかりません。今回学んだ事が、いざという時に活かされればと思います。(明日香 末松)

 

 

 

福祉村総合防災訓練実施及びあいちシェイクアウト訓練参加@福祉村病院・老人保健施設ジュゲム

日時:平成27年9月1日(火)14時~

場所:福祉村病院及び老人保健施設ジュゲム

毎年実施している、合同防災訓練を実施しました。

今年度より福祉村総合防災訓練とし消火・避難誘導のみでなく、通報・放送・本部設置等

必要且つ実践的な活動を網羅した訓練として行いました。

また、同じ日に実施された第3回あいちシェイクアウト訓練にも参加し、

訓練地震放送に合わせて「しせいをひくく」「あたまをまもり」「じっとする」

3つの行動を実践しました。

9月10日から11日にかけて関東・東北地方での甚大な豪雨被害がありました。

この中部地方でもいつ何が起こるかは誰にもわかりません。

「いざ」という時に備え、これからも実践的な訓練を行っていきたいと考えます。

  

  

(防災委員長 山本めぐみ)

院内研修「介護保険病棟における担当者会議の進め方」@福祉村病院

日時 : 平成27年9月8日(火)

場所 : 福祉村病院 大会議室

講師:患者サービス・病院機能向上委員会

 

医療従事者を対象に、介護保険病棟における担当者会議の院内研修を行いました。

  

研修の初めにリハビリ部 榊原利夫部長から、

担当者会議における“意義”を説明して頂きました。

「我々の仕事は大勢の職種によって成り立っている仕事です。

それぞれ役割分担がありますが、ばらばらに働いていいかというとそうではありません。

家を建てるということに置き換えてみると“家を建てる”という目標のもと、

ばらばらに仕事をしてしまうと壁紙の下にスイッチが入ってしまったり、

必要のない所に柱を作ってしまったりという事が起こります。

これでは見た目も悪く使い勝手も悪い。

そうならない為に何が大切かと言いますと、

話し合って段取りを決めていくと言う事が大切です。

我々の大きな目標は、QOL(生活の質の向上)を高めるということです。

これは患者様1人1人で状態も違いますし、非常に難しいことです。

だからこそ大勢で知恵を出し合い、段取りを決めていく事が大切です。」

今回の研修では架空の事例を用意し、それに対しての担当者会議を行いました。

家族が同席しての会議を想定し、各グループで数人が家族役となり

様々な視点からの意見交換が行われました。

  

 

担当者会議で最も重要なことは、事前準備と発言保障・共同責任のルール。

業務時間を割いて集まっているので、はじまりと終わりの時間を厳守することは

信頼関係にも大きく関係してきます。

発言保障・共同責任のルールは、職種や年齢、役職にとらわれず自由な発言をすること。

また、出席者は会議で決まったことについて全員が100%の責任を持つということが大切です。

それを基本として、担当者会議は行われます。

最終的に各グループの代表者が発表し、それに対して外部からの評価を行いました。

 

会議で決定した内容を実行に移し、結果を検討して次に繋げていけるよう

これまで行ってきた担当者会議を振り返り、患者様によりよいサービスを

提供できるよう改善していきたいと思います。

 

(福祉村病院 近藤)

夏のレシピ紹介@栄養士会

毎日暑い日が続き、食欲が出ないことで夏バテを感じる方も多いと思います。そんな時こそ食事をバランスよく食べて、栄養素を蓄える必要があります。ここで紹介するレシピは、食欲が出ない時でも食べやすい料理です。 ご家庭でも是非お試しください。                  (さわらび荘 管理栄養士 坂神)

おくらトンカツ

材料(1人分)
おくら3本、豚バラ肉3牧、塩コショウ 適量、小麦粉 適量、卵15g、パン粉 適量

作り方
① おくらはよく洗い、がくを取り、おくら全体の水分を拭いておく。
② 豚バラ肉をおくら1本に対して1枚巻き付けて、塩こしょうを振る。
③ 小麦粉・卵・パン粉の順に衣をつける。
④ 160度の油でじっくり揚げて、出来上がり。

片栗粉で簡単くずまんじゅう風

材料(1人分)
こしあん20g、片栗粉7g、水50g、砂糖3g、きな粉 適量

作り方
① あんを器の真ん中に置く。
② 手鍋に、片栗粉・水・砂糖を入れ、よくかき混ぜる。弱火~中火でかき混ぜながら温め、一度濁り、その後透き通って粘りが出てきたら火を止める。
③ ①に②をかけ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、食べる直前にきな粉をかける。(お好みで黒蜜をかけてください)

豚肉のバーベキューソース

材料(1人分)
豚ロース3~4枚、生姜1かけ、(下味)醤油 小さじ2/3、酒 小さじ2/3
(ソース)りんご、桃等の果物ピューレ10g、醤油 小さじ2/3、砂糖 小さじ2/3、           みりん 小さじ1/2、酢 少々

作り方
① 豚ロースに生姜のすりおろしを加え、下味をつけておく。
② フライパンに油をひき、①を焼く。
③ 醤油、みりん、砂糖を合わせ、火にかける。ひと煮立ちしたら、果物ピューレと酢を加える。
④ ②の豚肉に③のソースをかける。
⑤ お好みの付け合せを添えて出来上がり。

サマーフェスタ2015@珠藻荘

日時:平成27年8月26日(水)

場所:珠藻荘2階多目的ホール

夏恒例のサマーフェスタが開催され、午前は会食とカラオケ大会、午後はビンゴ大会を行いました。
カラオケは飛び入り参加も出て盛り上がり、お待ちかねのビンゴ大会も元気な声が飛び交っていました。
ボランティアの方々にも参加していただき、暑かった夏も一気に吹っ飛ぶくらいみんなで盛り上がったサマーフェスタとなりました。(井上)
 
 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成27年8月22日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

16名の方がお越しくださいました。

福祉村病院の認知症リハビリプロジェクトチームの皆さんに棒体操を行っていただきました。コーヒーや紅茶等を飲みながら、楽しく談笑をしたり、棒体操等をして、楽しいひとときを過ごしていただけたかと思います

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、9月の第4土曜日 26日(土)13:30~15:30です。

 (さわらび荘 太田)



 

 

 

「いきいきフェスタ2015」にて、かたりべの会発表@あかね荘

日時:平成27年8月23日(日)10:00〜16:00

場所:ライフポートとよはし

8月23日ライフポート豊橋にて行われたいきいきフェスタに参加しました。今年の演目は「石巻さんのせいくらべ」です。リハーサルではみなさん緊張されている様子でしたが、本番ではとっても大きな声で語ることが出来ました。みなさん本当に本番に強いです!お昼ご飯はお楽しみのカレーライス♪去年はとっても辛かったですが、今年は甘くておいしくいただくことが出来ました。次は文化祭に向けて練習していきます。みなさん期待していてください。(あかね荘・田口)

 

医療法人・社会福祉法人 さわらび会 平成27年度 第1回 研究発表会

日時:平成27年8月19日(水)13:30~16:00

場所:福祉村病院 大会議室

 

「医療法人・社会福祉法人 さわらび会 平成27年度 第1回 研究発表会」が行われました。
今回は、7つのグループが医療・高齢者福祉・障害者福祉それぞれに専門性の高い実践を発表しました。

発表①
「Quality of Life ~リハビリを重ね意欲を増す~」
しろがね 理学療法士 宮下賢也
生活支援員 山田忠由

発表②
「臭い対策」
珠藻荘  介護士長 石田喜則

発表③
「当施設におけるキャリア段位制度の取り組み~水分補給量に着目して~」
グループホーム白珠 介護士 島本晴子
介護士 大原崇弥

発表④
「集団レクリエーションによる生活のQOLの向上」
グループホーム カサデヴェルデ 管理者 若見和成

発表⑤
「看取り介護への取り組み 第二さわらび荘での17例の事例について」
第二さわらび荘 ユニットリーダー 西崎弘雅
看護師長     鈴木あきよ

発表⑥
「リハビリで歩行訓練を行っている患者様の身体機能・認知機能の維持向上への
取り組み」
福祉村病院2病棟2階 介護士 荻野みな子

発表⑦
「スピーチロック廃止に向けて」
ジュゲム 介護士 柴田洋年

発表終了後、参加者による投票が行われ、山本左近統括本部長より最優秀賞、優秀賞、奨励賞の発表が行われました。

最優秀賞
「スピーチロック廃止に向けて」
「看取り介護への取り組み 第二さわらび荘での17例の事例について」

優秀賞
「リハビリで歩行訓練を行っている患者様の身体機能・認知機能の維持向上への
取り組み」
「当施設におけるキャリア段位制度の取り組み~水分補給量に着目して~」

奨励賞
「Quality of Life ~リハビリを重ね意欲を増す~」
「臭い対策」
「集団レクリエーションによる生活のQOLの向上」

講評では、山本孝之理事長、山本ゆかり専務理事、山本左近統括本部長より、各発表について、良かった点や改善点などアドバイスを頂きました。また、今年度、第2回発表会へ向けての準備、研究発表会をこれからの業務に生かしていけるようにとのお言葉を頂きました。

研究発表の詳細につきましては、後日、研究発表レポートとしてお伝え致します。

(さわらび荘 勝山)



リトミック教室@しろがね

日時:平成27年8月13日(木)

場所:しろがね

 

しろがねでは 週に1~2回リトミックの先生を招いて リトミック教室を行っています。

今日のリトミック教室では 先生が手作りの魚釣り遊びを用意して下さいました。

みなさん夢中で魚釣りを楽しまれていました。

毎回音楽に合わせて体を動かし 利用者のみなさんは とても楽しまれています。

(しろがね 小寺)

 

夏休み親子福祉体験講座@あかね荘

日時:平成27年8月8日(土)10:00~14:30

場所:福祉村内各施設

先日、夏休み親子福祉体験講座が行われました。

あかね荘では「つくってあそぼ!ちぎり絵!!さをり織り!!」というテーマで、食堂でちぎり絵を、フリースペースでさをり織りを行い、利用者さんと交流していただきました。

大変暑い中ではありましたが、今年も多くの子どもさんや親御さんに参加していただきました。ありがとうございました。(あかね荘 小寺)

  

フィリピン人看護師候補生 ヴェトナム人介護福祉士候補生 歓迎会@第二さわらび荘

日時:平成27年8月6日(木)9時半~

場所:第二さわらび荘 2階会議室

EPA(経済連携協定)にもとづく平成27年度フィリピン人看護師候補生1名(シムシム ジョイ モルティオさん)及びヴェトナム人介護福祉士候補生5名(・ファム クオック フィーさん ・ヅオン ヴァン トアンさん ・チャン ティ トゥー フォンさん ・ダオ ティ リエウさん ・ブー タイン チャーさん)がさわらび会へ来られましたので、歓迎会を8月6日に実施いたしました。

山本孝之理事長の歓迎の言葉から歓迎会が始まり、みなさんからこれからの抱負を述べて頂きました。また花束の贈呈やヴェトナムの絵のプレゼントを頂きました。

歓迎会に集まった病院や各施設の職員や利用者の皆さんとたいへん和やかな雰囲気の中で歓迎会を実施することができました。

歓迎会終了後には山本左近統括本部長によるさわらび会の概要説明が行われ、皆さん真剣にお話を聞いておられました。

これから3年間、看護師、介護福祉士の資格を取る為に皆さん頑張られますので、私たちも皆さんの支援をしっかりと行っていきたいと思います。(第二さわらび荘 東郡)

野依台夏祭り@あかね荘

日時:平成27年8月1日(土)

場所:野依台中央公園広場

男性5名 女性2名の利用者の方が、野依台の夏祭りに参加されました。

お祭りでは、屋台で買った食べ物を味わったり、地域の方と一緒に盆踊りをしたりと、

皆さん楽しまれている様子でした。

とても暑い中でしたが、良い夏の思い出ができました。    (あかね荘 鈴木)

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成27年7月25日(土)13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

福祉村病院の認知症リハビリプロジェクトチームの皆さんに棒体操を行っていただきました。

コーヒーや紅茶等を飲みながら、楽しく談笑をしたり、棒体操等をして、楽しいひとときを過ごしていただけたかと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、8月の第4土曜日 22日(土)13:30~15:30です。

(さわらび荘 太田)

横綱 白鵬関が来村されました@さわらび会

日時 平成27710()

 

69代横綱 白鵬関が慰問のため福祉村に来村されました。

さわらび会 山本左近統括本部長とのご関係があり、今回福祉村への慰問訪問が実現。
16時頃に福祉村病院にご到着され、理事長先生からの挨拶、八木聖名子看護師長から花束の贈呈を行ったあと、患者様と交流されました。

     

白鵬関自ら患者様の傍にいき、握手や声をかけてくださいました。

皆さん一生懸命白鵬関に向かって手を伸ばし、握手をしてくださった後は満面の笑顔。
実際に握手をした患者様は、「大きな手だった。」「優勝しますと言ってくれた。一生の記念になります。」など大喜びの様子でした。

    

福祉村病院で暫く交流をした後、第二さわらび荘へ移動し歓迎セレモニーが行われました。

第二さわらび荘でも100名以上のご利用者様や地域の方がふれあいホールにつめかけ、白鵬関を一目見ようと大賑わいでした。

白鵬関が第二さわらび荘に到着されると、あふれんばかりの歓声と拍手でお出迎え。

福祉村保育園の園児からの歌のプレゼントでは、白鵬関も一緒になってタンバリンをたたいてくださいました。

    

質疑応答のコーナーでは「優勝してください!」という声がとても多く「頑張ります。」と笑顔で答えてくださいました。

その後山本ゆかり専務理事より花束と山本孝之理事長から総重量60kgの米俵、
障害福祉村病院サービス事業所で作られた“あすかくんクッキー”を明日香の利用者様から贈呈させていただきました。

     

第二さわらび荘でも大勢の利用者様と握手や写真撮影に応じて下さり

「大きかった!」「一緒に写真を撮ることができてよかった。」「是非、優勝してほしい!」

と歓迎セレモニーが終わった後も皆さん興奮冷めやらぬご様子でした。

また、EPAの候補生たちも白鵬関に大喜び!相撲という日本の国技が、世界中で愛されていることを実感しました。

    

 

    

横綱 白鵬関、ありがとうございました。(福祉村病院 近藤)

 

 

 

 

 

平成27年度第2回運営推進会議@グループホーム白珠

日時:平成27年7月20日(月)
場所:グループホーム白珠

今回の運営推進会議は、地域交流を目的として、回想法、ポン菓子製造実演を開催致しました。当日は69名が参加され「懐かしいね。」「昔は米だけでなく、大豆、麦、トウモロコシもはぜかしたね。」と、あちらこちらで会話がはずみました。菓子が出来上がるまで15分かかります。最後は全員でカウントダウン「5、4、3、2、1」。そして、「ポン」と大きな音と共にお菓子が出来上がりました。美味しそうな匂いが庭一杯に広がり、皆様も笑顔になられました。甘い蜜にからめスティックにして完成です。暑い日でしたが、地域の皆様と楽しく交流することが出来ました。ありがとうございました。(グループホーム白珠 白井)

豊橋祇園祭@シャトーローズ八町

日時:平成27年7月19日(日) 18:00~21:00
場所:シャトーローズ八町

豊橋祇園祭の打ち上げ花火は、台風11号の影響により日程変更をしましたが、当日は天候にも恵まれ、シャトーローズ八町から夜空に彩る花火をご覧いただくことができました。
花火が打ち上げられるたびにご入居者の皆様から大きな歓声や拍手が沸き上がっておりました。
(シャトーローズ八町 加藤)

手品と懐かしの唄@グループホーム白珠

日時:平成27年7月16日(木)
場所:グループホーム白珠

白珠では毎月1回、ボランティアの岩月淳一様による手品と懐かしの唄を開催しております。
今日の手品は、金魚鉢の中身が変わり、ハンカチが花へ変身、パプリカの中からトランプが現れ、新聞紙に水を入れても漏れてこない等、目の前で次々に不思議なことが起こりました。また懐かしい歌を大合唱して、楽しい一時を過ごしました。今から、8月が楽しみです。(グループホーム白珠 白井有)

梅雨空だけど、さわやかに@珠藻荘

日時 平成27年7月8日(水) 午後2時から3時

会場 珠藻荘二階多目的ホール

梅雨空が続く毎日、「今日はみんなでスカッと明るく歌おう!」とギター、電子ピアノ、ドラムを使った生演奏の中、童謡や歌謡曲でさわやか気分を味わいました。

週に一度は二階の広い多目的ホールを使って、レクリエーションを企画しています。
(井上)

防災訓練@しろがね

日時:平成27年7月3日(金)

場所:しろがね全域

 

防災訓練を行いました。

今回は 火災を想定し 職員の誘導で利用者のみなさんと一緒に

屋外に避難しました。

定期的に訓練を行っているためか 今回も慌てることなく とてもスムーズに

避難できました。

これからも 続けて行っていきたいと思います。 (小寺)

  

 

イオン豊橋南店「福祉の店」のご案内@明日香

 

日時:平成27年7月3日(金)~6日(月)

10:00~20:00(6日は18:00まで)

場所:イオン豊橋南店(ユニクロ前イベントコーナー)

イオン豊橋南店にて東三河障害者製品即売会「福祉の店」を開催いたします。

東三河の福祉施設が中心となって、クッキー、パン、シフォンケーキなどの焼き菓子や、

木工のおもちゃ、縫製商品など様々な商品が販売されます。

あすかくんクッキーも販売します!

皆様、ぜひお立ち寄り下さい。

明日香 末松

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成27年6月27日(土)13:30~15:30
場所:シャトーローズ八町
オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。
14名の方がお越しくださいました。
福祉村病院の認知症リハビリプロジェクトチームの皆さんに棒体操とイントロ当てクイズを行っていただきました。
イントロ当てクイズでは、曲名が書かれた用紙を各テーブルに配り、その中から曲のイントロ部分を流して曲名を当てるというクイズを行い「リンゴの唄、東京ブギウギ、港町十三番地」など懐かしい曲が流れ、お客様と一緒に口ずさみながら、楽しいひとときを過ごしております。
お客様からは「青春時代の曲だよ、本当に懐かしいな」などと、思い出話に花を咲かせている方もいらっしゃいました。
お越しくださいました皆様、ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。
次回は、7月の第4土曜日 25日(土)13:30~15:30です。
(さわらび荘 太田)

夏のレシピ紹介@栄養士会

梅雨になり、ジメジメとした季節になってきました。このような季節でも美味しく食べられる、お勧めのレシピを紹介します。ぜひ、ご家庭でもお試しください。
(さわらび荘 管理栄養士 坂神)

枝豆豆腐

材料(2人分)
枝豆(豆量)30g、絹ごし豆腐100g、牛乳60cc、塩 小さじ1/4、粉ゼラチン2g

作り方
① 枝豆は茹でて豆を取り出す。
② 枝豆と豆腐をミキサーにかけ、滑らかにする。
③ 牛乳に粉ゼラチンと塩を入れ、電子レンジで少し温め溶かす。
④ ②を③に加えてよく混ぜる。
⑤ 器に流して冷蔵庫で冷やし固める。

トマトカレー

材料(2人分)
トマト3個、牛薄切り肉150g、玉ねぎ 小1個、サラダ油 大さじ1/2、水300cc
固形スープの素1個、カレールー50g、プレーンヨーグルト 大さじ3、ごはん適量

作り方
① 玉ねぎは半分をみじん切りにし、油を熱した鍋で炒める。透明感が出てきたら水を入れ、沸騰したらスープの素を溶かす。
② ①にヘタをよけながらトマトをちぎって加える。
③ 煮立ってきたら牛肉を入れて中火で煮る。
④ アクが浮いてきたら残りの玉ねぎをすりおろして加える。
⑤ いったん火を止め、カレールーを入れて混ぜ、中火でさらに10分ほど煮る。
⑥ ヨーグルトを加え、混ぜ合わせる。
⑦ ご飯とともにお皿に盛りつける。

歌謡ショーが行われました@カサデヴェルデ

日時:平成27年6月20日(土) 14時

場所:カサデヴェルデ 多目的ホール

梅雨の晴れ間の風が爽やかな6月20日,カサデヴェルデにて『新・豊橋とんとん唄』の歌手であります佐藤朱実様と、そのお仲間達による歌謡ショーが行われました。

昨年と同じ様に艶やかな和服姿で歌われる佐藤様や、ムード感たっぷりでハンサムな男性歌手の方の歌声に、利用者様は、声を出して一緒に歌われる方あり、満面の笑顔で聞き入っている方あり、手拍子をされる方ありと皆さん最初からとても盛り上がっていました。今年はさらにバージョンアップし、お一人でバックダンサー、マラカス、バックコーラスもこなす、とてもお洒落な、ゆたかさんが加わりさらに盛り上がりました。ご家族様も3名ご参加いただき、楽しんでいただきました。

会の終盤には、『新・豊橋とんとん唄』を佐藤様に生で歌って頂きました。利用者様も、立ち上がって職員と一緒に輪になって踊られる方、椅子に座って手の振付をされる方など、聞き馴染みのある曲にとても喜んでおられました。

佐藤朱実様、歌謡教室の皆様、素晴らしい歌声と、大変愉快で楽しいパファーマンスをありがとうございました。(カサデヴェルデ 北風)

コーラス若草コンサート@第二さわらび荘

時間:平成27年6月17日(水) 14:00~14:45

場所:第二さわらび荘 1階ふれあいホール

 

本日、コーラス若草の皆様総勢25名の方にお越しいただきました。

さわらび会の各施設より利用者様が集い、最前列には福祉村保育園児も並び、

盛大なコンサートとなりました。

コーラスによる演奏をはじめとし、ピアノ演奏で利用者の皆様が

知っておられる民謡や歌などを一緒に歌いました。

そよ風の心地良い今日、流れる音楽は風に乗り、

気持ちの良い時間を皆様で共有することができたと感じます。

コーラス若草の皆様、本日はありがとうございました。

またのお越しを心待ちにしております。

(第二さわらび荘 新井)

 

 

毎日放送「サタデープラス」の取材が行われました@福祉村病院

日時:平成27年6月10日(水)

場所:福祉村病院

毎日放送にて放送されている「サタデープラス」の取材が行われました。

今回は「音楽療法」に視点をあてた取材が行われ、過去に行った音楽療法についてのデータをふまえながら山本孝之理事長先生がお話をされました。

  image1.JPG

「1人1人育ってきた環境が違いますので、その人にあった方法を見つけなければいけません。

一緒に歌うと喜ぶ方なのか、楽器を演奏してもらうと喜ぶ方なのか、または音楽では喜ばれない方なのか。

その人としっかりと向き合い、追及することが大切だと考えています。」

また、今年度より新たに採用された音楽療法士の業務の様子についても撮影が行われました。

音楽療法は、ご家族様からその方が昔どんな音楽を好まれたのかを聞くところからはじまります。

その情報をもとに色々な音楽を一緒に楽しみ、脳を活性化させることによって認知症の進行を遅らせることを目的としています。

認知症により外出することが難しいという方には、ご家庭で簡単にできる音楽療法をぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

放送日 6月20日(土曜日)

毎日放送「サタデープラス」

朝8時00分~

※緊急特別番組により、放送内容・放送時間が変更になる場合がございます。

(福祉村病院 近藤)
 

 

 

 

日帰り旅行@あかね荘

日時:平成27529日(金)、63日(水)、69日(火) 

場所:中部国際空港セントレア、ラグーナテンボスを今年度も3日間に分けて日帰り旅行を実施しました。

 1班(5/29)・3班(6/9)は、セントレア空港で、飛行機見ながらバイキング料理をお腹いっぱい美味しく食べました。

その後、空港内の売店で買い物も楽しむことも出来ました。

また2班(6/3)は、ラグーナテンボスで、バイキング料理を家族と一緒に美味しく食べました。その後、買い物も楽しみました。

 

1班(5/29)セントレア国際空港にて

   

    

 2班(6/3)ラグーナテンボスにて

  

3班(6/9)セントレア国際空港にて

    

   

3日間とも利用者さんから「楽しかったよ!」の声が多く聞かれました。

(あかね荘 田口)

善意フェスティバル2015@あかね荘

日時:平成27年5月31日(日)

場所:豊橋総合動植物公園「のんほいパーク」憩いの広場

当日は晴天にも恵まれ、あかね荘からは8名の利用者さんが善意フェスティバルへ参加されました。利用者の皆さんは、ゲームをしたりボランティアの方とのふれあいを楽しむ等、充実した時間を過ごすことができたようです。

知的障害というイメージしにくい障害について、理解していただく良い機会になったと思っております。

今後も、このようなイベントに積極的に参加させていただき、地域の方とのふれあいを大切にしていきたいと思っております。(あかね荘 小寺)

  

 

防災訓練@しろがね

日時:平成27年5月28日(木)

場所:しろがね全域

大規模地震を想定した避難訓練を行いました。

いつ起こるか分からない災害時に備えて

利用者および職員が迅速かつ安全に避難できるように

これからも訓練を重ねていきたいと思います (小寺)

院内研修「KYT~危険予知トレーニング~」@福祉村病院

日時:平成27年5月27日(水) 13:30~14:30

場所:福祉村病院 大会議室

講師:2病棟3階 介護士 榊原 志穂様

全職員必須の研修として「KYT~危険予知トレーニング」の院内研修が行いました。

KYTとは K…危険 Y…予知 T…トレーニングの略称で、業務の中に潜む危険要因とそれによって引き起こされる現象(事故)を職場内で話し合い、危険のポイントや行動目標を決定。それを指さし唱和・呼称で確認し、行動する前に安全衛生を先取りする訓練です。

今回の研修では事前に用意された写真を見て、どのような危険が予知できるかというグループワークを行いました。

 

「車椅子の配置が…」「この症状の患者様だったら、この配置は…」など、活発な意見の交換が行われました。

他職種で話し合いをすることによって、普段気がつきにくい危険な箇所や場合について改めて認識することができたのではないかと思います。

最後に、グループで話し合った危険個所とそれに対する目標設定について発表し、実際に指さし呼称を行い、その重要性を再確認しました。

些細なことでもそれが大きな危険につながることを忘れず、利用者様やそのご家族様に安心して利用していただけるように、これからも他職種で連携をして事故0に努めていきたいと思います。

(福祉村病院 近藤)

豊橋みなとライオンズクラブ様より雑巾を頂きました@カサデヴェルデ

日時:平成27年5月27日 13時半~

場所:カサ デ ヴェルデ 多目的室

豊橋みなとライオンズクラブ様より、ダンボール1箱の手作り雑巾をご贈呈頂きました。当日は、豊橋みなとライオンズクラブの役員様3名が来荘され、グループホームの利用者様に直接手渡しして頂きました。お礼に、この日の為にグループホームの利用者様全員と、職員で一生懸命練習をした、『ふるさと』と『富士山』の2曲を手話をつけて披露させて頂きました。豊橋みなとライオンズクラブの皆様どうもありがとうございました。有効に活用させて頂きます。(カサデヴェルデ 若見)



オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成27年5月23日(土) 13:30~15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

13名の方がお越しくださいました。

福祉村病院の認知症リハビリプロジェクトチームの皆さんに棒体操と日本妄想料理クイズを行っていただきました。

地方の郷土料理の名前を書きだして、どんな料理かを当てるという日本妄想料理クイズを行い、「じょじょ切り」の問題が出題されてなかなか答えることができませんでしたが、ヒントで「伊良湖汁粉」が出ると、ご存じの方はすぐに答えることができておりました。「お汁粉の餅の代わりに小麦粉で練ったうどんを入れたもので、渥美地方で古くから農業の合間におやつとして食べた料理として知られていたなど」名前の由来等の説明をさせていただき、地元出身者の方は「懐かしいな、すごく美味しいんだよ」などとお話ししながら、楽しい時間を過ごしていただけたかと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

次回は、6月の第4土曜日 27日(土)13:30~15:30です。

(シャトーローズ八町 加藤)

 

 

コールシャロン初夏のコンサート@第二さわらび荘 ふれあいホール

日時:平成27年5月25日(月)10時~11時

場所:第二さわらび荘 ふれあいホール

コールシャロンの皆様にお越し頂き、初夏のコンサートを行って頂きました。

さわらび会の各施設から高齢者の方や障がいの有る方、保育園の子供さんなど沢山の方が来荘されコンサートを聞かれました。

ピアノの演奏やコールシャロンの皆さんの素敵な歌声に皆さん大変喜んでおられました。

またコンサートでは、皆さんも一緒に歌いましょうというコーナーも設けて頂き、利用者の皆様も含めて皆さんで楽しく歌うことができました。

とてもさわやかな初夏の日に、楽しく過ごすことの出来る一時を作って下さって本当にありがとうございました。

コールシャロンの皆様、またのご来荘をたのしみにしています。(第二さわらび荘 相談員 東郡)

 

 

日本舞踊行いました@カサブランカ

日時:平成27年5月19日(火)14:00~15:00

場所:カサブランカ1階 カトレアホール

 

日本舞踊 南條流家元南條公豊様をはじめ7名の方がカサブランカを訪問され、

日本舞踊を披露してくださいました。カサブランカの利用者様だけでなく、

ご家族の方、ご近所の方、また常盤からも利用者様が観に来てくださいました。

「萬代の舞」や「芸者ワルツ」、「きよしのソーラン節」など15曲を披露してくださいました。

昔懐かしい曲がおおく、手拍子をしたり、口ずさんだりされており、みなさん楽しまれたようです。

 

またケーブルテレビのティーズの方、東日新聞、東愛知新聞の記者の方も取材にみえました。

ティーズでは5月25日(月)10:00~、12:00~、15:00~、18:00~20:30~、22:00~、24:00~

放送されます。ぜひご覧ください。(カサブランカ 遠山)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスハイク@しろがね

日にち:平成27年5月16日(土)

場所 :エアポートウォーク名古屋その他

年1回のバスハイク、今年は県営名古屋空港に併設するエアポートウォーク名古屋へ行きました。田原福祉専門学校の学生6名がボランティアとして参加してくださり、飛行機の離陸を見たりお食事等を楽しみました。              しろがね 山田

まちづくり出前講座に行ってきました@珠藻荘

日時:平成27年4月27日(月)

場所:豊橋市豊小学校

豊橋市豊小学校3年生にまちづくり出前講座にて講師を務めました。

誰もが住みやすい街にするため、当事者が直接、子ども達に障害者の生活や可能性を伝え、

障害者への理解を深めてもらいました。

この話題は、さわらび誌でも紹介させていただく予定です。 (珠藻荘 井上)

日本舞踊のお知らせ@カサブランカ

日時:平成27年5月19日(火)14時から15時

場所:カサブランカ 1階 カトレアホール

5月19日に南條流家元 南條公豊様他数名が日本舞踊をカサブランカで披露してくださいます。

上記、日程で行いますので、みなさま誘い合わせの上、ぜひご参加くださいませ。

(カサブランカ 遠山)

昨年の日本舞踊の様子

東海テレビ「スイッチ!」の取材が行われました@さわらび会

 

日時  平成27年5月7日

 

東海テレビで放送されている、「スイッチ!」の取材が行われました。

「医療と介護の連携」をテーマとし、福祉村病院や第2さわらび荘を中心として撮影が進められました。

 

     

 

理事長先生のさわらび会にかける思いや、院長先生が語る認知症のこれからについてなど取材に同行した職員から見ても、認知症について改めて考えさせられるような内容でした。

この放送を機会により多くの方にさわらび会の存在を知っていただき、認知症に悩む方の手助けになれたらと思います。

東海テレビの皆さま、終日にわたる取材にご協力いただきましたご利用者様及びご家族の皆様ありがとうございました。

さわらび会職員一同、これからも邁進してまいりますのでご支援よろしくお願い致します。

 

放送日 5月21日(木曜日)

東海テレビ「スイッチ!」

「これアリっ!」コーナー内で紹介されます。

朝9時50分~

※緊急特別番組により、放送内容・放送時間が変更になる場合がございます。

 

(福祉村病院 近藤)

豊楽会 唄・踊り披露@第二さわらび荘ふれあいホール

日時:平成27年5月6日(水)10時~11時

場所:第二さわらび荘 ふれあいホール

5月6日に豊楽会の皆様がお越し下さり、唄・踊りの披露をして下さいました。

当日は各施設より多くの方が参加され、楽しい時間を過ごすことができました。

豊楽会の皆様には毎年春と敬老会の時期にもお越し頂いています。

またのご来荘をお待ちしています。

豊楽会の皆様ありがとうございました。(相談員 東郡)

 

家族会総会@カサデヴェルデ

日時  平成27年5月6日 14時~16時

場所  カサデヴェルデ 多目的室

5月6日に平成27年度カサデヴェルデ家族会総会を実施いたしました。当日は14家族16名程のご家族様が来荘して下さり、平成26年度の事業報告、役員改選、並びに平成27年度の事業計画についてご説明をさせていただき、夏祭りの日程を8/14に決める等ご了承いただくことができました。

家族会の「施設全体・利用者全体の為に施設の運営を側面的にサポートする」という主旨の元、感染症対策として空気清浄機付き加湿器4台の購入にご支援いただけることとなり、大変ありがたく思っています。今後も家族会の皆様と協力しながら、利用者の皆様をしっかりと支援してまいりたいと考えています。

また、平成27年4月より大きく変わりました介護保険法改正についてもご説明をさせて頂き、無事に家族会総会を終えることができました。ご家族の皆様、本年度もよろしくお願い致します。(GH管理者 若見) (続きを読む…)

さわらび会のCMを作成しました@さわらび会

医療法人さわらび会福祉村病院、社会福祉法人さわらび会を運営するさわらびグループは、企業イメージCMを製作しました。

「みんなの力でみんなの幸せを」を経営理念に掲げ、ご利用者様、地域の皆様、支援してくださる皆様のおかげでさわらびグループは創立53年を迎えることができました。

 

ご利用者様の幸せ、職員の幸せ、そして日本の幸せを願い、変わりゆく時代に合わせて新しいことに挑戦し続けるさわらびグループを、もっと多くの方に知っていただきたい。
今全世界で約3560万人の方々が認知症を抱えて生活していると言われています。

今まで不自由なく生活していた人が、急に物忘れが多くなる。少し前の事を忘れてしまう。

そんな変化に戸惑い、不安に思う方々はこれからますます増加していくことと思います。

認知症は、ご家族の理解と協力が最も重要な病気です。

 

福祉村病院は、 認知症への不安や疑問を抱える方々の味方でありたい。

ご本人やご家族様が、少しでも安心し笑顔になれるようなお手伝いをさせて頂きたい。

 

今回作成したCMは「支えあい篇」「人の幸せ篇」の2本です。

このCMを見て、少しでも多くの方にさわらびグループの理念を知っていただけますように。困っている方の、未来への希望になりますように。そんな願いを込めています。

 

またテレビCMだけでなく、シネアドとしてユナイテッド・シネマ豊橋の全スクリーン・ 全作品で上映されますので、是非劇場まで足をお運びくださいませ。

 

        

 

 

放送日時:東海テレビ「スイッチ!」

     毎週月曜日 9501115放送

     番組内で「支え合い篇」「人の幸せ篇」がそれぞれ一本ずつ流れます。

     ※初回放送は、54()

 

     ユナイテッド・シネマ豊橋

     ユナイテッド・シネマ豊橋の全スクリーン・全作品

     ※52()から開始

 

(統括本部長 山本左近)

アミーカ一座コンサート@第二さわらび荘

日時:平成27年4月29日(水)14時半~15時半

場所:第二さわらび荘 ふれあいホール

4月29日にアミーカ一座の皆様が来荘して下さり、コンサートを開催して下さいました。

さわらび会の各施設より120名程度の参加者が来荘して下さいました。また当日第二さわらび荘で行われました家族会に参加して下さいましたご家族様が利用者の皆さんと一緒に参加して下さいました。

皆さんもよく知っておられる洋楽の曲や日本の懐かしい歌などを歌って下さり、また体を動かす体操なども交えて頂き、大変楽しく1時間を過ごすことができました。

またの機会をたのしみにしています。アミーカ一座の皆様、ありがとうございました。(相談員 東郡)

 

今月の作品@ジュゲム

場所:ジュゲム4F廊下
テーマ:端午の節句

ジュゲム4階の新しい作品をご紹介します。

もうすぐ5月5日と言うことで、【端午の節句】をテーマに作品をつくりました。

【金太郎】、【兜飾り】、【菖蒲の花】を切り絵で仕上げました。

こちらの【坂田怪童丸】は、金太郎の通称で、江戸時代多くの浮世絵に描かれています。怪童丸と巨大な鯉の組み合わせは、共に端午の節句飾りのモチーフとなっています。こちらの切り絵は特に好評で、入所者の皆様に喜んでいただいています。
本日ご紹介の作品は、ジュゲム東側・フロア入口からご覧いただけます。
今後も新しい作品を随時更新していきたいと思います。(ジュゲム平松)

春のレシピ紹介@栄養士会

暖かい季節になり、冬を越えた植物は新しい芽を出します。そんな春の食材を使った、さわらび会の施設で提供しているレシピを紹介します。 さわらび荘 管理栄養士 坂神

 

菜の花の菜種和え

 

材料(1人分)

菜の花40g、しめじ10g、かまぼこ10g、卵10g、塩0.1g、砂糖1g、油適量、白醤油適量

 

作り方

①菜の花は34cmに切り、しめじは小房に分け、茹でる。

②かまぼこは千切りにする。

③卵に塩、砂糖で下味を付け、油で炒り卵を作る。

④①~③を和え、白醤油で味を調えたら出来上がり。

 

桜えびと筍のご飯

 

材料(1人分)

65g、出し昆布0.5g、桜えび1g、筍20g、舞茸15g、油揚1/5枚、だし汁15g、白醤油5g        醤油2g、みりん2g、菜の花10

 

作り方

①米は昆布を入れて浸しておく。

②筍はいちょう切り、舞茸はうすく切り分けて、油揚は短冊に切っておく。

③だし、白醤油、醤油、みりんで具を煮ておき、桜えびは煮上がりにさっと煮る。

④煮汁をご飯に炊きこむ。

⑤菜の花は23cmに切り茹でて、下煮した具と炊きあがったご飯に混ぜる。

 

イチゴミルクプリン

 

材料(4人分)

いちご300g、砂糖36g、レモン汁小さじ1、牛乳200ml、ゼラチンパウダー7g、お湯50ml

 

作り方

①イチゴ、砂糖、レモン汁をフードプロセッサーにかけて液状にします。

②ボールにゼラチンを入れ、お湯でしっかり溶かします。

③ゼラチンが溶けたら、牛乳を入れてよく混ぜます。

④ ③を型に流し入れ、冷蔵庫で冷やして固めます。

⑤ ④に①のソースをかけて出来上がり。

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

日時:平成27年4月25日(土)13:30〜15:30

場所:シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」を開催しました。

18名の方がお越しくださいました。

福祉村病院の認知症リハビリプロジェクトチームの皆さんに棒体操と値段当てクイズを行っていただきました。

棒体操やレクリエーションに参加しながら、コーヒーや紅茶やお菓子などを召し上がっていただき、楽しい時間を過ごしていただけたかと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

次回は、5月の第4土曜日 23日(土)13:30〜15:30です。

(さわらび荘 白井)

七股池公園にお散歩にいきました@カサデヴェルデ特養

日時:平成27年4月21日(火)

場所:杉山町 七股池公園

外出制限が解除になったものの、4月の前半は雨振りばかりの天気が続きましたね。久しぶりに朝から4月らしい陽気となった4月21日に、特養の利用者様と施設近くの七股池公園へお散歩にでかけました。池の周りに遊歩道が整備され四季折々の樹木やお花が植えられている公園です。

ある利用者様はウォーキングをしている地域の方に挨拶をされたり、学校帰りの小学生の男の子に「お帰り、かわいいね、何年生だん?」と声をかけておられました。また、歩道に小さなカメが歩いていて、「わあ~カメだ、池からあがってきちゃった」とお話されておられました。池にいた、鷺のような大きな鳥をみつけると、「鳥だ!すごい!」と声をだして驚いておられました。

外に出て自然とふれあい、いつもとは違う利用者様の様子を垣間見る事ができました。今後も、機会を見つけ積極的に外に出掛けたいと思います。(カサデヴェルデ 北風)

  

 

EPA看護師及び介護福祉士候補生が豊橋市長表敬訪問を行いました@さわらび会

日時:平成27年4月13日(月)

場所 : 豊橋市役所

さわらび会が受け入れを行っているEPA看護師及び介護福祉士候補生15名が豊橋市長に表敬訪問しました。

山本ゆかり専務からEPAについての説明の後、「このような機会を頂けて嬉しいです。」「誠心誠意頑張ります。」など候補者全員が日本語で自己紹介を行いました。

   

候補生代表で挨拶をしたインドネシア人介護福祉士候補生のネニ ドゥイセプティアニさんは

「豊橋はとても素敵な町です。豊橋で学ぶことができて、私は本当に嬉しいです。」と話しました。

「あと10年後、20年後には色々な国が少子高齢化の日本と同じ状況になると思う。しっかり勉強をして、皆さんの国のためにも頑張ってください。」

最後に市長から激励の言葉を頂き、候補生も資格取得に向けて決意を改たに強めた日になったのではないかと思います。

  

少子高齢化が深刻化し、医療と介護が益々必要とされる時代になります。

自分の目標の為に、自分の国の為に頑張る候補生をこれからもさわらび会一丸となってサポートしていきます。

 

今回の表敬訪問が4月14日発行の東日新聞と東愛知新聞に掲載されています。

各社ホームページにも掲載されていますので、ぜひ閲覧ください。

(左 東日新聞 右 東愛知新聞)

  

 

(福祉村病院 近藤)

 

 

 

 

オレンジカフェ「シャトーローズ」@シャトーローズ八町

オレンジカフェ「シャトーローズ」とともに家族介護者交流会も合わせて開催しました。

12名の方がお越しくださいました。

家族介護者交流会では、誰にも相談できず一人で悩んでいたことや、わからないことなどの意見交換を参加者同士が積極的に行い、時間が経つにつれて、会話も弾み笑顔が見られておりました。

今回、福祉村病院の認知症リハビリプロジェクトチームから指体操を行っていただきました。

水戸黄門、氷川きよしのズンドコ節などの音楽を流して歌いながら、指体操をして楽しい時間を過ごしていただけたかと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

次回は、4月の第4土曜日 25日(土)13:30~15:30です。

(さわらび荘 太田)

家族懇談会@しろがね

日時:平成27年3月28日(土)

場所:しろがね

家族懇談会が行われました。

現在の施設状況についての説明や新年度への方針、

特に大規模災害への備えと対応についての説明と

意見交換などがされました。

又、日本財団から贈呈された福祉車両の紹介をいたしました。(小寺)

野依八幡神社@しろがね

日時:平成27年3月25日(水)

場所:野依八幡神社

先日日本財団から贈呈された福祉車両で

野依八幡神社のシダレザクラを見に行ってきました。

きれいな車に乗れて 利用者のみなさんも大変喜んでいました。

風はまだ少し寒かったですが

ほぼ満開のシダレザクラに

春の訪れを感じることができました。(小寺)

平成27年度さわらび会新規採用職員研修4日目@さわらび会

日時:平成27年3月26日(木) 09:00~16:00

場所:福祉村の外の各施設、及びに福祉村公園内

新規採用職員研修4日目最終日が行われました。

本日の研修は、福祉村の外にあります各施設の見学を行いました。

その後、福祉村へ戻り、公園にて消火器訓練を行いました。

■09:30~14:30

各施設見学

・シャトーローズ八町 ・さわらび荘 ・白珠 ・常盤 ・福祉コンビニ

・カサブランカ ・天伯

■15:00~15:30

消火器の使い方について

■15:30~16:00

研修のふりかえり及びまとめ・質疑応答

■16:00~

各配属先事業所へ

 

各施設の特徴や、概要を学ぶことができました。

施設紹介を通じて、福祉についての理解をよりいっそう深めることが出来ました。

(第二さわらび荘 新井)

 

 

 

平成27年度さわらび会新規採用職員研修3日目@さわらび会

日時:平成27年3月25日(水)9:00~18:00
場所:福祉村病院1階 大会議室、各施設

平成27年度に入社された、新規採用職員の研修を実施しました。
研修は全4日間を予定しており、3日目は以下の日程で行われました。

●9:00~
福祉村内施設見学

●13:00~
カサデヴェルデ見学

●14:45~
グループワーク 担当:さわらび会職員研修委員

●16:15~
認知症サポーター講座 担当:福祉村地域包括支援センター

●17:30~
「研修の振り返り及びオリエンテーション」 担当:さわらび会研修委員

(明日香 藤井葉)

※レポートは後日アップいたします。